部活動

目  標 : 京都府下大会 出場
活動内容 : 基礎的な技能練習、対人練習、ゲーム形式での練習
活動実績 : 平成30年度両丹高校総体 女子上級の部 第3位
       平成30年度両丹高校夏季大会 DRAGONディビジョン
                     女子 第4位
                     男子 第5位

 
目標 府大会出場
部員数 6名
マネージャー 1名
活動内容 バスケットボールを通して人格形成を図る
活動時間 平日放課後~18:30
土日 3時間程度
顧問 吉田 晴香      藤田 真彦
活動実績 ◎令和元年度 インターハイ両丹予選    7位
        ウィンターカップ両丹予選  7位
         新人大会両丹予選      初戦敗退

◎平成30年度 インターハイ両丹予選    7位
        新人大会両丹予選      7位
         ウィンターカップ両丹予選 7位

◎平成29年度 インターハイ両丹予選    7位
        新人大会両丹予選      7位
        ウィンターカップ両丹予選  7位

◎平成28年度 インターハイ両丹予選    7位
        新人大会両丹予選      7位
         ウィンターカップ両丹予選  7位
部員より "心を込めて"をテーマに和気あいあいと活動しています。勉強との両立は大変なこともありますが、毎日充実した学校生活を送っています。バスケットボールを通して、みんなで力を合わせることの大切さや喜び、難しさを学ぶこともできます。私たちと一緒に、青春の汗を流しましょう!
 
目標 両丹ベスト4 京都府ベスト8
部員数 26名
活動内容 バスケットボールを通して人格形成を図る
活動時間 平日 16:45~18:30
土日 3時間程度
顧問 折戸 純      岡本 新平
活動実績 ◎令和元年度 インターハイ両丹予選           7位
       両丹高校夏季大会 TIGERディヴィジョン 4位
       ウィンターカップ両丹予選         初戦敗退
       新人大会両丹予選             初戦敗退

◎平成30年度 インターハイ両丹予選           4位
       インターハイ京都府予選          二回戦敗退 ベスト16
       両丹高校夏季大会 TIGERディヴィジョン  3位
       ウィンターカップ両丹予選         7位
       新人大会両丹予選             7位

◎平成29年度 インターハイ予選             初戦敗退
       両丹高校夏季大会 TIGERディビジョン   3位
       ウィンターカップ両丹予選         7位
       新人戦両丹予選              5位
       両丹総体 上級の部            準優勝

◎平成28年度 インターハイ両丹予選           7位
       両丹高校夏季大会 DRAGONディビジョン 4位
       ウィンターカップ両丹予選         7位
       新人戦両丹予選              7位
 

 全国高等学校バスケットボール選手権大会(ウィンターカップ) 京都府予選両丹代表決定戦が行われました。インターハイ予選で3年生が引退し、新チームとして初めての公式戦となりました。今大会は上位3位までが府大会出場となるため、初戦を勝たないと府大会への出場はできません。

 初戦は、インターハイ予選と同じ東舞鶴高校との試合でした。前回負けを喫して府大会出場を逃しているだけに、生徒たちも序盤から攻守ともに集中してプレーした結果リードを保ったままリベンジを果たすことができました。 準決勝、福知山高校との試合では、相手のスピードや高さのあるオフェンスに得点を重ねられ、力及ばず決勝戦へ駒を進めることはできませんでした。
 3位決定戦では、京都共栄高校と府大会出場をかけた一戦となりました。 序盤から攻守ともに集中し、前半は14点のリードで折り返し、後半は少しずつ疲れなどで差を縮められましたが、最後まで集中を切らさず粘りのプレーで勝利し、府下大会出場を決めました。
 男子はインターハイ府予選で今大会のシード枠での出場が決まっているため、男女での府大会出場となります。


男子・女子 府下大会W出場!

