弓道部

 
活動方針

モットーは、文武不岐(学業と武道は別物ではなく、どちらもきびしい修練をして向上をめざす)。
正射必中(基礎基本に則った技を身につけ、緊張した場面でも善い結果を残せるようにする)。
近畿大会や全国大会に出場して戦えるチームを目指しています。

中学生のみなさんへ

 京都府の高校の中でも、非常に整った設備・練習環境で活動することができます。
 弓道は、高校に入学してから始める人がほとんどです。さほど激しい運動ではありません。
 学習との両立をはかりながら、国公立大学や難関私大を目指し合格していく人が多いです。
 一緒に全国大会出場を目指して頑張りましょう。

最近3年間の合格先

京都大学 大阪大学 名古屋大学 神戸大学 東京農工大学 京都工芸繊維大学 京都府立大学 
鳥取大学 福井大学 滋賀県立大学 慶應義塾大学 関西大学 同志社大学 立命館大学
京都女子大など

活動日時・場所

洛北高校弓道場にて
月、水~金(放課後~19時) 土(13~17時) 日(9~13時)
水・金・土は中学校弓道部との合同練習

おもな実績

平成25年度
 全国選抜大会・近畿選抜大会京都府予選会  女子個人 2位 男子団体 2位
 第21回近畿高等学校弓道選抜大会  女子個人 出場 男子団体 出場
 第32回全国高等学校弓道選抜大会  女子個人 出場
 京都府公立高等学校弓道大会  女子個人 3位
 第10回中日本高等学校弓道大会  女子団体 出場
 京都府高等学校弓道20射会  3・4・6・7・9位の5名入賞
 国体強化指定選手       男子3名

平成26年度
 インターハイ・近畿大会京都府予選  男子団体 優勝(35年ぶり6度目) 男子個人 10位
 第67回近畿高等学校弓道大会  男子個人 出場 男子団体 出場
 全国高校総体・第59回全国高等学校弓道大会  男子団体 出場(35年ぶり6度目)
 全国高等学校弓道選抜大会京都府予選  女子団体 準優勝 男子団体 3位
 近畿高等学校弓道選抜大会  女子団体 出場
 京都府公立高等学校弓道大会  女子個人 5位
 第11回中日本高等学校弓道大会  女子団体 出場
 国体強化指定選手       男子 1名

平成27年度
 京都府高校総体  女子個人 6位
 全国高校総体(インターハイ)・近畿大会京都府予選  女子個人 6位
 第68回近畿高等学校弓道大会  女子個人 出場
 全国高等学校弓道選抜大会・近畿高等学校弓道選抜大会京都府予選
         女子団体 準優勝  女子個人 6位・8位入賞
 近畿高等学校弓道選抜大会  女子団体 3位  女子個人 出場
 京都府公立高校大会  女子団体 優勝
 第12回中日本高等学校弓道大会出場

平成28年度
 京都府高校総体  女子個人5位・6位
 全国高校総体(インターハイ)・近畿大会京都府予選  女子個人 準優勝
 第69回近畿高等学校弓道大会  女子個人 出場
 全国高校総体・第61回全国高等学校弓道大会  女子個人 出場
 全国高等学校弓道選抜大会京都府予選  女子個人優勝・7位入賞
 第24回近畿高等学校弓道選抜大会  女子個人出場
 第35回全国高等学校弓道選抜大会  女子個人出場・準決勝進出
 京都府公立高等学校弓道大会  女子団体準優勝  女子個人準優勝
 近畿圏交流試合  女子団体準優勝

平成29年度
 京都府高校総体  女子団体準優勝
 全国高校総体(インターハイ)・近畿大会京都府予選  
           女子団体準優勝 女子個人5位・8位 男子個人9位
 第70回近畿高等学校弓道大会  女子団体準優勝 女子個人2名男子個人1名出場
 全国高等学校弓道選抜大会・近畿高等学校弓道選抜大会京都府予選
             女子団体優勝 男子団体4位 女子個人優勝・3位・6位
 第25回近畿高等学校弓道選抜大会  女子個人8位 女子団体・男子団体出場
 第36回全国高等学校弓道選抜大会  
           女子個人出場準決勝進出 女子団体出場(25年ぶり2回目)
 京都府公立高校大会  女子団体優勝  女子個人優勝・4位 男子個人4位
 第14回中日本高等学校弓道大会  女子団体出場
 近畿圏交流試合  女子団体3位
 国体強化指定選手 女子3名

