料理部

 

活動方針

「明るく、楽しく、意欲的に」

 部員全員でメニューを決めて調理をし、楽しく活動しています。

活動日時・場所

水曜日  調理実習室

 

校内の八重桜と銀杏を使った料理を作りました

 

 洛北高校には、毎年、綺麗な花を咲かる「八重桜」や校門横に輝かしい葉をつける「銀杏の木」があります。
 「洛北フェスティバル~パフォーマンスウィーク・秋の祭典」では、それらを使ったお料理を作り、皆さんに披露しました。「きれい」「おいしそう」の声が聞こえてきて、とっても嬉しかったです。 

 

大学いも(令和2年夏)

 

 新型コロナウイルス感染防止対策を踏まえながら「ひとりクッキング」を行いました。 部員それぞれが調理台につき、時短の「大学いも」に挑戦です。
 これまでは、部員みんなで料理に取り組み、試食することが楽しみでしたが、新型コロナウィルスが収束するまでは「ひとりクッキング」で腕を磨きたいと思います。 

 

文化祭での展示(令和元年)

 

 料理部は本校で実った食材を活用したお料理に挑戦し、文化祭で展示しました。
 「銀杏の炊き込みご飯・手鞠麩とオクラのお吸い物・旬野菜のかき揚げ・ゼリー寄せ・ピーマンの煮びたし・八重桜の琥珀糖」です。
 八重桜はシロップ漬けにして、銀杏は冷凍にして保存していました。
 彩がきれいでしょう・・・ お味もよかったです。また、来年も挑戦します。

 

「福知山 丹波くりスイーツアイディアコンテスト」に応募しました

 

 「マロンパイ」は、生クリームをちょっと工夫、「栗のどら焼き」は、生地に抹茶を加え京都らしさを演出、そして「くリン」というゼリーを使った二層式のプリンを作りました。さて、1次通過できるでしょうか...

 

夏バテ予防料理

 

京野菜を使って「夏バテ予防料理」に挑戦しました。
 「伏見唐辛子の味噌炒め・万願寺唐辛子と賀茂なすの炒め物・冷やし中華」です。
 野菜を提供くださった森田農園の森田良彦さんとともに試食しました。

 

いちごを使ったケーキ

 

料理コンテストに応募・入選することが活動内容のひとつの目標です。
 1年生も入部し、その手始めに「いちごを使ったケーキ」をつくりました。

 

銀杏料理

 

 本校には大きな銀杏の木があります。臭いがきつくて、下処理するのがひと苦労ですが、安心・安全な食材です。 料理部では、それを拾い料理に活用することが恒例になっています。今年も銀杏づくしの料理が完成しました。

 

食のみらい宣言

 

 体に優しい安心・安全な料理をつくることをテーマに、「第2回京都府食のみらい宣言」に応募しました。食材は、地域の農園(森田良彦氏)から提供頂きました。
 結果、「佳作(食のみらいピカピカ賞)」を受賞しました。来年度も是非応募したいと思います。

 

お弁当甲子園

 

 これは、食のコンテスト「お弁当甲子園」の応募作品です。「京都らしさと関西風」を意識し、オリジナルの「だしを活用したおかずとたこ焼き風いなり寿司」を作ってみました。
1年生は初応募です。さて、結果はどうでしょうか・・

 

八重桜のゼリー

 

 洛北高校には、毎年、綺麗な花を咲かせ、私たちを魅了する「八重桜」があります。
 今年は、その花を摘んで「シロップ漬け」をつくりました。
 これを活用したお料理を試行錯誤した結果、この「桜ゼリー」が最も美しさを表したものになりました。
料理コンテストに応募しましたが、結果はまだわかりません・・

 
COPYRIGHT (C) 京都府立洛北高等学校・洛北高等学校附属中学校