学校生活

SCHOOL LIFE
 

新年明けましておめでとうございます。

今年も本校硬式野球部をよろしくお願いいたします。

今年は全国高等学校野球選手権100回大会のため、年末より京都二中の先輩方に関わる取材等があるなど、注目されています。この記念大会に出場し、躍動するためにもより一層引き締めて強化していきたいと思います。

 

今年は1月5日(金)にスタートし、6日(土)~8日(祝月)の3連休で国立淡路青少年交流の家において強化合宿を実施しました。例年通り学年毎のチームに別れて、心身を追い込みました。

合宿テーマを学年毎に2年生「限界突破」・1年生「人一倍」にそれぞれミーティングで設定。

夏を見据えたトレーニングを中心としたメニューに取り組みました。

 

砂浜、坂道、ロードなど素晴らしい環境の中で自分たちを磨き上げ、良いスタートを切ることができました。

残り少ないオフシーズンの間に、さらに成長できるよう今後も頑張ります。

 

 
 
 
 

京都府高等学校野球連盟主催の京都府高校野球選抜オーストラリア遠征に、本校硬式野球部の谷内隆悟(2年・東宇治中出身)、小林悠佑(2年・広野中出身)の2名が選出され、12月24日(日)~30日(土)の7日間、クイーンズランド州選抜チームと親善試合を行ってきました。

スポーツを通じて国際親善を図るとともに、文化や環境、野球への取り組み方の違い等にも触れることができ、大変充実した素晴らしい経験をさせていただきました。

 

試合結果

12月27日(水) 会場:Nerang Cardinals Baseball Complex

第一試合 〇 京都府選抜 20 - 0 クイーンズランド州選抜 ✕  

第二試合 〇 京都府選抜 14 - 9 クイーンズランド州選抜 ✕ 

12月28日(木) 会場:Holloway Field

第一試合 〇 京都府選抜 8 - 5 クイーンズランド州選抜 ✕

第二試合 〇 京都府選抜 7 - 1 クイーンズランド州選抜 ✕

 

谷内は2試合3イニングに登板して好投、小林は全試合に5番・一塁手で出場し、勝利に貢献しました。

 

今回の経験を生かして成長し、鳥羽高校硬式野球部だけでなく京都の高校野球を牽引する存在となってくれることを期待しています。

 
 
 
 

日没も早く、寒さも厳しくなる季節となり、今シーズンの練習試合も残り3日となりました。

11月19日(日)には、旧制中学秋季四校対抗戦が実施されました。例年、春・秋に実施しており、洛北・鳥羽・山城・桃山の4校で切磋琢磨して試合や研修会に取り組んでいます。

今回の試合は18日(土)が雨天のため中止となり、19日(日)のみ佛教大学グラウンドをお借りして実施しました。

秋季大会の主力メンバーが怪我をしたり、京都府選抜に選出された2名が不在の中、多くのメンバーにチャンスが与えられましたが、現状では課題が多く厳しい内容でした。この機会にチーム全体が底上げできるよう、頑張ってもらいたいと思います。

 

四校対抗戦結果

11月19日(日) 於:佛教大学園部グラウンド

1試合目 △ 鳥羽 5 - 5 山城 △

2試合目 ✕ 鳥羽 3 - 5 洛北 〇

 

 

21日(火)には、「居酒屋てっぺん」代表取締役の大嶋啓介氏をお迎えして、メンタル研修会を実施しました。

2年前の夏の甲子園に出場した際にもお世話になった経緯もあり、今回は「限界突破」というテーマで個々の殻を破って思考から変化させることを目的として非常に熱い研修に取り組みました。

「言葉・動作・表情」、「思い込みの力」、「感謝力」、「全力朝礼」・・・。約3時間にわたる講演やディスカッションを通して、本気で取り組むことの意味を感じ、最後には涙しながら研修を終えることができました。

この素晴らしい出会いから、部員及びマネージャーのスイッチがONになったと確信しています。

今後の活躍をさらに期待します!!