平成30年度
 全国高校総体(インターハイ)・近畿大会京都府予選 女子個人準優勝・5位・7位・9位 男子個人6位
 第71回近畿高等学校弓道大会 女子4名 男子1名出場
 全国高校総体・第63回全国高等学校弓道大会 女子個人9位
 全国高等学校弓道選抜大会京都府予選 女子個人優勝 男子個人準優勝・4位 女子団体3位
 第26回近畿高等学校弓道選抜大会 女子団体出場 女子個人1名 男子個人2名出場
 第37回全国高等学校弓道選抜大会  女子個人準決勝進出 男子個人出場
 京都府公立高校弓道大会 男子団体準優勝・3位 男子個人3位・4位
 第15回中日本高等学校弓道大会 女子団体トーナメント戦の部5位 女子団体総的中の部4位
 近畿圏交流試合 女子団体3位

平成31年度・令和元年度
 京都府高校総体 女子団体優勝
 全国高校総体(インターハイ)・近畿大会京都府予選 女子団体優勝 女子個人3位 男子個人7位
 第72回近畿高等学校弓道大会 女子団体出場 女子個人1名・男子個人1名出場
 全国高校総体・第64回全国高等学校弓道大会 女子団体出場(23年ぶり14回目)ベスト16進出
 全国高等学校弓道選抜大会・近畿高等学校弓道選抜大会京都府予選 男子団体3位 女子個人3位
 第27回近畿高等学校弓道選抜大会 女子個人出場
 近畿圏交流試合 男子団体出場

令和2年度
 国民体育大会京都府予選通信記録会 男子個人3位(2名)女子個人4位・5位 男子団体2位 女子団体2位
  (国民体育大会はコロナ感染症予防対策のため中止)
  第28回近畿高等学校弓道選抜大会個人戦京都府予選会 女子個人優勝
  (全国選抜大会個人戦はコロナ感染症予防対策のため中止)
  第39回全国高等学校弓道選抜大会団体戦京都府予選会 女子団体優勝(3年ぶり3回目)
  第28回近畿高等学校弓道選抜大会 女子団体出場 女子個人1名出場
 第39回全国高等学校弓道選抜大会 女子団体出場(3年ぶり3回目)

令和3年度
京都府高等学校総合体育大会(感染症拡大予防のため中止)
全国高校総体・近畿大会京都府予選 女子個人優勝、女子団体4位
  第74回近畿高等学校弓道大会 女子個人出場
全国高校総体・第66回全国高等学校弓道大会 女子個人出場(2大会ぶり13回目)
全国高等学校弓道選抜大会・近畿高等学校弓道選抜大会京都府予選 女子団体準優勝、女子個人7位
第40回記念全国高等学校弓道選抜大会近畿予選会 女子団体2位
第29回近畿高等学校弓道選抜大会 女子団体出場

 

令和4年度第75回近畿高等学校弓道大会 女子団体出場

 

 7月24日に、京都市武道センター弓道場で今年度近畿大会が行われました。
 女子団体の部に西藤・市川・鈴木(以上3名は3年・文理コース)・久森(3年・サイエンス科)・下坂(1年・サイエンス科)が出場しました。結果は20射8中に終わり、予選通過をすることができませんでした。
 この試合で3年生部員の活動はすべて終了しました。全国高校総体府予選や今回の近畿大会を始めとする全国大会予選で、勝負どころでの弱さが克服できずに上位大会への出場や近畿大会での上位進出を逃した学年でした。新チームではこの課題の克服に向けて普段の活動から見直していきたいと思います。
 これからもご声援お願いします。

 

