鳥羽高生の今

TOBA TOPICS
 

 10月21日(木)6時間目に令和3年度の後期生徒総会を行いました。

 今回の総会は、前期生徒総会と同様に、生徒会本部と代表委員会の生徒が講堂に集まり、その様子を各教室に配信することで実現しました。

 生徒会本部・代表委員会が主体となって進行し、前期生徒会長のお話の後、今年度後期の生徒会本部役員選挙演説が行われました。
 立候補者は、画面を通して、はきはきと自分の考えや学校生活への思いを話していました。その姿は、とても頼もしく生徒自身が学校を引っ張っていこうという熱い気持ちが伝わってきました。学校の代表として、これからも多くの場面でリーダーシップを発揮してもらいたいです。

 

 
 
 
 

 2年生普通科スポーツ総合専攻とスポーツ・教養コースの生徒が、「総合的な探究の時間」の一環として茶道専門家「裏千家」山本宗成先生から「茶道」を2回にわけて学びました。

 

 まず、第1回目の授業で、茶の文化・歴史や「茶道」の作法について山本先生から講義していただきました。また、DVDの鑑賞により、茶事について学びました。

 次に、第2回目の授業では、講師の先生方の指導のもと、お辞儀の仕方、柄杓の扱い方、抹茶の点て方・頂き方、お菓子の頂き方を学びました。実際の体験を通して、伝統文化「茶道」を堪能する機会となりました。

 

 今後は、事後学習として、伝統文化「茶道」を通しての自己の変容を見つめ、それをポートフォリオにまとめていく予定をしています。

 
 
 
 

10月2日(土)に1年生普通科リベラルアーツコース「総合的な探究の時間」第10回目を行いました。本日は主に、中間発表に向けた準備を行いました。研究動機や調査項目を決定し終わった班から、発表手順の確認やリハーサルを行いました。中間発表がスムーズに行われるよう、十分に準備を行い、発表当日は京都府立大学の方々からフィードバックをいただきます。

 
 
 
 

 10月2日(土)の1年生グローバル科「イノベーション探究Ⅰ」では、研究チーム別協働探究学習が始まりました。

 各研究チームごとに、中間発表で受けた質問や意見を踏まえて、研究計画書の作成と図書館を利用した文献調査を行いました。

 テーマが決まったチームはリサーチクエスチョンを掘り下げる作業を行っていたり、「目的」を具体的に考えるチームや調査内容とその方法を考えるチームなどがありました。課題は各チームごとに異なっていますが、課題に対して真剣に取り組み、対話を重ねていました。

 生徒自身が、何に疑問を持ち、どこを問題とするのかを考えることで、研究に対する「当事者意識」が芽生えてきているように感じました。

 次回は3週間後の10月23日(土)です。また、来月からは発表用のスライド作成を行っていきます。

 
 
 
 

9月25日(土)に1年生普通科リベラルアーツコース「総合的な探究の時間」第9回目を行いました。本日は各グループで、研究課題を自分たちの研究テーマとして決めた動機や背景、また研究課題の現状を調べました。現状を調べるために、本日は図書館も利用して調べ学習を行いました。その後、リサーチクエスチョンを研究していくための調査項目や調査方法を考えました。今後、10月に行われる中間発表に向けて、さらに研究を進めていきます。

 
 
 
 

9月25日(土)

 高大社連携研修事業に参加し、企業に関わる探究をおこなっている2年生9名が、zoomでの中間報告会に参加しました。
 10月23日(土)の本番に向けて、夏休みのインターンシップの成果を踏まえまとめた現段階の調査内容を報告し、経営者の皆さまに助言を頂きました。

 その後のグループセッションでは、グループごとに個別にアドバイスを頂き、最終発表会に向けた課題をたくさん見つけることができました。

 残り1ヵ月で内容をブラッシュアップし、最終発表会に臨みます。

 
 
 
 
 
 

 9月25()に第9回イノベーション探究の授業がありました。個人で作成した「調査シート」や大阪大学アカデミック・ライティング講座(9月11日実施)で作成した「パラグラフライティング ワークシート」をもとに、「研究報告書Ver.2」を作成しました。以下のような作成時の注意点を意識しながら作成しました。

(1)RQ(問い)と仮説(答え)は明確で、論拠・証拠に基づいているか。

(2)明確な証拠に基づいた科学的な文章となっているか。

・基礎となる概念が定義されているか。

・測定可能か。数値データがあるか。

・偶然関係があるようにみえるだけではないか。

・文化・時代の影響はないか。

(3)思考が整理された分かりやすい文章となっているか。

生徒たちは自分たちの研究の質の高まりを実感しながら、活発な議論ができていました。

 
 

