学校生活

SCHOOL LIFE
 

第106回全国高等学校野球選手権京都大会

3回戦 鳥羽高校 11-1 綾部高校(6回コールド)

投手陣は坂元(嵯峨中-亀岡シニア)、大西(精華西中)のリレーで6回1失点。

打線は馬越(西ノ岡中-京都ピュールヤング)の3安打の活躍などで11得点。

次戦の予定

4回戦 鳥羽高校 VS 同志社国際高校と舞鶴高専の勝者

7/20(土)11:30 @わかさスタジアム京都

 
 

第106回全国高等学校野球選手権京都大会

2回戦 鳥羽高校 10-0 農芸高校(6回コールド)

先発・野口が(広野中-嵐山ボーイズ)が6回無失点の好投。

打線は野崎(嵯峨中-亀岡シニア)や上田(寺戸中)の適時打などで10得点。

次戦の予定

3回戦 鳥羽高校 VS 綾部高校

7/15日(月・祝)11:30 @わかさスタジアム京都

 

 
 
 
 

6月25日(火)に東山高校とわかさスタジアム京都で3年生の特別壮行試合を行いました。

両校とも夏のメンバーに入れなかった3年生が主役となり、様々な想いを込めてプレーしてくれました。

試合後は夏の京都大会での健闘を誓い合いました。

 
 
 
 

初戦の相手は農芸高校に決まりました。

7月10日(水)9: 00~ 太陽が丘球場

 
 
 

令和6年度春季京都府高等学校野球大会

準々決勝戦 鳥羽高校 4-6 京都国際高校

鳥羽高校投手陣が力投しましたが、相手打線につかまり6失点。

打線は上田(寺戸中)の適時三塁打や坂尻(岡崎中-嵯峨野ボーイズ)の犠飛などで4得点。

9回ウラに一打同点のチャンスを作りましたが、あと一本が出ずに敗戦となりました。

 
 

令和6年度春季京都府高等学校野球大会

4回戦 鳥羽高校 3-1 乙訓高校

先発坂元(嵯峨中-亀岡シニア)、エース大西(精華西中)の両左腕が好投。

打線では伊藤(久御山中-嵐山ボーイズ)の先制2点適時打や村上(西賀茂中-西京極ボーイズ)の適時打などで3得点。

次戦の予定

準々決勝 鳥羽高校 VS 京都国際高校

5月12日(日)9:30 @わかさスタジアム京都

 
 

令和6年度春季京都府高等学校野球大会

3回戦 鳥羽高校 8-7 同志社国際高校(延長10回タイブレーク)

0対3のビハインドで迎えた8回ウラに主将の川合の適時打や伊藤のスクイズなどで同点に追いつき、3対3で試合は延長戦へ。

タイブレークの10回表に4点を失いましたが、そのウラに村上の適時打などで5点を取り、逆転サヨナラ勝ちを収めることができました。

次戦の予定

4回戦 鳥羽高校 VS 乙訓高校

5月4日(土)10:00 @太陽が丘球場

 
 

令和6年度春季京都府高等学校野球大会

1回戦 鳥羽高校 9-0 洛東高校

2回戦 鳥羽高校 10-0 木津高校

1回戦・洛東高校戦

先発・坂元(嵯峨中-亀岡シニア)の好投と2本の適時打などで勝利することができました。

2回戦・木津高校戦

先発・谷脇(東山泉中-京都ベアーズ)の好投、主将の川合(嵯峨中-亀岡シニア)のHRなどで勝利することができました。

 

 
 
 
 

令和6年度春季京都府高等学校野球大会の組み合わせが決まりました。

初戦の相手は京都府立洛東高等学校に決まりました。応援よろしくお願いします。

 
 
 
 
 

令和5年度 秋季京都府高等学校野球大会

2回戦 鳥羽高校 3-7 宮津天橋高校

最後まで強い気持ちで戦いましたが、敗退となりました。

夏に続き同じ相手に敗戦で非常に悔しいですが、

結果を真摯に受け止め、分析し、次の1歩を踏み出すことが大切だと思います。

春に成長した姿を見せられるように努力を積み重ねていきます。

 
 

春の選抜甲子園を目指す戦いが始まります。

初戦の相手は京都八幡・南陽・京教大附属の連合チームに決まりました。

大会を通して成長できるように一戦必勝で戦っていきたいと思います。

1回戦 鳥羽高校 VS 京都八幡・南陽・京教大附属連合

8月26日(土)10:00 @太陽が丘

 
 
 