令和4年度全国高等学校総合体育大会団体戦京都府2次予選会兼・第75回近畿高等学校弓道大会団体戦京都府2次予選会 女子団体準優勝

 

 6月12日に、京都市武道センターで今年度全国高校総体と近畿大会の団体予選会が行われました。
 この試合は、一次予選を勝ち抜いた4校のリーグ戦形式で行われました。本校からは女子団体<戸田(2年・文理コース)・市川・鈴木(3年・文理コース)・久森(3年・サイエンス科)・下坂(1年・サイエンス科)・西藤(3年・文理コース)>が出場しました。(以下の記録は各校5名出場による各自4射の合計20射)。
 一回戦 本校 11中  城南菱創高校   5中 で本校の勝ち
 二回戦 本校 12中  京都外大西高校  13中 で本校の負け
 三回戦 本校 10中   山城高校     9中 で本校の勝ち
 2勝1敗となり本校の2位が決定しました。二回戦では4射めで勝負がつく熱戦でしたがわずか及ばす、全国大会出場はなりませんでした。総的中数は33中で1位の京都外大西高校と同中でした。
 女子団体は7月24日に京都市で開かれる近畿大会に出場します。
 これからもご声援お願いします。

 

第75回近畿高等学校弓道大会 女子個人1名出場

 

 6月5日に京都市武道センターにて開催された全国高校総合体育大会個人2次予選会・兼 第75回近畿高等学校弓道大会個人2次予選会には、本校から1次予選を通過した男子1名・女子3名が参加しました。予選・準決勝(各4射ずつ)を経て1本競射による決勝が行われました。小田垣(1年・サイエンス科)、大西(2年・サイエンス科)は予選にて、村上(2年・サイエンス科)は準決勝にて敗退し、決勝には予選・準決勝で合計5中させた戸田(2年・文理コース)が勝ち残りました。岡本は決勝戦の1本目の的中をのがし、5~10位を決める順位決定戦(遠近法)にて的中させて5位に入賞しました。

 以上の結果より、戸田は7月23日から京都市で開催される第75回近畿高等学校弓道大会に出場します。
 
 これからもご声援お願いします。

 

全国高等学校総合体育大会弓道大会京都府1次予選会・第75回近畿高等学校弓道大会個人戦京都府1次予選会 ・第76回京都府高等学校総合体育大会 ・第75回近畿高等学校弓道大会団体戦京都府予選会  個人男子1名・女子4名、女子団体通過

 

 5月8日と5月14日の両日にかけて、京都市武道センターで今年度全国高校総体・近畿大会の1次予選会、京都府高校総体が感染症拡大予防対策のため例年とは試合形式を変えて行われました。
 5月8日は個人戦一次予選が、5月14日には京都府高校総体(兼・全国高校総体団体1次予選会・兼近畿大会団体戦京都府予選)が行われました。個人1次予選男子の部では小田垣(1年・サイエンス科)が、女子の部では大西・村上(以上2年・サイエンス科)・戸田(2年・普通科文理コース)の4名が予選を通過しました。
 5月14日には団体戦が行われました。本校からは女子の部に下坂(1年・サイエンス科)・大西(2年・サイエンス科)・戸田(2年・普通科文理コース)・久森(3年・サイエンス科)・鈴木・西藤・市川(3年・普通科文理コース)が出場しました。試合の結果、本校は2位となり、全国高校総体1次予選・近畿大会団体戦予選(通過校は上位4校)を通過しました。
 今年度は近畿大会が京都府で行われるため、例年の出場枠3校に開催地枠1校を加えた4校が京都府代表として本大会に出場します。本校女子団体はこの出場枠に入りましたので、7月24日に京都市で行われる近畿大会本大会に出場することになりました。
 6月5日には全国高校総体個人最終予選が、12日には全国高校総体団体最終予選が京都市武道センターで行われます。心身を整えて臨みたいと思います。これからもご声援お願いします。

 

春季高等学校弓道大会 女子個人優勝・5位入賞、女子団体2位・3位入賞

 

