全国SSH生徒研究発表会「ポスター発表賞」受賞

 

  8月10日(水)11日(木)の2日間、神戸国際展示場において「全国SSH生徒研究発表会」が開催されました。これは、全国のSSH指定校と海外からの招聘校の高校生が、それぞれの研究成果をポスター発表するサイエンスフェアで、本校からはサイエンス部物理班の3年生7名が、「水溶液におけるアーク放電」と題するポスター発表を行いました。本校のブースには途絶えることなく人が訪れて終始活発な議論が交わされ、審査の結果、「ポスター発表賞」を受賞しました。

平成28年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会表彰校(文部科学省サイト)

 

「科学の甲子園」京都府予選に参加

 

 10月22日(土)に京都府総合教育センターで行われた「京都科学グランプリ2016 兼 第6回科学の甲子園全国大会京都府予選会」に高校2年生11人、高校1年生5人の合計16人(8人2チーム)が参加しました。今大会から1校につき2チームが参加できるようになり、去年より4チーム多い14校16チームが参加しました。4時間におよぶ筆記試験と実験の試験に臨み、最後まで8人で力を合わせ頑張り通していました。

 

「科学の甲子園」全国大会出場決定!

 

 10月22日(土)に京都府総合教育センターで行われた「京都科学グランプリ2016 兼 第6回科学の甲子園全国大会京都府予選会」に本校から2チームが参加し、うち1チームが見事、最優秀賞を受賞しました。このチームは平成29年3月17日(金)〜20日(月)に実施される全国大会に出場します。

 

第2回 京都サイエンスフェスタ

 

 11月12日(土)、京都工芸繊維大学を会場に、本年度の第2回京都サイエンスフェスタが開催され、京都スーパーサイエンスネットワークの9校から集まった700余名の生徒が、それぞれの課題研究を発表しました。本校からは、中高一貫コース2年「サイエンスⅡ」と文理コース3年「サイエンス研究」から82名26題の研究が参加し、自らの研究について発表するとともに、他校生徒からの質問を受け、活発な議論が交わされました。サイエンスⅡについては、中間発表の形になりましたが、様々な議論を通じて、来年2月の研究報告発表会に向けて、今後の研究の進展につながる貴重なヒントを得る機会となりました。
また、アジアサイエンスワークショップからナンチアウハイスクール(シンガポール)の生徒も参加し、ポスター発表とステージ発表を行いました。本校のポスターにも訪れて説明を聞き、英語での討論も行いました。

 

第1回 京都サイエンスフェスタ

 

 平成28年6月12日(日)、京都大学を会場にスーパーサイエンスネットワーク京都9校による課題研究発表会「第1回京都サイエンスフェスタ」が開催されました。
洛北高校からは「アーク放電~発生のメカニズムに迫る~」(サイエンス部3年)、「奇跡のランダムウォーク~数式で繋ぐ運命の赤い糸~」(平成27年度サイエンスⅡ)、「水切りにおけるサーフィン理論~回転数や形状による比較」(サイエンス部2年)の3チームが発表、それぞれの発表に対して多くの質問が飛んで、活発な議論が交わされました。
審査の結果、サイエンス部3年の「アーク放電」が奨励賞を受賞しました。

「アーク放電~発生のメカニズムに迫る~」
「奇跡のランダムウォーク~数式で繋ぐ運命の赤い糸~」
「水切りにおけるサーフィン理論~回転数や形状による比較」
 

英語ポスターセッション

 

 11月28日(月)、2年Rakuhoku English βの取組として、京都工芸繊維大学、京都府立医科大学から教授と留学生をお招きし、英語によるポスターセッションを行いました。各チームが研究をポスターにまとめ、発表、説明の後、質疑応答をすべて英語で行いました。活発な意見交換が行われ、意義深いポスターセッションになりました。

 

日英高校生サイエンスワークショップ in Cambridge2016

 

 日英高校生サイエンスワークショップ in Cambridge2016は、京都、滋賀のSSH/SSN交流校などからの高校生と英国の高校生が英国ケンブリッジ大学に集い、英国の研究者の指導のもと、科学テーマ(課題)について研修を深め、研究成果を発表・意見交流しあうプログラムです。