 

 
 
 
 

台風の影響もあり2週連続で練習試合が雨天中止となりましたが、11月3日(祝金)~5日(日)は久々に良い環境・コンディションの中で練習試合を実施することができました。

 

この3連休では、全国制覇の経験がある学校との対戦をさせていただきましたが、野球の技術面だけではなく、グラウンドの佇まい、整った環境、整備された空間など、非常に多くの面で学ばせていただきました。

今シーズンの練習試合も残り10日間となりましたが、この間に実戦感覚をさらに磨き、秋季大会で出た課題を克服してさらに強みを伸ばしていかなければなりません。個々の技量はもちろん、チームとして、組織としてさらにレベルアップできるよう現状に目を向けて妥協せずに取り組んでいきます。

 

練習試合結果

10月28日(土)

A戦 於:京都府立工業高等学校G

 1試合目 〇 鳥羽 8 - 1 府立工業 ✕   ※2試合目は雨天中止

 

11月3日(祝金)

A戦 於:北嵯峨高等学校G

 1試合目 〇 鳥羽 7 - 0 北嵯峨 ✕

 2試合目 〇 鳥羽 4 - 3 北嵯峨 ✕

 

11月4日(土)

A戦 於:中京大学附属中京高等学校G

 1試合目 〇 鳥羽 7 - 5 中京大中京 ✕

 2試合目 〇 鳥羽 9 - 8 東播磨 ✕

B戦 於:鳥羽高等学校G

 1試合目 ✕ 鳥羽 2 - 4 花園 〇

 2試合目 〇 鳥羽 4 - 3 花園 ✕

 

11月5日(日)

A戦 於:東洋大学附属姫路高等学校G

 1試合目 ✕ 鳥羽 4 - 6 愛工大名電 〇

 2試合目 ✕ 鳥羽 2 - 3 東洋大姫路 〇

B戦 於:立命館宇治三室戸G

 1試合目 〇 鳥羽 9 - 1 立命館宇治 ✕

 2試合目 〇 鳥羽 1 - 0 立命館宇治 ✕ 

 

 
 
 
 

平成29年度秋季京都府高等学校野球大会は京都府立乙訓高等学校の優勝で幕を閉じました。部員一同、悔しい気持ちでいっぱいですが、現状を受け入れ、その悔しさを糧に日々を過ごし、次の選手権大会に向けて精進していきます。

乙訓高校の市川靖久監督は本校硬式野球部のOB(H13卒業)で第72回選抜、第82回選手権の甲子園に出場されたときの主将です。同じ京都府内のライバルではありますが、近畿大会での活躍を期待したいと思います。

 

さて、第三回定期考査も終了して、これから11月中の対外試合ができる間に、秋季大会で発揮できなかった戦術の確率や攻撃力に関わる課題を乗り越えて行かなければなりません。毎週、A戦・B戦ともに計画をしていますが、消化試合にならず、高い意識を持って大きな変化を目指していきたい思います。

 

今後とも御支援、御声援の程、よろしくお願いいたします。

 

練習試合結果

10月14日(土)

A戦 於:兵庫県立社高等学校G

 1試合目 〇 鳥羽 3 - 1 社 ✕

 2試合目 ✕ 鳥羽 3 - 4 徳島城東 〇

B戦 於:鳥羽高等学校G

 1試合目 〇 鳥羽 6 - 4 乙訓 ✕

 2試合目 ✕ 鳥羽 0 - 4 乙訓 〇 (※時間の都合上5回で終了)

 

10月15日(日)

A戦 於:神戸弘陵学園高等学校G

 鳥羽 (雨天中止)神戸弘陵

 鳥羽 (雨天中止)日高中津分校

 

 
 
 
 

9月30日(土)、わかさスタジアム京都において秋季京都府高等学校野球大会準々決勝戦が行われ、乙訓高校と対戦しました。

結果は、7-10(延長11回)で敗れ、ベスト8という結果で終了しました。

 

