Loading…
 
2019/06/10
 
 

 5月31日(金)~6月2日(日)の3日間、西京極総合運動公園において、第72回京都府高等学校陸上競技対校選手権大会(京都インターハイ)が行われました。この大会では、各種目上位6位のみが、大阪で行われる第72回近畿高等学校陸上競技対校選手権大会(近畿インターハイ)に出場できます。

 市内ブロック予選を突破してきた京都府内の全選手が、西京極に集い、近畿大会出場をかけて激戦を繰り広げました。陸上競技は、全国インターハイまでの道のりが長く、京都IHを突破しても、全国の中でも熾烈を極める近畿IHにおいて、さらに6位以内に入賞しなければ、全国への切符を手にすることができません。厳しい道のりだからこそ、そこには己の限界を突破した、人の心を動かす熱い競技が生まれます。

 

 本校陸上競技部は、トラック・フィールドの各種目において「チーム桃山魂」で健闘し、見事2名が近畿大会出場を決めました!!

 主な結果を以下に報告させて頂きます。

 

 

 

近畿大会出場!

 男子5000m 第3位 村瀬 稜治(3年普通科)

 男子400mH 第5位 嶋 泰智(2年自然科学科)

 

 

 

<結果>

男子400mH

 第5位 嶋 泰智(2)

 準決勝進出 橋本 慶太(2)

 

男子800m

 準決勝進出 愚川 瑛晨(1)

 予選3組8着 川本 孔太(2) 

 

男子1500m

 決勝13位 三林 明弥(3)

 予選3組10着 川本 孔太(2)

 予選2組10着 森島 明翔(2) 

 

男子5000m

 第3位 村瀬 稜治(3)

 第19位 森島 明翔(2)

 

男子3000mSC

 決勝9位 藤原 晋伍(3)

 決勝10位 西村 宗真(2)

 予選2組1着 谷口 泰誠(3)

 

男子4×400mリレー

 準決勝進出 金澤貴輝(2)ー 岡村宗颯(3)ー 久次佑宜(1)ー 橋本慶太(2)

 

女子400m

 準決勝進出 亀村 茉央(2)

 

女子100mH

 準決勝進出 平郡 衣舞(3)

 

女子400mH

 準決勝進出 亀村 茉央(2) 

 予選3組5着 平郡 衣舞(3)

 

女子800m

 準決勝進出 小林 萌音(3)

 

女子1500m

 予選2組14着 川戸 愛裕(2)

 

女子3000m

 決勝29位 細見 瞳向(2)

 

女子七種競技

 9位 井上 来夏(3)

 

女子4×400mリレー

 準決勝進出 西澤花菜(3)ー 亀村茉央(2)ー 井上来夏(3)ー 小林萌音(3)

 

 

 多くのご声援ありがとうございました。ほっと息をつく間もなく、近畿IHは6月13日(木)~16日(日)の4日間、ヤンマーフィールド長居(大阪)において開催されます。短い調整期間ではありますが、多くの応援・サポートの中でここまで勝ち進み、試合に出場できることに感謝の気持ちを持ち、今できる最大限のパフォーマンスができるよう頑張りたいと思います。

今後とも、応援よろしくお願いします。

 
 
2019/06/04
 
 

 4月27日(土)・28日(日)に、エディオンスタジアム広島において第53回織田幹雄記念国際陸上競技大会が開催されました。この大会は「日本グランプリシリーズ」の一つに数えられ、日本人初のオリンピック金メダリストである、織田幹雄の栄光を称えるため1967年より開催されています。

 9秒98の日本記録をもつ桐生祥秀選手が、かつて高校3年生ながら10秒01(当時日本歴代2位・日本高校新記録・日本ジュニア新記録)を叩き出し、陸上競技界に大きな激震をもたらしたのも、この織田記念大会です。

 

 日本のトップ選手が集うこの大会に、本校陸上競技部からは、村瀬 稜治(3年)が西日本ジュニア男子5000mに出場しました。結果と大会レポートを以下に報告させて頂きます。

 

<結果>  

 西日本ジュニア男子5000m 村瀬 稜治 

 15分10秒07 第18位  

 

 天候晴れ、例年より気温が低く、風の強い中でレースが始まりました。I.H目標路線の中、出場できることに感謝の気持ちをもち、前半は先頭集団に食らいついて走ることができました。完全に調整しての試合ではなかったため、徐々に先頭からは離れましたが、最後まで何とか持ちこたえ、15分10秒07の記録、18位でフィニッシュしました。この経験を生かし、目標のI.Hに向けて頑張りたいと思います。

 
 
 
 

桃山高等学校メニュー