 令和4年4月24日(日)に京都市武道センターで春季高等学校弓道大会が行われました。(参加チームは男子43チーム、女子80チーム。男子142名、女子257名の参加)
 出場者各自4射の行射を行ったのち、団体戦および個人戦にて的中上位チーム、個人による順位決定を行いました。本校の関係する結果は以下のとおりです。

 〇女子個人優勝 鈴木 保香(3年文理コース)
  予選を4射皆中させ、優勝決定戦競射1本目を的中させ優勝。
 〇女子個人5位 久森 優心(3年サイエンス科)
  予選を4射3中させ、順位決定戦にて5位入賞。
 〇女子団体Bチーム
  【大西(2年サイエンス科)、久森(3年サイエンス科)、下坂(1年サイエンス科)】
  女子団体Dチーム
  【鈴木(3年文理コース)、田中(3年文理コース)、和田(1年サイエンス科)】
  女子団体Aチーム
  【戸田(2年文理コース)、市川(3年文理コース)、西藤(3年文理コース)】
  これらの本校3チームを含む6チームが予選を団体合計6中させ、2~3位決定戦へ進出。
  射詰め競射1本目にてAチームが0中となり敗退が決定しました。
  BチームDチームはその後も勝ち残り、競射3本目にてBチームが2中させ2位に、
  Dチームが1中させ3位となりました。
  
 5月8日から始まるインターハイ予選に向けて、心身ともにリフレッシュして臨みたいと思います。
 今後ともご声援よろしくお願いします。

 

第29回近畿高等学校弓道選抜大会 女子団体出場

 

 令和3年11月21日(日)に橿原公苑弓道場で第29回近畿高等学校弓道選抜大会が行われました。

 本校からは、久森・(2年・サイエンス)・鈴木・西藤・市川(以上3名は2年・文理コース)が出場しました。
 結果は、残念ながら12射(各自4射3名の合計)5中で予選を通過することができませんでした。
 10月31日からのおよそ1か月間にわたる試合を通じて、成果と課題が明らかになってきました。課題の克服にしっかりと取り組めるオフシーズンにしたいと思います。
今後ともご声援よろしくお願いします。
 

第40回記念全国高等学校弓道選抜大会近畿予選会 女子団体2位

 
 令和3年11月14日(日)に大阪城公園弓道場で第40回記念全国高等学校弓道選抜大会近畿予選会が行われました。
 近畿各府県の全国選抜大会予選で2位となった学校によって、出場枠1校を争いました。各府県から女子団体に出場した学校は以下の通りです。

 浪速高校(大阪府)三田学園高校(兵庫県)日高高校(和歌山県)橿原高校(奈良県)長浜北高校(滋賀県)洛北高校(京都府)

 競技は6校総当たりのリーグ戦を行い、勝数が多い順に上位となり、勝数が同じ場合は総的中数の多い学校を上位とする方式で行われました。
 本校からは、久森・(2年・サイエンス)・鈴木・西藤・市川(以上3名は2年・文理コース)が出場しました。
 結果は対戦順に以下の通りです。
(結果は各自4射、3人の合計12射。同中競射は各自1本、3人の合計3射)

 ・洛北 9中 対 長浜北 6中 で本校の勝ち
 ・洛北 7中 対 橿原  7中 となり、
  同中競射の結果 洛北 2中 対 橿原 1中 で本校の勝ち
 ・洛北 8中 対 浪速  9中 で本校の負け
 ・洛北 7中 対 日高  3中 で本校の勝ち
 ・洛北 6中 対 三田学園8中 で本校の負け

 以上の結果、3勝2敗で2位となり出場権を逃しました。総的中数は37中で1位の三田学園と同中でした。
 10月31日の府予選での敗退後、立て直して善戦しましたが及びませんでした。しかし、近畿の強豪校の中でそこそこ通用する力を感じられる試合でした。
今後ともご声援よろしくお願いします。
 

第40回全国高等学校弓道選抜大会京都府団体2次予選会(兼 第29回近畿高等学校弓道選抜大会京都府団体2次予選会)女子団体準優勝 

 

