鳥羽高生の今

TOBA TOPICS
 
219,166,286

 1月10日(水)の午後、韓国の京畿北科学高校から李秉鎮(リビョンジン)教頭先生、数学担当の曺永京(ゾヨンキョン)先生、李先英(リソンニョン)先生、化学担当の崔蘭姫(チェナンヒ)先生、金載均(キムゼギュン)先生、そして生物担当の金旨修(キムジスウ)先生がお越しになりました。

 京畿北科学高校は、2005年に創立された一学年100人の全寮制の進学校で、多くの学生がソウル大学に進学しているとのことでした。

 来校された先生方と鳥羽高校の4人の数学、理科の先生たちとで情報交換会を行い、互いの国で使っている教科書を交換したり、授業の仕方やカリキュラムについて日韓の先生が熱く語り合いました。

 その後、学校内の施設や授業の様子を見学していただきました。

 日本の学校では、古いものを大切にしていることや生徒たちが楽しそうに勉強しているのが印象に残ったとの感想を聞かせていただきました。

 生徒たちの交流は今までに何度も実施していますが、今回は初めて先生たちの交流会となりました。生徒たちの交流会に負けないくらい、大いに盛り上がった交流会でした。

 


    

 
 
 
 

1月9日(火)

 3学期の始業式を行いました。

 校長式辞では以下の内容で新年のメッセージが伝えられました。

 「平成も30年目を迎え、明治の幕開けから150年になりました。その間、たくさんの人たちが、ひとつひとつ目標をクリアし、地道に努力を重ねて、自分たちの使命を果たしてこられました。みんさんも、それぞれの『今』を大切にし、将来の目標に向かって毎日を過ごしてほしいものです。今週末にセンター試験を控える3年生は、大学入試に向けて最後まで頑張ってください。3学期は重要な行事が多く、授業日も50日ありません。1・2年生は、日々計画的に学習に取り組んでいきましょう。」

 その後、教務部長から以下のような講話がありました。

 「『1年の計は元旦にあり』といいます。大きな目標を立て、その目標から逆算して小さな目標を立て、1つ1つの目標に向けていかに努力をするかが大切になります。それには期限の設定も大切になります。」

 表彰式では、

「青少年の健全育成に係る標語募集事業」佳作 河内雄哉くん

「第6回子どもの読書本のしおりコンテスト」佳作 松井明日香さん、山本晴乃さん

 吹奏楽部Sax4重奏 竹中悠馬くん、本山智衣さん、八長海晴さん、三沢菜々美さん

 バトントワリング部 福井瑞月さん、木下乃愛さん、笹倉真子さん、極檀雛さん

以上の生徒が冬休み中の活躍を表彰を受けました。

 また、京都新聞ジュニアスポーツ賞に選ばれた水泳部2人とウエイトリフティング部4人の生徒たちの紹介もありました。

 
 

12月14日に2回目の総領事館訪問がありました。今回は、両親のどちらかが日本人、両親とも日本人、もしくは日本語を勉強しているというような現地の学生さん達と交流しました。日本とカナダの学校生活などの話題で盛り上がりました。例えば、どうして日本には先輩後輩の上下関係があるの?どうして髪の毛を染めてはいけない校則があるの?という質問が出ました。私たちからするとごく普通で、普段意識していないことも、文化が違えば不思議なことになるのでおもしろいなと思いました。日本語が話せるということで、なかなか英語ではできない話や、質問ができたのでとても良い機会になったと思います。

(山本さんは12月26日に留学期間を終了し、27日夜に帰国予定となっています。)

 
 
 
 

12月20日(水)

 2学期の終業式を行いました。

 校長式辞では以下の内容が伝えられました。

 「1日、1ヶ月、1年など1つ1つのスパンを意識して振り返ること。その振り返りの中で自身の成長を含め自分自身を見つめ直すことが大切になる。

 高校生の間の日々の小さな失敗体験を大切にする。その失敗体験からの気付き、その後の試行錯誤、前向きな挑戦、それを続けること。いい結果がすぐに生まれなくても、それらの繰り返しが重要となる。

