校長挨拶.png  南陽高等学校・附属中学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。本年度、校長として着任しました永井宏和と申します。どうぞよろしくお願いいたします。
 本校は、昭和61年(1986年)4月に全日制普通科の学校として開校し、今年度で37年目を迎えます。平成18年には専門学科のサイエンスリサーチ科を設置、平成30年には府立で4校目となる附属中学校を開校しました。京都、大阪、奈良の三都の要に位置し、関西文化学術研究都市の発展とともに進取の気風を持つ学校として、教育実践を積み重ねています。
 校是である「進取」「敬愛」「雄健」の具現化を図り、知・徳・体の調和のとれた豊かな人間性と国際性を身につけ、社会の発展に寄与する人の育成を目指します。授業はもちろんのこと、多彩な学校行事や4つの奨励(部活動、国際交流、ボランティア、コンテスト)をとおして、生徒は自ら学び、高みに挑戦する姿勢を培うとともに、多様なものの見方や考え方に気づき、他者と協働して学ぶことの大切さを実感します。
 次世代を担う若者が自分の良さや可能性を伸ばし、急激に変化する社会の中で、自信を持って人生を切り拓き、持続可能な社会の創り手へと成長することを願っています。
 高校・附属中学校の全教職員が力を合わせ、生徒一人一人を大切にした教育に全力で取り組んで参りますので、今後とも本校へのご支援とご協力をお願い申し上げます。

令和4年4月1日

京都府立南陽高等学校・附属中学校

校長 永井 宏和