令和3年10月31日(日)に京都市武道センターで第40回全国高等学校弓道選抜大会団体戦京都府予選会(兼 第29回近畿高等学校弓道選抜大会京都府団体2次予選会)が行われました。
 9月の1次予選通過8校をAB2つのグループに分けてのリーグ戦を行ったのち、各ブロック優勝校による決勝戦を行いました(各校3名による4射、合計12射の的中数合計)。
 女子の部には、久森・(2年・サイエンス)・鈴木・西藤・(以上2名は2年・文理コース)・村上・大西(以上2名は1年・サイエンス)が出場しました。
 本校女子チームはBグループで、城南菱創高校・桂高校・西乙訓高校の3校に勝利し、3勝0敗でBグループ1位となり、Aグループ1位と対戦する決勝進出を決めました。決勝戦では、京都外大西高校に9対2で敗れ準優勝となりました.この結果、女子チームは近畿選抜大会への出場を決めました。
 また、今年度は全国選抜大会が第40回の記念大会となるため、各ブロックに男女各1校ずつ参加枠が与えられます。本校は、11月14日に大阪府で近畿各府県の2位校が集まって行われるブロック大会で全国大会参加をかけて戦うこととなりました。
 第29回近畿選抜大会団体戦は11月21日に橿原市で、いずれもコロナウィルス感染予防対策のため参加人数を限り、無観客で開催されます。
 今後ともご声援よろしくお願いします。

 

第40回全国高等学校弓道選抜大会個人戦京都府予選会兼 第29回近畿高等学校弓道選抜大会個人戦京都府予選会

 

  令和3年10月24日(日)に京都市武道センターで第40回全国高等学校弓道選抜大会個人戦京都府予選会 兼 第29回近畿高等学校弓道選抜大会個人戦京都府予選会が行われました。
 女子の部(エントリー数282名)において、久森(2年・サイエンス科)が1次予選2次予選を通じて1位で通過しましたが、決勝で的中を逸し7位入賞となりました。
 また、入賞には至りませんでしたが、大西・杉浦・村上(1年サイエンス科)西藤・鈴木(2年・文理コース)が1次予選を通過するなど収穫の多い試合でした。
 今後ともご声援よろしくお願いします。

 

第40回全国高等学校弓道選抜大会京都府団体1次予選会(兼 近畿高等学校弓道選抜大会京都府1次予選会)

 

 9月19日に京都市武道センターで令和3年度全国高等学校弓道選抜大会京都府団体1次予選会が団体戦形式で行われました。この試合の上位8校が2次予選会出場校となります。
 本校からは女子団体(久森:2年サイエンス科、西藤・市川・鈴木:2年文理コース、村上:1年サイエンス科)が出場。2位となり、予選を通過しました。

 本校の女子団体は、10月31日に京都市武道センターで開かれる2次予選会へ駒を進めました。これからもご声援お願いします。

 

令和3年度全国高等学校総合体育大会弓道競技大会・第66回全国高等学校弓道大会 女子個人出場

 

 7月29日に、新潟県上越市の謙信公武道館で今年度全国高校総体が行われました。本校より、女子個人の部に岡本(3年・文理コース)が出場しました。コロナ感染症拡大防止のため大会の開催自体が危ぶまれる状況でした。開催に向けて実行委員会をはじめとする関係各所にさまざまな工夫をしていただいたのが感じ取れた大会でした。
 さて、本校からは6月の予選会を通過した岡本(3年・文理コース)が出場しました。当日までなかなか調子がかみ合わず、結果は4射1中に終わり予選通過をすることができませんでした。
 この大会で3年生部員の活動が全員終了しました。この学年は、コロナ禍のもとで十分な練習ができる日が少なく、順調な仕上がりには至りませんでしたが、昨年末の全国選抜大会や今回の全国総体へ出場できました。本番の二つの全国大会では振るいませんでしたが、そこで見たこと感じたことなどは下級生に伝えられ、新チームの課題として活かされていくと思います。
 これからもご声援お願いします。

 
COPYRIGHT (C) 京都府立洛北高等学校・洛北高等学校附属中学校