学校生活

SCHOOL LIFE
 

12月12日(木)

 JRC部代表2名が、校内で集めた台風19号災害義援金10,428円を日本赤十字社京都府支部に届けました。JRC部員が10月31日と11月1日の2日間にわたり、登校時間に支援の呼びかけを行い本校の教職員、生徒から協力いただいたものです。

 また、11月22日に京都テルサで行われた令和元年京都府赤十字大会において、本校JRC部の日本赤十字への長年の貢献に対して、銀色有功賞が授与されました。

 
 
 
 

 9月4日(水)、5日(木)にJRC部が行ったれんが祭バザーにおいては、多くの保護者の方に出品していただきました。また、2日間で200名を超える方に来場していただき、バザーや日本赤十字社への募金にご協力いただきました。

 バザーの収益金と募金を合わせた33,767円を、JRC部員の代表が日本赤十字社京都府支部に届けました。ありがとうございました。

 
 
 
 

9月13日(金)

9月12日(木)に来日したマレーシア赤新月社JRCメンバー2名が鳥羽高校を訪問し、JRC部員と交流しました。鳥羽高校のJRC部の活動を紹介した後、茶道体験や剣道体験をしてもらいました。短い時間でしたが、お互いのJRCの活動について意見交流することができました。メンバー2名は、この後18日(水)まで日本に滞在し、近畿各府県のJRC部員と交流することになっています。

 
 
 
 

3月16日(土)

京都府青少年赤十字高校生メンバー協議会が伏見区の京都府赤十字血液センターで行われ、JRC部員3名が参加しました。まず初めに青少年赤十字加盟各校による平成30年度JRC部活動報告が行われ、その後献血セミナーを受講し、施設見学を行いました。若年層の献血者が減っているという現状を知り、生徒たちは文化祭などの機会を通して献血の呼びかけをしたいと言っていました。

 
 
 
 

2月23日(土)

午後2時から4時までJRC部員5名が、献血ルーム四条での献血啓発活動に協力しました。献血を呼びかける前には、献血セミナーを受講し、日本赤十字社の活動、献血はなぜ必要なのか、献血の流れ、献血した後の血液のゆくえ、献血の課題について学びました。その後四条通で献血の呼びかけをおこないました。多くの方に献血にご協力いただけたことは、活動に参加したJRC部員にとっても大きな喜びでした。

 
 
 
 

10月5日(金)

9月6日(木)、7日(金)に行われたれんが祭期間中のバザーにおきましては、大勢の方にお越しいただき盛況のうちに終えることができました。バザーの収益と会場での募金、さらに食物部からの焼き菓子販売の収益を合わせた合計35,637円をJRC部代表が日本赤十字社京都府支部へ届けました。ご協力ありがとうございました。

 
 
 
 

こんにちは、JRC部です。JRC部では毎年「れんが祭」において、バザーを運営し、その収益を日本赤十字社に寄付しています。

つきましてはバザーにご協力いただける方は、お子さんを通じて9月5日(火)までにJRC部顧問まで品物を届けていただきますようお願いいたします。

なお、品物については次の点を注意してください。

〇雑誌・古着・生鮮食品はご遠慮ください。

〇生鮮食品以外の食品は消費期限が2017年12月以降のものをお願いします。

〇衣類については新品をお願いします。

〇制服は対象外です。

ご協力よろしくお願いいたします。

 
 

2月7日(火)

日本赤十字京都府支部の方が本校を訪れ、JRC部の平成22年から6年間にわたる日本赤十字への貢献に対して京都府支部長感謝状を授与してくださいました。JRC部は毎年れんが祭(文化祭)でバザーを行い、みなさんに協力していただいた収益金をすべて日本赤十字に寄付しています。

 
 
 
 

 9月6日(火)、7日(水)のれんが祭でJRC部はバザーを行いました。期間中はたいへん大勢の方にお越しいただき、バザーや募金にご協力いただきました。バザーの収益は募金と合わせて34,544円でした。全額日本赤十字社に寄付いたします。当日会場にお越しいただきました方、品物をご提供いただきました方、本当にありがとうございました。

 
 
 
 

JRC部はれんが祭でバザーを行いました。

たくさんの鳥羽高生、保護者の皆様がご来場いただきました。

バザーは最終日までやっています。是非お越しください。

 
 
 
 

 5月8日(日)に京都駅前地下街ポルタで行われた、赤十字月間運動キャンペーン「ひろげよう赤十字の輪(和)」に本校のJRC部員が、華頂女子高校、嵯峨野高校、北嵯峨高校のJRC部員とともに参加しました。

