2019年06月11日
 
 
 
世界遺産マラッカ市内見学では、オランダ広場やサンチャゴ砦等を巡り、マレーシアの歴史を肌で感じました。 また、シナラン村へのホームビジットでは、夕食をご馳走になるなど現地の暮らしにふれ、多くのコミュニケーションをとることで異文化に触れることができました。 その後、ジョホールバルにあるホテルへと全員無事到着しました。 明日は現地校との交流の後、陸路により国境を越えてシンガポールに入り、市内見学をしてからナイトサファリへ向かう予定です。
 
 
 2019年06月11日
 
 
 
6月11日、研修旅行二日目です。 ホテルで朝食をとったあと、マラッカ市内見学へ全員元気に出発しました。 午後はシナラン村へホームビジットの予定です。
 
 
 2019年06月11日
 
サイエンスリサーチ科2年によるオーストラリア研修旅行が6月9日(日)より始まりました。 9日(日)夜に日本を出発し、オーストラリア・ケアンズ空港に10日(月)早朝に到着しました。 到着後、「世界の車窓から」のオープニングにも使用されたキュランダ鉄道に乗り壮大な風景を楽しみながら、キュランダ駅まで移動しました。 昼食にカンガルーの肉やオージービーフを食べ、長旅の疲れを癒しました。
 
 
 
 
 2019年06月10日
 
 
 

A団、B団ともにマレーシアのクアラルンプール空港に無事降り立ちました。

市内のレストランで食事をとった後、A団、B団ともに、セレンバンにあるホテルへ到着しました。

長時間のフライトでしたが、生徒たちはまだまだ元気です!

明日は午前中に世界遺産マラッカの見学、午後はシナラン村でホームビジットの予定です。

 
 
 2019年06月10日
 
 
 

2019年6月9日(日)、小倉百人一首競技かるた第41回全国高等学校選手権大会団体戦の京都府予選に出場しました。

1年生から3年生まで団体戦メンバーとして試合に臨みましたが、結果は残念ながら予選リーグ敗退でした。

次は7月に行われます個人戦に向けて、また練習に励みますので、応援の程よろしくお願いいたします。

 
 
 2019年06月10日
 
 
 

令和元年6月10日、各集合場所からバスで出発し、普通科研修旅行が始まりました。
3泊5日シンガポール・マレーシアの旅の様子をこちらのホームページでお知らせしていきますので、ご覧ください。

A団、B団とも関西国際空港に到着しました。予定通り関西空港を飛び立つ予定です。

 
 
 2019年06月06日
 
 
 

強豪校との対戦が多く、厳しい戦いが多かったですが、

自分達で考えて練習をしてきた成果を、色々な場面で出すことができました。

熱いご声援、ありがとうございました。

●第63回 春季大会(市内女子)  4/27 京都西山高校にて

 対 北嵯峨高校   負け

 対 京産大附属高校 負け(敗者復活トーナメント)

●第72回京都府高等学校総合体育大会  5/18 西城陽高校にて

 対 西城陽高校   勝ち

 対 京都すばる高校 勝ち   Aブロック優勝!

●第71回全国高等学校総合体育大会京都府予選  6/1 鴻ノ巣山運動公園にて

 対 京都成章高校  負け



これで3年生は引退となり、1・2年生で8人になりました。

まずは試合に出られるように、新入部員を大募集中です!

メンバーの半分は高校からソフトボールを始めています。

今からでも遅くないので、一緒に "圧倒的青春!" を過ごしていきませんか?

