学校生活

SCHOOL LIFE
 

12月21日(金)

今年も残すところ数日になり、寒い冬の日々が続く中、体育館に全校生徒が集まり、2学期の終業式を行いました。

 

式では、校長先生から、2学期を総括してのお言葉をいただきました。

平成最後の年ということ、天候不良による学校行事の日程の変更があったこと、学校での様々な取組で教養力だけでなく、身につけた教養を活用する力をつけてほしいこと、そして、「目標」について、すぐに到達できないものであり、失敗を通した試行錯誤で、やがて近づいていくものだとお話がありました。

各学年へのメッセージとして、

1年生には、年が変わる前に課題をなくすこと、

2年生には、シンガポール研修までの時間を大切にしてほしいということ

3年生には、いよいよ勝負の時がきたということを伝えられ、

最後に、青野慶久さんの「失敗するとしたら、どんな原因があるのか考えると、課題が見えてくる」という言葉を紹介していただきました。

 

式後には生徒指導部長から、挨拶がよくできており、遅刻が減るなどよかった面がある一方で、SNSの使用、自転車の事故・マナー違反等見直さなければならないことが指摘され、冬休みの過ごし方などの注意もありました。

また、進路指導部長からは、様々な人と対話をする時間を大切にして、自分のことを考えてほしいとお話があり、センター試験を控えた3年生には、できることはまだまだあると激励がありました。

 

最後に2学期中の部活動等の表彰式があり、披講研究部、茶道・華道部、囲碁・将棋部、放送部、バトントワリング部、陸上部、男子バレーボール部、男子バスケットボール部、水泳部、ウエイトリフティング部の全国大会やコンテストなど多数の表彰や教科で取り組んでいるコンテストの表彰がありました。

また、冬休みに東京大学で行われる即興型英語ディベート大会に出場するESSメンバーの紹介がありました。京都府代表としての活躍を祈っています。

 

冬休み中に補習やSGH台湾研修等まだまだ続きますが、1月8日の始業式に元気に学校に来れるよう、元気に過ごしてもらいたいと思います。

 
 
 
 

3泊4日の上海研修旅行は全行程が無事に終了し、体調不良者もなく予定通り帰校しました。

スポ専独自の貴重な経験を通して、それぞれの専攻種目や学校生活に活かしていけるように今後に繋げていってくれることを期待しています。

お世話になった関係の皆様、ありがとうございました。

 
 

最終日も晴れて清々しい朝となりました。今日も全員元気に集合し、ランニングや朝練習をしてから朝食を摂り、上海賓館を出発しました。 リニアモーターカーに乗車して浦東国際空港に向かい、日本に向けて出発します。 関西空港到着15:00、鳥羽高校到着18:00の予定です。

 
 
 
 

 午後からの学校交流では、それぞれが事前に準備した役割に沿って行われました。まず、「京都府、鳥羽高校の紹介」では中国語を交えてプレゼンテーションをし、次に「日本の伝統文化紹介」ではコマ回しや二人羽織、腹芸などでコンゴ、マダガスカル、ベトナムからの留学生の笑顔を誘いました。太極拳実技研修や集団行動、相撲の披露を行った後に、大学生の武術を披露していただき、完成度の高い動きや身のこなしに衝撃を受けました。 夕食会においても学生と交流をしながら積極的にコミュニケーションを図り、多くのことを吸収することができました。 いよいよ明日帰国となりますが、最後まで引き締めて良い研修旅行を終えられるように過ごしていきたいと思います。

 
 
 
 
 3日目は天候に恵まれましたが最高気温が6℃と大変肌寒い朝となりました。  本日も体調不良者もなく全員元気に過ごせています。散歩、朝食を済ませて、上海体育学院に向かいました。まず始めに、大学内の博物館に行き、スポーツの起源や拳法の創始(狩り、戦い等)について説明を受けて大変勉強になりました。昼食は大学内の食堂を利用させていただき、それぞれメニューを決め購入して食べました。 午後からは現地の学生との交流会と太極拳の実技研修会に臨みます。
 