 今回のイベントでは、子供向けの防災ソング「まもるいのち ひろめるぼうさい」の初披露が行われ、生徒たちは赤十字の方と一緒に舞台で歌いました。その後は、ポルタ内で赤十字の活動を知ってもらおうと、子供たちに「献血クイズ」への参加を呼びかけました。

 
 
 
 

 JRC部では、4月22日(金)、25日(月)に熊本地震に関する募金活動を校内で行い、多くの方にご協力いただきました。義援金の総額は38,875円でした。義援金につきましては、JRC部員が日本赤十字社京都府支部へ届けました。日本赤十字社を通じて、熊本地震被災地へ送られます。

 また、JRC部員は4月23日(土)、24日(日)、30日(土)、5月1日(日)に京都タワー前で行われた「あしなが学生募金」にも参加しました。通常は国内遺児進学支援のために行われるものですが、今年度は熊本地震で被災した子供たちを支援するために行われました。暑い日でしたが、被災した子供たちのためを思い、鳥羽高生も大学生や他校生と協力して大きな声で募金を呼びかけました。

 
 
 
 

 募金活動 2016/04/22 

4月22日(金)朝、募金活動を行いました。

熊本県地震の被災者に向けての募金活動を生徒会・JRC部中心に実施をしました。多数の生徒、教職員の方々から募金をいただきました。

募金活動は25日(月)も行います。是非よろしくお願いいたします。

 
 
 
 

12月12日(土)

 午後JRC部員7名は、嵯峨野高校、北嵯峨高校、華頂女子高校のJRC部員と協力して、四条河原町で日本赤十字社とNHKの共催による海外たすけあい運動に参加しました。12月にしては暖かい日で、生徒たちの元気な呼びかけに応じて大勢の方が募金に協力してくださいました。この日集まった募金は、世界中で支援を必要としている紛争犠牲者や災害被災者、病気の予防や青少年に対する教育支援等に充てられます。

 
 
 
 

11月9日(月)、10日(火)にJRC部による「カードキャンペーン」を行います。

カードキャンペーンとは、手の不自由な方が、口や足で書いた絵をタオルやカレンダー、カバンなどのグッズにして販売し、その収益を同様に苦しんでいる人のための支援にするめのプロジェクトです。

場所は図書室で行います。カタログがほしい方は図書室においてありますのでご自由にとっていってください。

購入は、生徒・教職員・保護者と問いません。たくさんのご支援をお待ちしています。

カタログの一部をPDFファイルにして添付しますので、ご覧ください。

 
 
 

 JRC(青少年赤十字)部は、9月2(水),3日(木)のれんが祭期間中バザーを実施しました。バザー会場には、JRC部の日頃の活動も展示し、大勢の生徒や保護者の方々に来ていただきました。バザーの収益金23,065円と募金2,824円を合わせた、合計25,889円を日本赤十字社に寄付します。ご協力ありがとうございました。

 
 
 
 

 れんが祭×JRC部 2015/09/02 

 
 

JRC部です。

れんが祭では2棟被服室でバザー&募金活動を実施しています。

バザーでは保護者の方が持ってきてくれた品物を販売しています。収益は日本赤十字社に寄付をします。

収益金の報告はまた後日する予定です。

バザーの開催は明日3日までです。ぜひお越しください。

 

 
 

 8月1日(土)から3日(月)まで、JRC(青少年赤十字)部の1,2年生は、アクトパル宇治で行われた京都府青少年赤十字リーダーシップ・トレーニングセンターに参加しました。

 この研修は、赤十字の精神に基づき、自主性とリーダーシップを高めることを目的に、京都府の小学生から高校生までが参加するものです。生徒たちは赤十字について学んだり、フィールドワークに参加したりしました。すべての活動は自分で気づき、考え、行動することをモットーとしています。写真は初日の様子です。

 

 
 
 
 

 1月31日(土)JRC部員10名が、日本赤十字社京都府支部で行われた献血セミナーに参加しました。
 京都府赤十字血液センターの野口由理子さんから、「京都府では毎日310人分の血液が必要です。特にがんの治療には多くの血液が必要となります。しかし、最近10代、20代の献血者が減ってきています」とお話していただきました。
 その後、「若い人たちの献血を増やすにはどうすればいいのか」というテーマで、野口さんとJRC部員で話し合いました。
 血液センターから血液を運ぶ救急車のサイレンが聞こえてくる中で、JRC部員もメモをとりながら、真剣に聞いていました。

 
 
 
 

 12月23日(祝)、鳥羽高校近くのイオン洛南店で献血の呼びかけをしました。JRC部員8名が献血者が減少するこの時期に少しでも協力できないかと街頭に立ちました。
 午前と午後の1時間ずつ、「がんばって」という励ましの言葉もいただきながら、「献血ご協力お願いしまーす」と元気に呼びかけました。

 
 
 
 
 
b_botan