Loading…
 
2020/02/10
 
 

今年は雪や来ん来んの暖冬でしたが、前日からの雪が降っては降ってはで、愛宕山はずんずん積もって真っ白になっていました。

ケーブル廃墟前の広場は綿帽子をかぶったようで、登山道の木々はすべて白い花が咲いているようでした。

部員は喜び、雪合戦楽しみ。登山道ではたっぷりの雪がのっている枝を振り合って、雪シャワーを浴びては喜びます。もちろん顧問は寒くて丸くなっていました。

 
 
2020/02/05
 
 

2月最初の練習はボルダリングからです。

部員たちは頑張って登ります。前回苦戦した課題を難なくクリアしていきます。顧問もまけじと登ります。でも、壁際にへばりついて、背中から落ちてくる。やっぱりおまえはむずかしんだなと思う。それでも、失敗ばかりじゃないと、登れるイメージをかき集め、気合いをいれてる気配をみせる。

「登り始めたなら成功してしあわせになるのがいい。落ちる気持ちはいつでもないのよ。ボルダリングの壁よ!顧問にせめてすこしはかっこつけさせてくれ。」顧問は心の中でそうつぶやき続けたそうです。

顧問が落ちるたびに、両手を挙げた生徒たちから「ああ、あああ、あああ、ああ」という声がもれるのでした。

 
 
2020/01/20
 
 

11日オープンしたサンガスタジアムでクライミング練習を行いました。今回はボルダリングだけです。

顧問も20余年ぶりに登りますが、なかなか思うように登れません。その横でひょいひょいと部員たちが登っていきます。部員たちの動きを見ては、顧問は「雪中の笋、八百屋にあり、鯉魚は魚屋の生船にあり」と袖を濡らすのでした。

 
 
2020/01/15
 
 

神戸の摩耶山に登ってきました。桃山高校より高台にある神戸高校を見上げながら登山口へと向かいました。山寺尾根から掬星台に一気に登ります。掬星台からの景色は素晴らしいです。山岳部の魅力は素晴らしい景色を堪能できることです。

掬星台で善哉を食べて新年を祝い、六甲全山縦走コースを逆に下りました。布引の滝で景色を楽しみ新神戸駅に出ました。

久しぶりの山行に、「今夜、今夜、筋肉痛が今夜始まる」と、顧問は西の側の山からの帰り道に思いました。

登山に興味のある中学生を桃山高校山岳部は待っています。

 
 
2020/01/14
 
 

年の初めのためしとて、恒例の山行で、山岳部は桃山高校を出発します。桃山城で雨宿りして、大岩山をこえて、お稲荷さんへ向かいました。

令和最初の山行のめでたさを、松茸ではなく善哉買って一人ごとに祝おうと思いましたが、天候が不順なため諦めました。次回こそ楽しけれといきたいものです。

 
 
2019/12/17
 
 

風にふるえるオレンジ色の枯れ葉の舞い散る花脊峠の停車場は気温1度でした。

猟友会の方々と出会った12月の朝。部員と顧問の目はびっくり。でも、向かう先は反対方向でほっとしました。

部員たちの話すいろんな話がいつか荒い息でとぎれてしまう。そんなときに焼杉山に到着しました。このあと、翠黛山、瓢箪崩山を登り、トトギ池に出ました。かえりの叡山電車はもうそれほど観光客で混雑というまでではありませんでした。月日は流れて季節は変わったようです。

 
 
2019/12/11
 
 

12月最初の山行は、花脊峠から貴船口までの稜線歩きです。

2ヶ月前には登山道がありましたが、すっかり落ち葉で隠れています。カサカサと歩くたびに落ち葉が鳴くのです。

貴船山直下まできたので、キャプテンに右の道に曲がれば山頂やと声をかけます。落ち葉の声に聞き惚れているのか、顧問の声が届きませんでした。チェッと顧問は寂しそうに落ち葉を蹴り上げました。次の瞬間、すってんころりんと転けました。いい具合に倒木があって、顧問は脇腹を痛打しました。悪いことをしてはいけないということです。はい。

最後は叡山電車貴船口駅に出ました。まだまだ紅葉が残っていました。顧問の脇腹はまだまだ痛みが残っていました。

 
 
2019/12/11
 
 

紅葉を見に行こうと、武奈ヶ岳に行きました。

坊村からの最初の急登を越えると、そこは紅葉の世界でした。登山道の底が赤く黄色くなった。紅葉の場所で部員たちの足が止まった。きれいでした。

武奈ヶ岳で休憩していると冷気が流れこんだ。その心地よすぎる風にたまらず部員たちが寄ってきます。

「顧問さん、顧問さん、下山を開始してもご機嫌よろしゅうございますか」

「ああ、部員たちじゃないか。お帰りかい。まあ寒くなってきたしなあ」

早々に八雲ヶ原へと下山しました。八雲ヶ原でいつものアカハラ見物して、神爾谷をくだり、イン谷口へとでました。武奈ヶ岳が雪国になるにはもう少し先のようです。

 
 
2019/11/05
 
 

11月2日(土)3日(日)舞鶴トレイル(多禰寺山)と青葉山で秋季大会がありました。

桃山A隊第1位  2年石川(長岡第四卒)、2年中島(神川中卒)、                     

         2年寺田(勧修中卒)、1年山内(長岡第三卒)

桃山B隊第2位  2年宇治野(勝山中卒)、2年樫(洛南中卒)、

         1年岡田(桃山中卒)、1年佐藤(長岡中卒)

桃山高校は秋季大会4連覇、本年度も京都総体でも1位でした。次年度も頑張りたいと思っています。中学では別のクラブだった部員たちがほとんどです。出身中学もばらばらですが、一緒に山に登っている間に、仲良くなっていきました。強くなってきました。山岳部に興味があり、全国大会にも出てみたいと思う中学生を、桃山高校山岳部はお待ちしています。

 
 
2019/11/05
 
 

11月2日(土)3日(日)と舞鶴で秋季大会がありました。

登山競技は4人で1チーム(隊)で、体力、読図、知識などで順位が決まります。今回、桃山高校は男子A隊B隊、オープンD隊(3人)、そして、女子X隊の4チームが出場しました。

大会では計画書を作ります。その表紙は各チームのリーダーが作ります。それぞれのキャラクターがでています。

 
 
 

桃山高等学校メニュー