令和3年度 入学式

 

 令和3年4月8日(金)、入学式を挙行しました。

 今年度も新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中高別々で実施し、来賓や在校生の出席を見合わせましたが、教職員と在校生一同で心をこめて式の準備を行いました。

 校長の式辞から一部を引用します。

「先行き不透明な社会を、長きにわたり心豊かに活ききるために何が必要なのでしょうか。みなさんは、なにをするために洛北高校に来たのでしょうか?みなさんは先が見えない状況の中で進む方向を決断しなければなりません。大人になったときにはリーダーとして決断しなければなりません。そのときに、どのような力量が必要なのでしょうか?学識を積んで直感力の精度を上げることももちろん大切です。理系、文系の区別なく全ての科目をしっかり学習するとともに、単に既成の答えを探すだけでなく、課題を探究することに臨んでほしいと思います。
 さらに、大切なことは、行動の人になるということです。
 ゲーテは言いました。『芸術家よ、創れ、かたるなかれ』と。吉田松陰は言いました。『士たるものの貴ぶところは、徳であって才ではなく、行動であって学識ではない』と。
 グズグズと何もしないことのリスクは、何かをやり始めるリスクよりも劣悪甚大です。とくに、若い世代においては、失敗はかえって成長の素となります。失敗を重ねても諦めず何度も最後までチャレンジすることが、活きる力やリーダーの資質に結実していくことでしょう。」

 洛北高校で過ごすかけがえのない時間の中で、280名の新入生たちが探究心をはぐくむとともに、失敗をおそれず行動する勇気と最後まであきらめない粘り強さを身につけてくれるよう、心から期待しています。

メモリアルゲートへ
生徒宣誓
担任団紹介
 

令和3年度 離着任式・始業式

 

 令和3年4月8日(木)、離着任式・始業式を行いました。
新型コロナウイルス感染拡大予防の観点から、zoom配信にて実施し、生徒たちは各HR教室で視聴しました。
いよいよ新学期がスタートします。


 

令和2年度 修了式

 

 令和3年3月19日(金)、中高合同で令和2年度修了式を行いました。今年は感染症拡大防止のためZOOMでの映像配信にて行いました。

 山本校長の式辞に続いて、部活動表彰、全国大会壮行会の後、教務部より連絡があり、全学年が各課程を修了しました。

 

第70回卒業証書授与式(3月1日)

 

令和3年3月1日、第70回卒業証書授与式を挙行しました。
今年度の3年生は、大学入試改革やコロナ禍という試練に見舞われましたが、前向きな心を失わず立ち向かってくれました。
洛北高校を巣立つ269名の卒業生に幸多からんことを願います。

卒業おめでとう!

 

後期始業式(10月1日)

 

 高等学校と附属中学校の合同で後期始業式を行いました。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、放送にて実施しました。

 山本校長の式辞から一部を引用します。

「京一中・洛北中高校に繋がるものとして、志を高く掲げ、絆を大切にしてください。」
「グローバル社会がますます進展するなかですから、時代の温度の変わり目に敏感で、日本規格でなく世界規格で物事を考えられるような感覚を身につけるようにしてください。」
「コミュニケーションをとり、異分野の人と繋がり、異なる意見をぶつけ合ったり、すりあわせたりすることが大切です。そういう方法なら、未来の君たちにできると思います。何かの縁で、洛北に集ったみなさんは、洛北高校の縁を有効活用することはもちろんですが、それ以外の広い世界で、あえて自分が得意でない分野の人と繋がっていくことが大切だと思います。」
「ハイブリッドな人間関係への挑戦。
 まずは、身近にいる、しかし、あまり話をしていなかった人、意見の合わなさそうな人と会話をはじめるのも、いいかもしれません。
 そんなことを念頭に新しい学期を過ごしてください。」

 新しい生活様式のなかで、後期の学校生活がスタートします。

 

令和2年度 離着任式・前期始業式(4月8日)

 

 コロナウイルス感染拡大防止のため、離着任式・前期始業式は内容を簡略化したうえで、放送でおこなわれました。

 山本校長は「みなさんが高い次元の認識を持ち、落ち着いて、品格のある賢明な行動をとることを期待します。」と在校生に呼びかけ、「厳しい現実をともに生きる良い仲間をクラス活動や部活動でつくり、中学・高校生活を有意義なものにしようとする集団の一員になってほしい。その努力は、必ずやみなさんの将来の人生の大いなる糧になる。」と述べました。   

 

令和2年度 入学式(4月8日)

 

 令和2年4月8日、洛北高校は279名の新入生を迎えました。

 例年は中高合同でおこなっていましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、今年は別々でおこなうことになりました。