試合では、投手が予想以上に乱れる中、辛抱して粘って凌いで後半勝負に持ち込めたことは大きな進歩でしたが、試合を決めきる力をもっと発揮できれば打開できたと反省点が残りました。

新チーム結成後から、選抜に出場することと選手権大会で勝つことを目標に取り組んできましたが、今回の結果を受け入れて、チームと個人に目を向けて勝ちきれる集団を目指して取り組んでいかなければなりません。

 

秋季大会中、多くの御声援をいただき、ありがとうございました。

 

次の第100回全国高等学校野球選手権大会に向けて、新たなスタートを切って頑張ります。

これからも鳥羽高校硬式野球部をよろしくお願いいたします。

 

試合結果

平成29年度秋季京都府高等学校野球大会準々決勝戦

9月30日(土) 於:わかさスタジアム京都

 ✕ 鳥羽 7 - 10 乙訓 〇 (延長11回)

 

 
 
 
 

23日(土)、二次戦の初戦があり、峰山球場において洛北高校と対戦しました。

今回の試合までに約20日間の準備期間がありましたが、台風の影響もあり連休の練習試合が中止になるなど、実戦練習が満足にできず、実戦感覚に欠ける面が多々見受けられました。

様々な課題を乗り越えてチームを締め直し、一週間ずつ力を蓄えて次戦に臨みたいと思います。

 

24日(日)はA・Bチームに別れてそれぞれ練習試合を実施し、反省からの修正や、さらなるアピールの場を設けて取り組みました。

 

次戦は30日(土)、12:00~わかさスタジアム京都において、乙訓高校と対戦します。

御声援の程、よろしくお願いいたします。

 

試合結果

平成29年度秋季京都府高等学校野球大会二次戦二回戦

9月23日(土) 於:峰山球場

 〇 鳥羽 6 - 0 洛北 ✕

練習試合

9月24日(日)

A戦 於:綾羽高等学校G

 1試合目 ✕ 鳥羽 0 - 5 綾羽 〇

 2試合目 〇 鳥羽 3 - 1 京都すばる ✕

B戦 於:鳥羽高等学校G

 1試合目 〇 鳥羽 5 - 1 久御山 ✕

 2試合目 △ 鳥羽 1 - 1 久御山 △

 
 
 
 

今年度は一次戦を無事に1位校として勝ち抜くことができたため、二次戦の初戦まで約20日間の準備期間があります。

この間に、戦術の確立やゲームのポイントを押さえて我慢して粘って凌げるチーム作りを目指すと同時に、スイング力の強化に取り組んで練習しています。

 

週末は二次戦を見据えて、より多くの選手に出場の機会を与え、メンバー選考や起用の方法を試す練習試合を実施しました。まだまだ課題は多いですが、実戦感覚を磨き、レベル向上目指して取り組んでいきたいと思います。

 

12日(火)に抽選会があり、日時と対戦校が決定します。

今後とも御声援の程、よろしくお願いいたします。

 

練習試合結果

9月9日(土)

A戦 於:八幡商業高等学校G

 1試合目 ✕ 鳥羽 2 - 7 八幡商業 〇

 2試合目 〇 鳥羽 6 - 1 津商業 ✕

B戦 於:鳥羽高等学校G

 1試合目 〇 鳥羽 5 - 3 京都成章 ✕

 2試合目 〇 鳥羽 8 - 3 京都成章 ✕

 

9月10日(日)

A戦 於:滋賀学園G

 1試合目 △ 鳥羽 2 - 2 滋賀学園 △

 2試合目 ✕ 鳥羽 3 - 11 滋賀学園 〇

B戦 於:鳥羽高等学校G

 1試合目 〇 鳥羽 5 - 4 東播磨 ✕

 2試合目 〇 鳥羽 4 - 3 東播磨 ✕

 
 
 
 

9月3日(日)に秋季京都府高等学校野球大会一次戦Eゾーン決勝戦があやべ球場で行われ、亀岡高校と対戦しました。

 

