Loading…
 
2019/03/20
 
 

 平成30年度修了式を3月20日(水)に本校体育館で実施しました。校長先生と進路指導部長、生徒指導部長のお話がありました。最後に部活動等で優秀な成績をおさめた生徒に対する表彰式がありました。

 校長先生の式辞の要約を掲載します。

 

 平成30年度の修了式がやってきました。皆さんにとってどんな1年でしたか。皆さんには、入学式、始業式、終業式などで目標を達成するために、どのような心構えで、どのような姿勢で臨んでいけばよいのか、様々な視点から話をしてきました。

 今日はもう一つ話をしたいことがあります。これまで、皆さんは様々な成功や、挫折を経験しました。人はそういった経験を通して、成長していくと言われます。ただ、何度挑戦しても、努力しても、うまくいかない時、落ち込んで前に進めなくなる時があります。その時は、ぜひ、次の話を思い出して下さい。

「七転八倒」

 「七転び八起き」ではありません。「七転八倒」。転びっぱなし、倒れっぱなしという意味。つまり失敗の連続、あまり座右の銘としてはピントこない言葉です。しかしこの後にこう続きます。

「つまづいたり、ころんだりするほうが 自然 なんだなあ にんげんだもの」(相田みつを)

 人間は努力をしている限り、いつでも完成、完全を求めます。でも実際はなかなかうまくいかなくて、つまづいたり、転んだりして諦めてしまい、動けなくなる。

 でも、そもそもつまづいたり、転んだりするのが当たり前。努力している限り、それが人間として自然なことだと。実はその度に、一つ一つ成長しているんだと。だから、失敗したとき、うまくいかなかったとき、まずは、具体的に動いている自分を大いにほめてください。

 こんな詩もあります。

「ともかく具体的に動いてごらん 具体的に動けば具体的な答えがでるから」「歩くから道になる 歩かなければ草が生える」

 ぜひ、その時の状況を素直に受け入れ、そして具体的な一歩につなげていってください。皆さんのこれからの具体的な動きを大いに期待しています。

 
 
2019/03/16
グアム研修旅行終了! 21時45分、無事京都駅に到着しました。 全員元気に全日程を終えることができ、大変充実した、そして楽しい研修旅行となりました。 参加できたことへの感謝の気持ちを胸に、今回の貴重な体験を今後の活動に活かしてもらいたいと思います。 大満足、大成功の研修旅行でした!!
 
 
2019/03/16
 
 
 グアム研修旅行も最終日。今日は観光と歴史学習です。
 はじめに訪れたのは「恋人岬」グアムで最も有名な景勝地で、展望台からの眺めは絶景でした。
 次に「太平洋戦争国立歴史博物館」を訪れました。グアム島における太平洋戦争についての映画と資料を見て、改めて戦争の恐ろしさと平和の尊さを学びました。
 そして最後は「フィッシュアイマリンパーク」です。目の前には美しい海がどこまでも広がっています。水中展望台からはかわいい熱帯魚が泳ぎまわる様子を見ることができました。
 この後、帰国の途につきます。到着時刻は、今のところ予定通り京都駅21:30頃となっています。
 
 
2019/03/15
 
 
 JAPAN FESTIVALの後、3日目の午後は班別自主研修です。タモン地区を中心に、公共バスや徒歩で散策しました。お土産を買ったり、夕食をとったりと、グアムの街並を楽しみました。
 その後、一旦宿舎に戻り、今度は星空観察です。すこし雲は多かったものの、美しい星空を見ることができ、また、天体望遠鏡での観察もできました。ホテルに戻ってからは、帰国に向けての荷造りです。
 
 
2019/03/15
 
 
 午前は研修のメインイベント"JAPAN FESTIVAL"の開催です。
 マイクロネシアモールのセンターコートで日本文化の発信をテーマにステージ発表と各ブースでの日本文化の紹介を行いました。
 ステージ発表では司会班の進行のもと、ダンスや昔話、マリオの寸劇、コントやクイズなど司会を含め8班が練習の成果を披露しました。
 各ブースでは折り紙、けん玉、輪投げ、福笑いなど、日本の伝統的な遊びを紹介。小さなお子さんから年配の方まで、多くの方々に楽しんでいただき大盛況でした!呼び込みから現地の方へのレクチャーまで英語でのコミュニケーションを積極的に行い、大変充実した機会となりました。
 
