Loading…
 
2021/01/11

● 文部科学省スーパーサイエンスハイスクールのホームページ

 https://www.mext.go.jp/a_menu/jinzai/gakkou/1309941.htm

 

● 京都府立桃山高等学校の実践事例

 https://www.mext.go.jp/content/20201228-mxt_kyoiku02-100000331_2.pdf

 

 

〇 実践事例の掲載内容

SSH1.jpg

SSH2.jpg

SSH3.jpg

 
 
2020/04/02

(1)研究開発課題名

次世代社会を創造し牽引するグローバルサイエンス人材の育成

 

(2)研究開発の目的・目標

 <目的>

 探究型学習、人材育成プログラム、科学部の取組を通して、次世代社会を創造し牽引するグローバルサイエンス人材を育成することを目的とする。

 世界では、人、物、情報が国境を越えて行き交うグローバル化が急激に進み、様々な分野において世界を巻き込んだ競争が激化している。また、日本でもAIやロボティクス、ビッグデータ、IoTといった情報や技術の急速な発展に伴い、Society5.0と言われる超スマート社会が到来する。このようなグローバル化とサイエンスの発展が進んだ次世代社会において、国際的に活躍し得る科学技術人材(グローバルサイエンス人材)の育成が急務である。次世代のグローバルサイエンス人材には以下の資質・能力「5C」が必要だと考える。

 ① Critical thinking and problem solving(批判的思考力と問題解決)

 ② Creativity and innovation(創造力と革新)

 ③ Collaboration(協働力)

 ④ Communication(コミュニケーション力)

 ⑤ Challenge(挑戦力)

 上記の資質・能力「5C」は、アメリカ合衆国教育省や米アップル、米マイクロソフトなど20以上の組織や教育専門家(Partnership for 21st Century Skills (P21))(2002)によって「21世紀型スキル」として提唱されている「4C」に、桃山高校独自で困難や対立を克服する力「挑戦力」を追加したものである。これらの「5C」は、OECDのEducation2030(2019)で述べられている、これからの時代に求められる3つのコンピテンシーにも以下のように対応している。

 ① 新たな価値を創造する力  = 創造力と革新 + 協働力 + 挑戦力

 ② 対立やジレンマを克服する力= 批判的思考力と問題解決 + コミュニケーション力

 ③ 責任ある行動をとる力   = 批判的思考力と問題解決 + 協働力

 桃山高校のSSHでは探究型学習、人材育成プログラム、科学部の取組を通して生徒の資質・能力「5C」を育成する。「5C」の資質・能力は新たな価値の創造や社会的課題の解決に必須であり、これらの力を身に付けたグローバルサイエンス人材が次世代社会を創造し牽引し得ることを期待している。

 SSH3期概要.jpg

 <目標>

 目的の達成に向けて以下の目標【1】【2】【3】を設定する。なお、各目標は独立したものではなく相互に関連しながら相乗効果を発揮するものと考える。

【1】探究型融合教科「グローバルサイエンス」の深化に向けた指導評価方法と連動型カリキュラムの開発

 第1期、第2期では探究力を「自分の考えや心理を論理的に追及する能力」と定義し、探究力を育成するための探究型融合教科「グローバルサイエンス」(以下GS)を開発した。その結果、教科GSにおける探究の過程を通して、批判的思考力や協働力、コミュニケーション力等の資質・能力「5C」の向上に一定の成果が見られた。第3期では教科GSの指導評価方法と連動型カリキュラムを開発することで教科GSをさらに深化させ、より効果的で確実な資質・能力「5C」の育成を目指す。

 指導評価方法の開発では、これまで主に課題研究で実施していたパフォーマンス課題とパフォーマンス評価を教科GSの科目(以下GS科目)全てで実施し、学力の三要素の観点から探究的な学びを深化させる。連動型カリキュラムの開発では、各GS科目の内容を課題研究に係る科目「GS探究Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ」と連動させたカリキュラムを開発し、3年間を通した体系的な探究型学習を確立させる。

(1)GS深化.jpg

     

・    

【2】グローバル、サイエンス、キャリアの視点からグローバルサイエンス人材を育てるGS人材育成プログラムの開発

 グローバルサイエンス人材を育てるためには、グローバルとサイエンスの視点に加えて、キャリア形成の視点から人材を育成することが重要である。第3期ではこれまでの取組の充実を図るとともに、授業の中で自身のキャリアについて考える「キャリア探究」や、大学教員や社会人、大学生等からキャリアを聴く講演会や交流会、京都の企業や大学での実習を行う等、キャリア形成の取組を実施する。グローバル、サイエンス、キャリアの取組を授業と連携しながら3年間体系的に実施することでグローバルサイエンス人材に必要な資質・能力「5C」を育成する。

(2)GS人材育成プログラム.jpg

    

・    

【3】国際的に活躍し得る科学技術系トップレベル人材を育てる科学部の発展と充実

 次世代社会を創造し牽引するトップレベル人材を育成するためには、カリキュラム開発や人材育成プログラムの実施等、全校生徒が共通して行う取組だけではなく、これらの取組の枠を超えて新しいことに柔軟な発想で継続的に取り組むことが重要である。桃山高校ではこれらの取組を行う場として、グローバルサイエンス部(科学部)による活発な研究活動を行っている。第3期ではグローバルサイエンス部の活動をより発展させ、研究活動の場を海外に広げるGS海外研修や、科学オリンピック・科学の甲子園等での活躍を目標にした新たな桃山サイエンスゼミを実施する。

(3)GS部.jpg

 
 
2020/04/01
 
 

  桃山高校は文部科学省から令和2年度スーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受けました。

 第1~2期に続く、第3期(令和2年度~令和6年度)5年間の指定です。

 4月から桃山高校のSSH事業は11年目に入ります。

 今後もますます充実する桃山高校SSHにご期待ください。

 
 
2015/03/31
 
 

京都府立桃山高等学校は、平成27年3月31日付けにて、スーパーサイエンスハイスクール2期目の指定決定が発表されました。平成27年度より平成31年度までの5年間の再指定を受け、新テーマ「探究力と創造力を備えた挑戦心あふれるグローバル人材の育成」を目指した魅力あふれる教育活動を全校生徒を対象に実施していきます。

 
 
 

桃山高等学校メニュー