 
 
 2019年06月06日
 
 
 

本日7限のLHRにおいて、1年生を対象に進路指導企画「南陽のあたま」を実施しました。

「南陽のあたま」は、本校教員が学生時代に研究した学問分野(研究分野)についてライブ形式で生徒に語り、教科の学習分野にはないが、授業時間では語りきれない学問の面白みを伝えることを狙いとした企画です。

生徒たちは、各教員の知的好奇心をくすぐる興味深い話に熱心に耳を傾けていました。

 
 
 2019年05月29日
 

自然科学部では技術職員の先生方にもご協力いただき、校内にて回収した落ち葉を堆肥として利用する取り組み(研究)を行っています。昨年度から半年以上をかけて作成した落ち葉堆肥を用いて、3月にスイートピーの苗を植えました。その苗が大きくなり、ようやく花が咲き始めました。花の色のバリエーションも観察でき、来年度に向けて良い種を採っておく予定です。

 
 
 
 
 2019年05月24日
 

5月18日、19日に全国高等学校総合体育大会テニス競技京都府予選大会の団体戦が行われました。結果は以下の通りです。

  2R 南陽高校 2-1 京都教育大学付属高校

  3R 南陽高校 3-0 立命館宇治高校

  4R 南陽高校 1-2 洛星高校

惜しくも二次予選進出はかないませんでしたが、Dブロック準優勝の成績となり、京都府ベスト8に入ることができました。応援してくださった皆様、ありがとうございました!

 
 
 
 
 2019年05月21日
 
 
 

4月26日(金)に遠足を行いました。高校第2学年は、三重県多気郡の五桂池ふるさと村において、バーベキューを楽しみました。

生徒が自分たちで遠足を作る、という趣旨の元、各班で焼きそばやチーズフォンデュ、パフェなど様々なメニューを考え、材料の買い出し、準備、調理をすべて生徒たちで行いました。片道2時間強という長距離移動でしたが、各クラス、バス内でレクレーションを行うなどして楽しい遠足になりました。

クラス替え後初めての行事を経て、クラスの仲も深まってきたように感じます。

 
 
 
 

令和元年インターハイ予選.png令和元年5月12日京都府立久御山高等学校体育館において開催された全国高校総体なぎなた競技京都府予選会において団体試合、個人試合、演技競技全てで優勝をすることができました。

 団体試合 優勝(藤本彩乃・田村瑠南・森脇美侑・髙栁京花・久保真里奈・塩見梨華・髙野寧々):全国出場

 女子個人試合 優勝 藤本彩乃:全国出場

        3位 髙野寧々・森脇美侑

 男子個人試合 優勝 井上拓哉

        2位 馬郡祐希

 演技競技 優勝 塩見梨華・藤本彩乃:全国出場

      2位 森脇美侑・久保真里奈:全国出場

大会当日は多くの保護者、卒業生に応援にきていただき、目標である全国大会出場権を獲得することができました。感謝の気持ちを忘れず、さらに心と技術を高め、8月沖縄で自分たちの力を精一杯発揮してきたいと思います。

 
 
 2019年05月13日
 

 5月12日、第55回全国高校将棋京都府選手権団体戦に出場しました。予選を3勝1敗の成績で全30チーム中8位で決勝トーナメントに進出しました。惜しくも、決勝トーナメント1回戦で敗退となりましたが、伝統文化同好会将棋部門創立後、初の決勝進出となり盛り上がりました。次は、来週行われる個人戦です。ご声援よろしくお願いします。

 
 
 
 
 2019年05月08日
 
 
 

4月26日(金)、奈良市青少年野外活動センターにて飯盒炊さんを行いました。

スーパーマーケットでは、楽しそうに相談をしながら食材を購入していた姿が印象的でした。

少し肌寒い気候でしたが、一生懸命火をおこしたり、食材を調理したりと、役割分担をしながらそれぞれの班がカレーなどを作ってたべることができました。

食後は、アスレチックで遊んだり、レクレーションの「ケイドロ」や「ドッチビー」などで大いに盛り上がりました。

学級の絆がさらに深まったように感じます。

 
 
 2019年05月07日
 

4月26日(金)、奈良にて遠足を実施しました。

曇りからのスタートとなり、雨が心配でしたが最後は晴れの中終えることができました。途中少し降られましたが・・・。

学活の時間で行程表を考え、当日の最大のミッションは英語でインタビュー!!何度も声をかけ頑張っていました。

観光中で時間がなくて断られたことや、なかなか英語が通じなかったりと、思うようにいかなかったこともいい経験になったのではないでしょうか。

夏に行われるEnglish Summer Campでは、この経験を生かしてよりよいものになることを願っています!

