Loading…
 

桃山高等学校 部活動について

部活動は、教育活動の一環として学校の適切な指導の下に生徒が自発的に行うものです。桃山高校では、共通の興味や関心を追求し、学校生活をより充実させ、豊かにすることを目的として、以下の部活動を設置しています。

 
2019/03/25
 
 

愛鷹山登頂後、芦ノ湖キャンプ村に向かいました。ケビンでの宿泊です。とても快適でした。いつものカレーをつくり、夜は大富豪大会などで盛り上がっていました。

翌日は乙女峠から金時山に向かいました。昨日とかわって青空でした。富士山、昨日登った愛鷹山、さらには太平洋も見えました。山頂での30分休憩などは一瞬で終わってしまいました。景色に目をとられ、相撲をとる暇も、まさかりをかつぐ暇もありませんでした。もう降りるんですか?何人もの部員が訴えてきたほどです。

一緒にカレーを作ったり、トランプ大会をしたり、最高の景色を楽しんだりといろいろ楽しいことを経験できます。興味をもった新入生の入部を桃山高校山岳部は待っています。

 
 
2019/03/25
 
 

桃山高校山岳部は京都府高体連登山専門部主催の春山講習会に毎年参加しています。今年は愛鷹山と金時山へ行きました。

前日に宿舎に到着し、朝、バスに乗車して十里木駐車場に向かいました。駐車場から標高1504mの越前岳を目指します。京都には標高1000mを越える山がありません。1時間半ほどで山頂に到着です。せっかくなので、標高1310mの呼子岳まで歩きました。

来年の春山講習会に参加してくれる新入部員をお待ちしています。

 
 
2019/03/12
 
 

高校生活の部活動はあっという間に終わります。新入生歓迎登山に来てくれたのが昨日のように思い出されます。

桃山高校山岳部からも男子5名女子2名の7名が巣立っていきました。大学でも山岳を続けます、教育課程をとって教育実習で戻ってきますと、何人かの卒業していく部員から聞きました。

新しい学校で、山の頂のように輝き、山の裾野のように豊かな人間関係を築き、山のような懐の深さをもったワンゲラーとして、これからも活躍して欲しいと思います。

 
 
2019/02/21
 
 

近畿高等学校登山大会コースの一部を歩いてきました。

大原は霜が降りていましたが、登山道にはまったく雪がありませんでした。1週間前に京都に降った雪はどこへいってしまったのでしょうか。

台風による倒木もほとんど処理されていて、とても歩きやすかったです。感謝感謝です。

このあとは、山岳部は期末テストに向けて学習強化週間となり、山行はしばらくお休みです。文武両道で頑張っています。

 
 
2019/02/12
 
 

2週にわたってクライミング練習です。

桃山高校山岳部では、登山をメイン活動とし、少しクライミングをしています。体の使い方動かし方を学びます。まだまだ練習不足のため、ちょっと登るだけですが、楽しんでいます。

 
 
2019/02/12
 
 

2月最初の山行は嵐山です。

苔寺の奥に、西山トレイルの道があります。そこから山行開始です。雪がちらちらと降っています。トレイル沿いに歩くと松尾山(276m)に到着しました。ここからトレイル道を離れますが、しっかりとした登山道が続いています。

嵐山(382m)と烏ヶ岳(398m)を登ります。ただ、この頃から、登山練習ではなく、木々を揺らして積もっていた雪を落として遊ぶ活動になってしまいました。部員全員で頭から雪をかぶって笑い合っていました。

雪が降り続いていたので、それ以上の山行を中止し、嵐山渡月橋に下山しました。

 
 
2019/01/14
 
 

新年恒例の登山が続きます。

今回は愛宕山です。京都には、「伊勢へ七旅、熊野へ三度、愛宕山へは月参り」という言葉があります。また、愛宕神社の「火迺要慎」を購入したいという部員もいます。

表参道には雪はありません。倒木も処理されています。感謝です。水尾の分かれ付近から雪が谷間にちらりと見えだし、黒門を超えて、愛宕神社にはいると、雪が出てきました。参拝後、愛宕神社の方に写真を撮っていただきました。「今日の登拝 1月13日(日)①」にアップされています。

参拝後は、遠く雪の比良などの景色を楽しみながら、三角点で昼食をとりました。その後、愛宕山ケーブル駅を見学後、清滝に下山しました。

途中、京都市内の少年野球の小学生たちにどんどん追い抜かされます。桃山高校山岳部も頑張らないといけません。

 
 
2019/01/08
 
 

今年最初の登山も桃山高校から出発しました。桃山城、大岩山、住宅街を抜け、2時間ほどでお稲荷さんの四つ辻に到着です。ですが、お稲荷さんの渋滞がすごく、山頂に向かうのは諦め、東山トレイルを先に進むことにしました。

1号線をくぐり、清閑寺山、清水山山頂を踏んで、将軍塚にでました。大岩山とお稲荷さん四つ辻と将軍塚、ちょっとずつ見える京都の町並みが変わります。

将軍塚で昼食タイムとしました。各自の昼食が終わると、ガスや鍋をだして、今度は善哉タイムです。温かい善哉は本当においしいのです。でも、美味しいものを食べると、顧問も部員も何故か眠くなってしまい、登山を諦め、下山することに。将軍塚から、円山公園、そして、八坂神社に出ました。

今年もよろしくお願いします。

 
 
2018/12/25
 
 

今年もたくさんの山に登ってきました。

平成30年最後の山は六甲山でした。山寺尾根をかけあがり、掬星台に出ました。きらきらひかる海と神戸や大阪の町を見ながら一休み。その後、六校全山縦走コースで市ヶ原、布引の滝へと出ました。

クリスマスイブのせいなのか、三ノ宮駅はたくさんの人々でにぎわっていました。そういえば、桃山高校山岳部部員に一人サンタが紛れ込んでいたような・・・

 
 
2018/12/10
 
 

朝9時、花脊峠で京都バスを降りたとき、峠の温度計は-1度でした。紅葉は終わり、道にはたくさんの落ち葉があります。花脊の鉄塔の一番上が無くなっていました。

和佐谷峠、百井キャンプ場、百井集落を通過して、陸地谷入口の橋の上で準備をします。何度も徒渉するので、スパッツをつけたり、靴を履き替えたりします。ここで言う徒渉とは、橋のない川を対岸へと渡ることをいいます。大昔、顧問がすってんころりんして、ザックを浸水させた笑い話もありました。

台風21号の影響で、倒木があちこちにありました。倒木をよけ、川を越え、わずかな踏み跡をたどります。途中から雪が舞ってきました。服に落ちてきた雪は、きれいな結晶でしたが、すぐに溶けていきました。雪が降ってきたので、天ヶ岳へ向かうことを諦め、鞍馬街道を鞍馬まで歩きました。

 
 
 

桃山高等学校メニュー