第105回全国高等学校野球選手権京都大会

4回戦 鳥羽高校 6-7 宮津天橋高校

3投手の継投も宮津天橋高校打線を止めることができず7点を失いました。

打線は5番宝持(田辺中-京田辺ボーイズ)と6番川合(嵯峨中-亀岡リトルシニア)のタイムリーなどで食らいつきましたが、あと1点届きませんでした。

これで3年生は引退となります。試合は負けてしまいましたが、鳥羽高校野球部で積み上げてきた2年半の努力を土台にして、次のステージで活躍してくれることを願っています。

 
 
 
 

第105回全国高等学校野球選手権京都大会

3回戦 鳥羽高校 10 - 1 城陽高校(7回コールド)

今大会初登板の2年生・坂元(嵯峨中 - 亀岡リトルシニア)が6回1失点の好投。

打線は6番川合(嵯峨中 - 亀岡リトルシニア)が2安打3打点の活躍。

吹奏楽部も応援に駆けつけてくださり、選手と応援席が一丸となって勝利することができました。

4回戦 鳥羽高校 VS 宮津天橋高校

7月19日(水)14 : 00 @わかさスタジアム京都

 
 
 
 

第105回全国高等学校野球選手権京都大会

2回戦 鳥羽高校 10 - 4 西城陽高校

先発の2年生大西(精華西中-野球部)が8回3失点の粘りの投球。

打線は1番清水(伏見中-南シニアフリーダム)の適時3塁打や8番平澤(西院中-京都嵐山ボーイズ)のスクイズ、

途中出場の宝持(田辺中-京田辺ボーイズ)や石田(修学院中-大津瀬田ボーイズ)の適時打などで10得点。

スタンドの応援団を含めチーム全員の力で勝利することができました。

3回戦 鳥羽高校 VS 城陽高校

7月17日(月)9:00 @太陽が丘球場

 
 
 
 

第105回全国高等学校野球選手権京都大会

1回戦 鳥羽高校 17 - 1 綾部高校(5回コールド)

公式戦初先発の2年生・谷脇(東山泉小中 - 京都ベアーズ)が4回無失点の好投。

打線は4番の大堂(城南中 - 舞鶴シニア)が満塁HRを含む4安打8打点の大活躍。

先発全員安打の16安打で初戦を突破しました。

 

2回戦 鳥羽高校 VS 西城陽高校(シード校)

7月13日(木)9:00 @あやべ・日東精工スタジアム

 

 

 
 
 
 

7月8日(土)にわかさスタジアム京都で、第105回全国高等学校野球選手権京都大会の開会式が行われました。

鳥羽高校の選手たちも堂々と元気よく行進していました。

鳥羽高校の初戦は7月9日(日)9:00から、わかさスタジアム京都で綾部高校と対戦します。

 
 
 
 

6月27日(火)に東山高校とわかさスタジアム京都で3年生の特別壮行試合を行いました。

3年生の様々な想いが詰まったプレーの1つ1つに大きな歓声が沸き起こりました。

試合後には両校の3年生で一緒に写真を撮り、夏の京都大会での健闘を誓い合いました。

 

 
 
 
 

初戦の相手は綾部高校に決まりました。

3年生にとっては高校野球最後の夏が始まります。多くの方々の想い、これまで積み上げてきた努力、秋と春の悔しさ、全てをこの夏にぶつけ、選手・スタッフ全員で最高の夏にしたいと思います。

1回戦 鳥羽高校 VS 綾部高校 

7月9日(日)9:00 @わかさスタジアム京都

 
 
 
 
 

5月31日(水)~6月2日(金)に秋田県、6月9日(金)~6月11日(日)に広島県へ強化遠征に行かせて頂きました。7月8日(土)に開幕する全国高等学校野球選手権京都大会に向け、充実した時間を過ごすことができました。まだまだ伸びしろたっぷりのチームです。あと1ヶ月でもっともっと成長できるように、選手、スタッフ一丸となって努力していきたいと思います。

 
 

本日6月1日(木)に、秋田県立秋田高等学校創立150周年記念招待試合を行いました。
秋田県のこまちスタジアムで、秋田高校と対戦し、1ー4で敗れました。
2回に秋田高校に1点を先制され、チャンスを作りながら、追いつけない展開が続きました。中盤に同点に追いつきましたが、終盤にエラーが絡んで相手に2点を追加され逆転できずに、悔しい敗戦となりました。
本日の試合は反省すべきことが多い試合となりました。
明日は秋田商業高校さんとの試合になります。夏に向けて、よい試合ができるように取り組んでいきます。

 
 
 
b_botan