学校生活

SCHOOL LIFE
 

2月20日(木)

 2年生を対象に進路志望別説明会を行いました。志望分野ごとに分かれて説明を受け、考えました。進路実現に向けて、志をしっかりと立て、具体的な計画を立てることの必要性を感じてくれたことと思います。2年生のみなさん、いい準備をして3年生になりましょう!

 
 
 
 

1月30日(木)

 京都を代表するグローバル企業である株式会社松栄堂の代表取締役社長 畑 正高 様をお招きし、本校グローバル科2年生に対し「古典G・古典B」の特別授業をしていただきました。

 古典文学を深く読み解く上で重要となる歴史背景の認識から、御自身が海外で経験されたことをもとに将来グローバル・リーダーとして活躍する上で必要な資質に至るまで、幅広い視点で御講義をいただきました。本講義をとおして、生徒たちがさらに古典学習に魅力を感じ、学習内容を深めてくれることを期待しています。

 グローバル科ではこのような特別授業のプログラムをいくつか活用し、より深い学びの実現を目指しています。

 
 
 
 

1月18日(土)19日(日)

3年生が、週末に実施された大学入試センター試験を受験しました。自己採点を経て、私大一般入試、国公立大学個別学力検査(2次試験)に臨みます。最後の最後まで伸び続ける鳥羽高生の奮闘を支え応援します。「がんばれ鳥羽高生!」

 
 
 
 

1月15日(水)

今週末に大学入試センター試験を受験する3年生の激励会を行いました。校長や進路指導部長、学年部長から激励を受け、最終の注意事項を確認しました。進路実現に向けて、土曜日・日曜日の本番で力を最大限発揮してくれることを期待しています!

 
 
 
 

1月6日(月)・7日(火)

大学入試センター試験(18・19日)を目前にした3年生が、センター試験と同一のスケジュールで演習に臨んでいます。新年を迎え、進路実現に向かっての決意を新たにした3年生のがんばりを期待し、最後までサポートしていきます。

 
 
 
 

12月9日(月)文科スポーツコース3年生の「総合的な学習の時間」(以下、総学)において探究活動のまとめとしてのポスターセッションを行いました。探究活動の大きなテーマは「現代オリンピックの問題点を探る」です。

3年文科スポーツコースに在籍する38名は総学の時間にオリンピックの歴史や経済とスポーツと社会に関する講義を受け、自ら探究課題を見つけ、それを明らかにするためのリサーチクエスチョン(RQ)を設定。夏季休業中に調査を行い、発表の準備をしてきました。探究テーマは「e-sportsはオリンピックに必要か」「なぜ放映権は莫大に膨れ上がるのか」「テレビとスポーツの関係に迫る」「オリンピックからみる女性とスポーツの関わり」「なぜ2020東京にSDGs(持続可能な開発)が求められているのか」といった多岐にわたるテーマがありました。

ポスターセッションでは発表に対する取り組みが未熟で調べたこと、検証したことを調べたことを伝えきれずに終わった場面もありましたが、このコースとして初めての取り組みを一生懸命取り組んだ姿勢は大変立派であったと思います。

進学先でもこのような探究活動を行った経験を生かしていってほしいと思います。

 
 
 
 

 1年生の国語総合での取組として、11月11日(月)に特別指導「和歌を詠もう」を実施しました。講師に、冷泉家時雨亭文庫より清水大史先生をお迎えして「月(つき)」という兼題で作歌指導を受けました。

 前半の講義では、当時の様式を伝える冷泉家歌会の動画を鑑賞し、雅やかな世界をイメージした後、まず現代短歌が「私らしさ(自我)を強調する」のに対して、古典和歌は「私とあなたは同じ(いっしょ)」という型を作って和歌を詠むという基本を教わりました。次に「月」という言葉を和歌に詠み込むための型、さらに「三日月」「夕月」「居待月」「有明の月」など、月の種類とそこに込められた心情を、引用をまじえながら、分かりやすく解説していただきました。

 後半のワークショップでは、灯りのなかった平安王朝の「月」のある情景に思いを馳せながら、生徒達は実際に作歌をしました。なかなか和歌が作れない生徒も、清水先生の個別指導を受けながら和歌を詠み、完成させる喜びを味わうことができました。

 今日詠んだ和歌の中から、選ばれた5首が、来年の秋の歌会で、披講研究部の皆さんに披講されます。

【生徒の感想】

・現在でも、「月」は夜の象徴であり、「今日は満月だ」とか「今日の月は大きい」とか、何気なく会話として言うことも少なくないと思いますが、昔の人々は、それだけでなく、月で季節を感じ、月の形・出方に自分の心情を重ね、他人を思う歌や、風景への思いを歌にのせて表現していたのだと思いました。その他にも、現代の電気・灯りのかわりに、月の光を使っていて、より深く関わり接していたのだと思いました。

・私自身、和歌を作って、意味・思いに触れ合うことをしたことがありませんでした。そのため、「和歌を詠む」という行為を単なる「字を読む」ことにすぎないと思っていました。今回、講義やワークショップなどの貴重な体験を通して、私は、和歌は、情景や心情を淡々と描写し、送り合う素晴らしい手段であると思うようになりました。私のように、まだ和歌の良さを知らない人は、たとえ日本人であろうとも辛気くさいように遠ざける人は少なからずいると思います。確かに素晴らしく趣深い和歌は、読みとることも創作することも難しいです。しかし、1000年の歴史を隔ててもまだある和歌の価値は、はかりしれないものであり、すごいことなので、まず身近にいる家族に語ってみたいと思いました。

 
 
 
 
 
b_botan