 様々な場面の発表の度に鳥羽校生は大きく成長している。しかし、そこで得た技術力のみに頼ってはならない。知識や教養などの基礎基本を大切に成長してほしい。」

 そして、式辞の締めくくりに「時間よりもむしろ何を何回やったかという回数が大切である」という美術家の横尾忠則さんの言葉を引用し、各学年、それぞれの立場に応じた生徒たちへのメッセージを伝えていただきました。

 

 その後、進路部長から各学年に向けた講話、生徒指導部長から講話と冬期休業中の諸注意がありました。

 表彰式では、「税に関する高校生の作文」で京都市下京区南区租税教育推進協議会 会長賞を受賞した1年1組岡田 麻友子さんをはじめ、その他5競技の部活動の生徒が国内外での活躍を表彰していただきました。

 

 また、終業式前には「京都府南部に強い地震が発生した」との想定で防災・避難訓練を実施し、全校生徒が経路を確認しながら、担任の先生の指示のもと西体育館へと避難しました。京都市南消防署の上林さん(鳥羽高校卒)から講評をいただき、「今日行った訓練時のようにすみやかに避難することで、次の行動が早まり被害をおさえることができる。」と助言していただきました。

 
 
 
 

披講研究部が「全国高校生伝統文化フェスティバル」プロローグに出場し、兼題「雪朝(ゆきのあした)」のもと以下の三首を披講しました。これらの和歌は、公益財団法人冷泉家時雨亭文庫 常務理事 冷泉貴実子先生に御指導いただいて、現3年生が昨年度に詠んだものです。

「今朝晴れて雪にさびしき峰の宿窓に聞こゆる下折れの声」

「閨の戸を開けて驚く野も山も外の色なき今朝の白雪」

「閨の戸を開けておどろくとよのゆきさやかに見ゆるありあけの月」

 

また、伝統文化フェスティバルに先立って行われた「第34回京都府高等学校総合文化祭優秀校発表会」の司会を放送部の2年生2名が務め、京都府立京都学・歴彩館で行われた「第4回全国高校生茶道フェスティバル」には、華道・茶道部が参加し、16日の「歓迎呈茶」でのお点前披露、案内、ポスターセッション等様々な場面に参加し多くの方々と交流を深めました。

 

 

 

 
 
 
 

14日上海体育学院を訪れました。最初に武術博物館、室内陸上競技場、卓球専用の体育館を見学し、学生食堂での昼食のあと、お世話いただいているパク先生の留学生対象の中国語の授業を使っての交流会をしていただきました。日本、韓国、オーストラリア、ノルウェー、ブラジル、ナミビアからの留学生との交流会で、生徒たちのプレゼンテーションも行いました。相撲と集団行動のデモンストレーションをし、拳法の実演をしていただき、体験授業も行いました。

 
 
 
 

2年1組(スポーツ総合専攻)の上海海外研修旅行は、昨夜予定より少し早く、ホテルに到着しました。全員元気です。2日目(12月13日)も天気は良く、寒さもそれほどではなく、朝から近くの公園まで散歩しました。今日は市内でフィールドワークの予定です。

 
 
 
 

12月に入り、留学生活も残り1ヶ月を切りました!早く帰りたいと思う時もあれば友達やファミリーと離れるのが寂しいと思う時もあり複雑です。

学校生活の紹介です!