2学期が始まり、れんが祭準備等が始まり、練習時間も少なくなる中ですべきことを明確にして隙間時間を埋めながらバットスイングや個々の課題の克服に取り組みました。二次戦に進出することが目標ではないため、府大会・近畿大会で勝ち上がることのできる力を蓄えられるよう現状に満足することなく強化して取り組んでいきたいと思います。

 

9月12日(火)17:00~抽選会があり、対戦相手が決定します。

二次戦も御声援の程、よろしくお願いいたします。

 

 

試合結果

Eゾーン 決勝戦

9月3日(日) 於:あやべ球場

 〇 鳥羽 9 - 0 亀岡 ✕

 
 
 
 

8月26日(土)秋季京都府高等学校野球大会一次戦が開幕しました。

 

夏季休業中の約一ヶ月でA戦・B戦を合わせて34試合を消化し、チームの土台となる基礎や戦術を磨き、まだまだ課題は山積みですが少しずつ戦える集団、組織になってきました。

 

例年、秋季大会では乱れたり課題が出ることが多いですが、試合が終わる度に一週間かけて修正・改善して次の週の試合に臨むことができます。今回の試合では、試合への入り方やサインミス、狙い球の徹底、勝負所での決断力などの反省点が出てきたので、一週間かけて懸命に取り組み、個人及びチーム力の強化に努めたいと思います。

 

また、両日ともに関係者や保護者の方々をはじめ、大変多くの御声援をいただき、ありがとうございました。

 

 

次戦(Eゾーン決勝戦)は、9月3日(日)13:30から、あやべ球場で亀岡高校と対戦します。

 

 

試合結果

Eゾーン 一回戦

8月26日(土) 於:洛西高校G

 〇 鳥羽 7 - 0 桃山 ✕

Eゾーン 二回戦

8月27日(日) 於:堀川高校嵯峨G

 〇 鳥羽 3 - 1 京都国際 ✕

 

 

 
 
 
 

7月31日(月)に京都府高等学校野球連盟主催の少年野球教室「ファースト・ステップ・ベースボールアカデミー」がわかさスタジアム京都で開催され、本校硬式野球部がモデル校として指導にあたらせていただきました。

 

小学校2年生から6年生までの84名の受講者を学年毎に5グループに分けて、①キャッチボール・ピッチング ②ゴロ・フライ捕球・ノック ③トスバッティング・バント ④バッティング指導 ⑤簡易ゲーム をローテーションでまわして指導をしました。

高校生に与えたテーマは「いかに、わかりやすく、集中力を持続させて楽ませながら怪我のないように取り組ませることができるか。」

普段は当たり前で何も考えずにやっていることが、いざ教えるとなると言葉を選んだり手本を示したりと工夫が必要で、高校生にとっても大変勉強になる経験をさせていただきました。

午後からは、三重県の津商業高校と招いて模範試合を行いました。昼食時には2年前に甲子園で対戦した映像をスコアボードに流すと小学生も一生懸命観てくれて、試合中は熱心に声援を送ってくれました。

 

少子化により子どもの人数が減ると同時に、野球人口も減っている今、こういった活動を通して少しでも野球に興味関心を持ってもらい、少しでも裾野の拡大に繋がればと思います。

参加していただいた小学生の皆さん、模範試合をしていただいた津商業高校の皆さん、今回こういった縁をいただきありがとうございました。

 

模範試合結果

〇 鳥羽 4 ー 3 津商業 ✕

 

 
 
 
 

7月19日(水)に龍谷大平安高校に敗れて選手権大会は終了しました。一年間、様々な面において御支援、御協力をいただきまして本当にありがとうございました。特に3年生は素晴らしい姿を見せてくれました。一人一人と話をしていても悔しさとやりきった感と両方の感情がある中である様子ですが、今後の学校生活や進路実現に向けて今後も頑張ってもらいたいと思います。

 