 【参加校】
    SSH校:京都府立洛北高等学校、立命館守山高等学校、京都教育大学附属高等学校
    SSN交流校:立命館宇治高等学校、京都聖母学院高等学校
    その他:京都大学ELCAS参加生徒

 【期 間】 平成28年度7月14日(木)~7月24日(日)

 【目 的】
    ・国際的な環境下で、英語を駆使して共同研究し、発表する能力・態度を養う。
    ・科学の楽しさや大学での学問の奥深さ、国際理解や相互協力の必要性を理解する。

 【内容・特徴】
    ・英国の研究者の指導のもと、科学に関する研究課題について日英混合で構成される班単位の実験や討論をすべて英語で行う。
     また、IT機器を用いてその成果発表を行う。
    ・日英の高校生が寝食を共にしながら、科学を通して交流を深める。
    ・2004年から実施のワークショップで、今年度は12回目にあたる。

 

日英サイエンスワークショップ 研修報告

 

 7月14日(木)~7月24日(日)、イギリスのケンブリッジでUK-JAPAN YOUNG SCIENTIST WORKSHOP  (日英サイエンスワークショップ)が行われ、今年は本校から2年生5人が参加しました。ロンドン市内科学施設(ユニヴァーシティカレッジロンドン、ロンドン英国王立協会、英国王立化学研究所、国立自然史博物館)で研修を行ったあと、ケンブリッジ大学にて英国の高校生と共に寄宿し、日英の高校生合同チームとして大学の先生方から実験・観察等の研究指導を受けました。研修最終日には研究内容のプレゼンテーションを行いました。ナノ分子の構造や放射線などをテーマに英国の高校生と協同して研究を進めるとともに、相互に交流を図り、大変充実した研修を終了しました。

洛北ブログでワークショップの様子を紹介しています
 

アジアサイエンスワークショップ

 

 アジアサイエンスワークショップは、将来、研究者として国際的な共同研究等を行うのに必要な英語コミュニケーション能力や異文化コミュニケーション能力、科学的教養を養うこと、また、国際的な環境におけるリーダーシップの基礎を身に付けることを目的とするプログラムです。

アジアサイエンスワークショップin 京都

 11月14日(月)、シンガポールのナンチアウハイスクールの生徒25名が来校し、英語の授業、物理および化学の授業を通して交流しました。英語の授業では、洛北高校、ナンチアウハイスクールの代表がそれぞれ学校紹介をしたあと、グループ内プレゼンテーションやグループ対抗クイズ、フルーツバスケットで交流を深めました。物理の授業、化学の授業では、実験を行いました。英語で意思の疎通を図りながら実験をし、結果について考察しました。

限られた時間でしたが、お互いの文化を知り、交流を深めることができました。

英語の交流授業 1年 5・6組
英語の交流授業 1年 3・4組
物理実験 2年 3・4組
化学実験 2年 3・4組
2年 3・4組(化学)
2年 3・4組(物理)
 

アジアサイエンスワークショップin Singapore

 

 7月31日(日)~8月6日(土)、シンガポール市内科学関連施設やイーシュンタウンセカンダリースクール、ナンチアウ・ハイスクールなどを会場に、アジアサイエンスワークショップが行われました。これは将来の科学的交流のための国際的リーダーシップの育成を目的にしたプログラムで、京都府立スーパーサイエンスハイスクール指定校及びサイエンスネットワーク校の高校生とシンガポールの高校生が参加します。今年は本校から2年生1名が参加しました。
 プレゼンテーション、リサーチ、英語でのコミュニケーションといった事前研修を行い、現地の研修に臨みました。現地では合同プロジェクトや交流行事に参加したり、実験授業を受けたりするとともに、相互にコミュニケーションを図り、大変充実した研修を終了しました。

 

筑波サイエンスワークショップ

 

