アクセス

〒610-0261
京都府綴喜郡宇治田原町岩山小字丸山36番地
TEL 0774-88-2214
FAX 0774-88-5599
e-mail:
ujitawara-es@kyoto-be.ne.jp
 

カウンタ

COUNTER558018

オンライン状況

オンラインユーザー4人
ログインユーザー0人

リンクリスト

携帯用QRコード

携帯電話からもHPをご覧いただけます。
QRコードの読み取り機能がある携帯電話で下記のQRコードをご利用ください。
 
 ←クリックしてください。
 
 

トピックス

宇治田原小学校NEWS
12345
2021/09/28new

第2学年オンラインによる「京都市動物園教育プログラム学習」

Tweet ThisSend to Facebook | by 宇治田原町立宇治田原小学校サイト管理者
 第2学年国語科では「どうぶつ園のじゅうい」という説明文を学習します。
【主な学習内容】
 1 教材文の内容を表に整理してまとめる。
  ・時間の順序に気をつけて、筆者が「いつ」「どんな仕事をするか」を分けて 書く。
     ・「仕事をしたわけ」「仕事の工夫」を見つけ、どのように感じたかを話し合 う。
  ・「毎日すること」と「この日だけしたこと」は何かを考え、その違いについて話し合う。
 2 読んで考えたことや気づいたことをまとめる。
  ・獣医の仕事について、自分の知識や体験と比べ、発見や驚き、もっと知りたいこと等を書
   く。
 この学習で、動物園の獣医さんの仕事について説明文から読み取りをする中で、もっと知りたいという気持ちが強くなる子どもたちが多くいました。
 そこで、「京都市動物園教育プログラム学習」に申し込み、本日、オンラインによって京都市動物園の獣医さんの仕事について、お話を聞く機会を設定することができました。
 京都市動物園の獣医さんからは、
 1 一日の仕事について
 2 毎日欠かさず行う仕事について 
などをお話しいただきました。

          オンラインによる「京都市動物園教育プログラム学習」の始まり

       動物病院の様子               動物の健康状態は糞の状態で判断

         カバの体重測定               アカゲザルのしっぽの治療

        レントゲン撮影について            獣医さんからの説明のメモをとる様子

           獣医さんからの説明のメモをとる様子
 その後、子どもたちからの質問に答えていただきました。
【子どもたちからの質問】
 1 肉食系動物など、危険な動物の治療はどうやってやるのですか?
 2 一番多い病気や怪我は何ですか?
 3 怪我をしやすい動物、病気になりやすい動物はいますか?
 4 動物にも麻酔を使うのですか?
 5 どうして獣医さんになったのですか?
 6 一番つらい仕事は何ですか?
 7 獣医さんの仕事のやりがいは何ですか?  など

        獣医さんへの質問               質問に答えてくださる獣医さん

        獣医さんへの質問
 第2学年の子どもたちにとって、本日の「京都市動物園教育プログラム学習」は、国語科で学習した内容についての理解を深めるよい機会となりました。
16:43
2021/09/27new

運動会に向けて「第1回リーダー会」実施

Tweet ThisSend to Facebook | by 宇治田原町立宇治田原小学校サイト管理者

 10月23日(土)に開催予定の「運動会」に向けては、9月14日(火)のホームページでご紹介したとおり、「児童会活動」として第5,第6学年の子どもたちが以下のような係活動に取り組みます。
 第5,6学年係活動:「児童会本部・招集係」「応援係」「決勝・得点係」「競技準備係」
           「広報・放送係」のいずれかに所属しリーダー活動を進めていきます。
 今日は、第1回リーダー会がありました。担当の先生が役割等についての説明をした後に、自己紹介をしたり各係活動の中心となるリーダーが決意を述べたりしました。

     「決勝・得点係」の役割の説明           競技準備係のリーダーによる決意表明

      児童会本部・招集係の役割の確認                  応援係の自己紹介
 その後は、それぞれの役割分担をし、自分がどのようなことをするのか理解を深めました。
「広報・放送係」の子どもたちは、担当の先生から役割について説明を受け自己紹介をした後、さっそく広報活動に取りかかっていました。各係活動の教室へ行き、協力して役割分担する様子をタブレットで写真撮影し、タブレットで係活動の紹介新聞を作成していました。