さて、7月22日(土)より新チームが始動。

7月26日(水)~29日(土)に、石川県羽咋郡にある国立能登青少年交流の家に宿泊して3泊4日の強化合宿を実施してきました。

新チームのスローガンは「自他共栄」。

この合宿は新チームの土台となる技術力や組織力を身につけるために例年「訓練」という位置づけで、バスの乗り降から準備や後片付け等に至るまで、様々な面において徹底的にスピードや正確さにこだわりを持って取り組みました。

 

規則正しい生活のもと、早朝より富来野球場に於いて早出特打をしたり、基礎練習から実戦練習まで鳥羽高校のグラウンドではできないスペースを利用した練習などに取り組み、充実した時間を過ごしました。

夜は研修室に入り、指導者からのミーティングや戦術練習の確認、選手間でのミーティングを行い、時間をかけて議論を交わしました。

 

30日には秋季一次戦の抽選会があり、1ヶ月後に迫った秋季大会に向けてしっかりと戦える集団となれるよう少ない時間を惜しんで取り組んでいきたいと思います。

今後とも御声援の程、よろしくお願いいたします。

 
 
 
 

更新が滞っており申し訳ありませんでした...。

 

7月9日(土)選手権京都大会が開幕しました。

初戦の洛星戦、三回戦の峰山戦ともに打撃が好調で、多くの得点を重ねて勝利することができました。

守備におけるミスや確認事項の徹底などを修正し、次のゲームに良い状態で臨めるように準備したいと思います。

次戦も様々な出来事に慌てることなく、冷静に耐えて凌いで勝利を掴み取りたいと思います。

また、両日ともに保護者の方々や関係者をはじめ、大変多くの御声援をいただき、ありがとうございました。

 

四回戦は、19日(水)9:00からわかさスタジアム京都において、龍谷大平安高校と対戦します。

 

試合結果

二回戦

7月12日(水) 於:わかさスタジアム京都

 〇鳥羽8-1洛星✕(8回コールド)

三回戦

7月16日(日) 於:太陽が丘球場

 〇鳥羽9-6峰山✕

 
 
 
 

選手権大会開幕まで一週間。

週末は最後の練習試合を行い、大会までの最後の詰めをしてきました。

この一年間、秋・春と結果に結びつかず、悔しい経験ばかりのチームでしたが、ここへきてやっと我慢ができるようになり、"耐えて凌いで乱れない"鳥羽らしいチームとなりつつあります。

縦と横の繋がりをより強固にして、どんな場面においても自分たちの持っている力を安定して発揮できるよう、最後に心身ともに最高の準備をしたいと思います。

 

今週から第二回考査も始まり、学習面においても手を抜くことなく懸命に取り組み文武両道を果たします。

 

開会式 7月8日(土)10時~

二回戦 7月12日(水)10時~ vs 洛星高校(わかさスタジアム京都)

 

多くの御声援をよろしくお願いいたします。

 

練習試合結果

A戦 於:マツゲン有田スタジアム

7月1日(土)

 1試合目 〇鳥羽2-0和歌山商業✕

 2試合目 〇鳥羽12-5和歌山商業✕

A戦 於:大体大浪商G

7月2日(日)

 1試合目 ✕鳥羽2-6大体大浪商〇

 2試合目 ✕鳥羽3-9大体大浪商〇

 
 
 
 

6月27日(火)

東山高校さんとわかさスタジアム京都において、「3年生引退試合」を実施しました。

この試合は、メンバーに入ることができなかった3年生の輝ける場を設定したいという思いで、昨年度より東山高校さんと実施させていただいている試合です。

 

本日の試合では、惜しくもメンバー入ることができなかった3年生が力を発揮し、周囲に感動を与えてくれました。

プレッシャーを感じず、目先の結果に囚われず、自分自身が持っている力を最大限発揮しようとする純粋な姿勢が素晴らしいプレーの連続を生みました。メンバーや応援していた1・2年生にとっても学んでほしい姿を存分にグラウンド上で表現してくれました。

