Loading…
 
2019/08/23
 
 

8月3日(土)から、いよいよ登山活動が開始です。朝一番に顧問は、部員の体調を報告しないといけません。夜明け前から、各校は動き出しています。その動きを見ていると、どこもきびきび動いています。

山岳部の大会では、顧問は選手たちの一番後ろを歩くため、大会中はほとんど接点はありません。顧問は、各スタート地点でがんばって応援したはずです。緊張しすぎてピンぼけ写真ばかりでした。

桃山高校は、親父山コースでは緊張しすぎて実力を発揮できませんでしたが、それ以外では大きなミスなく頑張りました。

 
 
2019/08/23
 
 

8月2日(金)いよいよインターハイ開会式です。開会式後には、知識テストと天気図審査、さらには幕営・炊事審査が行われました。

桃山高校の1日目夕食には湯葉を使った焼き鳥丼です。中学生諸君!美味しいですよ。

是非、食べに、作りに、桃山高校山岳部に入部してください。

 
 
2019/08/23
 
 

昼から顧問が、ついで、キャプテンが会議でいなくなった隙に、残った部員たちは勉強以外にも、高千穂町見学を楽しんでいたようです。

 
 
2019/08/23
 
 

8月1日(木)、明日開会式が行われる体育館で行われていた受付に行きました。全国の学校が続々と受付に来ています。受付業務には、地元の高千穂高校の生徒が頑張っていました。高千穂高校の生徒さんから記念品などを受け取りました。

朝食後、受付の間も、宿舎に戻ってからも、大会に向けての最後の勉強会を行いました。昼からは、顧問とキャプテンが監督・リーダー会議に出席しました。

 
 
2019/08/23
 
 

7月31日、下山してタクシーに乗り込む間際にぽつぽつと、乗り込んだ瞬間にばばばっと、雨が降り出しました。夕立です。

3日間の疲れを癒やすために、今日は大会の勉強会はオフです。そこで、インターハイでがんばれますようにと、夕立がやみ涼しくなった頃、部員たちは高千穂神社へ参拝に行きました。そして、そのまま高千穂峡へと。

 
 
2019/08/23
 
 

7月31日百名山の1つである祖母山に登りました。3日間の大会コースの中で、最も長い距離を歩きます。

廃校となった小学校からスタートして、まず筒が岳に登りました。ここまでの急登はしんどかったですが、稜線に上がるともうブナ林、時折吹く風、阿蘇までも遠望できる景色はしんどさを忘れさせてくれます。

祖母山頂にはたくさんのトンボが飛んでいました。高く伸ばした人差し指にトンボが止まります。いつまでもいたくなる景色でした。

ところが雨雲接近がわかったので、このあとダッシュで下山しました。

 
 
2019/08/23
 
 

7月30日は尾平越え登山口から古祖母山へ、そして、障子岳を経て、前日の親父山へと向かうコースです。

登山口から稜線にあがると、そこから続くブナの森がとてもきれいでした。また、高千穂町の町並みが眼下に望むこともできました。心地よい風に、風景に足が止まります。さらに、読図ポイントや審査ポイントなどをチェックしていると、あっという間に時間が過ぎていきました。

夕食後は知識テストと天気図を書いたりします。寝る前に空を見上げると天の川も見えました。

 
 
2019/08/23
 
 

8月2日(金)から宮崎県高千穂町祖母山系でインターハイが行われました。その前に、京都府高体連登山専門部が主催する強化合宿に参加してきました。

7月28日に高千穂町に入り、翌29日に親父山コースを歩きました。京都にはない1,000mを越える山です。また、京都では見られない黒い土です。

下り道、転けて服についたら、洗濯しても汚れ取れへんぞ!と顧問が脅かしてきます。でも、一番最初にその顧問がステンと転んでいました。部員一同、本当にとれないのだ実感したそうです。

親父とは「ツキノワグマ」を意味するそうです。山頂からは、明日登る古祖母山が見えました。

 
 
2019/07/22
 
 

先週は雨のためにテント泊を中止しました。その時の山行の代わりにと、お稲荷さんから将軍塚まで歩いてきました。

お稲荷さんは渋滞するので早めに出発です。頂上で写真を撮って、泉涌寺へと向かいました。蒸し暑さで汗がでます。その後、清水山で休憩を取って、将軍塚に出ました。心地よい風が吹いてほっと一息です。本日のメインイベントの夏合宿メニュー「青椒焼鳥丼」の丼なしを作りました。

将軍塚では古いフォークを歌っている年配の人たちがいました。五つの赤い風船とか古時計の時代かなあと顧問が言うと、五つの赤い風船は知りませんが古時計は知っていますと生徒が言うではないですか!すごいなあ、よくそんな古いの知っているなあと感心しましたが、知っていたのはフォークグループの名ではなく「大きなのっぽの古時計」の歌のほうでした。

 
 
2019/07/10
 
 

夏合宿に向けて、桃山高校山岳部は3回の登山練習を行います。

1回目は六甲山へ行きました。2回目の今回は比良山へと向かいました。

比良げんき村からスタートして、涼峠、ヤケ山・ヤケオ山・釈迦岳と縦走です。曇り空で蒸し暑いですが、琵琶湖が見え、心地よい風が吹いてきます。シャカシャカと歩き、11時半には釈迦岳山頂に到着しました。

ここで合宿メニューのカレーを作ります。「まずはタマネギをヤケー」「オー」と先輩後輩がかけ声を掛け合いつつ、シャカシャカ作っていました。昼食後は下山です。何故か大津ワンゲル道に向かうつもりが、シャカシャカと降りすぎて、神爾谷へと下りてしまいました。

 
 
 

桃山高等学校メニュー