 12月20日(火)~12月22日(木)、洛北高校の1年生6名が、京教大附属高校生徒10名とともに、茨城県つくば市の産業技術総合研究所地質標本館(地学班)、物質材料研究機構(化学班)、高エネルギー加速器研究機構(物理班)の3班に分かれて研修を行いました。
 地学班は、土の粒度分布、微化石の観察、大型化石の採掘により地層を調べることで、過去の環境やどのような自然災害などがあったのかを考察しました。物理班は、KEKB加速器で得られたデータをB-Labプログラムを用いて解析し、新粒子の探索に挑みました。化学班は、金属強度の温度による変化をシャルピー衝撃試験などを用いて測定し、そのしくみや金属の種類による違いなどを考察しました。
 最終日午後には、物質材料研究機構の会場をお借りして、3つのグループがそれぞれ研修の成果を発表し、討論しました。去年と比較して洛北高校からの参加者が多く、また全員が有意義な研修を過ごせたと思います。

 

京都・大阪数学コンテスト(京都数学グランプリ2016 1stステージ)

 

 平成28年9月25日(日)に京都大学百周年時計台記念館で京都・大阪数学コンテスト(7月10日実施)の表彰式が行われました。優秀賞に高校2年生杉幸樹君、奨励賞に高校1年生伊藤大悟君、中学3年生森岡涼樹君が、アイデア賞に高校2年生髙嶋一樹君、高校1年生浅野 青君、伏見宗紘君が選ばれました。京都と大阪で合計38名の入賞者のうち6名が洛北の生徒で、京都の学校では最多という素晴らしい結果となりました。

 

京都賞高校フォーラム

 

 11月14日(月)京都大学百周年時計台記念館「百周年記念ホール」にて、第32回京都賞高校フォーラムが開催され、本校からは高校1年中高一貫生79名が参加しました。世界を代表する生命科学者である本庶佑博士の講演を聴き、研究からプライベートに渡る質疑応答、博士からのメッセージ等、高校生に対して生命科学や理系研究職へ興味・関心を喚起するフォーラムでした。

 

「日本生物学オリンピック2016」本選で矢賀君が金賞受賞!

 

 8月19日(金)から22日(月)の4日間、筑波大学を会場に行われた「日本生物学オリンピック2016」本選に本校3年生の金津瑛一郎君、矢賀玲鵬君の2名が参加し、4問の実験試験に挑みました。知識だけでなく、実験技術や独創性などが求められる難問でしたが、矢賀君が見事金賞を、金津君は敢闘賞を受賞しました。
 また、金賞を受賞した矢賀君は、9月13日(火)に他の科学コンテストで上位入賞した京都府立高校生と共に京都府教育委員会を訪れ、小田垣教育長に受賞の報告をしました。

日本生物学オリンピック2016 結果のページ(外部リンク)
JBO2016ホームページより
 

「日本生物学オリンピック2016」予選 開催(7/17)

 

 7月17日(日)、昨年度に引き続き、多数の申込者を得て、日本生物学オリンピック2016の予選会が本校(特例会場)で行われました。
その結果、予選において優秀な成績(上位80名)であった3年生の金津瑛一郎君、矢賀玲鵬君の2名が、8月19日(木)から筑波大学で行われる「日本生物学オリンピック2016」本選に出場します。

 

全国物理コンテスト物理チャレンジ2016 全国大会出場

 

3年生の間宮崇弘くんが東京理科大学で開催される第12回全国物理コンテスト物理チャレンジ2016の第1チャレンジを突破し(参加申込者1851名中100名程度)、第2チャレンジ(全国大会)へ出場しました。

 

京都大学化学研究所「高校生のための化学」

 

最優秀レポート賞 受賞!

 7月30日(土)に、京都大学化学研究所(宇治キャンパス)で行われた「第19回 高校生のための化学」に参加した2年生 前川瑠理さんが、特に優れたレポートを作成した生徒に贈られる「最優秀レポート賞」を受賞しました。
賞状などが学校に届けられましたので、校長先生から表彰していただきました。

 
洛北SSH 洛北高校
カテゴリ・リスト
クリックで子カテゴリが表示されます。
COPYRIGHT (C) 京都府立洛北高等学校・洛北高等学校附属中学校