    「広報・放送係」タブレットによる            タブレットによる取材活動
         取材方法の説明   

 各係活動は、運動会進行の上でとても重要な役割を担います。
 第5,第6学年の子どもたちの係活動での活躍、責任ある行動に期待しています。


 


17:52
2021/09/27new

第4学年理科「5 とじこめた空気や水」の学習から

Tweet ThisSend to Facebook | by 宇治田原町立宇治田原小学校サイト管理者

 第4学年の理科では「5 とじこめた空気や水」という単元で、空気や水の性質について学習します。単元の目標は以下のとおり。
【単元の目標】
 「空気を閉じ込めた袋や空気鉄砲を使った活動や、注射器に閉じ込めた空気を圧し縮める実験を通して、
     閉じ込めた空気を圧した時の現象について、主体的に調べることができるようにするとともに、水に
  ついても同様の実験を行い、それぞれの結果を比較して、空気と水の性質の違いをとらえるようにす
  る。」

 本日、4年2組が理科室で以下のめあてで学習していました。
【めあて】
    とじこめた空気や水をおすとどうなっていくのだろう。

 めあてを確認し、実験の概要の説明【実験の内容は以下のとおり】を聞いた後、子どもたちはノートに自分の予想(考え)を書き出し、班内で交流した後、各班の代表が予想を発表しました。出た予想は・・・。
【予想】
 ◆泡(空気)◆
  ・泡はつぶれる。 ・縮められていく。など 
 ◆水◆
  ・押したところがへこむ。 ・縮められない。 ・泡とちがって縮まない。など

      実験内容を説明する松井先生          予想をノートに書き込む子どもたち
【実験の内容】
 ◆空気◆
   1 ビーカーに液体洗剤と水を入れて一定泡立てる。
      2 空気でっぽうでその液体を吸い取り蓋を閉めた後、振ってしっかりと泡立てる。
   3    空気でっぽうの押し棒を上から押さえ、筒の中の中の泡がどうなるか観察する。
   ◆水◆
   1 ビーカーに水を入れる。
      2 ビーカーの水を空気でっぽうでを吸い取り蓋を閉める。
   3    空気でっぽうの押し棒を上から押さえ、筒の中の水がどうなるか観察する。
 子どもたちは、各班の予想をもとに、空気でっぽうの中の泡(空気)と水、それぞれが押し棒で上から押さえたときにどう変化するか興味津々で実験しました。

  空気でっぽうの筒に閉じ込めた泡(空気)を        空気でっぽうの筒に閉じ込めた水を
       押し棒で押して観察                                                           押し棒で押して観察

 実験の結果は以下のとおり
【実験の結果】
 ◆泡(空気)◆
  ・泡全体が押し縮められる様子を観察することができました。
    ◆水◆
  ・押し棒を押しても下がらず、押し縮められない様子を観察することができました。

 今日の学習から、子どもたちは「空気」と「水」の性質について一つ賢くなりました。 
 今後は、11月に、「7 ものの温度と体積」という単元で「空気」と「水」の別の性質について学習(「金属」についても学習)することになります。


16:35
2021/09/24new

第6学年家庭科「6 生活を豊かにソーイング」の学習から

Tweet ThisSend to Facebook | by 宇治田原町立宇治田原小学校サイト管理者
 第6学年家庭科では、ミシンを使って、生活に役に立つ袋の製作に取り組みます。
 今日、家庭室に行きますと、6年2組が家庭科の学習でミシンを使ってナップサックを製作していました。ミシン縫いする布を折って、ずれないようにまち針で留め、ミシンに布をセットして、はじめはゆっくりとミシンを動かし、慣れてきたらぬうスピードをあげて縫い上げていきます。

    ミシン縫いする布がずれないように          ミシンを使って布を縫い合わせてきます
                            まち針で留めます

