Loading…
 
2019/07/22
 
 

 令和元年7月19日(金)本校体育館にて第1学期終業式を実施しました。校長式辞、進路指導部長、生徒指導部長からのお話がありました。最後に部活動で優秀な成績を収めた生徒の表彰がありました。

 校長先生は、生徒たちの学習面や生活面での1学期の頑張りを賞賛され、卒業生の合格体験記を引用し、苦しいときも隣にいる仲間と共に頑張ってほしいというお話をされました。また、来客への丁寧な対応や挨拶をする生徒が増えたことに感激されていました。そして最後に、京都府総体学校対抗において、男子第4位という素晴らしい結果が得られたことは、特定の部活動だけでなく日々の生活態度に至るまで、全ての桃高生が矜持を持って活動した成果だと話されました。

 
 
2019/07/12
 
 

7月12日(金)、文化パルク城陽で、2・3年生が劇団うりんこによる演劇「ダイアル ア ゴースト」を鑑賞し、楽しいひとときを過ごせたと思います。上演後、希望者による劇団員の方との交流会をもち、9月の文化祭に向けて、場面転換の方法、役者の個性の出し方、バスを追いかけるシーンの演出方法、役者の立つ位置について等、いろいろなアドバイスをいただきました。

 
 
2019/06/22
 
 

図書委員のディスプレー班が七夕飾りをしてくれました。

桃山高校の生徒の皆さん、図書館前にある笹に願いを書いた短冊をつるしに来て下さい。

 
 
2019/06/13
 
 

6月12日(水)12時35分より、京都府総合教育センターにて「性と生き方を考える講演会」を実施しました。講師は京都教育大学教職キャリア高度化センター次長兼教授の関口久志先生です。性に関する正しい科学的な知識を持つこと。性に対する考えや指向は人それぞれであり、それらを認め合うこと。パートナーに対して望むことは個人や性で差があることを理解すること。これらを通して、互いに思いやる関係性を築く大切さを様々な事例を交えながらお話していただきました。性に関する事柄は、個人の問題だけでなく、交際相手や集団を形成する周囲の人たちの生き方に直結する重要なことであることを考えるよい機会になりました。

 
 
2019/06/10
 
 

 5月31日(金)~6月2日(日)の3日間、西京極総合運動公園において、第72回京都府高等学校陸上競技対校選手権大会(京都インターハイ)が行われました。この大会では、各種目上位6位のみが、大阪で行われる第72回近畿高等学校陸上競技対校選手権大会(近畿インターハイ)に出場できます。

 市内ブロック予選を突破してきた京都府内の全選手が、西京極に集い、近畿大会出場をかけて激戦を繰り広げました。陸上競技は、全国インターハイまでの道のりが長く、京都IHを突破しても、全国の中でも熾烈を極める近畿IHにおいて、さらに6位以内に入賞しなければ、全国への切符を手にすることができません。厳しい道のりだからこそ、そこには己の限界を突破した、人の心を動かす熱い競技が生まれます。

 

 本校陸上競技部は、トラック・フィールドの各種目において「チーム桃山魂」で健闘し、見事2名が近畿大会出場を決めました!!

 主な結果を以下に報告させて頂きます。

 

 

 

近畿大会出場!

 男子5000m 第3位 村瀬 稜治(3年普通科)

 男子400mH 第5位 嶋 泰智(2年自然科学科)

 

 

 

<結果>

男子400mH

 第5位 嶋 泰智(2)

 準決勝進出 橋本 慶太(2)

 

男子800m

 準決勝進出 愚川 瑛晨(1)

 予選3組8着 川本 孔太(2) 

 

男子1500m

 決勝13位 三林 明弥(3)

 予選3組10着 川本 孔太(2)

 予選2組10着 森島 明翔(2) 

 

男子5000m

 第3位 村瀬 稜治(3)

 第19位 森島 明翔(2)

 

男子3000mSC

 決勝9位 藤原 晋伍(3)

 決勝10位 西村 宗真(2)

 予選2組1着 谷口 泰誠(3)

 

男子4×400mリレー

 準決勝進出 金澤貴輝(2)ー 岡村宗颯(3)ー 久次佑宜(1)ー 橋本慶太(2)

 

女子400m

 準決勝進出 亀村 茉央(2)

 

