鳥羽高生の今

TOBA TOPICS
 
219,166,

今回のオーストラリア留学通信は、1年生の岡本后葉さんからです。

新しい環境で奮闘してるようです。

≪岡本さんより≫

私はゴールドコーストに留学しています。
とても自然が多くとてもいい場所です。
私のホームステイ先にはノルウェーから来ているホストシスターもいます。

到着して1週間が経ちますが、英語がとても早かったりいつもと全く違う環境なので、まだまだ戸惑うことがたくさんです。

学校には他の国から移住してきた人や、留学生が沢山います。だからこそ沢山の交流をすることができ、学校生活にとても期待を抱いています。

これからもっとここでの生活に慣れていけるようにしたいと思います。

 
 
 
 

 1月24日から、本校の3名の生徒が「府立高校海外サテライト校事業」によりオーストラリアで留学を始めています。3名は4月6日までの約9週間滞在します。今後「オーストラリア留学通信」として彼女たちの留学生活を適宜紹介していきたいと思います。どうぞお楽しみに!
 さて、今回は2年生の森山結惟さんから送られてきた留学先の様子をご紹介します。

≪森山さんより≫

 わたしはオーストラリアのサンシャインコーストというところに留学しています。ここは、綺麗な海や山といった自然に囲まれています。到着してまだ数日ですが、日本とは異なる文化に驚きながら、良い発見をすることができています。学校生活も始まり、これから慣れていけたらいいなと思います。

 
 
 
 

1月18・19日に大阪羽曳野コロセアムにて近畿高校選抜大会が開催されました。

3月に行われる春の全国選抜大会の最終予選となる今大会に男子5名、女子11名が出場しました。

結果は以下の通りです。

2年

太田 葉月 6位入賞

山本 桃歌 10位

山本 彩乃 優勝

北村 奏 優勝

荒本 伶夏 3位入賞

滝本 凌也 6位入賞

東田 周大 2位

神田 匡佑 3位入賞

1年

吉岡 優来 7位

須賀 和 6位入賞

谷口 蒼依 11位

髙野すみれ 12位

佐藤野々香 5位入賞

松田 瑞紀 7位入賞

今井 悠介 5位入賞

長谷川 元基 3位入賞

全国選抜大会は予選4試合の結果を元に2月に行われる会議にて

出場者が決定します。

今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。

 
 

1月8日(水)

 

 朝から非常に不安定な天候でしたが、無事に全校生徒が集まり始業式を行うことができました。全校生徒での行事は、この始業式が今年度最後となります。

 校長先生の式辞では、まず、3年生に対して「これまでやってきたことを信じて、最後まで諦めずそれぞれの進路に向かって頑張ってほしい」という心強いメッセージが贈られました。続いて1・2年生には、「今の3年生の姿が来年・再来年の自分の姿であることを想像し、計画性を持って目標を達成していこう」、そして、「自分の限界を決めつけないで、可能性を伸ばし続けていってほしい」というお言葉がありました。

 始業式後には、教務部長の南條先生から「3学期はすぐに過ぎ去ってしまう。しっかりと自己管理をして、達成可能な目標を持つことで自分自身を褒めてあげられるように頑張ってほしい」というお話がありました。生徒指導部長の福嶋先生からは、自転車の交通マナー徹底についての注意やいじめについてのお話があり、困ったことがあれば、遠慮なく相談をしてほしいとの呼びかけがありました。

 その後、冬休み中の大会等で好成績を残した囲碁・将棋部、吹奏楽部、卓球部の表彰があり、来月福島県福島市で行われる全国高等学校文化連盟将棋新人大会に出場する囲碁・将棋部の川東瑞綺さんの壮行会が行われ、校長先生と生徒会長から激励の言葉が贈られました。

 また、この冬休みに水泳部の岡田智貴くん、渡邉太陽くんがスペインへの海外遠征に参加したこと、渡邉くんはクウェートで行われた世界ジュニアに日本代表として参加し、素晴らしい成績を修めたことが報告されました。

 みなさんの日々の努力が形となって表れたことを心から賞賛したいと思います。

 

 3学期に入り、今の学年で過ごす時間もあとわずかです。悔いの残らないよう有意義な日々を送りましょう!

 
 
 
 

12月25日

 研修最終日はあいにくの雨でした。予定していたサイクリングはできませんでしたが、明の城壁を訪れ、その壮大さに圧倒されました。その後西安咸陽国際空港へと移動して帰国の途につきました。予定通り、関西国際空港に到着し、京田辺市経由で京都駅で解散をしました。

 
 
 
 

12月24日

 本日は西北大学にて中国語の授業と太極拳の授業を体験しました。中国語の授業では、様々な国からの留学生の中に入って共に学ぶことができました。太極拳の授業では8つの型を教わりました。
 午後はイスラム街と鐘楼見学に出かけました。中国の文化を反映した様々なお土産を購入することができました。
 明日はいよいよ最終日です。

 
 
 
 

12月23日(月)

 