 常には使うことのないミシンの操作に悪戦苦闘しながら「ナップサック」の製作にチャレンジしていました。
17:23
2021/09/24new

第2学年図画工作科「お話の絵」の学習から

Tweet ThisSend to Facebook | by 宇治田原町立宇治田原小学校サイト管理者
 9月10日(金)のホームページでタブレットを活用した「お話の絵」の学習を紹介しましたが、その後、4つ切り画用紙に描いた下絵への彩色まで学習は進みました。
 絵の題材は「くまのこのるうくんとおばけのこ」という絵本です。
 今日、2年1組の教室に行きますと、子どもたちは、写真のように下絵に彩色していました。
 お話に出てくる登場人物「くまのこるうくん」や「おばけのこ」を大きく描くことができていることに感心しました。また、花や木の枝も上手に描けていることにも感心しました。

         登場人物を大きく描き筆先を上手に使って細かな部分の彩色も丁寧に
 そして、下絵に彩色するという今日の学習。筆先を上手に使って細かい部分に色をぬったり、工夫して彩色した青空に雲はトントントン・・と、「たんぽ」で色をぬったり、

     「たんぽ」を使って雲を描く様子            上手に描かれた木の幹や枝
楽しみながらお話の世界を絵に表していました。
16:39
2021/09/22

「朝読書」の様子から

Tweet ThisSend to Facebook | by 宇治田原町立宇治田原小学校サイト管理者

 本校では、「春の読書週間」「秋の読書週間」とともに、年間を通して毎朝、「朝読書」に取り組んでいます。
 読書をすると、心が落ち着くとともに、脳が活性化され1時間目の学習にもスムーズに入っていくことができます。
 今日、1年1組の教室に行きますと、子どもたち全員が静かに読書している様子が目に入ってきました。

           静かに「朝読書」に取り組む子どもたち
 思わず、教室に入って写真をとって、子どもたちを褒めました。


 


16:35
2021/09/21

第3学年算数科「10 重さ」の学習から

Tweet ThisSend to Facebook | by 宇治田原町立宇治田原小学校サイト管理者
 第3学年算数科では以下の目標で「重さ」の学習を行います。
【目標】
 「ものの重さについて、その比べ方や普遍単位の必要性を理解し、測定する活動を通し
  て秤で重さをはかることや単位を適切に用いて表現することができるようにするとと
  もに、量感を身につけて生活や学習に活用しようとする態度を養う。」
 今日、3年1組の教室に行きますと、「重さ」の第1時間目の学習を行っていました。 
 今日の学習のめあては、以下のとおり。
【めあて】
 ○直接比較による学習の導入で、重さについて調べるという単元の課題をつかむ。
 ○任意単位(1円玉)による測定を通して重さの単位gについて知り,gを使って重さを
  表すことができる。
  まず最初に、教科書に付いている、「天秤の教具」を組み立てました。そして、筆箱内の鉛筆や鉛筆キャップ、消すゴムなどを左右の天秤の皿に乗せて、どちらが重いか直接比べました。
 子どもたちは、かわいらしい「天秤の教具」を楽しんで組み立て、思い思いに重さ比べをしました。

      教具の天秤を組み立てる様子          色々な物の重さ比べをする子どもたち
 次に、担任の辻井先生が、数多く用意した「1円玉」を見せて「1円玉」1枚が「1g」という重さであることを説明されました。
 その後、「1円玉」を一人10枚ずつ配り、「1円玉」を手に持たせて、「1円玉」1枚の重さ、10枚の重さを体感させられました。そして、組み立てた「天秤」の片方の皿に重さを量りたい「鉛筆」や「鉛筆キャップ」「消すゴム」などを乗せ、もう片方の皿に「1円玉」を1枚ずつ乗せていき天秤が釣り合う1円玉の枚数を確かめ、「1円玉」何枚分(何g)として重さを量りました。