私はLaurier Macdonald という学校に通っています。ホームルームなどはなく、毎日75分間の授業を4コマ受けています。まだまだ先生の説明を理解することは難しいです。3ヶ月も経てばある程度は聞き取れるようになれると思っていましたが、正直まだ上達した実感はそれほど感じていません。初めは苦手な教科やどうしても先生の英語が聞き取れないことにストレスを感じていましたが、少しずつ慣れてきて、今はリラックスして学校に通えていると思います。

学校にもよると思いますが、日本の学校よりも校則がやさしく、生徒が自由にのびのび過ごせる素敵な環境だと思います。雑談の時間やフリータイムもたまにあるので日本よりもゆったりしているなと感じます。

また学校内で、ホームレスの方や、貧しい国の人々への支援活動も頻繁に行われています。例えば、学年ごとに寄付用の缶詰を集め、1番多く集まった学年は1日私服登校できるというユニークな活動がありました。ですので、生徒も積極的に活動に参加しています。日本にもこんな活動があればおもしろいなと思いました。

 

 
 
 
 

 11月29日(水)

 毎日放送ちちんぷいぷい「たむらけんじの学校に行こッ!」のロケが行われました。鳥羽高校が取材されるのは2回めで、今回は披講研究部の活動を取り上げていただきました。放送は、12月11日(月)の予定です。お楽しみに!

 
 

祝!団体4連覇達成!

 

11月21日~23日までレディースカップ全日本女子選抜ウエイトリフティング選手権大会が福井県小浜市で行われました。

平成29年度レディースカップ.docx

個人としては優勝2名、準優勝1名、3位1名、8位入賞1名でした。

 

本校にとっては団体戦において4連覇のかかる試合であり、夏の全国大会と併せると7連覇がかかった大切な試合でした。

夏の全国大会を3連覇し、大きなプレッシャーがかかる中、OBOGを含め、多くの方々が応援して下さり、選手達のパワーと勇気に変わりました。

「先輩方の襷をつなぐ」練習中から自分たちで声を掛け合い、辛い練習も乗り越えて得た試合の成果は選手達にとって強い自信になったと思います。

ここからまた冬の間体を作り、春の全国選抜に向けての再スタートとなります。

多くの感謝を胸に、今後とも頑張りたいと思いますので、応援のほどよろしくお願いします。

 

 
 
 
 

11月9日から11月13日まで北海道士別市で日韓フレンドシップ大会が行われました。

毎年この大会は大学生が出場するのですが、今大会においては高校生の選抜メンバーも参加することになりました。

本校からは3年1組島田都希、3年2組西村深聡、2年1組橋本菫が選抜され出場しました。

結果は以下の通りです。

58kg級 橋本菫 スナッチ76kg、ジャーク102kg、トータル178kg 2位

63kg級 西村深聡 スナッチ74kg、ジャーク97kg、トータル171kg 3位

+90kg級 島田都希 スナッチ79kg、ジャーク99kg、トータル178kg 3位

西村、橋本は韓国の合宿から帰って3日後には北海道へ出発という厳しいスケジュールでしたが、試合ではきちんと結果を出してくれました。

11月21日からは秋の全国大会が始まります。今大会は団体戦において4連覇がかかっているので、他の出場メンバーを含め、団結しながら自分たちの100%の力を出せるよう頑張りたいと思います!

今後とも応援のほどよろしくお願い致します。

 

◆最近小学生のウエイトリフティング見学者や中学生の体験者、見学者が来て下さっています。少しでも興味を持って下さった際はお気軽にお問い合わせください。◆

 
 
 
 

10月31日から11月5日まで韓国高揚市ジャンミラン体育館にて日韓交流合宿が行われました。韓国選抜メンバー約15名、日本選抜メンバー15名が選出され、本校からは3年2組西村深聡、2年1組橋本菫が参加しました。

現地では韓国選手と練習するとともに、韓国コーチからも多くの指導をいただき西村、橋本共に非常に充実した合宿となりました。

また、練習面だけでなく言葉の壁を越え、韓国選手と試行錯誤しながら意思疎通を行い、生活面も共にしている姿が印象的でした。

今後またこの選手達が多くの国際大会で再会するとともに、これらの経験を通して競技力向上を目指してほしいと考えています。

 

 

 

 
 
 
 

