学校生活

SCHOOL LIFE
 
9月15日(日) 京都府立山城総合運動公園の体育館にて,京都府高等学校総合文化祭バトントワリング部門に出場しました。
新チームとなり,初めての大会でした。
今年度は「charme」という楽曲で、美しく、しなやかな女性らしさの中に、時折強さのある演技となっています。
 
結果、金賞という評価をいただくことができました。
これにより、関西大会への出場権を獲得しました。
 
今回は、まだまだ課題の残る演技となったので、関西大会に向けてさらに磨きをかけ、レベルアップした演技に仕上げていきたいと思います。
今後とも、応援よろしくお願いたします。

 

 
 
 
 

9月4~6日に行われた、鳥羽高校れんが祭
2日目のお昼に、西体育館で演技を披露しました!!

 
たくさんの方にお越しいただき、体育館の観客スペースは満席となりました。
1曲目は初披露の「charme」、2曲目は2年生を中心にした創作した演技です。
会場はとても盛り上がり、たくさんの拍手をいただきました。

 
 
 
 

 4月12日の昼休みに、新入生を歓迎して、長い期間取り組んできた演技を披露しました。1曲目は3月末の本校吹奏楽部の定期演奏会に友情出演させていただいたときの「When your heart makes a wish」、2曲目は6月のコンテストに向けて取り組んでいる「疾風勁草」です。新入生だけでなく、2・3年生や先生方にもご覧いただけてとても嬉しかったです。皆さんのあたたかい拍手を励みにして、3年生には最後となるコンテストを頑張ります。

 1年生の皆さん、バトン部に入部待ってます!

 
 
 
 

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。バトントワリング部では、4月12日(金)13時より西体育館において新入生歓迎会として、バトンの演技を披露します。校内で発表する数少ない機会ですので、新入生に限らず多くの方々にご覧いただきたいと思っています。

 
 
 
 

こんにちは。バトントワリング部です。北風を背中に受けながら、玄関前で練習しています。

 

先日、2日は京都聖母女学院中学校のバトントワリング部さんと体育館を使用させて頂いて合同練習をしました。みなさん、中学1年生ということで、高校のお姉さん達を前にして緊張気味でした。が、バトンをやりとりするチェンジの練習では高校生の間に中学生が入り、タイミングをそろえながらの練習ができ、お互い声をかけあいながらのいい練習ができました。

 

11日には全国大会の常連校である立命館守山高校のバトントワリング部さんと合同練習。前半はたっぷり2時間のボディワーク練習、基礎トレーニングなどを行いました。後半はバトンを使っての練習。部員はバトンを持たない基礎トレーニングにかけた時間に驚き、そこにボディワークの美しさの理由を知りました。鳥羽高にはない、部の雰囲気や規律を学び、いい勉強になりました。これを自分たちの練習にどう活かしていけるかが、課題です。

 
 
 
 

 

 昨年は京都府高等学校バトントワリング大会を皮切りに、計3大会に出演し、金賞をはじめとして、結果を残すことができました。この冬は基礎・基本的な練習を丁寧に行っていくことを課題として取り組んでいこうと考えています。

 

 昨年末には、クラッシックバレエの指導者に来ていただいて、基本的なバレエの動きを講習していただきました。普段、意識の低かった手先、足先、脚、腕など身体全体を使った表現を教えていただきました。また新年明けてからの練習では、ストリートダンスの指導者に来ていただいてダンスを教えていただきました。バトンを用いてのダンスやクラッシックバレエの動きとは全く違う身体の動きで、初めは戸惑っていた部員も身体の使い方をつかみ、リズムにあわせられるようになりました。バレエもストリートダンスも身体全体を使って表現するという共通点があることに気づいたようです。バトンの演技に活かしていけることを期待しています。

 

 今年度末に、本校吹奏楽部の定期演奏会に友情出演させていただける機会をいただきました。通常練習とともに取り組みを始めています。今年も応援いただけるクラブであるよう取り組んで参ります。

 
 
 
 

12月15日(土)に兵庫県立総合体育館において、第39回関西中学校・高等学校バトントワーリング大会に初出場しました。

この大会は、大阪・兵庫・奈良・和歌山・滋賀・京都の学校でバトン部として活動しているクラブが、日頃の練習の成果を発表する場として毎年行われているものです。そこに今年、初めて参加しました。

出場する他チームは11月に行われる関西バトントワリング大会において上位入賞する強豪チームが多く出場されており、緊張感のある大会です。この大会に向けて、わずか2週間ほどでしたが新たなメンバー編成で取り組んできました。

 