 
 女子は加悦谷学舎(加悦谷高校)では2015年の同大会以来6年ぶり、宮津学舎(宮津高校)は2012年1月の新人戦以来約9年ぶりに府大会へ出場します。

 各試合の結果は以下の通りです。

1回戦

     1st  2nd  3nd  4nd  total
宮津天橋  22  20  23  19   84
東舞鶴   11  11  13   24   59


準決勝

     1st  2nd  3nd  4nd  total
宮津天橋   3  13   16   5   37
福知山   17  18 21   18   74


3位決定戦

     1st  2nd  3nd  4nd  total
宮津天橋  14  24   11   9   58
京都共栄  12  12   15   11   50

 
            

 

 2021年5月22日(土)、23日(日)に令和3年度全国高等学校総合体育大会京都府予選兼第68回近畿高等学校バスケットボール大会京都府予選に出場しました。今大会は優勝すれば全国高等学校総合体育大会に、上位5チームが近畿高等学校バスケットボール大会に出場する権利を得られるものでした。

 5月22日(土)は城陽高校と対戦しました。試合の結果は次のとおりでした。

1st  2nd  3rd  4th  total 
宮津天橋  12 6 6 14 38
城陽 33 22 29 30 114

この結果、23日(日)は福知山成美高校と対戦することになりました。

 5月23日(日)は福知山成美高校と対戦しました。試合の結果は次のとおりでした。

1st 2nd 3rd 4th total
宮津天橋 10 17 18 16 61
福知山成美 24 22 35 22 103

この結果、上位5チームに入ることができませんでした。

 ベスト8の高校はどこも強く、残念ながら大きな壁を実感する2日間となりました。3年生にとっては大きな区切りとなる大会でした。この大会まで連れてきてくれた3年生に感謝をするとともに、2・1年生にはこの悔しさをバネに先輩たちを超えていってもらいたいと思います。



 

 2021年4月24()25()29()、5月1日()に全国高校総合体育大会及び近畿高校選手権大会両丹予選が行われました。新型コロナウィルス感染拡大防止のため、無観客での実施となりました。

 宮津高校・加悦谷高校・宮津天橋高校は前回の試合の成績により、2回戦からの出場となりました。

 2回戦は福知山高校と対戦しました。1Pは本校のフォーメーションやシュートが決まり、得点差をつけることができました。しかし、2P以降は厳しい状況が続く中、粘り強く戦い抜くことができ、勝利することができました。

 3回戦は綾部高校と対戦しました。昨年度の新人戦では4位の実力校であり、格上の相手でした。両丹ベスト4に入る目標を掲げて練習してきた本校の選手たちは、1P2Pでは自らの力を発揮し、綾部高校と接戦を繰り広げました。しかし、3P以降では試合展開が失速し、点数差が広がる結果となりました。残念ながら3回戦は敗北し、3位決定戦にまわることになりました。

 3位決定戦は舞鶴高専と対戦しました。パスやシュートなど戦術がはまり、大量に得点することができました。ベンチメンバーも全員出場し、試合に勝利することができました。選手たちにとって良い機会となりました。

 以上の結果により、両丹予選では3位となり、京都府予選に出場する権利を得ました。この勢いそのまま、府予選でもよい成績を上げることができるよう、練習に励んでいきます。



2回戦


1st 

2nd 

3rd 

4th 

Total 

宮津・宮津天橋 

34

5

17

16

72

福知山

10

17

15

16

58


3回戦


1st 

2nd 

3rd 

4th 

Total 

宮津・宮津天橋 

21

20

11

9

61

綾部

23

22

28

30

103


3位決定戦


1st 

2nd 

3rd 

4th 

Total 

宮津・宮津天橋 

28

30

30

13

101

舞鶴高専

5

18

17

21

61

 
2021年3月1日
加悦谷高校バスケットボール部 10名が卒業しました!