 本日は西安交通大学附属中学および西安外国語大学附属外国語学校の生徒との交流がありました。

 西安交通大学附属中学では日本語の授業と武術を体験しました。歓迎式典には、10月に本校を訪問した生徒たちも参加してくれて、歓迎のメッセージを英語で披露してくれました。

 外国語学校では英語や日本語を駆使し、クイズや会話を楽しみました。

 

 
 
 
 

12月22日(日)

本日は1日ホームステイ先で過ごしました。
同じ年頃の高校生の家庭での生活を体験することができ、非常に有意義な時間を過ごすことができました。1日では短すぎたようです。明日は西安交通大学附属中学と西安外国語大学附属西安外国語学校の交流です。

 
 
 
 

本日陝西省訪問プログラムに参加する生徒8名が関西国際空港に向けて予定通り9:30に京都駅を出発しました。

順調であれば、今夕8時頃(現地時間)に西安に到着予定です。

生徒たちは大きな荷物を抱えながらも、これから始まる研修に心躍らせているようでした。

25日まで研修を行い、同日夜に京都駅帰着予定となっております。

 
 
 
 

 12月20日(金)第2学期の終業式を行いました。

 山埜校長から「2学期には、水泳大会、れんが祭、鳥羽総体、近畿高校総合文化祭、全国伝統文化フェスティバル、海外研修旅行等の様々な学びの経験により、みなさんの成長した姿を見ることができました。また、ICTを活用した授業や国内外の学校と連携した遠隔教育の取組が本格化しました。そのような中、大学入試においては、英語民間試験活用、国語・数学の記述問題導入の延期が発表されましたが、しっかりと力をつけなければならないことに変わりはありません。今年、できたこと、やり残したこと、すべきことをしっかりと振り返って、健康で安全な冬休みを過ごしてほしい」といったお話がありました。

 生徒指導部長からは、「ルールの中で、しっかり頑張れるという鳥羽高生の姿に感動した」という話とともに、学校の中でも積極的にあいさつをしよう、遅刻をなくそう、自転車事故に注意しようといった呼びかけがありました。

 進路指導部長からは、「聞くこと」の重要性についての話のあと、3年生に向かって、入試本番までに、「あと○○日もある」と考えて、やり残していること、自分の弱点こそが伸びしろと考えようという話がありました。

 表彰式では、環境保全全国高校生論文コンクール等での入賞者の表彰や2学期に活躍した多くの部活動の表彰がありました。また、冬休みに東京大学で行われる即興型英語ディベート全国大会に2年連続で出場を決めたESS部のメンバーの紹介がありました。

 冬休み中にも補習や部活動など盛りだくさんですが、1月8日の始業式に元気に登校できるよう、有意義な冬休みにしましょう!

 
 
 
 

 12月19日(木)7限

 明日からの「京都府立高校生 陝西省訪問プログラム」の結団式を行いました。

 旅行保険の話から始まり、持ち物や課題についての最終連絡があり、その後、引率の先生方からのお話がありました。

 一行は、明日20日(金)に出発し、12月25日(水)まで5泊6日の行程で陝西省西安市を訪問します。ホームステイ体験、学校訪問、文化施設等の視察などをとおして、現在の中国について理解を深め、新たな時代を自ら切り開く力を身につけるという目的をもっての訪中です。

 本年度は、1年生1人、2年生7人の合計8人の生徒が参加をします。

 
 
 
 

12月11日(水)

 12月11日(水)に本校にて「令和元年度 第58回 税に関する高校生の作文」の授賞式が行われました。
 今回は本校から1年生普通科スポーツ総合専攻の40名が応募し、田中 杏君が京都府租税教育推進連絡協議会長賞を、さらに奥村 隼平君が京都市下京区・南区租税教育推進協議会長賞を受賞しました。
 今後も授業と、このような取組を通じて、税の意義や役割について学んでいきます。

 
 
 
 

12月9日(月)文科スポーツコース3年生の「総合的な学習の時間」(以下、総学)において探究活動のまとめとしてのポスターセッションを行いました。探究活動の大きなテーマは「現代オリンピックの問題点を探る」です。

3年文科スポーツコースに在籍する38名は総学の時間にオリンピックの歴史や経済とスポーツと社会に関する講義を受け、自ら探究課題を見つけ、それを明らかにするためのリサーチクエスチョン(RQ)を設定。夏季休業中に調査を行い、発表の準備をしてきました。探究テーマは「e-sportsはオリンピックに必要か」「なぜ放映権は莫大に膨れ上がるのか」「テレビとスポーツの関係に迫る」「オリンピックからみる女性とスポーツの関わり」「なぜ2020東京にSDGs(持続可能な開発)が求められているのか」といった多岐にわたるテーマがありました。

ポスターセッションでは発表に対する取り組みが未熟で調べたこと、検証したことを調べたことを伝えきれずに終わった場面もありましたが、このコースとして初めての取り組みを一生懸命取り組んだ姿勢は大変立派であったと思います。

進学先でもこのような探究活動を行った経験を生かしていってほしいと思います。

 
 