9月11日(土)に1年生普通科リベラルアーツコース「総合的な探究の時間」を行いました。まず、研究において重要な信頼性、有効性、新規性の三つやリサーチクエスチョンの絞り方について説明を受けました。その後、夏休み中に読んだ、各グループのテーマに沿った本のまとめを発表し、グループで質疑応答を行いました。その後、「ツッコミシート」を用いて各自のテーマについてより深く掘り下げ、小さいリサーチクエスチョンを考えました。今回のグループワークを通してリサーチクエスチョンをかなり小さく絞り込むことができたので、今後そのリサーチクエスチョンを研究するための方法をグループで考えていきたいと思います。

 
 
 
 

8月30日(月) 

 本日、令和3年度の2学期始業式を配信にて行いました。

 

 校長先生の式辞では、「一日一日を大切にして、正しい知識に基づいた行動を心がけましょう。そして、皆さん共に頑張っていきましょう。」とのお言葉をいただきました。

 

 続いて生徒指導部長の福嶋先生より、「自分の目標を見失わずに強い気持ちをもって、学校生活を送りましょう。」とのお話がありました。

 また、進路指導部長の宇川先生より、「受験生は、Zoomのオンライン説明会や資料を取り寄せてじっくり読み込むなどの方法で、自分の目標を達成するために行動していきましょう。」とのお話がありました。

 どの先生方も、自分なりの目標を持つことの大切さをお話してくれました。このような状況だからこそお互いに協力し合い、安心で安全な学校生活を送ることができるようにしましょう。

 
 
 
 
 
 

祝!全国インターハイ優勝!

令和3年度全国高等学校総合体育大会ウエイトリフティング競技大会(全国インターハイ)が

8月9日~13日に福井県小浜市にて開催されました。

コロナ禍の状況で開催して下さった関係各位の方々に感謝いたします。

 

本校からは3年生5名が出場しました。

61kg級 清田勇人

73kg級 今井悠介

89kg級 長谷川元基 本谷武士

+102kg級 安田 大河

5人中4人が3月に行われた春の全国選抜大会を経験しているため、

落ち着いて試合ができていた選手が多かった印象です。

また、その中でも89kg級長谷川元基がスナッチ、ジャーク、トータルにおいて

完全優勝を成し遂げ、表彰台の1番高い場所で1番良い色のメダルをかけていただきました。

高校から競技を始め、3月の選抜大会では3位という悔しい結果に終わってしまいましたが、

その悔しさをバネに今大会では努力した成果を発揮することができました。

5人の3年生が残してくれた偉業を後輩達は目に焼き付け、次の挑戦に向け頑張っています。

今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。

 
 

8月18日(水)キャンパスプラザ京都にて、新型コロナウイルス感染症予防対策を行いながら、グローバル科説明会を開催致しました。

校長挨拶の後、教育内容の説明、生徒発表、入学者選抜・学力検査問題解説を行いました。

 

生徒はスライドを用いながら、総合的な探究の時間「イノベーション探究」、「グローバル・コミュニケーション」、「第二外国語」、WWL・国際交流について、日本語はもちろん、英語や韓国語を使って発表しました。

参加者から「生徒たちは生き生きと発表し、教育の活動内容や生徒たちの様子を知ることが出来て良かった」との感想をいただきました。

 

今後は9月25日(土)、11月6日(土)、12月11日(土)に「学校説明会」を開催する予定です。ぜひ御参加ください。

 

 
 
 
 

8月5日(木)

 本日午後、2年生「総合的な探究の時間」で企業に関連する研究に取り組む生徒4名が、株式会社秋江代表取締役の秋江弘一様にお世話になり、経営者インターンシップに参加しました。
 秋江社長より会社概要をご説明いただいた後、会社内見学や自分たちが取り組む企業の研究についての質疑応答をおこないました。各グループが取り組む、女性の働き方や企業とAIに関する調査内容を深めるとともに、社会で求められる人材についてもお話しいただき、将来のキャリアを見据える良い機会となりました。

 この取組は京都中小企業家同友会との共催で4年目を迎えています。本年度は株式会社タザワ電気さん(8月2日)と株式会社秋江さん(8月5日)の2社にインターンシップでお世話になりました。

 経営者と直接議論をし、経営者の経営哲学に触れることができるかけがえのない機会となっています。参加生徒は、インターンシップでの学びを踏まえ2学期に研究内容を整理し、お世話になった社長の皆さまに成果報告をおこないます。

 
 
 
 

 7月18日(日)に、和歌山県白浜町で行われた、令和3年度近畿高等学校ソフトテニス選手権大会に出場しました。

3年生にとっては最後の夏。昨年、新型コロナウイルスで悔しい想いをした先輩達の分まで思い切ってプレーができまし

た。1・2年生はまた来年も近畿大会に戻ってこられるように、この夏の練習に臨みたいと思います。

 
 
 
 

8月2日(月)

