アクセス

〒610-0261
京都府綴喜郡宇治田原町岩山小字丸山36番地
TEL 0774-88-2214
FAX 0774-88-5599
e-mail:
ujitawara-es@kyoto-be.ne.jp
 

カウンタ

COUNTER642081

オンライン状況

オンラインユーザー4人
ログインユーザー0人

リンクリスト

携帯用QRコード

携帯電話からもHPをご覧いただけます。
QRコードの読み取り機能がある携帯電話で下記のQRコードをご利用ください。
 
 ←クリックしてください。
 
 

トピックス

宇治田原小学校NEWS
12345
2022/01/20new

教育課程「創意ある教育活動」に位置付けた「外国語」の活動

Tweet ThisSend to Facebook | by 宇治田原町立宇治田原小学校サイト管理者

 12月21日(火)のホームページで一度紹介しましたが、本校第1学年では、教育課程「創意ある教育活動」の国際理解教育に位置付け「外国語」の活動を行っています。
 今日、1年1組の教室に行きますと、ALTのジャスティン先生が中心指導者となって以下のような活動を行っていました。
【主な活動内容と様子】
  1 はじめに、写真のように、ALTジャスティン先生が提示する英語絵カードの「色」と「形」の
      英語表現を、ジャスティン先生の発音を聴いて復唱(発音)する学習をしました。
    子どもたちは、ジャスティン先生の発音をよく聴いて、何回か繰り返して行う内に、提示された
      カードを見るだけで発音していました。

    「色」のカードを提示して発音練習         「形」のカードを提示して発音練習

  2 次に、「色」と「形」のカードを黒板に貼って、ジャスティン先生がそのうちの一つを取り外しま
     す。その間、子どもたちは机に伏せておいて、取り外したカードの「色」や「形」を英語で答えると
     いう学習を行いました。子どもたちは、ゲームの要素が入っているので、一生懸命に黒板から取り外
     した英語絵カードを考え、英語で答えていました。

 机に伏せた子どもとカードを外すジャスティン先生    取り外されたカードの内容(色or形)を
                              発表しようと手を挙げる子どもたち

  4 最後に、黒板に貼られた「色」と「形」の英語絵カードを利用したBingoゲームを行いま
      した。Bingoカードの16マスに好きな「色」「形」を書き込み、ジャスティン先生が選ん
      だ英語絵カードを発音し、自分が作ったBingoカードが縦・横・斜めに4つ揃うかどうかを
      楽しみました。

   選んだカードを提示するジャスティン先生

   ジャスティン先生が選んだカード内容が                          ジャスティン先生が選んだカード内容が
   ビンゴカードにあるか確かめる子どもたち1                   ビンゴカードにあるか確かめる子どもたち2

  1年生の子どもたちは、12月に「動物」と「果物」で学習した経験から、ゲームの楽しみ方もよく理解していて、大喜びで「色」「形」の英語表現に慣れ親しんでいました。


16:40
2022/01/19new

第6学年図画工作科「本焼きでランプシェードを作ろう」の学習から

Tweet ThisSend to Facebook | by 宇治田原町立宇治田原小学校サイト管理者

 第6学年図画工作科では、「ランプシェード」をテーマに焼き物(本焼き)を作ります。
 図工室をのぞいてみますと、昨日は6年1組が、本日は6年2組が「ランプシェード」作りに取り組んでいました。本校の第6学年では、以前から、理科と図画工作科・家庭科を1,2組担任が2クラスともに授業を行う一部教科担任制を実施しています。
 今年度は、理科を6年1組担任の濵野先生が、図画工作科と家庭科は6年2組担任の薄出先生が授業を行っています。
 「ランプシェード」の制作工程は以下のとりです。
【制作工程】
1 粘土をこねる。(こねることで粘土を柔らかくするととともに、粘土に含まれて
 いる空気を取り除きます。)

       粘土をこねる6年生    
2 「粘土のし棒」で、こねた粘土を伸ばし厚さを一定にします。

  「粘土のし棒」でこねた粘土を伸ばす6年生

3 伸ばした粘土の縁を粘土ベラで切り取り、長方形に形を整えます。

     粘土ベラで縁を切り取る6年生

4 瓶などに新聞紙を巻いて固定し、伸ばした粘土を巻き付けていきます。
  ※その際、「どべ」(接着剤:粘土を水でゆるく溶いたもの)で接着面を引っ付けま
  す。

   新聞紙を巻いた瓶に粘土を巻き付ける6年生    「どべ」の役目と作り方、塗り方を説明する薄出先生
5 くしや太めのストローなどで、側面に思い思いに穴を空けたり、余った粘土で飾りを
 付けたりします。