これからも君らしく!
たくさんの感謝を込めて。




 

 2020年12月12・13日、19・20日に新人戦両丹予選が行われました。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、無観客での実施となりました。


 宮津高校・宮津天橋高校宮津学舎はトーナメント第1回戦で網野高校・丹後緑風高校網野学舎に快勝し、2回戦では福知山成美高校と対戦しました。1Qはディフェンスがうまく機能し、4点差の位置で追いかける展開でしたが、2Qから離されていき、力及ばず敗北しました。福知山成美はその後優勝し、上位校の壁を感じました。


 その後は5位決定戦トーナメントに進み、まずは福知山高校と対戦しました。福知山高校は8月の夏季大会で延長戦の末敗北した相手であり、気合いを入れて臨みました。前半を13点差でリードして折り返すと、後半はさらに勢いに乗り、スリーポイントシュートを数多く決めて、夏からの成長を感じながら勝利することができました。最後に5位の座をかけて舞鶴高専との試合に臨みました。序盤は相手のペースに苦しみ、なかなか試合の主導権を握ることができませんでしたが、最後は20点近くの差をつけて勝ち切ることができました。


 夏から重点的に取り組んできたディフェンスの成長を感じながら、上位校の厚い壁を再認識した試合でした。


 春の試合からは宮津高校・加悦谷高校・宮津天橋高校の合同チームとして出場しますが、府大会に出場し、そこで勝利できるチームを目指して、冬季の練習に取り組んでいます。応援よろしくお願いします。

1回戦

1st | 2nd | 3rd | 4th | total
宮津 26 | 25 | 16 | 25 | 92
網野 15 | 10 | 10 | 13 | 48

2回戦 

1st | 2nd | 3rd | 4th | total
宮津 16 | 8 | 11 | 10 | 45
成美 20 | 28 | 20 | 26 | 94

5位決定戦 1回戦

1st | 2nd | 3rd | 4th | total
宮津 17 | 29 | 23 | 33 | 102
福知山 15 | 18 | 12 | 11 | 56

5位決定戦 2回戦

1st | 2nd | 3rd | 4th | total
宮津 22 10 22 14 68
舞鶴高専 17 11 15 6 49
 
京都府高等学校バスケットボール部新人大会 両丹予選


 12月12日(土)~20日(日)の間で、新人大会両丹代表決定戦が行われました。結果を報告します。

<男子>
1回戦  加悦谷 34 ー 95 西舞鶴

<女子>
1回戦  加悦谷 89 ー 17 宮津
2回戦  加悦谷 57 ー 73 福知山
[順位決定戦]
1回戦  加悦谷 65 ー 52 峰山
5位決定 加悦谷 82 ー 89 東舞鶴

 残念ながら男女ともに府大会への出場とはなりませんでした。この新人大会をもって「加悦谷高校」として出場する最後の公式戦が終了しました。
 来年度インターハイ予選からは「宮津天橋高校」として、新たなユニフォームで頑張りたいと思います。
今まで応援ありがとうございました!そして今後とも応援よろしくお願いします。

 
ウィンターカップ京都府予選 両丹代表決定戦
 
 9月26日(土)~11月3日(火)の間で、上記大会が開催されました。男子の結果を報告します。

 男子は1回戦を突破しましたが、2回戦では西舞鶴高校に敗れました。さらに順位決定戦では、惜しくも東舞鶴高校に敗れ、7位となりました。

1回戦   加悦谷 116 ー 56 京都暁星
2回戦   加悦谷 64 ー 104 西舞鶴
順位決定戦 加悦谷 71 ー 80 東舞鶴

 12月12日(土)から新人大会両丹予選が始まります。来年度のインターハイ予選より、宮津天橋高校としての出場となることに伴い、新人大会が加悦谷高校としての最後の公式戦となります。加悦谷高校のユニフォームを着て、最後まで正々堂々と戦います。応援よろしくお願いします。

 
COPYRIGHT (C) 京都府立宮津天橋高等学校