Loading…
 
 
2018/01/16
 
 

1月8日、久御山町立総合体育館で開催された第41回公立高等学校卓球大会に出場しました。個人の部女子シングルスで高木莉紗が優勝、服部聖来が第3位。大健闘しました。

 
 
2018/01/09
 
 

12月23日埼玉県加須市で全国高等学校選抜クライミング大会が実施されました。

桃山高校山岳部から女子部員が1名出場しました。予選2本の結果で、翌日の準決勝進出が決まります。結果は全体の29位で、準決勝進出の26位までに届きませんでした。

本年度の山岳部の公式戦は終了となりました。次年度も頑張っていきたいと思っています。応援をよろしくお願いします。

 
 
2018/01/09
 
 

 12月25日、和歌山ビッグホエールで開催された第32回近畿高等学校新人卓球大会に出場しました。男子団体は健闘しましたが1回戦で敗退。女子団体は3回戦まで進み、ベスト16に入りました。また、女子ダブルス髙木・服部組も大健闘し、ベスト16に入りました。

 
 
2018/01/07
 

昨年末の「クリスマスコンサートと天体観望会2017」の開催中止に関しましては、楽しみにしていただいた地域、保護者の皆様に改めてお詫び申し上げます。

吹奏楽部では日頃から活動を応援していただいている方々への感謝の気持ちを込め、ささやかながら「にゅーいやーこんさーと2018」を開催することとしました。「クリスマスコンサート」で予定していたプログラムを演奏しますので、ぜひ本校へ足をお運びください。多数のご来場をお待ちしています。


桃山高校吹奏楽部 「にゅーいやーこんさーと」

日時:平成30年1月13日(土) 16時開演  場所:桃山高校・武道場 

 
 
2017/12/25
 
 

12月24日(日)

第50回京都府アンサンブルコンテスト 高等学校の部が八幡市文化センターで開催されました。

本校からは、2年生を中心とする金管八重奏のメンバーが出場しました。結果は銀賞をいただきました。大変難しい曲でしたが精一杯演奏できたと思います。

また、アンサンブルコンテストに続き、KYOTO中学・高校生ソロコンテスト2017が開催され、本校から出場したオーボエの佐々木香奈(2年)が、高校生の部で金賞を受賞するとともに、出場者16名の中から最優秀賞を受賞しました。【演奏曲:協奏曲ニ短調より第一楽章(マルチェルロ作曲)】

今後、この経験を生かして活動に励んでいこうと思います。

以下、審査員の先生方の講評を紹介します。


京都府立桃山高等学校 金管八重奏 「テルプシコーレ舞曲集」 プレトリウス作曲

A先生

各奏者の技術が安定した好演です。打楽器バランス、管楽器のベルの方向などさらに研究を重ねてください。サウンドが曇りがちなのが残念でした。

B先生

もう少し音程がそろうとはっきりしたサウンドになると感じました。明確なイントネーションでクリアな演奏を目指しましょう。

C先生

それぞれがフォルテになりすぎてバランスに問題があります。弱奏部はていねいで良いのですが強奏部でもお互いをよく聞いてバランスをとってください。

トランペットは美しい音色で素晴らしかったです。また、全体の曲想もよかったです。

D先生

とてもよく楽器を鳴らせていました。バランス作りに注意してください。メロディーラインがもう少し浮き立つようにしてください。

また、ハーモニーが濁ってしまわないようにしましょう。

E先生

主旋律の音程、内外声の和音調整が不十分だと感じました。バランス、ブレンド感、ニュアンスの統一にも配慮が必要です。個々の奏者の力量が高いだけに惜しく感じました。

 
 
2017/11/28
 
 

11月23日の月例登山は比良山系でした。

イン谷口から金糞峠に登り、稜線を歩いて、打見山へと向かいます。紅葉は終わっていて、しかも、週末の雪が残っていて、北風も吹いていました。初冬を思わせる天気です。それでも、時折、琵琶湖を一望するポイントがあり、雄大な景色を堪能することができました。

のんびりまったりと昼食を作り食べていたため、時間がなくなったのですが、それでも、琵琶湖バレー付近の残雪で遊んでしまい、さらに時間がなくなり、ゴンドラで下山することになりました。

 
 
2017/11/27
 
 

11月23日に行われた 第41回公立高等学校卓球大会(団体の部)において

女子団体 優勝

男子団体 準優勝

という戦績を収めました。接戦で緊迫した場面もありましたが、応援も含め、チーム一丸となって勝ち取った結果です。

 
 
