鳥羽高生の今

TOBA TOPICS
 

12月25日

 研修最終日はあいにくの雨でした。予定していたサイクリングはできませんでしたが、明の城壁を訪れ、その壮大さに圧倒されました。その後西安咸陽国際空港へと移動して帰国の途につきました。予定通り、関西国際空港に到着し、京田辺市経由で京都駅で解散をしました。

 
 
 
 

12月24日

 本日は西北大学にて中国語の授業と太極拳の授業を体験しました。中国語の授業では、様々な国からの留学生の中に入って共に学ぶことができました。太極拳の授業では8つの型を教わりました。
 午後はイスラム街と鐘楼見学に出かけました。中国の文化を反映した様々なお土産を購入することができました。
 明日はいよいよ最終日です。

 
 
 
 

12月23日(月)

 

 本日は西安交通大学附属中学および西安外国語大学附属外国語学校の生徒との交流がありました。

 西安交通大学附属中学では日本語の授業と武術を体験しました。歓迎式典には、10月に本校を訪問した生徒たちも参加してくれて、歓迎のメッセージを英語で披露してくれました。

 外国語学校では英語や日本語を駆使し、クイズや会話を楽しみました。

 

 
 
 
 

12月22日(日)

本日は1日ホームステイ先で過ごしました。
同じ年頃の高校生の家庭での生活を体験することができ、非常に有意義な時間を過ごすことができました。1日では短すぎたようです。明日は西安交通大学附属中学と西安外国語大学附属西安外国語学校の交流です。

 
 
 
 

12月21日(土) 研修二日目、午前中は秦の始皇帝陵博物院に出かけました。 ガイドさんの英語を交えての説明に耳を傾けて、当時の技術・文化・芸術が反映された兵馬俑を見学し、理解を深めることができました。 午後にはホームステイファミリーに出迎えられ、それぞれのお宅へと向かいました。

 
 
 
 
12月20日(金)  京都駅から、はるかで関西国際空港に移動し、上海経由で、ほぼ予定通りに西安に午後8時過ぎに到着しました。その後、専用バスで市内へ移動し、午後9時半にホテルに入りました。  長時間の移動でしたが、全員元気いっぱいです!
 
 
 
 

本日陝西省訪問プログラムに参加する生徒8名が関西国際空港に向けて予定通り9:30に京都駅を出発しました。

順調であれば、今夕8時頃(現地時間)に西安に到着予定です。

生徒たちは大きな荷物を抱えながらも、これから始まる研修に心躍らせているようでした。

25日まで研修を行い、同日夜に京都駅帰着予定となっております。

 
 
 
 

 12月19日(木)7限

 明日からの「京都府立高校生 陝西省訪問プログラム」の結団式を行いました。

 旅行保険の話から始まり、持ち物や課題についての最終連絡があり、その後、引率の先生方からのお話がありました。

 一行は、明日20日(金)に出発し、12月25日(水)まで5泊6日の行程で陝西省西安市を訪問します。ホームステイ体験、学校訪問、文化施設等の視察などをとおして、現在の中国について理解を深め、新たな時代を自ら切り開く力を身につけるという目的をもっての訪中です。

 本年度は、1年生1人、2年生7人の合計8人の生徒が参加をします。

 
 
 
 
 
b_botan