 
 
 
 
 2019年04月26日
 

 4月26日(金)、高校第1学年は、南山城村自然の家において、カレー作りとレクリエーションを楽しみました。

 入学してから初めての行事でしたが、友達と協力して火起こしから始め、カレーを作ることができました。

 またレクリエーションでは、クラス対抗大縄跳び大会とドッジボール大会を行いました。練習がほとんどない中での大縄跳びでしたが、大きなかけ声や応援も聞かれ、大いに盛り上がりました。

 今日1日で、クラスの仲が一気に近づいたように思います。

 
 
 
 
 2019年04月23日
 

4月22日(月)に高校3年生を対象に、健康教育講演会を実施しました。

「3年生応援食」というテーマで、受験期を乗り切るための

バランスの良い食事について教えていただきました。

IMGP7481.jpg

食事を少し気遣うだけでコンディションが大きく異なってくることを

具体例を交えながらお話しいただき、大変貴重な時間となりました。

IMGP7495.jpg

部局活動と受験勉強の両立に励む3年生。

体調管理のために食事に気を遣い、1年間を元気に過ごしていきましょう!

 
 
 2019年04月17日
 

 南陽高校では「4つの奨励」として、「部活動」「ボランティア活動」「国際交流」「コンテスト出場」を奨励しています。

 今回は、「国際交流」「ボランティア活動」を中心として、附属中学校1年生と高校1年生を対象に、「4つの奨励フェア」を実施しました。

 まず、主体性重視の教育活動についての校長講話があり、その後、ホームステイ先として外国の留学生を受け入れた在校生による体験談や、留学を経験した在校生による体験談、生徒会およびボランティア集団N-CAPの活動紹介などが行われました。

 生徒たちは、先輩たちの体験談に真剣な面持ちで耳を傾けていました。

 引き続いて放課後に行われた留学の個別相談会には、多くの生徒が相談に訪れていました。

 
 
 
 
 2019年04月17日
 
 
 

4月9日(火)~12日(金)の4日間(高等学校は11日(木)までの3日間)、ダブルアップセミナーを行いました。

附属中学校40名、高等学校316名、計356名の新入生の学校生活のスタートです。

"ダブルアップ"とは本校の規律や礼節を重んじる「堅」の部分と、自ら考え主体的に行動し、共に学び創造する楽しさを表す「楽しい」の部分の両方を大切にしながら、成長してほしいという願いを込めて、「堅」と「楽しい」の両面(ダブル)を高める(アップ)ということから名付けられたものです。

附属中学校では、「学校生活について」「授業体験・交通安全指導」「中学2年生WELCOME企画・校歌について」「ダ・ヴィンチ体験・高校生徒会による協働学習」等の内容を4日間で行いました。

高等学校では、「各分掌部長からの講話・校歌について」「学習方法ガイダンス・グループワーク」等の内容を3日間で行いました。

 
 
 2019年04月11日
 
 
 

新入生対象「ダブルアップセミナー」で、課題解決型のグループワークを行いました。

与えられた課題は、決して個人プレーで解決できる類いのものではなく、グループの仲間全員で協力して知恵を出し合わなければ答えを導き出せないものになっています。

新入生は、数日前に知り合った仲間と積極的にコミュニケーションを取りながら、一生懸命課題に挑戦していました。

この活動を通して、これからの変化が著しい社会で生き抜くために必要とされる、"主体的・自立的に問題を解決していく力"や"集団として高めあう力"の重要性を学びました。