2017/11/20

11月19日(日)大阪府能勢町特設コース(42.195km)にて、第68回男子近畿高等学校駅伝競走大会が行われました。近畿の各地区を突破してきた41チームの強豪校の中で、本校陸上競技部も奮闘しました。走者・結果は以下の通りです。

  

1区:村瀬 稜治(1年)

2区:岩田 潤平(1年)

3区:笹田 幹弥(2年)

4区:梶村 恵矢(3年)

5区:三林 明弥(1年)

6区:植田 大貴(1年)

7区:藤原 晋伍(1年)

  

記録:2時間18分25秒(第24位/41チーム)

  

1区の村瀬(1年生)で好発進したものの、京都府高校駅伝とはまた違う、ハイレベルなレースの流れに乗るのは難しく、目標には残念ながら及びませんでした。しかし、全国の中でも熾烈を極める近畿大会で、トップレベルの高校生と同じ土俵で競技できたことは、チームとして大変貴重な経験となりました。

近畿大会の様子を、一部ご紹介いたします。

 

42.195kmを襷でつないだランナー、サポートメンバーたち。

H29kinkiekiden1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都府高校駅伝と同じく、1区を任されたのは村瀬(1年)!

先日、国公立大会で見事5000m優勝を果たした選手。

H29kinkiekiden2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4区は3年生、梶村恵矢。

3年分の想いをのせた最後の駅伝です。

 H29kinkiekiden6.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンカー7区は藤原晋伍(1年)。最後の力を振り絞り、ゴールへと向かいます。

沿道でかけて下さった数多くの応援に感謝です。

H29kinkiekiden4.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

坂倉先生(監督)、大阪まで応援に駆け付けたチーム桃山のメンバー。

H29kinkekiden5.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年のメンバーは、7人中6人が1、2年生とまだまだ若いチーム。必ずこの経験をものにして、来年度再びこの近畿の舞台で勝負してくれることを期待します。これから突入する冬期トレーニングでは練習のレベルを上げて、来年度は近畿出場チームに食らいついていきたいと思います。応援、ご声援ありがとうございました。

 
 
2017/11/17
 
 

11月12日(日) 

 京都府アンサンブルコンテストに出場するチームの選考会を行いました。各楽器別に小編成のメンバーで演奏するアンサンブルは、大人数での合奏よりもさらに緻密な音楽作りや、繊細な表現の統一が求められる演奏形態です。今年は5つのチームが12月の本選会に向けて練習の成果を披露しました。

 今年はどのチームもそれぞれの楽器の特徴を生かした立派な演奏ができました。最後には部員相互の投票により1、2年生8名による金管八重奏のメンバーを本校代表として選びました。本選会では桃山高校吹奏楽部の代表としてがんばってほしいと思います。


桃山高校 アンサンブル選考会 

1 打楽器七重奏 「ときのしずく」 (福田洋介)

2 クラリネット八重奏 「パーテル・ノステル」 (八木澤教司)

3 金管八重奏 「テルプシコーレ舞曲集 」(プレトリウス)・・・・・本校代表

4 フルート四重奏 「アルカディ」 (ベルトミュー)

5 サクソフォン五重奏 「ねがい」 (石毛里佳)

 
 
2017/11/16

11月12日(日)、山城総合運動公園において、第12回京都府国立・公立高等学校陸上競技対校選手権大会が行われました。この大会は、京都府内の国立・公立の高等学校が集まり、学校対抗で競技を行います。本校陸上競技部では、村瀬稜治が1年生ながら男子5000mで優勝、2年生の笹田幹弥が3位に入賞しました。

結果・記録は以下の通りです。

  

男子5000m

優勝 村瀬稜治(1年普通科) 15分15秒12

3位  笹田幹弥(2年自然科学科) 15分31秒31

  

11月19日(日)に行われます近畿高等学校駅伝競走大会に向けて、はずみとなる大会・結果となりました。なお、長距離はまだ試合が続きますが、短距離・跳躍は今大会でトラックシーズン終了です。これからは、いよいよ冬季練習を本格的に取り組んでいくことになります。来シーズンに向けて、冬の間に「大化け」を目指します。「冬を制する者は、夏を制す」。チーム桃山魂で頑張ります。

  

今後とも応援よろしくお願いいたします。

入賞を果たした2選手。左が村瀬(1年)、右が笹田(2年)

 
 
 

桃山高等学校メニュー