 
 
 

一日中天候にも恵まれて、大きな問題もなくフィールドワークを終えることができました。上海市内の歴史的な建物や場所、観光地などを各班がそれぞれ計画に沿って回り、多くの発見をして様々なことを感じることができたことと思います。また、本日の夕食は小籠包や饅頭、焼飯などの昨日とは違った中華料理をいただきました。その後、上海雑技団の鑑賞を行い、人間離れした柔軟性や動作を見て大きな刺激を受けました。こういった経験をそれぞれの専攻種目にも繋げていきたいと思います。  明日は上海体育学院との学校交流に臨みます。他国の学生、またアスリートとの交流を通じてより多くのことを学ぶ機会になるように取り組んできたいと思います。

 
 
 
 

2日目は快晴の朝を迎えました。体調不良者もなく、全員で散歩や体操、朝練習行い、朝食の後は上海市内のフィールドワークに出発しました。事前に立てた計画に沿って素晴らしい経験となってくれることを期待します。 午後からは16:00までフィールドワークをした後に、豫園を拝観し、上海雑技団鑑賞に向かいます。

 
 
 
 

本日上海研修に出発しました。 41名全員、体調を崩すことなく万全の準備のもと出発することができました。 搭乗手続や入国審査などもスムーズに行って予定通りの時間に上海浦東国際空港に到着し、その後は陸上競技専攻、ウエイトリフティング専攻の5名は上海運動技術学院へ、その他の専攻種目の36名は上海ナショナルトレーニングセンターを訪問して実技体験及び見学を行いました。 施設の広さや充実した設備などといった環境面や練習の風景を目の当たりにして多くのことを学び、感じとることができたと思います。 夜は外灘の夜景鑑賞で素晴らしい時間をクラスで過ごすことができました。 明日は上海市内のフィールドワークを実施します。

 
 
 
 

本日7限目(15:40~16:30)に、明日から出発する上海研修旅行の結団式が行われました。

団長の橋長副校長先生より、「グローバルな視点を持って活躍する人材を育成すること」「積極的にコミュニケーションを図る態度を育成し、一人ひとりがあらゆる場面で主体的にトライしていくこと」といった目的についてお話をいただき、様々な経験ができる期待を胸に最終確認を行いました。

学校交流やフィールドワーク、他国での生活を通してさらに大きく成長できるよう、研修旅行に臨みたいと思います!

 
 
 
 

12月5日(水)

健康運動指導士の吉田麻衣子先生、産業医・学校医の西澤明彦先生を講師としてお迎えし、本校教職員を対象とした健康管理研修会を行いました。

吉田先生の講習では、肩こり改善などに効果のある「簡単なストレッチ運動」の方法を、実践を交えてご指導いただき、西澤先生による「生活習慣について」の講義では生活習慣病対策として、食生活や運動についてご助言をいただきました。

多くの教職員が参加し充実した研修会となりました。

 
 
 
 

6月7日(木)

1年生普通科理数人文コース及びグローバル科の生徒が、文理選択に向けて進路講演会に臨みました。ベネッセコーポレーションの青木陵様から「後悔しない文理選択に向けて~将来のことをじっくり考えよう~」という演題で講演をしてもらいました。生徒たちは、急激な変化に直面している現代社会においていかにして進路選択をしていくべきかについて考えました。文理選択は進路実現に向けてのファーストステップです。しっかりと自分で考え・調べ、そして保護者や教員と相談して文理選択をしていってほしいと思います。

 
 
 
 

4月13日(金)の3・4限に1年生一泊研修の事前指導を行いました。

学年部長を始め、各先生方から研修に関する注意事項などを聴き、その後、集団行動の練習を行いました。

集団行動練習では最初、戸惑う姿も見られましたが、何度も繰り返していくうちに段々とスムーズに集団行動がとれるようになりました。

1年生一泊研修は4月16日(月)・17日(火)に「大阪府立少年自然の家」で行われます。

 
 