こういった姿を目の当たりにして、さらにチームとして固まり、選手権大会に向けて大きく繋げていってほしいと思います。

 

最後に、こういった環境や場面を作っていただいた東山高校の選手及び関係者の方々、保護者及び学校・硬式野球部関係者の皆様、本当にありがとうございました。

 

試合結果

〇 鳥羽 7-1 東山 ✖

 
 
 
 

選手権大会開幕まで残り12日。

 

24日(土)には選手権京都大会の抽選会があり、初戦は12日(水)、大会第5日目の第一試合でわかさスタジアム京都において、洛星高校との対戦が決定しました。対戦相手が決まりましたが、まずは自分たちの足元を固め、相手に左右されることなく安定した芯のあるチームに仕上げられるよう取り組んでいきたいと思います。

雨の心配がある中、大会まで残り少ない練習試合も対戦校の協力によりA戦・B戦ともに実施することができました。

まだまだ不安要素を取り除くことができず、もがき苦しみながらのゲームとなっていますが、こういったチームにとっての逆境を乗り越えるエネルギーが湧いて出てこないと優勝するための力は生まれてきません...。

様々な人の思いを背負い、優勝をつかみ取るべく、さらに精進していきます。

27日(火)には、18時より、わかさスタジアム京都において、東山高校と「3年生引退試合」が計画されています。メンバーから外れた3年生のこれまで取り組んできた力、チームへの思いを存分に期待したいと思います。

今後とも御声援の程、よろしくお願いいたします。

 

練習試合結果

6月24日(土)

A戦 於:倉田山公園野球場

 1試合目 ✖鳥羽1-2宇治山田商業(三重県)〇

 2試合目 〇鳥羽7-4宇治山田(三重県)✖

B戦 於:鳥羽高等学校G

 1試合目 〇鳥羽7-0京都両洋✖

 2試合目 〇鳥羽8-5京都両洋✖

6月25日(日)

A戦 於:京都すばる高等学校G

 1試合目 △鳥羽2-2京都すばる△

 2試合目 ✖鳥羽3-6京都すばる〇

B戦 於:鳥羽高等学校G

 1試合目 △鳥羽4-4立命館△

 2試合目 〇鳥羽7-4立命館✖

 
 
 
 

選手権大会開幕まで残り17日。

3年生及びAチームは16日(金)授業終了後から選手権大会に向けた野球力、組織力の強化とチームの絆を深めるために関東遠征へ出発、Bチームも17日(土)、18日(日)ともに練習試合を実施しました。

関東遠征では、3年生全員がバス内でミーティングを実施し、この遠征や選手権大会にかける思いや、チームメイトに対する熱い思いを一人ずつスピーチし、互いの強い意志や今後の自分自身について共有し合い、大変有意義な時間となりました。練習試合では、2日間ともに大変素晴らしい環境でお世話になり、取り組み姿勢や甲子園で勝つための意識の高さを目の当たりにすることができ、刺激を受けてきました。ゲームでは変わらず課題は多々ありますが、3年生の奮起及び最後の夏にかける強い思いと情熱で駆け上がってきてほしいと思います。

20日(火)に追い込み期間を終了し、第一次の大会用練習メンバーを発表し、24日(土)には抽選会。

いよいよ間近に迫ってくる大会に向けて、野球力・人間力・組織力・徹底力に磨きをかけて取り組んでいきます。

今後とも御声援の程、よろしくお願いいたします。

 

練習試合結果

6月17日(土)

A戦 於:東芝総合グラウンド

 1試合目 ✕鳥羽0-2日体大柏(千葉県)〇

 2試合目 △鳥羽2-2湘南工科大附(神奈川県)△

B戦 於:鳥羽高等学校G

 1試合目 〇鳥羽5-4京都翔英✕

6月18日(日)

