Loading…
 
2016/10/04
 
 

インターハイTシャツを着こなして、今年もクラブ対抗リレーに出場します。やる気はまんまん、走りはがんがん、でも、結果はさんざんとなりました。でも、すがすがしい表情です。

 
 
2016/10/04
 
 

10月16日の大会に向けてクライミング練習を頑張っています。「経験は力なり」その言葉通り、初心者もぐんぐんうまくなっています。前回登れなかったルートが登れるようになる。それがうれしくて楽しいのです。

 
 
2016/10/04
 
 


  今年の近畿大会は岩湧山でした。初日はまさかの1位でゴールに到着してくれました。残念ながら、体力以外のところであれやこれやとミスをしてしまい、今年はB隊9位となってしまいました。

 
 
2016/09/14

全国インターハイに出場した3年生が、1ヶ月たって、感想文を寄せてくれました。

キャプテンから

今回の岡山インターハイは全国のレベルの高さや審査の厳しさを学んだのはもちろんですが
それよりも全国の登山をしている仲間と交流ができたこと、大会中に役員の方々、地元岡山県の方々からの熱い声援を力に変えて登山をできたことに僕は山の良さを感じました。
お世話になった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。
京都代表としてインターハイに出場できたことを誇りに思います。
そういえばどこかの学校が桃を切って他の学校に配っているのを見ました。
本当に面白いなと思いました。
未来の桃高生になるあなたたちへ。まずは山岳部に入ろう。部員募集中。
そしてまた新たな歴史を築いていってください。
これからの桃山高校山岳部をよろしくお願いします。

副キャプテンから

知らない山に挑戦する緊張感とレベルの高い他府県の代表と競ったり、話をしたりできるのはインターハイならではです。チームワークで無事にゴールでき、清々しい気持ちでいっぱいです。競技はかなりきつかったけれど、貴重な体験ができ、忘れられない思い出になりました。

天気図責任部員から

全国総体では、上のレベルの世界を体感しました。自分に何が足りないかを思い知らされたので、それを書きます。
登山競技が他のスポーツと違うのは 、対戦相手が自分自身、そのチーム自身であることです。
仲間同士の協力と、"仲間に迷惑をかけない自己管理をできるか"がお互いの信頼感を生み、モチベーションを左右します。もちろん体力と知識、技術も必要です。体力と知識、技術、これらは訓練次第でいくらでも伸ばすことができると思う。逆に、勝つためにはやるしかない!
仲間同士の信頼を築くには、仲間意識と場数を踏むことが必要だと思います。
やっていくうちにコミュニケーションをスムーズにできるようになれば“勝ち”がグッと近づきます!インターハイに出ることで、勝つために大事なことに気付けたのはよかったと思う。
うちの山岳部なら、本気で取り組めば
インターハイも実は近くにあると思うから、下見も含めて全力でがんばってね!

 
 
2016/09/07
 
 

近畿大会2日目の下見に行ってきました。光滝寺で顧問は待ち、荒滝サイトを生徒だけで確認に行きました。なかなか帰ってこないので、見に行くと、河原で夢中で石投げしてはりました。ちょっとだけと思っているうちに、時間を忘れたようです。あわてて下見に戻ります。大阪や奈良の学校も下見に来ていました。何故知っているか?それはのんびり歩いていたら、抜かれてしまったからです。石投げの疲れが出たようです。

 
 
2016/09/06

桃山高校最後の夏休みの週末は、大阪のPUMPでクライミングの練習です。もう2ヶ月以上ご無沙汰でしたので、みんな初心者コースで感覚を取り戻していました。

 
 
2016/08/15
 
 

奈良田からバスで下部温泉に到着しましたが、電車に乗るまでたっぷりと時間がありました。金山博物館近くの足湯につかったり、金山博物館で砂金取りを体験してみたり、川に足をつけて本を読んだり、そして、お土産を買ったりして、思い思いの時間を過ごし、京都に帰ってきました。
 3000m級のアルプスの山々の山頂で、ただただ風に吹かれれていると、中世歌人の法師のようによしなしごとが心にうつりゆくかもしれません。そんな経験をしてみたいと考える中学生諸君、是非、桃山高校山岳部に来て下さい。

 
 
2016/08/14
 
 

朝5時、今日も涼しいうちに出発です。仙水峠から甲斐駒ヶ岳に登ります。直登コースでは、クライミングの練習の成果か、どんどん岩場を越えていきます。甲斐駒ヶ岳からは、遠く北アルプスの山々、南アルプスの山々、そして、富士山が雲海の上に姿を現してくれました。1時間近く山頂でまったりと過ごします。何も語らず何もしません。素晴らしい景色が饒舌に語りかけてきてくれるのです。このあと、奈良田まで下山して、温泉につかりました。

 
 
2016/08/13
 
 

朝5時、涼しいうちに出発です。小仙丈ヶ岳を経て、百名山の1つで、標高3033mの仙丈ヶ岳に登りました。最初は曇り空でしたが、天候が回復してくると、雲海と南アルプスの山々を見ることができました。大仙丈ヶ岳をピストンして、テント場に戻ってきました。

 
 
2016/08/12
 
 

今日は電車とバスを乗り継いで、北沢峠に向かいます。長衛小屋のテントサイトはたくさんの色とりどりのテントで埋め尽くされていました。夕食は肉じゃがと卵スープでした。

 
 
 

桃山高等学校メニュー