 来賓や在校生の出席を見合わせたり、式辞を配布するなど、例年とは異なるかたちでの実施となりましたが、あたたかく晴れやかに新入生を迎える気持ちは同じです。

 今まで積み上げられてきた良き伝統を受け継ぐとともに、本校の新しい歴史をつくる担い手として、一人一人が自覚と気概を持ち、中学生・高校生らしさを失わず、規律ある学校生活を送り、今まで以上に勉学や課外活動に励み、自ら誇りを持てる学校の一人となるよう努めてくれることを期待します。 

 

令和元年度 終業式

 

 令和2年3月23日(月)、高校生の令和元年度終業式が行われました。

 今年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、教室で放送による終業式が行われました。
山本校長より「令和という新しい時代になったが、多様に移り変わる社会の中で生き抜く力をつけてほしい」とお話がありました。

 続いて部活動表彰、生徒指導部、進路指導部、教務部より連絡がありました。

 

持久走大会

 

 令和2年2月19日(水)、高校1・2年生の持久走大会を実施しました。

 上位入賞者が表彰される「アスリートコース(15キロ)」「セミアスリートコース(10キロ)」、自分の体調やレベルにあわせて走る「ランらんRUNコース(10キロ)」「リフレッシュコース(3キロ)」の4つのコースに分かれて、鴨川河川敷を走りました。

持久走大会の様子
開会式の様子
 

スキー研修旅行

 

令和2年1月28日(火)~1月31日(金)に高校1年生を対象にスキー研修旅行を実施しました。

場所:長野県志賀高原(志賀高原熊の湯スキー場)

※詳細を洛北ブログに掲載しています。


スキー研修旅行の様子(洛北ブログ)

講習の様子
クラスレクリエーション
かまくら作り(見学者)
 

体育祭

 

準備中

 

第70回文化祭 | 令和元年9月4日・5日

 

青春は流星の如く ~悔いのない挑戦~

第70回文化祭

 

 夏休み前から準備を始め、各クラスの活動を中心に部活動や委員会等の発表・展示を行いました。猛暑に負けず、各クラス・部活動・委員会が取組の成果を存分に発揮し、絆を深めることができました。
 多くの保護者にご参観いただき、ありがとうございました。

オープニングセレモニー

附属中学校吹奏楽部
高校吹奏楽部
書道部・放送部合同パフォーマンス
 
 

3年生 ステージアピール

金賞 4組「Alladin」
銀賞 3組「Colors ~君は世界を彩る~」
銅賞 2組「DETROIT:BECOME HUMAN」

1組
2組
3組
4組
5組
6組
7組
 
 

3年生 垂れ幕

第70回文化祭

 

金賞 3組
銀賞 5組
銅賞 1組

2年生 演劇

金賞 2組「ジャンバラヤ」
銀賞 1組「7人いる!」
銅賞 7組「三太郎鬼劇」

1組
2組
3組
4組
5組
6組
7組
 
 

2年生 看板

金賞 5組
銀賞 4組
銅賞 2組

1年生 参加型イベント・展示

金賞 2組「約束のネバーランド ~102教室からの脱出~」
銀賞 1組「ゼルダの伝説」
銅賞 6組「ジブリの森」

1年生 垂れ幕

金賞 2組
銀賞 1組
銅賞 5組

 
 

部活動・委員会等の取組

ESS クイズラリー
文化研究部クイズ班 第一次洛北問答決戦
コーラス部 発表
サイエンス部 プラネタリウム
囲碁・将棋部 囲碁・将棋教室
音楽研究部 発表
写真部 展示
茶道部 お茶会
書道部 展示
美術部 展示・物品販売・ライブペイント
料理部 展示
放送部 作品上映会
 
 
演劇部 発表
園芸同好会 展示
図書委員会 古本市
 
 

サブステージ発表

ダンス
漫才
バンド
 

演劇「いのちの花」(劇団銅鑼)を観劇

 

令和元年6月21日(金)、高校1・2年生が本年度の芸術文化鑑賞行事として演劇「いのちの花」(劇団銅鑼)を観劇しました。捨てられて殺処分された犬と猫の骨を土に混ぜ、花として「いのち」を再生させようと立ち上がった5人の女子高生の実話。熱心に見入っていた生徒たちは何を感じたのでしょうか。公演後の交流会では、2年生の生徒達が、文化祭でのクラス演劇に向け俳優さんに熱心に質問をぶつけていました。今回の演劇鑑賞が今後の取り組みに
つながることを願います。

 

防災訓練

 

 令和元年5月30日(木)、巨大地震の発生にともない本館3階の物理実験室付近から火災が発生したという想定で、防災訓練を実施しました。

 落下物から身を守る避難行動を、どのクラスでも素早く適切に行うことができていました。

 教室から避難した後は、左京消防署の方からの講評と、葵学区消防分団の方からの講話を聞き、防災への意識を新たにしました。

 
COPYRIGHT (C) 京都府立洛北高等学校・洛北高等学校附属中学校