     出来た筒に飾りを付ける6年生            出来た筒に穴を空ける6年生
 完成した作品はしばらく乾燥させ、その後、信楽の窯元で「素焼き」「釉薬塗り」「本焼き」を行っていただき、完成となります。


16:43
2022/01/18new

第2学年国語科「お話のさくしゃになろう」の学習から

Tweet ThisSend to Facebook | by 宇治田原町立宇治田原小学校サイト管理者
 第2学年国語科では教科書に描かれた「絵」を説明するとう学習があります。
 そこで、2年担任の先生たちが、「絵」を説明する学習をした後に、発展的に「絵」から想像した物語を子どもたちにつくらせようと考え、写真のようなワークシートを用意し取り組んでいます。

   物語作りのためのワークシート
  今日、2年2組の教室に行きますと、以下の「めあて」で学習していました。
       【めあて】 1「人ぶつの 名前や せいかくを きめよう」
                   2「はじめの だんらくの お話を きめよう」

       子どもたちの学習の様子
  子どもたちは、前述のめあて1に沿って、写真のように登場人物である「ねずみ」の「名前と性別」「性格」「得意なこと」「住んでいる場所」を自分で想像しワークシートに書き込んでいました。

     ワークシートに登場人物について          ワークシートに登場人物について
        書き込む子どもたち1               書き込む子どもたち2

     ワークシートに登場人物について          ワークシートに登場人物について
        書き込む子どもたち3               書き込む子どもたち4

 授業の後半では、前述のめあて2に沿って、「物語」の「はじめの段落」について、「いつ」「どんな人物が」「どこに」「何をしに」という4つを視点として物語作りをしました。
 どの子も、自分だけの物語を作ろうと一生懸命に学習に取り組んでいました。
16:36
2022/01/17new

第4学年理科「冬の生き物」の学習から

Tweet ThisSend to Facebook | by 宇治田原町立宇治田原小学校サイト管理者
 第4学年理科では、四季の生き物の成長や活動の様子を観察したり、資料やインターネットで調べて、それぞれの季節における生き物の様子の特徴をまとめていきます。
 本日、4年1組の教室に行きますと、教科書に掲載されている植物や昆虫、鳥などの冬の様子をデジタル教科書に集録されている「写真」や「動画」を見て学習していました。
 木々は、冬になると枝に「冬芽」という芽を出して春を待っていることや、テントウ虫は、電柱の下の草が生い茂った所や石の裏に集団で集まって冬を越すことなどを「写真」や「動画」から学びノートにまとめていきました。

  「写真」提示による「木々」の冬の様子について       「動画」視聴による「テントウ虫」の冬の様子について

  「写真」「動画」から分かった生き物の様子のまとめ

    「冬の生き物の様子」をノートに           「冬の生き物の様子」をノートに
       まとめる子どもたち1                まとめる子どもたち2

 デジタル教科書に集録されているデータが大型電子黒板に投影されると、子どもたちの興味・関心が高まり、発言も積極的になって、「冬の生き物」の様子についての理解が進みました。
16:55
2022/01/14

第2学年「紙版画(カラータックはんが)」の学習から

Tweet ThisSend to Facebook | by 宇治田原町立宇治田原小学校サイト管理者
 小学校低学年では、「紙版画」に取り組みますが、最近の紙版画は「教材」が工夫されていて写真のような材料を使って、以下の手順で制作していきます。

     「版台紙」と「カラータック」
1 上質紙に、テーマに沿った下絵を描く。(配色も含め色鉛筆で描く)
2 下絵をコピー機の反転機能を使ってコピーする。(教師による)
3 版台紙の上に、反転コピーされた線画を置き、カーボン紙で版台紙に線画を写し取る。       

     版台紙に反転コピーした線画を                                           版台紙に反転コピーした線画を
        カーボン紙で写し取る様子1              カーボン紙で写し取る様子2

