2021年02月01日
 

【生徒会紹介】
私たち、第35期生徒会本部は2年生11人、1年生7人で活動しています。文化祭やオープンキャンパスの企画・運営はもちろんのこと、生徒会からの意見や要望をかなえたり、公約の実現に向けて活動しています。南陽は生徒の主体性を大切にしているため、生徒会もほかの高校よりも自由度が高く、色々な活動をすることができ、とても多くの経験を得ることができます。


【会長挨拶】
第35期生徒会本部 会長の青木一晃です。今年度は異例の年であり、校内外ともに活動が制限されました。その限られた範囲で、さらに南陽高校をより良くし来年度を迎えられるよう、自分たちが今できることを最大限行動に移そうと思います。今年度はセーター服登下校試行期間の実施や、範囲を拡大し実施したあいさつ運動など、校則の改善や意識改革を中心に活動しています。目に見えて大きな活動は制限されていますが、この状況だからこそ、内面的な課題に目を向け、南陽高校内外問わず、堅楽しい学校を目指します。


【副会長挨拶】
 第35期生徒会本部 副会長の髙橋悠希です。今年度は新型コロナウィルスの影響で、学校行事は例年通りに開催することができませんでした。しかし、生徒の皆さんが少しでも行事を楽しめるように、体育祭は新競技を実施しました。行事を企画・運営していく中で、予定外のこともたくさんありますが、臨機応変に対応する力を身に着けることができます。

 
 
 2020年07月20日
 

 7月16 日(木)に学校祭のスローガンを決める会議が、高校生徒会と附属中生徒会の合同で行われました。

 全校生徒から寄せられた案の中から選出され、今年のスローガンは「響(ひびき)」となりました。数少ない行事の中で仲間とともに協力し、少しでも皆の心の中に響き、思い出に残るような南陽祭を創り上げたいという思いが込められています。

20200716_174242.jpg

 
 
 2019年11月18日
 
 
 

11月17日(日)本校で開催された「高校生のためのフューチャーフォーラム」で本校の生徒会役員が総合司会やグループディスカッションの進行役を務めるなどして大奮闘をしました!

 「リケジョについて語ろう」というテーマで、企業の女性研究者や、女性の大学生をお招きし、講演をしていただきその後ディスカッションを通し、高校生が進路選択や大学卒業後のキャリアについて考えるという企画でした。

 最初は、司会を務めた生徒も緊張気味でしたが、彼らが考案したアイスブレイクを経て和やかな雰囲気でフォーラムは進められました。

 講演やグループディスカッションを通し参加した高校生たちは将来に思いをはせました。

 講演して頂いた企業・大学生、また主催して頂いた京都府経営者協会、京都府、およびNPO法人架け橋miraiの方々本当にありがとうございました。

 
 
 2019年11月06日
 

 11月17日(日)に本校で開催される「高校生のためのフューチャーフォーラム」の事前打ち合わせを行いました。

当日は、生徒会がファシリテーターとなり会の進行を行う予定です。事前打ち合わせでは、運営の特定非営利活動法人 架け橋miraiの方と生徒会が顔を合わせ、受付から閉会までの流れの確認を行いました。

DSC_3650.JPG

 
 
 2019年10月29日
 

 10月28日(月)と29日(火)の2日間、昼休みに校長先生と生徒会によるランチタイムミーティングが行われました。

 ミーティングでは、南陽祭の事後報告・中学校生徒会と高校生徒会の関わり方についての意見交流などが行われました。

DSC_3594.JPG

 
 
 2019年10月16日
 

文化祭の部

今年は令和元年にふさわしい盛り上がりをみせました。去年に引き続き、1年生は地域コラボで各クラス工夫をこらした模擬店を出し、それぞれの個性が輝いていました。2年生はメッセージ性のある迫真の演技で体育館演劇を成功させました。3年生は中庭パフォーマンスを行いました。壮大で煌びやかなパフォーマンスで中庭を湧かせました。中学生による美しい合唱と校内装飾やPTĄの方々による模擬店、有志パフォーマンス、教員バンドも文化祭を大いに盛り上げました。



