Stanford e-Japan (SPICE) program 2021 Spring オンライン講座・個人研究概要報告

 
 

スタンフォード大学のオンライン講座Stanford e-Japanの本校受講生1名が2021年度春学期を修了しました。当該受講生が、①オンライン講座のテーマや進め方、②個人研究の概要、③講座を修了しての所感を寄稿してくれましたので、是非ご一読ください。


Stanford e Japan


CLASS

  First of all, I explain the flow of the course.The right chart shows the flow. As it shows, in this program, we repeat the cycle ten times. We have an assignment a week. The content is that we watch a lecture by a professor about 20 minutes, answer some questions about the contents, and write opinions. The topics of the assignments are American culture,society, discrimination, and so on. It usually takes me about five hours to finish the assignment.
 
  Next, we have to post our opinions about the topics on discussion board. We are given some detailed themes to talk on the board. We have to post our opinions three times at least at a discussion. So, usually there are more than 100 posts on the board a discussion.
 
  In a class, a professor teaches us American culture, society, discrimination, and so on carefully online. We take the lecture an hour of 90 minutes and then we discuss the topic of the class. After a class, we can chat about individuals, or the class. Finally, we choose interesting topic and write final paper.
 
MY RESEARCH

  I researched discrimination as my topic of final paper. The reason I chose the topic is that I was interested in discrimination especially in America on the course. Before I participate this course,I'm not interested in discrimination at all. I think the most of you are so. I will introduce parts of my paper.    ・Environment
   ・Bias
   ・History
   ・Society
 
  These are causes of discrimination I thought. Firstly, I think our environment has influence on us, for example, parents, friends, and so on. When you are young, if you hear someone discriminate something regularly, you have discrimination unconsciously. And, you have bias even after you became adult. In terms of history, white people controlled black people for a long time. Now that these discriminations seem to have disappear, but even now they continue to happen,especially in America. For examples, American policemen killed innocent black people and were not arrested legally. Finally, I want to introduce an experiment that shows influence of society. After children listen to a story of a wise person, they answered whether the person is a man or woman. The result is that the number of men and women are the almost same in five years old, but the number of men many more than women in six years old. The reason, I think, there are bias that men are wiser than women, because there are many novels whose main character is a man. I think there are many other reasons. That is the rough contents of my final paper.

MY IMPRESSIONS

  I had a lot of fun in the course, and I got real of my situation. Participants'levels were very high, so I could develop myself. I recommend you join in the course if you are interested in even a little.

※PDFを開くには下記「Stanford e-Japan (SP...」をクリックして下さい。

 
 

Stanford e-Japan (SPICE) program 2018 Fall 研究発表会を行いました

 

2018年1月11日(金)の放課後に、スタンフォード大学のオンライン講座Stanford e-Japanの2018年度秋学期受講生2名が個人課題研究の発表を行いました。研究タイトルはそれぞれ"Entrepreneurship through Education: A Key to Innovation and Economic Growth" と "Entrepreneurship in Japan and Silicon Valley" でした。前者はアメリカに比べて起業活動が低調な日本の現状を指摘した上で、教育を通じて若者に起業を体験させるプログラムを提案しました。後者もアメリカのシリコンバレーと対比しながら、日本で起業が盛んに行われない背景にある社会的・文化的条件を指摘し、その状況を変えるための3つの方策を提案しました。発表は英語と日本語で行われ、最後には参加者から日本で起業を促進する方策の具体例や発表者自身の起業に対する考え方などについて質問があり、活発な質疑応答が行われました。

 

The Fall 2017 Stanford e-Japan awardを受賞しました

 

 本校1年生の岸本天寧さんが、スタンフォード大学が日本の高校生に提供しているオンラインプログラム、Stanford e-Japanの2017年度秋学期を修了し、最優秀成績者3人に与えられるthe Fall 2017 Stanford e-Japan awardを受賞しました。選抜された28人の受講者と共に5ヶ月間のプログラムを受講し、優秀な成績でプログラムを修了したこと、研究論文 "Open Innovation: A Secret to Silicon Valley's Success"が高い評価を得たことによるものです。
 岸本さんは8月にスタンフォード大学で行われる授賞式に出席し、研究内容を発表します。

 

Stanford e-Japan (SPICE) program 研究発表会を行いました。

 

 米国スタンフォード大学が日本の高校生に提供しているオンライン講座、Stanford e-Japanの受講生が、1月17日(水)、研究発表を行いました。半期に渡り、オンライン上で様々な講義を受け、ディスカッションし、レポートを書き、最後に自分で選んだ研究テーマで論文を書いて研究発表をします。2017年度秋学期を受講した生徒は "Open Innovation: A Secret to Silicon Valley's Success" というタイトルで、シリコンバレイの開発を分析し、日本の開発形態と比較しました。発表後の質問に答えながら、聴者も発表者も理解を深めました。

 

Stanford e- Japan Program Spring 2017 修了証授与式、Honorable Mention授与式を行いました。

 

 本校2年生の東さくらさん、梅澤凌我くんが、Stanford e-Japan Program Spring2017を修了しました。
 Stanford e-Japan Programとは、アメリカのスタンフォード大学が日本の優秀な高校生を対象にオンラインの集中講座を提供するプログラムです。東さん、梅澤君は、英語で講義を受けるだけでなく、教授や他の受講者と英語でディスカッションをして、様々な多くの課題に取り組み、論文を提出、さらに論文内容を英語で発表することですべての要件を満たしたため、修了が認められました。
 梅澤君が提出した論文 Three Lessons Japan Should Learn from the U.S. College Admissions System は、Honorable Mentionを受賞しました。

 

Stanford e-Japan 2017 Spring 研究発表を行いました

 

 米国スタンフォード大学が日本の高校生を対象に開講するオンラインコース、The Stanford Program on International and Cross-Cultural Education (SPICE)の2017年度春学期受講生2人が、それぞれ作成した研究論文に基づき、研究発表を行いました。
 東さくらさんは『さぁ日本、今こそアメリカを見習うとき~アメリカの多様な社会に隠れた、発展のヒケツ~』というタイトルで日米の社会について、梅澤凌我君は "Three Lessons Japan Should Learn from the U.S. College Admissions System"というタイトルで、日米の大学入試制度や大学制度について発表しました。発表の後、日本語と英語で質疑応答をし、発表者、参加者ともに理解を深めました。

 

Stanford e-Japan 2017 Spring キックオフ

 

 米国スタンフォード大学が日本の高校生を対象に開講するオンラインコース、The Stanford Program on International and Cross-Cultural Education (SPICE)が始まりました。講義を受けたり、アメリカの高校生とディスカッションをしたり、様々な活動が始まります。

 

Stanford e-Japan 2017 Spring に合格

 

 米国スタンフォード大学が日本の高校生を対象に開講するオンラインコース、The Stanford Program on International and Cross-Cultural Education (SPICE)の2017年度春学期に、1年 東さくらさん、1年 梅澤凌我君が合格しました。2月から受講が始まります。日本中から選抜された20数名の高校生とともに、社会や文化、国際関係について、オンラインの講義やディスカッションを通して学び、研究論文を書き、発表します。活動はすべて英語で行われます。

 
教育内容 洛北高校
カテゴリ・リスト
クリックで子カテゴリが表示されます。
COPYRIGHT (C) 京都府立洛北高等学校・洛北高等学校附属中学校