マリンスポーツ実習

 

 令和2年8月31日(月)、滋賀県近江白浜水泳場において、スポーツ総合専攻の3年生を対象に第27回マリンスポーツ実習(ボートセーリング)を実施しました。この実習は、自然の中での行動様式を身につけ、自然に親しむ能力と態度を育てることを目的に実施しています。特に自然とのかかわりの深い野外の運動の特性について理解し、ボートセーリングの基礎的な知識と技能を習得しました。

 

京都府立高等学校体育系1年生合同研修会

 

 平成29年10月17日(火)~18日(水)京都トレーニングセンター(京丹波町)において開催された「京都府立高等学校体育系1年生合同研修会」に本校1年生スポーツ総合専攻の生徒42名が参加しました。
京都府立高等学校6校から体育系生徒が集まり、学校間の交流を図り、集団生活を通して自律心、協調性、目的意識の確立を図ることを目的とした研修会です。1日目の交歓会では各校が演技を披露、本校は「集団リズム縄跳び」を発表しました。他校の生徒から多くの刺激を受け充実した2日間となりました。

 

特別講義「データ分析の基礎」

 

 普通科スポーツ総合専攻の3年生を対象に、「データ分析の基礎」という演題で京都産業大学経営学部教授 李為先生からご講演いただきました。
 データとは何か?という問いから始まり、同じ事柄でもデータの示し方で印象が異なることや、数量的データと質的データで扱いが異なることをお話しいただきました。特に、数量的データについては、平均値は標準偏差にばらつきがあるときは信用できないことや、変数間に相関関係が見られた場合にも、その理由を吟味する必要があることを強調されました。データの正しい読み取り方、示し方を学び、これから卒業論文を執筆する生徒にとって、有意義な講演となりました。

 

ゴルフ実習

 

 平成29年12月8日(金)、瑞穂ゴルフ倶楽部(京丹波町)においてスポーツ総合専攻3年生を対象にゴルフ実習(ラウンドレッスン)を実施しました。この実習は野外の運動の特性について理解させ、生涯スポーツのひとつであるゴルフを楽しむ態度を養い、ゴルフの基礎的な知識と技能を取得すること等を目的としています。生徒達はこれまで3回の事前指導(宝ヶ池国際ゴルフ倶楽部)を受け、今回初めてラウンドレッスンに臨みました。

 

スケート実習

 

 令和2年1月27日(月)、西京極総合運動公園アクアリーナにおいてスポーツ総合専攻2年生を対象にスケート実習を実施しました。この実習はスケートの運動特性について理解し、スケートの基礎的な知識と技能を習得し、生涯スポーツの一つとしてスケートを楽しむ態度を身に着けることを目的としています。
 生徒たちは午前・午後それぞれ2時間ずつ練習に取り組み、基本的な滑走技術を身につけました。

 

卒業論文発表会

 
 スポーツ総合専攻で3年間学習してきたことに関わってテーマを設定し、科学的な考察を加えて論文にまとめ、プレゼンテーションソフトを使用して1・2年生の前で発表しました。

研究テーマ
『トライを取るための有効的な攻撃方法』
『ドリブルとシュート数の関係』
『ボールの違いによるサービスエースの確率』
『運動前の体幹トレーニングがパフォーマンスに及ぼす影響』など
 

京都府立高等学校体育系研究発表会

 

 平成31年2月19日(火)京都テルサを会場に第31回京都府立高等学校体育系研究発表会が開催されました。京都府立高等学校6校(洛北、鳥羽、乙訓、久御山、西城陽、綾部)の体育系代表生徒が研究発表を行いました。本校からは「セカンドボールを拾うことの重要性」と題してスポーツ総合専攻3年の井上晟くんと嶋谷群児くんが発表しました。スポーツ総合専攻1年生と2年生も参加し、各校の発表を熱心に聞いていました。

 
教育内容 洛北高校
カテゴリ・リスト
クリックで子カテゴリが表示されます。
COPYRIGHT (C) 京都府立洛北高等学校・洛北高等学校附属中学校