自ら課題を発見し、解決するために必要な思考力・判断力・表現力を身につけ、仲間と協働しながら問題解決に取り組むことのできる人材を育てます。学びの質や高まりを重視した学習で学力の伸長を図り、広く難関国公立大学進学にも対応できる学力を育てます。2年生から文系クラス・理系クラスに分かれて学習します。

教育課程1.png教育課程2.png

 
 

新時代を拓く新しい専門学科を設置し、進取の気風に富む人材の育成を図ります。

【1】 サイエンスリサーチ科設置のねらい

scimg.jpg
  • 科学的なものの見方や考え方の基本原理を体得し、時代を拓く 創造性豊かで、広い視野を備えた人材を育成します。
  • 調和のとれた教養を高め、幅広い学問領域に関する深い学習をとおして、事象を科学的に考察し、処理する能力を高め、探究する力を育てます。

【2】 特 色

 サイエンスリサーチ科は、関西文化学術研究都市にある専門学科として探究的・学際的な学習活動を重視し、2年次から希望進路や適性に応じて自然科学充実コース、人文・社会科学充実コースの科目を選択します。
 1年次の「サイエンスⅠ」、2年次の「サイエンスⅡ」において、夏季サイエンスプログラムやゼミ活動に取り組み、探究的な学習を体系的に行っていきます。

1年次

夏季サイエンスプログラム

 本格的な探究活動に入る前に、科学的な探究手法を体系的に学びます。6~7のプログラムから興味のあるものを選び、大学や研究機関を訪問して調査、実験、考察、まとめ、発表を行います。

超伝導実習
生命科学実習
社会実習
   
1年次後半~2年次

「ゼミ活動」

 1年次の秋からグループに分かれ、2年生のアドバイスを受けながら研究テーマを決定します。先行研究の考察や予備実験等をもとに構想発表会や中間発表会を通して計画を磨き、2年次から本格的な研究に入ります。学校内外でのポスター発表やプレゼンテーションをはじめ、全国の学会で発表するグループもあります。

ポスターセッション@京都工芸繊維大
難民支援ワークショップ@草内小学校

【3】 通学区域及び選抜方法等

通学区域 府内全域
選抜方法 前期選抜(予定)
募集定員 平成30年度定員は80人

【4】 教育課程の特徴

  • 将来の学問領域を広げるため、幅広い進路選択が可能な教育課程です。
  • 数学・理科の内容は専門教科「理数」で学習。普通科に比べて高度で発展的な内容です。
  • 理科は「物理」「化学」「生物」の3分野を充実します。大学や大学院での研究や教育に対応できます。また、医学部医学科等で実施 される理科の3教科入試にも対応しています。
  • 3年にリサーチ科目を設置し、難関大学の入試問題にも対応できる高度な学力を身につけることができます。
  • 「倫理」「政治・経済」の2科目を履修しますので、難関国公立大学の入試に対応できます。
  • 大学や学研都市内の研究所との連携により、創造性・専門性を養います。
  • 長期休業中の学習活動を授業と関連させ、効果的な活用を行います。

教育課程3.png 教育課程4.png