● 入学式(4月)

 穏やかな春の日差しのもと、南陽高校附属中学校生として正門をくぐります。少し緊張しながらも、新しい第一歩を踏み出します。

入学式(中).jpg

 
 

● ダブルアップセミナー(4月)

 

 南陽高校附属中学校のコンセプトは、規律ある学校生活をおくり、自ら考え主体的に行動し、ともに学び創造する楽しさを実感する「堅楽しい」です。このセミナーで南陽生としての自覚と誇りを育て、自律した学習者の形成を目指します。

 
 
 
 

● 遠足(4月)

 クラスで校外に出て活動する最初の行事です。飯盒炊さん、BBQなどの体験を通してクラス内の交流を深めます。

 
 
 
 
 
 

● ダ・ヴィンチ夏季実習(7月)

 関西学術研究都市にある研究施設や近隣の企業の協力を得て、体験的な活動を行います。単なる体験学習ではなく、後に研究発表会を実施し、様々な意見を出し合うことで、批判的な思考や創造的な活動の基本を学んでいきます。

 
 

● 科学の甲子園ジュニア予選(8月)

 2018年度については1年生のみではありますが、21名が参加し、貴重な体験をしました。本校ではこのようなコンテストへの積極的な参加を奨励しています。

 

 
 
 
 

● 文化祭(9月)

 南陽の一番アツイ行事です。文化祭では高校3年生のパフォーマンス、高校2年生の演劇、高校1年生の地域コラボ企画、附属中学生による校内装飾など、大きな盛り上がりを見せます。平成30年度からは土曜日にも実施し、広く地域の皆さんにも参加いただいています。PTAと南陽生による模擬店や、有志発表会、部活動発表など、生徒のいろいろな表情を見ることができます。

 
 
 
 
 
 

● 体育祭(9月)

 吹奏楽部のマーチングバンドの先導による入場行進を皮切りに、障害物競走や綱引き、大縄跳びなど、全種目団体競技のみで構成される体育祭です。地域の保育園児との交流プログラムや部局対抗リレーなど、内容盛りだくさん。

 
 

●イングリッシュキャンプ(中学2年10月予定)

 2年では校外に出向いて英語でのインタビューなどを行い、より実践的な学習を行います。

 
 

● 研修旅行(中学3年11月予定)

 3年では海外への研修旅行を予定しています。高校1年生での留学に向け、本物の体験を通して海外への興味関心を高めます。

 
 

● 団体鑑賞(伝統文化体験)(2月予定)

 伝統文化体験として歌舞伎の鑑賞を予定しています。単なる鑑賞に留まらず、海外に日本の文化を伝えることができるように取組を深化します。