 11月9日(木)本年度で3回目になる消防団防災ハイスクールを実施しました。

この催しは、京都市南消防署と南消防団の協力で行っており、本年度は3年1組と2組の71名が参加しました。

南消防団の岡本副団長の挨拶に始まり、生徒たちは消防団の活動についての説明を聞き、実際に小型ポンプを使っての放水を体験させていただきました。地域の安全のためにボランティアとして活動されている方がたくさんおられることや、災害の被害を少なくするための活動を消防署のみなさんが地道に行っておられることなど多くのことを学ばせていただきました。

 
 
 
 

 本年度の京都府高等学校卓球選手権大会の府2次予選会が11月4日、5日の日程で福知山三段池公園体育館にて行われました。鳥羽高校卓球部は2年男子1名、2年女子1名がシングルスに、女子が学校対抗にそれぞれエントリーしました。結果は女子が学校対抗で見事府下ベスト8に進出し、12月に和歌山で行われる近畿大会に参加する資格を得ることができました。これまで少人数ながら精一杯重ねてきた努力が一つの形となりました。御支援頂いた皆様にお礼申し上げます。

 今週末から公立校大会も始まり、本業の授業ではSGHの事業研究発表会も控えており、まだまだ気を抜くことができませんが、気持ちを切り替えて、日々の練習に取り組んでいきたいと思います。

 
 

 11月26日(日)、本校講堂にて「オータムコンサート」を行います。第Ⅰ部シンフォニックステージでは、アルフレッド・リード作曲の「吹奏楽のための第一組曲」のほか、11月4日(土)の部内アンサンブルコンテストで選ばれた2グループによる、アンサンブル曲の演奏もあります。

 第Ⅱ部ポップスステージでは、「昭和アイドルコレクション」や「Mr.インクレディブル」等、皆さんに楽しんでいただける曲を企画を交えながら演奏します。

 部員一同、少しでも良い演奏ができるように、日々頑張って練習に取り組んでいます!皆様お誘い合わせの上、ぜひお越し下さい。

「オータムコンサート」

日時:11月26日(日)13:30開場 14:00開演

場所:鳥羽高校 1棟3階 講堂

※本校は二足制となっておりますので、上履きをご持参下さい。

※公共の交通機関でお越しいただきますよう、御協力をお願いいたします。

 
 

10月23日に、在モントリオール日本国総領事館へ表敬訪問に伺いました。総領事館である倉光 秀彰さんと、学校生活やホームステイ、英語など、今の状況についてお話ししました。少し緊張して自分の言いたいことをうまく伝えることが出来なかったところもありましたが、とても良い経験になりました。倉光総領事からは悩みやこれからの生活へのアドバイスを頂きました。"頭の中で日本語を英語に変換するという作業をしていてはなかなか会話力は伸びない"というアドバイスを頂いて、文法を堅苦しく考えず、恐れないで積極的に自分を表現したいと思います。モントリオールに来て2ヶ月が経ちます。いま、ここでしか出来ないことをたくさん経験して、残りの2ヶ月も全力で、有意義な生活を送りたいと思います。

 
 
 
 

平成29年10月17日(火)、18日(水)に京都府立高等学校体育系1年生合同研修会が京都トレーニングセンターでありました。

この研修は、体育・スポーツに強い関心を持ち、運動能力にも優れた体育系設置校(洛北・鳥羽・乙訓・久御山・西城陽・綾部)の6校の1年生が集まり、学校間の交流を図るとともに、集団生活や研修を通して様々な力を身につけるために例年実施されています。

今年度からは京都トレーニングセンターで実施され、専攻種目ごとに活動班を編制して①栄養講習、②メンタル講習、③KTCサーキット、④ウェイト講習、⑤コンディション講習、⑥アジリティ、⑦未体験スポーツ、以上の7項目において講習を受けたり、体育系卒業生の講演を聴くなど非常に中身の濃い2日間を過ごすことができました。

 

体育系の研修合宿ということもあり、元気よく挨拶をすることや時間を先読みして行動すること、規則正しい生活の中で自主・自律を図ることなど緊張感を持った生活を送り、各校の生徒が互いに刺激しあって取り組みました。