       版台紙に反転コピーした線画を
          カーボン紙で写し取る様子3 

4 反転コピーした線画の下にカーボン紙、その下に色のシール「カラータック」を置き、
 線画をなぞって写し取り、線に沿って切り取る。
5 版台紙に写し取った線画に、下絵の配色に合わせて切り取った「カラータック」を貼
 っていく。
6 カラータック版画の版板(絵)の完成
 ※ カラータックには、水を染みこました紙を当ててこすると、その色のインクが染み
  出るようになっています。
7 「刷り取り紙(すりとりし)」を水にぬらす。
8 水にぬれた「刷り取り紙」を新聞紙に挟んで余分な水分を取る。
9 カラータックを貼って完成した版板(絵)に「刷り取り紙」をのせる。
10 のせた「刷り取り紙」の上に新聞紙をのせて、バレンでしっかりこすり「刷り取り紙」
 にカラータックのインクを刷り込む。
11 カラータック版画の完成
 本日、2年1組に行きますと、描いた下絵を反転コピーした線画の下にカーボン紙を敷いて線画をなぞる工程【前述の3】を行っていました。下絵を見ると「寅」「富士山」「虎の絵」「羽子板」そして、「2022」などがありました。
 テーマは、「寅年の年賀状」。子どもたちは、一生懸命に作品作りに取り組んでいました。
 出来上がりが楽しみです。
16:24
2022/01/13

宇治田原町社会教育委員の皆様による「あいさつ運動」

Tweet ThisSend to Facebook | by 宇治田原町立宇治田原小学校サイト管理者
 宇治田原町社会教育委員会は、毎年、年間を通して水曜日の放課後に2小学校で「まなび茶ろん」(放課後子ども教室)を開催されています。
 しかし、コロナ禍にあってその活動ができない中、何か子どもたちのためにできないかと考えられ、宇治田原町で実施している「あいさつ運動」【毎月第3木曜日・社会教育委員の皆様も参加】に加えて、毎月第1木曜日に「あいさつ運動」を行うことにされました。
 1月の第1木曜日は始業式前でしたので、本日(第2木曜日)、宇治田原町教育委員会の担当の方と社会教育委員4名の方が来校され、校門付近で子どもたちと挨拶を交わしてくださいました。

       登校してくる子どもたち           社会教育委員さんとのあいさつの様子1

   社会教育委員さんとのあいさつの様子2
 登校してきた子どもたちは、社会教育委員の皆様から「おはようございます!!」と声をこかけていただき、嬉しそうに、恥ずかしそうに「おはようございます」と挨拶をしていました。
 お忙しい中、早朝より子どもたちのためにご来校いただいた宇治田原町教育委員会担当の方、社会教育委員の皆様、本当にありがとうございました。
16:47
2022/01/12

【更新】町立小・中学校の新型コロナウイルス感染症発生時等の対応

Tweet ThisSend to Facebook | by 宇治田原町立宇治田原小学校サイト管理者

保護者の皆様へ

 ニュースや新聞報道でご存じのとおり、感染力が非常に強い新型コロナウイルス新変異株が発生し、京都府におきましても感染者が発生しています。
 また1月に入り、京都府内の新型コロナウイルスの新規感染者数が非常に多くなる状況があります。
 このような状況の下、本日、宇治田原町教育委員会から連絡があり、文書「町立小・中学校において新型コロナウイルス感染症が発生した場合等の対応について」(以前の文書を一部変更したもの)を、お子様を通じて各ご家庭に配付いたしました。 
 8月31日に配付いたしました同文書の「児童生徒の登校について」⑥を以下のとおり一部変更しています。
【8月31日配付文書】 
  児童生徒の登校について
   ⑥ 同居の家族に発熱等の風邪の症状等が見られるときは学校に連絡し相談していただきます
    よう
お願いします。
【本日配付文書】
  児童生徒の登校について
   ⑥ 同居の家族に発熱等の風邪の症状等が見られるときは登校を控えていただくようお願いし
    ます。

 変更いたしました理由は、風邪が流行するこの時期にあって、新変異株による症状が
  1 発熱  2 咳  3 倦怠感  等 と、風邪と大変よく似ているためです。

 子どもたちの命・安全を守るために、各家庭での適切なご判断とご対応を何卒宜しくお願いいたします。
 本日の配付文書のPDFファイルは下をクリックしてください。
   ⇓
町立小・中学校において新型コロナウイルス感染症が発生した場合等の対応について.pdf