 本日、2年生「総合的な探究の時間」で企業に関連する研究に取り組む生徒5名が、株式会社タザワ電気代表取締役の田沢直様にお世話になり、1日経営者インターンシップに参加しました。
 「研修生」と書かれた名札を特別にご用意していただき、田沢社長と会社の1日を体験しました。現場見学や他県の社員の皆さまとのWEBミーティング等をとおして、自分たちが取り組む企業の研究について調査するとともに、「働くとはどういうことか?」について様々な価値観を得る良い機会となりました。

 この取組は京都中小企業家同友会との共催で4年目を迎えています。

 
 
 
 

7月20日(火) 

 本日、令和3年度の1学期終業式を配信にて行いました。

 

 校長先生の式辞では、冒頭に、「日常化・習慣化の大切さ」についてお話をいただきました。また、「夏休みの期間に新しい取り組みや挑戦をしてほしい」というお言葉をいただきました。

 

 続いて、生徒指導部長の福嶋先生より、携帯電話・タブレット、情報化社会、登下校の服装、各自の物の管理の4つの事例についてのお話がありました。その後、進路指導部長の宇川先生より、「人生を決めていくのは自分自身である。オープンキャンパス等を活用して自分の進路を定めていきましょう」というお話がありました。

 

 夏休みは35日間という長期間の休暇となります。健康管理や事故に最大限に気をつけることはもちろんですが、一人一人が主体的に目標・計画を設定し、それに向かって勉強や部活動に励んでほしいと思います。

 
 
 
 

 7月10日の「総合的な探究の時間」の授業では、京都府立大学から佐藤洋一郎先生、窪田好男先生、山川肇先生の3名の先生方をお迎えして講義をしていただきました。佐藤先生は和食文化に関して、窪田先生は国際的・地域的視点から見た京都について、山川先生は環境に関わるデザインについて講義をしてくださいました。生徒たちはそれぞれ興味のある分野に関しての講義を受けることができ、さらにその分野についての興味を持ち学びを深めたようでした。今後自分たちのテーマをより深く掘り下げていって欲しいと思います。

 
 
 
 

 近畿大会出場! 2021/06/26 

近畿大会出場
 本年度の近畿大会は京都市体育館(西京極運動公園内)にて6月25日から27日の3日間で実施されました。鳥羽女子チームは1回戦、和歌山信愛と対戦しました。結果は以下の通りでした。
  
                       鳥羽 44-98 和歌山信愛
  
 全国大会に幾度となく出場しているチームのフィジカル面の強さやボール際の競り合いでの粘り等、どれをとっても格の違いを感じざるを得ませんでした。
 ただ、このインターハイ予選以降取り組んできたことを形にしようとする姿勢をチームで共有できたのは大きな収穫だったと感じます。今回得た、全国大会レベルではフィジカル面・メンタル面のタフさが40分間継続できなければ戦えないという教訓を今後の練習で活かしていきたいと思います。
 期末試験直前の期間での大会ではありましたが、様々な配慮を頂き、この大会に参加することができました。保護者の皆様、OB・OGの皆様、そして学校関係者の皆様にお礼申し上げます。今後ともご支援賜りますよう。お願いいたします。
 
 
 
 

6月19日(土)

 本日の「イノベーション探究Ⅱ」の授業では、各グループのテーマに基づくリサーチクエスチョンについて調べてきた成果を持ち寄り、グループで1つのものにまとめていく「研究報告書」を作成しました。例えば、労働問題をテーマとしているグループは、「長時間労働の要因」や「過労死」等、各自が調査した内容を持ち寄り、労働問題の中で具体的に何を取り上げて探究していくかを考えていきました。本日の「研究報告書」を来週26日(土)に大阪大学の先生及びTAの皆さまの前で発表し、アドバイスを頂きながらさらに探究の質を上げていきます。

 
 
 
 

6月18日(金)
 本日の放課後、株式会社タザワ電気の田沢直社長が来校され、本校生徒7名に講話をしていただきました。京都中小企業家同友会企画の事業の一環として、探究活動で企業研究に取り組む生徒が参加しました。講話の中では、会社の概要に加え、田沢社長が経営者となることを志したきっかけや、高校生のうちに努力してほしいこと、夢や目標の立て方など、多岐にわたる内容をお話しいただきました。生徒たちは、各々の問題関心の中でお話を伺い、将来のキャリア設計に繋げることができました。

 
 
 
 
 
 

6月25日(金)~27日(日)に島津アリーナ京都および京都市体育館にて第68回近畿高等学校バスケットボール大会が開催されます。

京都府の代表としてベスト4以上を目標に全力で戦いますので応援よろしくお願いします。なお、今大会は、無観客試合となりますので、会場での応援はできません。大会結果は、京都府バスケットボール協会ホームページ近畿大会特設ページにて速報が掲載されますので、そちらをご覧ください。

6月25日(金)12:00 鳥羽 vs 奈良市立一条高等学校 TIP OFF

 

http://kyoto.japanbasketball.jp/hs/kinki2021/index.html

 
 
 
b_botan