    量る物の重さは1円玉何枚分かな?         1円玉3枚で天秤が概ね釣り合いました

 子どもたちは、これらの活動【数学的活動】を通して、「g」という重さ、量った物の重さを実感を伴って理解していきます。
16:49
2021/09/21

中秋の名月

Tweet ThisSend to Facebook | by 宇治田原町立宇治田原小学校サイト管理者
 今日は、「中秋の名月」です。「中秋の名月」は、太陰太陽暦の8月15日の夜に見える月のことを指します。そして、今年の「中秋の名月」は、8年ぶりに「満月」となります。
 今日の天気は、あいにくの曇りですが、ひょっとしたら雲の切れ間に「中秋の名月」を見ることができるかもしれません。

                     「中秋の名月」フリーイラストより
15:10
2021/09/17

「ゴゴスタ」の取組から

Tweet ThisSend to Facebook | by 宇治田原町立宇治田原小学校サイト管理者

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言下、新型コロナウイルスがデルタ株に置き換わり、子どもの感染も急増する中、学級閉鎖や学年閉鎖等をせざるを得ない場合があるかもしれません。
 そこで、授業と授業の間に10分程度の時間を生み出し、給食終了後、午後(ゴゴ)から学習(スタディ)するということで、「ゴゴスタ」と命名し、タブレット端末を家庭に持ち帰り活用できるように取り組んでいます。
 今日、「ゴゴスタ」の時間に1年1組と2年2組、4年2組の教室に行きますと、それぞれ以下の活動を行っていました。
 第1学年:「漢字スキル」【明治図書出版から提供された無料・無償アプリ】
   ※明治図書出版から、今年度に限り、無料・無償でウェブ上(アプリのダウンロードが必要ない)
    で漢字練習や計算練習ができる教材の案内がありましたので、申し込みをし試しに使用している
    ところです。
      ①既習の漢字が書き順に沿って、提示されます。
      ②次に漢字の何画目かまでは、提示されその続きを自力で書きます。
      ③最後に、その漢字1字を自力で書きます。


      ④書いた後に、正解かどうかどうかアイコンにタッチします。
                ⑤正解で細かな部分まで正しく書けていると花丸、概ね正しく書けていると丸が表示され
                         ます。この判断は、アプリ内のAIがしているようです。
 第2学年:「計算スキル」【明治図書出版から提供された無料・無償アプリ】
                     ①2桁の整数のたし算の筆算問題が提示されます。
      ②問題をタブレット上で解いてタッチペンで書き込みます。

      ③「答え合わせ」のアイコンにタッチします。
      ④正解の場合は、丸が表示されます。この判断は、アプリ内のAIがしているようです。
 1年生も、2年生も、タブレットを使っての漢字スキル、計算スキルなので、楽しみながら意欲的に取り組んでいました。
  第4学年:第4学年国語科教科書に掲載されている、物語「ごんぎつね」を見ながら、タイピングに取
       り組んでいました。
 今日の目標は、時間内に80文字入力することでした。どの子も、教科書を見ながら一生懸命にタイピングに取り組んでいました。

 この取組は、家庭でのタブレットによる学習だけでなく、学校での学習にも大変役に立つ内容です。
 今後、いつ学級閉鎖や学年閉鎖の状況になるか分かりませんので、その状況に対応できるように準備をしているところですが、そのような状況にならないことを一番願っています。

 


16:31
2021/09/16

令和3年秋の全国交通安全運動について

Tweet ThisSend to Facebook | by 宇治田原町立宇治田原小学校サイト管理者

 令和3年9月21日(火)から9月30日(木)までの10日間、全国で一斉に令和3年秋の全国交通安全運動が展開されます。
 また、最終日の9月30日(木)は交通事故死ゼロを目指す日となっています。
  京都府の令和3年秋の全国交通安全運動のスローガンは、
 「上がる手を 守るやさしさ 京のみち」です。
 下に、「令和3年秋の全国交通安全運動リーフレット」【PDFファイル】を貼り付けましたのでご参照いただき、明日からの3連休も含め、子どもたちが事故に遭わないよう交通安全についてご家庭等で話題にしていただけると幸いです。

「令和3年秋の全国交通安全運動リーフレット」のPDF


17:20
12345