 
 

4月10日(火)春うららかな気候の中、第35回入学式が挙行されました。

普通科240名とグローバル科80名、計320名の新入生の入学が許可され、鳥羽高校生としての第一歩を踏み出しました。

校長先生の式辞では「人間性・先駆者精神・克己を身につけ、鳥羽高校生らしく大きく成長していってほしい」とのメッセージが送られ、新入生代表からは「失敗を恐れず自分を信じて何事にも挑戦していきたい」と、力強い決意とともに歓びの言葉を述べる姿が見られました。

新入生の皆さん、これから新しい環境でさまざまな喜びや不安を経験することと思います。そのような中でも、ともに助け合い、力強く歩んでいきましょう。

 
 
 
 

3月20日(火)

 本日、第3学期の終業式を行いました。校長先生より次のようなお話がありました。

 「1年を通しての成長はありましたか。多くのことを学んだと思いますが、さらに大切なことは今の自分の課題に向き合って試行錯誤、葛藤をくり返しながら成長することです。基本的な『自律』はできていると思いますが、学力・競技力・技術・人間としての総合的な力を伸ばし、将来・進路のためにさらに成長してください。アメリカの経営コンサルタントであるスティーブン・コヴィー氏は、『日常生活において比較的小さな変化を望んでいるのであれば、行動・態度を変える。著しい変化を求めるのであれば、考え方・物の見方を変えるべきである。』と述べています。そのためには、様々な年齢の方々と話すべきでしょう。1年間支えてくださった多くの方々への感謝の気持ちを忘れずに、4月に向けた準備を進めてください。」

 

 その後、表彰式を行いました。表彰者・クラブは下のとおりです。

 ~家族を歌う~河野裕子短歌賞 入賞 岩佐亮汰・伊藤ほのか・松並愛花

 グローバル思考力コンテスト 金賞 2年3組 赤澤・北野・鈴木・吉田

               銀賞 2年7組 石橋・谷口・藤田・森西

               銅賞 1年2組 橋本・前田・松本・渡邉

 バスケットボール部男子 京都府新人大会兼近畿新人大会京都府予選 第3位

 ウエイトリフティング部 近畿高等学校選抜大会 3位3名 2位2名 1位1名

             全日本ジュニア選手権大会 1位 橋本菫

 

 表彰式後、3月24日からの全国高校選抜大会に出場するウエイトリフティング部の7名に向けて壮行会が行われました。最後に生徒会より、使い捨てコンタクトレンズケース回収する「ecoプロジェクト」の協力のお礼と、日頃の様々なことに感謝の気持ちを述べる「ありがとうプロジェクト」の開始についてのアナウンスがありました。

 

 第3学期の終業式は、1年の終了式でもあります。新たな学年で素晴らしいスタートが切れるよう、春休みから学習に部活に奮闘しましょう!

 

 

 
 
 
 

4月はスタートの季節。入学式や一泊研修、遠足や新入生歓迎会が行われます。

 
 
 
 

5月には第1回定期考査が実施されます。前期の生徒総会や葵祭の見学、春の歌会も行われます。

 
 
 
 

6月はインターハイ予選が大詰め。3年間の部活動の集大成です。第1回目の鳥羽高校説明会や公立高校合同説明会が行われるのもこの時期です。

 
 
 
 

7月には第2回定期考査、スポーツ総合専攻1年生の遠泳・ボードセーリング実習があります。夏休みに入ると進学補習もおこなわれます。

 
 
 
 

8月は夏休み。インターハイなどに出場するクラブも出てきます。夏休み中には部活動体験会が催されます。夏休みがあけるとれんが祭に向けて準備が始まります。

 
 
 
 

9月には校内水泳大会、れんが祭といった学校行事が行われます。また第2回学校説明会(学校公開)も行われます。

 
 
 
 
 
b_botan