鳥羽高生の今

TOBA TOPICS
 
219,166,286

 

出発予定の9時を少し遅れはしましたが、一泊研修の場となる、

大阪府立少年自然の家へ向けて、無事に出発しました。

 

2日間の研修ですが、しっかりと学んで、成長して帰ってきてほしいと思います。

 

 
 
 
 

 

明日、4/16(火)から始まる、大阪府立少年自然の家での一泊研修に関して、

注意事項や予定等を確認する、事前指導を行いました。

 

第1学年全員が講堂に集まり、学年部長や生徒指導部の先生方から一泊研修に向けて、

ルールやマナーの確認や時間の厳守についてお話いただきました。

特に、研修旅行では行先が異なることから、「同じ釜の飯を食う」唯一の機会、という話しがありました。

 

鳥羽高校で有意義な3年間を過ごせるよう、学年全員でしっかりと学習してきてほしいと思います。

 

 
 
 
 

4月10日(水)
 1年生に生徒会活動や部活動の紹介を行う「新入生歓迎会」を行いました。
部活動紹介は吹奏楽部の迫力ある演奏で始まり,書道部や美術部の作品を実際に見ることもできました。部活動の詳細な説明があり,部の雰囲気なども伝わってきたため,新入生の中で部活動のイメージができたことと思います。
 最後に1年生の代表が生徒会へ感謝の気持ちを伝え,それぞれ気になる部活動の見学へ向かいました。
 新入生歓迎会終了後には,廊下などで各部活動の部員がチラシや看板を用いた懸命な勧誘活動が行っていました。

 
 
 
 

4月8日(月)
 本日,平成31年度第1学期の始業式を行いました。校長先生の式辞では,「新しい仲間,新しい先生のもと,新鮮な気持ちで頑張ってほしい」という激励のお言葉と,「自主性と主体性」についてお話しいただきました。また,最後に「新時代の『令和』をそれぞれがどのように生きるのか,信念・覚悟を持って臨んでほしい」とお言葉をいただきました。
 式後には,各分掌の部長副部長の先生方の紹介と新2年生,3年生の担任の先生の発表がありました。
生徒部長の福嶋先生からは,「今後もルールとマナーを守っていくこと,今年度から携帯電話の扱いに関しての変更」についてのお話がありました。また,進路指導部長の田中先生からは,「たくさん悩みながら,主体的に進路選択を行ってほしい」というお言葉をいただきました。

 
 
 
 

4月5日(金)

 

本日、平成30年度をもって鳥羽高校をご退職・ご転出された先生方の離任式、
平成31年度新たに鳥羽高校に着任された15名の先生方の着任式を行いました。
着任式では、代表して第二副校長の長谷川泰三先生より、
「生徒の皆さんと一緒に学び、高い目標を持ってチャレンジしていく中で、お互いの人間性を高めていきたい」と
ご挨拶いただきました。

 

離任式後は交通安全指導を行い、正しく安全な自転車の利用を学びました。
表彰式では部活動の功績を称える平澤盃および鳥羽高校教育賞、
昨年度1年間の皆勤をたたえる皆勤賞、
春休み中の部活動の大会での表彰を行いました。
皆勤賞では旧1年生136名,旧2年生99名が呼名されました。
今年度の皆勤ももっと増えるように頑張ってほしいと思います。

 

最後には1年間使用する新たな手帳の配付と新クラスの発表がありました。
同じクラスになり喜んでいる生徒、別クラスに離れてしまい悲しんでいる生徒など、
いろいろな声が上がっていましたが、次回登校日となる4月8日(月)には、
晴れ晴れとした顔で元気いっぱいに登校してほしいと思います。

 
 
 
 

4月3日(水

府立高校海外サテライト校事業でオーストラリアに留学中の辻伽緒璃さんから、留学中の様子が送られてきました。

帰国までもうあと数日になりました。この1ヶ月はテストや、学校の行事がありとても忙しい1ヶ月でした。この間は、ホストマザーの誕生日だったので、一緒にホームステイをしている留学生と一緒にお祝いしました!学校の友達とは一緒に遊びに行ったり、買い物に行ったり、とても楽しく過ごしています。


留学初日目は3ヶ月がとても長く感じ、文化の違いに驚くこともいっぱいあったけれど、今ではそれにも慣れ、色々な文化を受け入れることの大切さも学びました。また、英語も耳に慣れ、友達や先生と会話をすることも怖くなくなりました。はじめのうちは不安でいっぱいだったけれど、友達もできて、授業も興味深いことをたくさん学ぶことができて、留学をして良かったなと感じます。また、こういった機会があれば、ぜひ参加したいです!