本番では練習通りとはいかないものの、結果としては「金賞」を受賞でき、喜んでいます。大会に参加する毎に、チームとしてまとまりができてきていることを実感しています。

次の目標は来週24日に行われる京都府バトントワリングコンテストです。これはチームではなく個々人の力量を問うコンテストです。

いい結果が出せるよう取り組んでいます。応援よろしくお願いします。

 
 
 
 

11月3日に兵庫県神戸市「グリーンアリーナ神戸」において行われた第40回バトントワーリング関西大会 全国大会選考の部 高校部門に出場しました。

この日を目指して、毎日練習に励んできましたが、やはり緊張からかミスがでてしまい、結果は銀賞。悔しい結果になりました。

 

今回のコンテストに向けて、外部の体育館へ練習に行くなどしてチームで動くことも多く、チームとしてのまとまりもできてきました。また立命館大学バトン部の諸先輩方に多くの貴重なアドバイスを受けたことや、大学生の練習に取り組む姿勢など学ぶことが多くありました。

こうした経験を糧にして次は12月15日に出場予定の第39回関西中学校・高等学校バトントワーリング大会、24日に出場予定の第13回京都府バトントワーリングコンテストに向けてさらにレベルアップを目指していきます。

応援よろしくお願いします。

 
 
 
 

28日日曜日、立命館大学BKCキャンパス体育館において立命館大学バトントワリング部の学生の方と立命館守山高等学校バトントワリング部員の方々と合同練習をさせていただきました。

  

午前中は大学生の練習の様子を見学させていただきました。

きびきびとした効率の良い練習に学ぶことも多かったようです。

午後からは3チームで本番を意識してお互いに見合いながらの通し練習をそれぞれ3回ずつ行いました。

一週間前に指摘していただいた箇所を修正した演技ができ、学生の方に成長を喜んでいただいて、

本校部員も自信を持つことができました。

また立命館守山高校の演技も間近で見させていただきました。

自分たちに足りないものは何かと考えることができる良い機会でした。

 

11月3日のコンテストまであとわずか。悔いのないよう練習に取り組んでいく心構えです。

 
 
 
 

 10月21日日曜日、立命館大学BKCキャンパス体育館において、立命館大学バトントワリング部の学生の方と合同練習をお願いしました。立命館大学バトントワリング部は大学内で強化部に指定されており、毎年全国大会に出場されるほどの強豪チームです。そのチームの諸先輩方の練習を間近に見ることができるとあって、部員もとても楽しみにしていました。

 

 当日午前中はバトントワリング部の顧問でもある経済学部事務長様に、直々に大学案内をしていただきました。テレビ会議室での説明後、キャンパスツアー。広いキャンパス内を見学させていただきました。

 

 午後からは楽しみにしていた合同練習。部員達は来る11月3日の関西大会で披露される演技を、強豪チームの息づかいまでも感じられるほどの間近で見学でき、感動していました。また練習内容や進め方など、自分たちも学ぶことが多かったようです。

 その後は自分たちの演技を見ていただきました。たくさんのアドバイスをいただいて、部員も11月3日のコンテストに向けて決意あらたに、明日からの練習に取り組んでいくかまえです。来週の日曜日は立命館大学さんと立命館守山高校バトン部さんと合同練習。いい意味で緊張しています。

 
 
 
 

9月16日(日)に京都府立山城総合運動公園体育館において、第35回京都府高等学校総合文化祭マーチングバンド・バトントワリング部門が開催されました。

新チームになって初めての大会で、「金賞」の評価をいただくことができました。7月に入ってから、振り付けをはじめ、夏休み中に躍り込んだ成果を発揮しました。内容的には部員それぞれが次への課題を持ち、11月の関西大会に繋げたいと意欲的に練習を再開しています。

今後とも応援よろしくお願いします。

 
 
 
 

9月6,7日で行われたれんが祭で、新チームの演技を西体育館で披露しました。

 

1曲目は「疾風勁草」。強くしなやかな女性を表現しています。1年生にとっては、初めてバトンを使用しての演技でした。

2曲目は2年生を中心に創作した演技です。

たくさんの人に見ていただいて、緊張もしましたが、大きな拍手をいただき嬉しく思いました。

次の大会に向けて、さらに練習を積んでいきます。

 
 
 
 

