鳥羽の特徴
スポーツ

Sports
 

4月17日(火)、京都市日野野外活動施設において野外活動実習を行ってきました。この実習では事前に計画した役割に従って、献立を決めて買い出しを行い、薪割りから火起こし、調理までを実践しました。

各班ともに、協力して非常にスムーズに作業を行い、カレーライス、ハヤシライス、焼きそば、牛丼、お鍋などを作成して美味しく食べることができました。

片付けの後、午後から日野岳の頂上を目指して登山に臨みました。夕方からの雨予報のため、一定の時間で引き返しましたが、自然に親しみ、危険を未然に防いだり、安全に行動する手段方法について考えたりする力を身につけることができました。

 
 
 
 

4月17日、明治スポーツプラザ 浪速アイススケート場においてスケート実習を行いました。この実習では、スケートの技能を向上させるとともに、バランス感覚などを磨き、各専攻種目に生かすことができるように全員が講義で知識を養い、実技講習で技能の習得に臨みました。最初は慣れない様子でしたが、終盤にはスピードを上げたり、回転をするなど上達した姿を見せていました。

 
 
 
 

本校のスポーツ総合専攻コースが実施している体育系ならではの実習を紹介します!!

 
 

4月に行なわれるスポーツ総合専攻2・3年生の実習です。

2年生は野外活動実習を行ないます。飯ごう炊爨です。クラスを6つの班に分け、それぞれが自分たちで考えてきたメニューを作ります。火の起こし方など野外活動に必要な知識を学ぶ実習です。自分たちの作った料理を食べた後は登山を行ないます。登りきるととても見晴らしのよい景色が広がります。普段体験することのない活動に自然と笑顔がこぼれます。

3年生はスケート実習を行ないます。インストラクターの方から諸注意を受けて、滑走をスタートさせます。スケート経験がない生徒が多く、多くの生徒が氷上を歩くところから始まります。生徒の滑りには差があるものの、みんなで励まし合いながら少しずつ成長していきます。今年度は初心者グループと経験者グループに分けられましたが、初心者グループの上達の速さのおかげで午前中の途中からは全員で自由滑走が許可されるほどでした。同じ施設をスケート選手も利用され、その姿を見学する機会もあります。普段することがないスポーツを体験することができる実習です。

 
 
 
 

7月に行なわれるスポーツ総合専攻1年生の宿泊を伴う実習です。

遠泳実習は琵琶湖を2~3kmを2時間程度、隊列を組んで集団で泳ぐ実習です。この実習を成功させるために1ヶ月ほど本校のプールで練習を行なって挑みます。最初は5mも泳ぐことができなかった生徒が、トレーニングを積んで2時間を泳ぎきります。全員で泳ぎきったときの達成感はすばらしいものがあります。

ボードセーリング実習はインストラクターの指導のもとに実施されます。遠泳の後の午後と次の日を使って行ないます。風の流れを感じ、帆の向きを調整することで目指した進行方向へ進んでいきます。うまく風をつかむことができればどこまでも進んでいきます。体験学習とともに自然を感じることができる楽しい実習です。

 
 
 
 

10月に行なわれる京都府立の体育系クラス設置校の1年生が集まる宿泊研修です。国立若狭湾青少年自然の家でおこわれます。

研修内容はトレーニング講習とカッター訓練を行ないます。夜には全員が体育館に集まって、講演を聴き、各学校独自で取り組んでいることを実践発表する交歓会が行なわれます。本校ではこの交歓会の発表では体育の授業で取り組んでいる「集団行動」のさらに進化させたものを行ないます。毎年各校の実践発表の最後を務め、一糸乱れぬ集団での振舞いに各校からたくさんの感嘆の声と拍手をもらっています。宿泊は他校の同じ専攻種目の生徒と一緒。お互いの学校の情報を交換し、刺激を受けあいます。

 
 
 
 

11月から12月にかけて行なうスポーツ総合専攻3年生が行なう実習です。

まず学校でグリップや打ち方の基本を学び、その後ゴルフ練習場で実際にボールを打っていきます。最終日には京都ゴルフクラブ舟山コースを9ホール分回ります。ゴルフが初めての生徒ばかりで、最初は空振りばかり、まっすぐボールが飛ばなかった生徒も最終日には何とかコースを回れるほどに。コースを回るのももちろん初めて。自然を感じながらの体験です。

 
 
 
 

スポーツ総合専攻2年生が行う研修旅行です。

訪問先は上海。上海体育学院等で実習や文化交流を実施します。また上海市内のフィールドワークを行い、グローバルな視点を身につけます。

 
 

スポーツ総合専攻1年生が行なう検定を伴う実習です。

長野県の戸隠スキー場で3泊4日で行なわれます。初日の昼からインストラクターの指導の下、講習がスタート。男女を分けず、技能ごとに班編成された4班で技能を高めていきます。4日目の午前中にスキー技能検定を受け、多くの生徒が3級を合格して帰ってきます。中には2級に合格する生徒もおり、だいぶ上達することができます。クラスの交流も深まり、とても楽しい実習です。

 
 
 
 

スポーツ総合専攻の3年生が行なう課題研究です。1月に行なわれます。

卒業を控え、3年間のスポーツ活動を通して疑問に思ったことに対して、実験や論文調査などを通してデータを収集し、そこから疑問に対して結論を導き出し、それを発表します。発表会では1~3年のスポーツ総合専攻の生徒が一同に会し、パワーポイントを使った発表を行ないます。スポーツにおいて伸びる伸びないは「なぜ?」と疑問に思い、それを試行錯誤し、追及していくことができるかどうかです。その実践の最終段階がこの研究論文発表会となります。

なお、この発表会で優秀論文に選ばれると、2月に行なわれる府内の体育系設置校の論文発表会に代表論文として発表することになります。

 
 
 
 
 
b_botan