 
 
 
 

 3月29日(金) 今日はお世話になったホストファミリーとお別れをして、朝早くから空港へ向かいました。 生徒達はこの研修を通して多くのことを学び、様々な視点から自分たちの課題について考えることができました。帰国後も、今回学んだことを日本にいる仲間と共有し、活かしていってほしいと思います。 これから飛行機に乗り、日本時間の29日(金)午後には日本に到着予定です。

 
 
 
 

 3月27日(水) 本日はUCB大学で課題研究の最終発表を行いました。各グループが研修中に集めたインタビュー等の情報をまとめて、自分たちが取り上げた課題の解決方法について、UCB大学生6名の前で発表しました。さまざまな発表について質疑応答を行い、プレゼンテーションの仕方や研究の進め方についてUCB大学生からフィードバックをいただき、非常に質の高いディスカッションができました。 UCB大学生の1人からは「今回のプレゼン作成から発表を通して、鳥羽高生はもちろん、大学生達も多くを学ぶことができた」とのコメントをいただき、互いの成長について振り返りました。

 
 
 
 

3月22・25・26日

 就職希望の2年生の生徒が、京都中小企業家同友会会員企業様の協力により、2日間もしくは3日間のインターンシップを終えました。様々な業種、職種の職場で、生徒は慣れない作業等に取り組み、社員の方々とコミュニケーションをとり、多くのことを学びました。働くことの意味や意義を考えるきっかけになりました。ご協力いただいた企業の皆様、ありがとうございました。

 
 
 
 

 3月26日(火) 今日は企業訪問を行いました。午前中にはAutodeskというデザインソフトを開発する会社を訪れ、現代技術に関係なく、さまざまなアイデアから新しいデザインを生み出すという発想を得ました。ワークショップでは、実際のソフトを使って、デザイン体験をしました。午後にはCILという、体の不自由な人を支援するNPO団体の施設を訪れ、ユニバーサルデザインを多く扱ったオフィスを見学しました。その後、障害者スポーツについて学ぶために、現役の車椅子バスケットボールの選手から、そのルールや車椅子の操作の仕方について教えていただきました。 さまざまな施設を見学させていただいたことで、生徒達は日本の企業やNPO団体との違いについて深く考えることができました。

 
 
 
 

3月25日(月) 午前中はサンフランシスコ市内のウォーキングツアーに参加し、サンフランシスコの歴史について学びました。昼からはフィッシャーマンズワーフを訪れ、日本とのさまざまな違いについて学びながら、フィールドワークを行いました。 今日は現地では雨が降り、寒い1日となりましたが、生徒達は積極的に活動に取り組んでいました。

 
 
 
 

 3月23日(土) 今日はUCB大学で大学生4名と研修を行いました。代表生徒あいさつと学校紹介プレゼンテーションの後に、生徒が考えたアイスブレイキングゲームをし、課題研究についてディスカッションを行いました。生徒はUCB大学生の質問を一生懸命に聞いて、答えようとし、大学生のアドバイスのもとに課題研究を深めました。その後、4グループに分かれて、大学生と一緒にキャンパス内ツアーを行い、昼食を楽しみました。 午後からは、グローバルセミナー最終日に行う課題研究プレゼンテーションに向けて、大学生と協力して準備を進めました。 現地ではよく晴れた温かい一日となり、生徒達は広い大学キャンパスの中でたくさんの人と交流することができました。

 
 
 
 