A戦 於:山梨学院砂田球場

 1試合目 ✕鳥羽7-11山梨学院(山梨県)〇

 2試合目 ✕鳥羽1-2山梨学院(山梨県)〇

B戦 於:関西大学高槻グラウンド

 1試合目 〇鳥羽7-5京都すばる✕

 2試合目 〇鳥羽21-7関大一(大阪府)✕

 
 
 
 

選手権大会開幕まで残り25日。

10日(土)、11日(日)も練習試合を実施しました。

この一週間、守備に力を入れ、プレッシャーのかかる中でアウトを取り切ることや勝負することにこだわりを持って取り組んできました。しかし、練習試合では投手陣が我慢しきれず、苦しいところで守備で足を引っ張ってゲームが乱れるという課題を残しています。勝負のときまで残り僅か...。厳しく、自分たちの現状と向き合い、危機感を抱き、現状を受け止めて前向きなエネルギーとして今後の成長に繋げてほしいと思います。

11日(日)1年生のみのB2戦も実施し、新チームに向けて取り組んでいます。

今後とも御声援の程、よろしくお願いいたします。

 

練習試合結果

6月10日(土)

A戦 於:湖東スタジアム

 1試合目 〇鳥羽10-5八幡商業(滋賀県)✕

 2試合目 ✕鳥羽3-13津商業(三重県)〇

B戦 於:鳥羽高等学校G

 1試合目 〇鳥羽6-2京都国際✕

 2試合目 ✕鳥羽4-5京都国際〇

6月11日(日)

A戦 於:市立和歌山高等学校G

 1試合目 ✕鳥羽5-8菰野(三重県)〇

 2試合目 〇鳥羽4-3市立和歌山(和歌山)✕

B1戦 於:鳥羽高等学校G

 1試合目 △鳥羽3-3三田西陵(兵庫県)△

 2試合目 △鳥羽3-3津商業(三重県)△

B2戦 於:槻の木高等学校G

 1試合目 〇鳥羽6-2槻の木(大阪府)✕

 2試合目 〇鳥羽13-1槻の木(大阪府)✕

 

 
 
 
 

選手権大会開幕まで残り33日。

3日(土)、4日(日)ともにA・B両チームに分かれて練習試合を実施しました。

3日(土)には、兵庫県高野連主催の少年野球教室に参加し、小学生を「教える」「楽しませる」という観点で大変充実した時間を経験させていただきました。子どもの数、野球人口が減っている現状の中で高校生が良い姿でプレーや指導をし、少しでも裾野の拡大に貢献できればと思います。

練習試合では、戦術の確立に向けてさらに課題が見つかりました。チームとして粘って終盤まで押し切れる野球力、人間力を今後の練習で身につけていかないと現状では厳しいです。3年生の奮起及び大きな変化を期待しています。

練習試合結果

6月3日(土)

A戦 於:高砂球場 ※午前中は少年野球教室補助

 1試合目 ✕鳥羽5-7東播磨(兵庫県)〇

 2試合目 〇鳥羽3-1東播磨(兵庫県)✕

B戦 於:鳥羽高等学校G

 1試合目 ✕鳥羽2-3京都外大西〇

 2試合目 ✕鳥羽2-6京都外大西〇

6月4日(日)

A戦 於:比叡山高校山麓G

 1試合目 〇鳥羽7-5神戸国際大附属(兵庫県)✕

 2試合目 ✕鳥羽7-8比叡山(滋賀県)〇

B戦 於:鳥羽高等学校G

 1試合目 ✕鳥羽2-5奈良大附属(奈良県)〇

 2試合目 ✕鳥羽3-9奈良大附属(奈良県)〇

 
 
 
 

選手権大会開幕まで残り37日となりました。

様々な課題を克服すべく日々練習に取り組んでいます。

今後とも御声援の程、よろしくお願いいたします。

 

5月31日(水)、石山高校(滋賀県)さんと皇子山球場でナイターで練習試合をさせていただきました。

A戦 於:皇子山球場(18:00~)

〇鳥羽5-1石山(滋賀県)✕

 
 
 
 
 
b_botan