 
2019/03/14
 
 
 2日目午後はお楽しみのマリン体験です!
 午後から快晴となり、エメラルドグリーンの海が視界に広がっています。
 降り注ぐ太陽の光と爽やかな潮風を全身に浴びながら、パラセーリングやバナナボートを体験したり、カヤックやゴムボートに乗ったり、波打ち際で遊んだりとグアムの海を満喫しました。
 
 
2019/03/14
 
 
 少し曇り空ですが、南国の空気を感じながら、みんな元気にグアム研修2日目に向かいました。
 午前中はグアム大学訪問です。班別にキャンパス内を案内してもらった後、体育館でフラを教えてもらい全員でダンス。体を大きく動かして、楽しそうに踊っていました。
 次は班別のブースで、けん玉、折り紙、福笑いなど、日本の伝統的な遊びを紹介しました。各ブースとも大変盛り上がり、大学生のみなさんと英語での交流を楽しみました。
 
 
2019/03/13
 
 
 予定より少し遅れて無事グアムに到着しました。
 空港から出たとたんに30℃の真夏です。さっそく夕食の食材を「ペイレススーパーマーケット」で買い出しました。
 いよいよグアム研修の始まりです。
 
 
2019/03/08

 卒業生の皆さん、卒業おめでとうございます。

高校とは人生の中で最もわくわくする時、場所であります。将来を、生き抜くための知識を育み、大きな夢や人生をともに語り合う友との新たな出会い、夢ある世界です。皆さんにとって、この桃山高校での高校生活は、どんな世界だったのでしょうか。
入学式の式辞の中で、皆さんに3つの力をつけてほしい、と話をしたことを覚えているでしょうか。

 

一つ目は、高い志、夢と希望を持って、自分の未来を展望する力

二つ目は、自然や歴史、あらゆる人・ものを敬い、愛する心を持って、それらとつながる力

三つ目は、自らの目標を実現し、自らの未来を切り拓いていくため、失敗を恐れず、挑戦し続ける力

 

 皆さんは、ワンランク上の文武両道を実現すべく、その両立に苦しみながらも、日夜勉学・練習に励みました。「自主自律」の校是のもと、文化祭や体育祭、SSHの取組など、いくつもの学校行事に、全力で取り組んで着実に、3つの力を伸ばしてきました。

そして同時に、それら一つ一つの活動を乗り越えてきたことにより、たくましい心と、エネルギーにあふれた人間力を、身に付けてきたことと思います。そこで発揮した皆さんの力と汗は、これからの人生に、必ず生かされるものと確信しています。

 

 平成という元号も後2ヶ月です。新しい元号のもとで創り上げられていく、これからの社会は、私たちの予測をはるかに超えたスピードで、変化していくと言われています。しかし、このような時代だからこそ、未来の創り手となる皆さんには、その変化を前向きに受け止め、社会や人生、生活を、人間ならではの感性を働かせて、より豊かなものにしてほしいと願っています。桃山高校が大切にしてきた「知と感性のバランス」を備えた皆さんなら、それができると信じています。

 

 さて、皆さんには、この3年間、始業式や終業式、様々な行事で、話しをしてきました。

 「高い目標に向けて挑戦し続けていってほしい。」 
 「豊かな人間関係を作っていくためにも、挨拶ができるようになってほしい。」
 「誠実、慎重、そしてイノベーション。これが、新しいステージに上がるためのキーワード。」
 色々話しをしましたが、最後にはやはり、次の言葉を贈りたいと思います。
 卒業生の皆さん、皆さんにはぜひ、桃山高校の卒業生として、「矜持」を持って、これからの人生を、歩んでいってください。この桃山高校で送った3年間に、自信と誇りを持って、皆さんの夢の実現に向けて、歩んでいってください。

皆さんにはそれができます。誇り高き皆さんだからこそ、それができると信じています。

 

 それでは、卒業生の皆さんが、桃山高校の生徒であったことを誇りとし、それぞれの目標に向かって精進、努力され、やがて花を咲かせ、実を結ぶことをこころより念願しています。
 卒業生の皆さんの前途に、幸(さち)、多かれ!
  

平成三十一年三月一日

京都府立桃山高等学校  校長 畑 利 忠

 
 
2019/01/31
 
 

国語科の冬期課題として取り組んだ百人一首の学習を踏まえて、「百人一首カルタ大会」をクラス対抗の形式で実施しました。基本的に1グループはそれぞれのクラスから1名、合計9名で構成しました。学年の親睦を図る機会にもなりました。

 
 
 

桃山高等学校メニュー