 3月22日(金) 今日は午前中にPioneer High Schoolを訪問し、現地高校生達と交流を行いました。まず初めに、劇のパフォーマンスで歓迎していただいた後、現地高校生代表による校内ツアーに参加しました。本校生徒達からは、代表生徒あいさつ、学校紹介、アイスブレイキングを行い、大変有意義な交流となりました。 午後からは、Computer History Museumを訪れ、シリコンバレーやパソコンの歴史について学びました。 現地では雨が降り、肌寒い一日となりましたが、生徒達は大変元気よく活動していました。

 
 
 
 

3月21日(木) グローバルセミナー1日目、時間通りに無事に現地に到着しました。 到着後には、Presidioという歴史博物館を訪れ、植民地時代のスペインやカリフォルニアの歴史について学びました。夕方にはホストファミリーと対面し、各家庭へ帰って行きました。生徒たちは長時間のフライトで少し疲れている様子でしたが、今日からスタートするホストファミリーとの生活にわくわくしています。

 
 
 
 

3月20日(水)

 本日、3学期の終業式をおこないました。

 久しぶりの登校日となった生徒たちでしたが、いつもどおり元気よく挨拶をして式に臨んでいました。


 校長先生の式辞では、「1年前の自分を振り返って、自身が成長した部分を考えてみてほしい。」とのお言葉がありました。また、「教育とは、ややもすれば、ただ人から教えてもらうものと誤解されやすいが、自らが自らを教えるべきである。」という平澤興先生(鳥羽高校の前身である京二中OB、本校の教育賞である「平澤盃」にその名を遺す)のお言葉を紹介され、「何事にも主体性を持って取り組むことが大切である。春休み期間中は、リフレッシュをしつつ、自分のやりたいことや、この1年でやり残したことをする時間にしてほしい。」とお話がありました。


 その後、生徒指導部と進路指導部からの講話があり、生徒会からは、目安箱「TOBAKO」に提出された意見への回答とコンタクトレンズ回収についてのお礼がありました。


 最後に表彰式がおこなわれ、1月31日(木)に本校で実施した「グローバル思考力コンテスト」の優秀班の表彰(金賞1班、銀賞1班、銅賞2班)および、男子バスケットボール部とウエイトリフティング部の部活動での功績が表彰されました。


 校長先生からのお話の最後にもありましたが、この1年間、生徒の皆さんの協力や支え、頑張りがあって、鳥羽高校が活気ある学校としてあり続けることができました。教職員一同、本当に感謝しています。来年度も鳥羽高校がますます魅力ある学校になるよう、力を合わせていきましょう。

 
 
 
 

平成31年3月7日~10日

全日本ジュニア選手権大会が埼玉県上尾市にて行われました。

本校からは

3年1組 柏木良太 橋本菫

3年6組 村尾郁

3年8組 石田千鶴 が出場しました。

今大会は20歳以下の大会で、各階級、全国ランキングトップ10の強豪が出場する大会です。

出場選手の結果は以下の通りです。

49kg級 村尾郁 スナッチ 55kg クリーン&ジャーク67kg トータル9位

59kg級 石田千鶴 スナッチ 75kg クリーン&ジャーク87kg トータル4位 入賞

64kg級 橋本菫 スナッチ 81kg クリーン&ジャーク106kg トータル 優勝

102kg級 柏木良太 スナッチ 127kg クリーン&ジャーク159kg トータル 準優勝

なお、橋本菫はトータル187kgで世界ジュニア選手権大会の標準記録を突破し、選考は後日になりますが、選考された場合は6月にフィジーで行われる大会に出場します。

4名とも大学でも競技を続ける予定であり、鳥羽高校のユニフォームを着て出場する最後の大会となりましたが、3年間の集大成として今大会を終えることができたのではないかと思います。

今後とも鳥羽高校の応援のほどよろしくお願いいたします。

 

 
 
 
 

3月5日(火)

 府立高校海外サテライト校事業でオーストラリアに留学中の辻伽緒璃さんから、留学中の様子が送られてきました。

 