体育祭の部

爽やかな天候の下、開催された体育祭。短い練習時間のなかで各色、優勝することを目標に切磋琢磨してきました。本番では生徒全員が全力を出し切り、白熱の戦いを繰り広げました。





まとめ

第34期生徒会となり南陽祭を成功させるという大役をしっかりと果たせたと思います。

これからも先輩方が作り上げた伝統を守り、「堅楽しい」南陽高校をより一層、確立できるように奮闘したいと思います。

 
 
 2019年10月10日
 
 

 令和元年11月17日(日)13時30分より本校会議室にて、地元企業の女性研究者や大学院生をお招きして、講演をしていただきます。

 グループセッションもあり、企業で活躍する女性の仕事や生活スタイルを直接話して聞いてみる事もできます!

本校の生徒だけでなく他校の高校生も大歓迎です!参加申し込みはコチラから!

 http://event.npo-kakehashi.org/

 
 
 2018年12月21日
 
 
 

平成30年11月10日(土)、高校生徒会本部役員5名は地域にある南山城支援学校の高等部の交流行事に参加しました。

体育館でパフォーマンス鑑賞や、各分科会に分かれてゲームやダンス・散歩などで支援学校の生徒・山城地域の高校生と、有意義な交流会を過ごしました。

 
 
 2018年07月18日
 

7月17日(火)に、本校にて京都府議会議員の方々と南陽高校生による「出前高校生議会」が実施されました。選挙権年齢が満18歳以上に引き下げられたことを踏まえ、議会を身近なものにできるようにと、選挙制度や地域の問題について意見交流が行われました。前半は全体での意見交流を行い、後半はグループディスカッションを行いました。

この日は、KBS京都の取材も来ており、平成31年1月下旬にこの様子が放送される予定です。IMG_1765.jpgIMG_1775.jpgIMG_1786.jpgIMG_1794.jpg

 
 
 2018年07月11日
 
 
 

"NPO法人~場とつながりラボ~ホームズビー"様にお越しいただき、本校の生徒会役員を対象としたファシリテーション勉強会を行っていただきました!

「夢とは何か」というテーマでワークショップを行い、その中でアイスブレイクの意義や手法、相手の話をきき、受け止め、楽しむことが大事であること等を学びました。

 ワークショップ終了後はファシリテーターの方から今回のワークショップに向けて考えた点や工夫した点等を教えていただきました。

 2時間という短い時間ではありましたが大変有意義な時間を過ごすことができました。

 ホームズビー様ありがとうございました!

 
 
 2015年10月20日
 

オープンキャンパスのウォークラリーで大活躍した、くまなんのはんこです。

この日のために、いっぱい作りました!

DSCF1492.JPG

押してみると、こんな感じ...。

DSCF1490.JPGのサムネイル画像

いくつ集まりましたか?

そうそう、「顔」はこんなにたくさん...。

DSCF1493.JPG

中学生のみなさんと、

春の4月にお会いできることを、心から楽しみにしています!

これからも、くまなんをよろしくお願いします。

 
 
 2015年07月17日
 
 
 

 創立30周年を記念して登場した南陽高校のマスコットキャラクター「Nanyo bear」の名前が公募により決定しました。

それは「くまなん」です。

どこかで聞いたような・・・。

よく見ていただくと、鼻の部分に南陽高校の校章が使われているのが分かります。 これから南陽高校の良いところをアピールするために活躍していただきます。南陽高校ともども「くまなん」をどうぞよろしくお願いいたします。

 
 

 平成27年度の南陽高校の生徒会役員は1年生7人、2年生6人で活動しています。今年度は「Now is the time to decide your future.」をスローガンに活動しています。

 とりわけ、「ボランティア活動の推進」と「意見交流会の開催」に力を入れています。例えば、早朝の清掃活動だけでなく、地域住民の方々と協力して様々なボランティア活動を行っています。また、南陽高校の学校生活がより充実したものとなるように代表生徒の意見だけでなく、 意見交換会を開催して多くの生徒の声が反映されるように努力をしています。

 生徒会役員それぞれが自覚を持って精一杯頑張りますので、よろしくお願いします。(平成27年度生徒会長)

seitokai.jpg