夜の交換会では、本校は集団行動を発表し、厳しい環境で緊張感を持って取り組んだ練習の成果を存分に発揮して「魅せる集団行動」を実演することができました。

 

こういった行事や活動を通して、今後の専攻種目や学校生活に活かせるよう頑張っていきたいと思います。

 
 
 
 

10月13日(金)に大学から講師の先生をお招きし、学部・学科別の模擬授業「2年生分野別模擬授業」を実施しました。

授業を通して進路意識・学習意識を高めることができたようです。いくつか生徒の感想を紹介します。

【心理学】テーマ:臨床心理学の観点から見た千と千尋の神隠し

カオナシの心理は私たちに当てはまるところがすごく多いなと思いました。カオナシはお金を持っていることで自分の価値を上げようとしていて、私たちのSNSのフォロワー数や成績に置き換えられると思います。銭婆の「魔法で作ったんじゃ意味ないからね。」という一言は現代の私にも響きました。心理学は治療などだけに使われているだけでなく日々の行動や会話にも大きく関わっていて面白いと思いました。心理学についてもっと調べたいと思いました。

【情報工学】テーマ:音声対話システム

音声対話システムは今の世の中、そしてこれからの世の中に役立つに違いないので自分がどのような分野、地域そしてどのような人々にとって役に立つ存在でありたいのかを考えて進路を選択することが大切だと感じました。日常生活の中で自分が「もっとこうであればいいのに」「あんなものがあればさらにいいのに」と思うことを見つけておいたら進路選択への大切な判断材料にもなるなと思いました。

【幼児保育】名作絵本のひみつ

保育という観点から絵本の話になり、歴史や翻訳の方法をみていくなかで、子どもに伝えたいことを読み解くなど、様々な視点から保育というものを知ることができました。絵本における歴史や日本と世界の絵本との違いがあることを知りませんでした。進路実現のために、今後、保育をするときのコツだけでなく様々な視点を見つけ、自分なりの考えを持つことが重要だと思いました。今後一つの題材から様々な考えが生まれるようにもっとアイデアを生み出す力を身につけたい。

 

 

 

 

 

 
 
 
 

 1015日は鳥羽高校の創立記念日です。京都府の条例により昭和581015日に京都府立鳥羽高等学校が設置され、翌年4月1日に開校して以来、今年で34年目を迎えました。本年4月には、スーパーグローバルハイスクール校として進めてきた取組を一層深化させたグローバル科を新たに設置し、長い歴史をもつ普通科とともに、特色ある教育を展開しています。

 ※創立記念日に寄せて学校長が全校生徒・教職員に配布した手記を添付しています。どうぞご一読ください。

  

 
 
 

 10月14日(土)1・2限1年生3~6組の「総合的な学習の時間」において、立命館大学法学部の德川信治教授に「グローバル社会におけるルールの活用ーグローバル社会の勝者はモノサシを握るー」と題し、講演をしていただきました。

 講演では、欧州の統合(EUの発足)や各国の人権問題の歴史的な流れを踏まえながら、様々なルールが誰によってどのように作られ、どのような問題点があるのかについて、生徒たちに質問をしながら説明していただきました。また、地デジ放送や電気自動車等を例にあげながら、日本の製品を世界に広げていくためには、ルールを作ってそれを世界の多くの人々に知らせ、賛同者を得ていくことが大切であるというお話をしていただきました。

 今回の講演していただいた内容を、総合学習で取り組んでいる課題研究に活かしていきたいと思います。

【生徒の感想】

・イギリスがEUから離脱したというニュースがあったが、イギリスは元々島国で、EUの加盟の時点で他国よりも出遅  れていたと聞いてなるほどと思った。グローバル化が進む現代社会で勝ち抜くためには、自らがリーダーシップをとって行動できる力を身につけることが大切だと思った。

 
 
 
 
 
b_botan