 
 

 1年学年集会 2019/11/27 

11月26日(火)

 1年生は6時間目に東体育館で学年集会を行いました。そのなかで、9月のSGH韓国研修に参加した生徒2名と、10月にSGH上海研修に参加した生徒6名がそれぞれの研修内容について報告をしました。報告の後で、質疑応答の時間を設けました。「キャッシュレス対応について日本と韓国・上海で違いはあるのか」「それぞれの国で見聞きした中で、日本が取り入れたらよいものはあるのか」などの多くの質問が出ました。生徒たちは協力しながら、丁寧に質問に答えました。

 
 
 
 

レディースカップ第11回全日本女子選抜ウエイトリフティング選手権大会

令和元年11月21日~23日に鹿児島県川内市にて全国大会が行われました。

本校からは3年生3名、2年生2名が出場しました。

55kg級 廣瀬 優亜 21位

59kg級 五十川いずみ 7位

    山本 彩乃  11位

71kg級 見立芽依奈 5位

    北村 奏 10位

自己ベストを更新した選手もいましたが、納得のいく結果が出せなかった選手もあり、それぞれの想いが残る大会となりました。

今大会で3年生の2名は引退し、うち1名が日本体育大学に進学した後も、競技を続けます。

2年生は今後も春の全国選抜大会に向けての予選が続くため、今大会に出場出来なかった選手と共に今後とも練習に励みたいと思います。

 

それぞれの想いを胸に、今後の飛躍を期待しています。

 

また、鳥羽卒の選手も多数活躍し、その中でも社会人1年目の柏木麻希選手は自己ベストを更新、一般の部で優勝することが出来ました。

 

今後とも応援の程よろしくお願いいたします。

 
 
 
 
A団、B団ともに空港を出て、京都駅に向かっています。 京都駅への到着予定時刻は2、7、8組が午後12時から12時20分ごろ、3〜6組が、午前11時から11時20分ごろの予定です。 なお、交通状況により到着予定時刻が前後する可能性がありますので、御了承ください。
 
 

 1年進路講演会 2019/11/14 

11月14日(木)

1年生は6時間目に講堂で進路講演会がありました。本校進路指導部長が進路実現に向けて今すべきことを話した後、第1学年の進路担当の先生方から、英語の必要性を認識し、英語の資格取得をめざすことや、将来の夢・希望進路に向けて高校生活をデザインする方策などを学びました。これから1年生は、自分の希望進路実現のために、授業を大切にし基礎学力を身につけるとともに、さまざまな課外活動にも積極的にチャレンジしていきます。

 
 
 
 
11月14日(木) 今日は午前中に、2組はITE College Westという現地学校を訪問しました。スポーツの授業に参加し、綱引きやセパタクローなどを生徒たちと楽しみました。 3〜8組はそれぞれ、Shinobi Sauce PTE LTD、IBM Global Services Pte Ltd、Albirex Singapore PTE LTD、Leeden National Oxygen Ltd、JTB Singapore、Canon Singapore Pte Ltdという企業を訪問しました。各企業の職務内容について教えていただくとともに、「若いうちに海外へ出て経験を積んでほしい」というメッセージをいただきました。 午後からは、グループごとに分かれてセントーサ島でフィールドワークを行いました。セントーサマーライオンやビーチなどを見学し、現地の文化を改めて感じることができました。 この後は夕食をとってから、マリーナバラージで夜景鑑賞をし、飛行機に乗って日本へと向かいます。
 
 
 
 
11月13日(水) 今日はグループに分かれてフィールドワークに出かけました。 チャイナタウン、リトルインディア、マリーナベイサンズなどのエリアで、様々な文化に触れながら、自分たちの力で現地の方とコミュニケーションをとりました。 現地の方と英語で会話するのは難しくて大変なこともありましたが、とても楽しく充実した一日となりました。 明日は現地で過ごす最終日となります。 最後まで気を引き締めて、安全第一で研修が終えられるようにしたいと思います。
 
 
 
 
11月12日(火) 今日は、B&Sプログラムで現地大学生の方と市内散策へ出かけました。 B&Sプログラムでは、大学生の方々に街案内をしていただきながら、シンガポールの様々な文化について学び、一緒に食事をとりました。 大学生と英語で会話するのはなかなか難しくて大変でしたが、とても有意義な時間を過ごすことができました。 また、2〜6組はシンガポール動物園に行き、キリンやシマウマ、カバなどの普段はなかなか見られない動物を間近で見ることができました。 7〜8組は現地高校生と交流をしました。まず、オープニングセレモニーでは鳥羽高校生からの学校紹介プレゼンと、日本とシンガポールに関するクイズ大会を行いました。その後は、マレー語講座やロッククライミングなど、様々なアクティビティに参加しました。 明日はグループごとに分かれて、生徒たちだけでフィールドワークへ出かけます。自分たちの力で現地の人たちとコミュニケーションをとる機会がますます増える1日となりそうです。
 
 
 
 
 
b_botan