<辻さんからの報告>

 オーストラリアに来てすでに1ヶ月が経ちました。とても早く、あっという間で毎日がとても楽しいです!私はオーストラリアのゴールドコーストという海がとても綺麗なところにいます。ビーチが有名なので友達と海に遊びに行ったり、スカイポイントという322mもあるタワーに登り、景色を楽しんだりしました。またホストファミリーはとても優しく、この間は一緒に寿司を作りました。

 

 学校の授業は英語がとても早くついていけないことも多かったけど、それにも慣れ、少しずつ理解できるようになってきました。内容が興味深いのでそれぞれの教科がとても面白いです。また、わからない時は友達や先生がサポートしてくれるので不安なこともなくなりました。学校の行事では大学に訪問したり、swimming carnival などがあり、沢山のことを経験できました。

 

 留学する前は英語が聞き取れるか、自分の英語が伝わるかとても不安だったけれど、来てみるとたくさんの人が支えてくれるし、理解できないときは先生や友達に聞くと優しく教えてくれるので毎日がとても充実しています。正しい文法で話す事は重要ではなく、とりあえず言葉を発して相手とコミュニケーションをとることが大切だと気付かされました。残り1ヶ月は友達とホストファミリーとの時間を大切に過ごそうと思います。

 
 
 
 

 卒業証書授与式 2019/03/01 

 3月1日(金)

 卒業証書授与式が講堂にて挙行されました。

 あたたかな春らしい日差しに包まれる中、本校3年生319名が校長先生から卒業証書を授与され、鳥羽高校を卒業しました。

 3年前、新しいデザインになった制服に身を包み、期待と不安に胸を膨らませながら入学した彼ら。卒業生答辞では、これまでの3年間を振り返るとともに、鳥羽高校で得たたくさんの学びを、卒業後も大切にしていくとの決意を述べました。

 卒業式に出席した3年生の姿はとても堂々としていて、これから新たな世界に向かっていこうとする、とても頼もしい表情でした。

 3年生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。これからの益々の活躍を期待しています。

 
 
 
 

2月22日(金)

 本日は平成30年度グローバル・キャリアパス・プログラムにおいて、2年生グローバル科の生徒が「ホテルグランヴィア京都ワークショップ」に参加しました。講師としてJR西日本ホテルズカンパニー統括本部営業戦略部中本陽子氏をお招きし、ホテル紹介や客層についての講演をしていただきました。講演では、外国人観光客が持つ文化の違いによって実際に起きた苦情やリクエストの例とその対応の仕方を教えていただきました。その後、ホテルのスタッフになりきって、顧客からのリクエストにどう答えるかをグループごとに考え、発表しました。中本氏から「海外からのお客様とのやりとりで何か問題が起きた場合に、まず日本の文化をきちんと説明し、お客様を納得させることがワンランク上のサービスです」というアドバイスをしていただきました。

生徒たちは企業の視点から新たな考え方を学び、大変感銘を受けたようでした。

 
 
 
 

2月20日(水)

韓国のハンヨン高校から生徒19名と教員1名が来校し、本校生徒と交流を行いました。

 

昼休みには、今年度SGH韓国ソウル海外研修に参加した生徒を中心に、ランチ交流会を行いました。生徒たちは一緒に昼食を楽しみながら、日本語、韓国語、英語を交えて積極的にコミュニケーションをとっていました。

午後は、1年1組のコミュニケーション英語、1年8組の総合数学の授業に参加いただきました。コミュニケーション英語では、本校生徒が自身の部活動や日本の伝統文化について紹介し、交流を楽しみました。総合数学では、グループで協力しながら与えられた課題に取り組みました。ハンヨン高校の皆さんは、日本語や英語だけでなく数学も得意という人が多く、本校生徒も大変よい刺激を受けたようでした。

授業終了後には、3年生代表生徒とともに東寺へ見学に行きました。東寺の歴史や互いの文化について交流する中で、生徒たちは多くの学びを得られたようでした。

 

本日の交流を通して、大変有意義で楽しい交流ができました。ハンヨン高校の皆さん、ありがとうございました。

 

 
 
 
 
 
b_botan