 新入生歓迎会 2018/05/10 

先月12日の昼休みに講堂で、新入生歓迎会(演技披露)を行いました。

新入生だけでなく2、3年生も、たくさん見に来てくださいました。

「かっこいい!」「小さい頃から憧れていた」「自分も踊れるようになりたい!」と大好評でした。

おかげさまで11名の新入生が入部してくれました。2年生8名、3年生6名、合計25名になりました。

今は、6月の京都府高等学校と関西のバトントワリングコンテストに向けて猛練習中です。

3年生にとっては最後の晴舞台です。ご声援をよろしくお願いします。

 

 

 
 
 
 

去る6月18日に長岡京市の西山公園体育館で第42回京都府高等学校バトントワリングコンテストが開催されました。

2、3年生のAチームは、一年間踊ってきた「乱世の恋~忍びの定め」の踊り納めとなりました。

1年生のBチームは入学後練習し始めた鳥羽高校バトン部伝統の「Fantastical Parade」で出場しました。

Aチームは金賞、Bチームは銀賞でした。

この大会で3年生が引退し、1、2年生の新チームが発足します。

H28BAteam02.jpg

H28Bteam.jpg

 
 

6月12日(日)に大阪市中央体育館で行われた第34回関西バトントワーリングコンテストに2、3年生14名が出場しました。

このコンテストはバトンの正確な技術の普及を目的として開催されており、審査の基準は高度さよりも正確さに重点が置かれています。結果は、金・銀・銅賞の三段階で示されます。

また、18日(土)に行われるチーム演技の京都府高等学校バトントワリングコンテストとは異なり、一人(またはペア)で演技し、審査されます。ソロトワール以外の上級レベルでは演技者1または2に対し、審査員3名で審査が行われます。

部員が出場した種目は、ソロトワール、ペア、ツーバトン、スリーバトン、ソロストラット、ダンストワールで、レベルは個人の力量に合わせてエントリーを行いました。

結果は以下のとおりです。(出場順)

■スリーバトン初級 金賞3名  ■ツーバトン初級 金賞2名  ■ペア初級 金賞2組4名  

■ツーバトン上級 金賞1名  ■ソロトワール上級 銀賞1名  ■ソロストラット上級 金賞2名

■ダンストワール中級 金賞2名、銀賞1名



惜しくも銀賞の評価となった部員もありますが、出場した全員がコンテストの練習を通じてレベルアップすることができました。

3年生の引退大会となる18日の大会に向けてこの一週間集中して練習していきたいと思います。

応援よろしくお願いします。

 
 

4月22日(金)お昼休みの時間に西体育館で新入生歓迎会を行いました。

たくさんの鳥羽高生が集まってくれ、盛り上がった発表会となりました。発表の方も成功し、良い演技ができました。

この後、6月に公式戦が2回あります。12日(日)は個人戦の関西バトントワーリングコンテスト、18日(土)はチーム戦の京都府高等学校バトントワーリングコンテストです。応援よろしくお願いします。

 
 
 
 

12月24日(木)に長岡京市の西山公園体育館で、第10回京都府バトントワーリングコンテストと第6回京都府バトントワーリング選手権大会が行われました。

コンテストには11名エントリーし、10名が金賞、1名が銀賞の評価をうけました。

選手権大会には、高等学校ペア部門に1組が出場し、2位になりました。

 
 

11月3日(火)、大阪市中央体育館で第37回バトントワーリング関西大会が開催されました。

昨年に引き続き全国大会選考の部にエントリーし、全国大会出場を目標に練習に取り組みましたが、残念ながら目標を達成することはできませんでした。

現チームで出場する大会は残すところ来年度6月の京都府バトントワリングコンテストだけになりました。審査員の先生方のご指摘を踏まえて、よりよい作品になるよう、個人・チームともレベルアップしていきたいと思います。

 
 

9月20日(日)に太陽が丘体育館で、第32回京都府高等学校総合文化祭マーチングバンド・バトントワリング部門が開催されました。

新チームになって初めての大会で、金賞の評価をいただくことはできましたが、緊張感からかリハーサルと比べると、ミスが多く出たのが残念でした。

この大会は、第23回マーチングバンド・バトントワーリング京都府大会も兼ねており、11月の関西大会につながる大会でもありました。

 
 

9月3日(木)、鳥羽高校の文化祭「れんが祭」で、新チームによる発表を行いました。

1曲目は、3月の吹奏楽部定期演奏会のために部員みんなで創作した"You can't stop the beat!"を新チーム用に再構成した作品でした。

2曲目は、新チームの大会出場作品「乱世の恋~忍びの定め~」で、部外の方への初お披露目でした。この作品は、敵方の武将に恋してしまった「くの一(女忍者)」の乱れる思いをテーマにしています。できあがったばかりで、完成度を高めていく必要を実感しました。

 
 
 
b_botan