女子100mH

 準決勝進出 平郡 衣舞(3)

 

女子400mH

 準決勝進出 亀村 茉央(2) 

 予選3組5着 平郡 衣舞(3)

 

女子800m

 準決勝進出 小林 萌音(3)

 

女子1500m

 予選2組14着 川戸 愛裕(2)

 

女子3000m

 決勝29位 細見 瞳向(2)

 

女子七種競技

 9位 井上 来夏(3)

 

女子4×400mリレー

 準決勝進出 西澤花菜(3)ー 亀村茉央(2)ー 井上来夏(3)ー 小林萌音(3)

 

 

 多くのご声援ありがとうございました。ほっと息をつく間もなく、近畿IHは6月13日(木)~16日(日)の4日間、ヤンマーフィールド長居(大阪)において開催されます。短い調整期間ではありますが、多くの応援・サポートの中でここまで勝ち進み、試合に出場できることに感謝の気持ちを持ち、今できる最大限のパフォーマンスができるよう頑張りたいと思います。

今後とも、応援よろしくお願いします。

 
 
2019/06/04
 
 

 4月27日(土)・28日(日)に、エディオンスタジアム広島において第53回織田幹雄記念国際陸上競技大会が開催されました。この大会は「日本グランプリシリーズ」の一つに数えられ、日本人初のオリンピック金メダリストである、織田幹雄の栄光を称えるため1967年より開催されています。

 9秒98の日本記録をもつ桐生祥秀選手が、かつて高校3年生ながら10秒01(当時日本歴代2位・日本高校新記録・日本ジュニア新記録)を叩き出し、陸上競技界に大きな激震をもたらしたのも、この織田記念大会です。

 

 日本のトップ選手が集うこの大会に、本校陸上競技部からは、村瀬 稜治(3年)が西日本ジュニア男子5000mに出場しました。結果と大会レポートを以下に報告させて頂きます。

 

<結果>  

 西日本ジュニア男子5000m 村瀬 稜治 

 15分10秒07 第18位  

 

 天候晴れ、例年より気温が低く、風の強い中でレースが始まりました。I.H目標路線の中、出場できることに感謝の気持ちをもち、前半は先頭集団に食らいついて走ることができました。完全に調整しての試合ではなかったため、徐々に先頭からは離れましたが、最後まで何とか持ちこたえ、15分10秒07の記録、18位でフィニッシュしました。この経験を生かし、目標のI.Hに向けて頑張りたいと思います。

 
 
2019/05/30
 
 

 令和元年5月30日(木)、球技大会を実施しました。前々日の雨でグラウンドの状態が心配されていましたが、当日はとても気持ちのよい天気で、生徒たちは全力で取り組んでいました。

 1,2年生はバレーボールとバスケットボール、3年生はバレーボール、卓球、ソフトボールをしました。

 どの種目も点数が入ると大きな歓声が上がり、みんなで喜び、また、悔しがったり、クラスの親睦を深めていました。

 
 
2019/05/09
 
 
第3学年の今年の遠足は、天橋立にて、知恩寺、昇龍観・飛龍観をメインとした散策を予定しておりましたが、
当日の現地の天候により、神戸元町方面での実施になりました。
神戸は過ごしやすく、生徒達は、異人館・南京町・美術館などを自由に散策し、神戸を満喫しました。
 
 
2019/05/09
 
 
1年生普通科生徒は城陽市の「友愛の丘」でカレーライス作りを行いました。入学して間もない時期ではありましたが、各班協力して楽しく過ごしました。
食後はクラス対抗で大縄飛び大会をしました。最初はなかなか思うように飛ぶことができませんでしたが、最後には20回近く飛ぶことができたクラスもありました。短い時間でしたが大変盛り上がりました。
 
 
2019/04/25
 
 

4月24日(水)に全クラスで滋賀県高島市ガリバー青少年旅行村へ行き、バーベキューを実施しました。クラスの中でいくつかの班に分かれてメニューを考え、協力して食材を持参しました。メニューは、焼き肉、焼きそば、焼き鳥、チーズタッカルビ、チーズ/チョコフォンデュ、パンケーキなどバラエティーに富んでいました。雨が降っていましたが、みんな楽しそうで、新クラス内でのつながりも強くなったようです。

 
 
 

桃山高等学校メニュー