Now Loading...

Now Loading...

学校生活

 
 
 

令和元年11月16日(土)に、南城陽中学にて行われました学校公開・町の文化展に、書道・美術・家庭科の作品を出展いたしました。

家庭科の作品のキュートなヌイグルミのベアー達が出迎え、書道の木彫作品、美術の本の紹介画、ヘアデザイン画『日本の美』で入賞した作品の画像など展示いたしました。

他の学校、サークルの方達と共に、地域の方々に見ていただく機会ありがとうございました。

 
 
 
 

 10月2日(水)、今年2回目の伝統文化事業の華道を3年生 芸術特講の生徒たちが体験しました。

前回に引き続き、専慶流家元 西阪専慶先生、西阪 保則先生の指導を受けました。

 今回は、竹の花器を手作りし、生徒が文字を竹にデザインし、そして彫り着彩しました。

 先生からは、竹の花器の上下は、節が上に引っかかりがある側が上なので、天地を合わすこと。前回の盛り花に続き、今回は竹に投げ入れをするというので、枝をY字型に切り、固定しやすくする方法など学びました。

映像で様々なモダンな花器に入れた多様にわたる生け花を鑑賞し、講義の後、家元の生ける様子の手元を近くで拝見しました。

 その後、実際に 生徒達が生花を生けました。それぞれが彩り美しい、空間が華やぐ作品を作り上げました。

 家元は「今回は2回目ですので、生徒さんの生け方が大分慣れて違いますね」とおっしゃってました。

 生けた作品は、体育祭に向けて彩り涼やかに学校を飾らせていただきました。

 

 
 
 
 

 9月4日(水)、高校生伝統文化事業の一環として、華道を3年生の芸術特講の生徒たちが体験しました。

 専慶流家元の西阪 専慶氏、西阪 保則氏が、映像で講義をしてくださり、華道の成り立ち、枝の活かし方、水盤の上での花の見せ方など、生徒たちに分かりやすく教えてくださいました。

 家元が生ける様子を、間近に具体的に植物の活かし方を聞きながら、自然を切り取り、季節と空間の華やかさを彩る実演を、目の当たりにしました。

 その後、実際に生徒たちが初めての生け花を生けました。指導を受け、美しい植物を水盤に次々と立派に生けていく生徒たち。

それぞれが見事な生きた作品を作り上げました。

生けた作品は、文化祭に向けて華やかに学校を飾りました.

 

 
 
 
 

令和元年8月2日に「やましろ未来っ子サイエンスラリー」を開催しました。第一部・第二部共に多くの小学生と保護者様にご参加いただきました。当日は、どこから見てもこちらを見つめる『首ふりドラゴン』を製作し、完成した作品は参加していただいた方にお持ち帰りいただきました。

 
 
 
 

 令和元年7月18日(木)、高校生伝統文化事業茶道体験の一環として「浴衣の着装教室」を実施しました。

茶道では、和服を着ることが多いため、例年、実施しています。

講師は、森本真由美先生です。3年の「ファッション造形基礎」を選択している生徒(男子2名、女子31名)が対象で、暑い被服室で約22時間かけて浴衣を完成させました。放課後の補習にも積極的に参加し、自分たちで製作した浴衣を用いて着付けに挑みました。

着装の講習に積極的に取り組み、講師の先生も生徒たちの熱心な姿に喜んでおられました。

浴衣や帯と格闘していた生徒も、着付けが完成するとみな一様に嬉しそうにはしゃいでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 

 令和元年6月18日(火)~6月21日(金)、3泊4日で北海道へ研修旅行に行って来ました。

 1日目、午前6時にJR城陽駅に集合し、バスにて伊丹空港へ行き、伊丹空港から新千歳空港に到着しました。

バスにて、1~6組はノーザンホースパークへ、7・8組は箱根牧場へ移動し、記念写真を撮り、昼食はバーベキューを楽しみました。食事の後、園内を見学しました。

その後、宿泊先のホテルベルヒルズへ向かい、夕食はバイキングをいただきました。

夕食の合間には、民泊代表者の挨拶がありました。

 2日目、午前中は、各体験コース(ラフティング・マウンテンバイク・城陽オリジナル・ママチャリコース・フィッシング・乗馬・十勝岳ハイキング)に分かれて体験学習を行いました。

その後、ファーム富田へ移動し、昼食を取り、園内を見学し、買い物を楽しみ、民泊先でお世話になりました。

 3日目、終日「北海道大地の学校ファームステイ体験」を行いました。

 4日目、各地区にてお世話になった民泊の方々とのお別れ式を行いました。

その後、バスにて小樽へ移動し、自主研修を行いました。

全員無事に帰路に着くことが出来ました。

 

 

 

 

 

 
 
 
 

1年生は奈良公園で校外研修を行いました。来年度の研修旅行に向けて班別で行動し、奈良公園付近を散策。また英語科から「海外旅行者へインタビュー」として研修課題もあり、どちらも事前に班で行動計画や質問内容を議論していました。

当日は天候にも恵まれ、午前中に疲れ切る生徒がいるくらいみんな歩き回っていました。お寺や神社を巡り、海外旅行者にインタビューして充実した1日だったように思います。

 
 
 
 

6月20日(木)、3年生は校外学習(神戸)に行きました。目的は「クラスの親睦を深めるとともに、集団活動を通して協調性と責任ある行動をとる」ことです。

 生徒達は事前にどこに行くかを話し合い、限られた時間の中、目一杯神戸を堪能しました。南京町では焼売や肉まんなどを頬張っていたり、メリケンパークでは文字のモニュメント「BE KOBE」で記念撮影をしたり、北野異人館ではトリックアートでユニークな写真を撮ったりなど、生徒達はそれぞれの場所で神戸を楽しんでいました。

 
 
 
 

 令和元年6月17日(月)、朝の登校時、本校陸上競技部と地域のボランティア、城陽警察署の協力を得て、朝の交通マナーの啓発を行いました。

京都府自転車安全利用推進員のベストを着用し、水度参道を登校する生徒達に交通マナーを呼びかけました。

 
 

DSCN6111s.jpg6月12日(水)ロングホームルームの時間に3年生全員がグラウンドに出て、自分たちの卒業アルバム用の人文字を撮影しました。今年は、新元号にちなんで「令和」の文字を描きました。
一昨年前の卒業生らが「JOYO」の文字を描いて以来、昨年度の卒業生は本校の校章を、そして今年は新元号を...。「もしかして、この校庭での人文字って、これから伝統になっていくのかなぁ?」という声もありました。