17:28
2022/01/12

第3学年図画工作科「一版多色刷り版画」の「線彫り」の様子

Tweet ThisSend to Facebook | by 宇治田原町立宇治田原小学校サイト管理者
 12月1日(水)の本ホームページでお伝えしました第3学年図画工作科「一版多色刷り版画」の学習が「線彫り」の段階に入りました。
 今日、3年1組の教室に行きますと、子どもたちは彫刻刀の安全な使い方を電子黒板で復習した後に、黙々と制作活動を行っていました。

  三角刀による題材「ひまわり」の線彫り1       三角刀による題材「ひまわり」の線彫り2

  三角刀による題材「ひまわり」の線彫り3       三角刀による題材「ひまわり」の線彫り4
 彫刻刀の使う様子を見ますと、どの子も安全に十分気を付けて、板に当てる彫刻刀の角度も上手で、スムーズな「線彫り」が進んでいました。
16:57
2022/01/11

第1学年算数科「大きい かず」の学習から

Tweet ThisSend to Facebook | by 宇治田原町立宇治田原小学校サイト管理者
 第1学年の算数科では、第3学期は「大きい かず」から学習します。
 単元目標は、以下のとおりです。
【単元目標】
 「100までの数や100を少しこえる数について、ものの個数や順番を正しく数える活動を通して、
       数の系列を理解し、大小判断をできるようにするとともに、数に親しみながら学ぶ態度を養う。」

 今日、1年2組の教室に行きますと、「大きい かず」の第1時間目の学習に、以下のめあてで取り組んでいました。
【めあて】「大きいかずは、どうやってかぞえるか考えよう。」
 子どもたちに、数え棒を配り数え方の工夫を考えさせていましたが、10に分けて考えると、「10,20,30」と数えやすいという意見が出ました。 

  10に分けて数える考えを発表する1年生
 そこで、写真のように電子黒板で「10(じゅう)」が3つで「30(さんじゅう)」ということを確かめました。

 そして、輪ゴムを使って「10の束」を作る数学的活動を取り入れて配られた数え棒を数えました。
 結果、「10の束5つ」と、「7本の数え棒」になるので、答えは57。

 数え棒で10の束を作って大きい数を数える1年生1   数え棒で10の束を作って大きい数を数える1年生2
 その後は、練習問題を数え棒を操作する数学的活動を取り入れながら解いていきました。
 具体的な操作活動を通して、理解が確かなものになりました。
16:35
2022/01/07

第3学期始業式から

Tweet ThisSend to Facebook | by 宇治田原町立宇治田原小学校サイト管理者
 明けましておめでとうございます。本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 いよいよ、今年度の締めくくり、第3学期がスタートしました。
 始業式の校長の式辞では、「寅年」のことについて、また、北京冬季オリンピック2022フィギュアスケート男子シングル日本代表となった 羽生 結弦 選手から学ぶことを子どもたちに話しました。
 「寅年」が「春が来て根や茎が生じて草木が伸び始める成長する年であること」から、この一年を「寅年」にふさわしい成長する年にしてほしいことを伝えました。

        「寅年」について1                「寅年」について2

        「寅年」について3
 また、12月26日に閉幕した全日本フィギュアスケート選手権2021【北京冬季オリンピック2022フィギュアスケート代表最終選考会】において、両足着氷になったものの、誰も跳んだことのない「4回転半ジャンプ、クワッドアクセル」に挑戦した、羽生 結弦 選手の記者会見の言葉から学んでほしいことを伝えました。羽生選手は、大会後の記者会見で「何回も、何回も体を(氷に)打ちつけて、(大怪我を覚悟で)クワッドアクセルを跳んできた」、クワッドアクセルをとんだ数が1,000回を超え、11月のNHK杯前にやっと手応えをつかんだことなどを述べています。

               羽生 結弦 選手について                                                         クワッドアクセルについて
 その言葉から、失敗しても、失敗しても、「諦めない」「粘り強く」「努力する」ことの大切さを伝えました。

   「失敗しても諦めず粘り強く努力する」          大切にしてほしいキーワード
 我々、教職員一同も、子どもたちの学校生活が「学習」「生活」ともに充実した3学期となりますよう頑張っていきたいと思います。
16:23
12345