Now Loading...

Now Loading...

教育内容

 

 平成30年4月18日(水)、1年生を対象にSST研修を実施しました。

 ソーシャルスキルとは、簡単に言えば、人間関係のちょっとした「コツ」のようなものです。そのスキル(技術)を体得してもらい、生徒諸君の人間関係をスムーズにすることがこの研修のねらいです。平成24年度より実施し、今年で7年目を迎えました。明るくさわやかな環境づくりの一環として、1年生を対象に実施しています。

 テーマは「感じの良いあいさつをしよう」です。

・鍵を取りに職員室に入ったら校長先生が立っていた。

・家に帰ったらおばあさんが来ていて、両親からあいさつをするように呼ばれた。

・昨日休んでいた友達が元気にやってきた。

などの場面設定をし、担任と進行役の教員がモデルを見せて、それを参考にして、生徒が3人1組でロールプレイをしました。
 
 

 
 
 
 

 平成29年11月1日(水)、1年生を対象に、春の「感じの良い挨拶をするワーク」に続いて、第2回のSST研修を実施しました。

今回のテーマは、「できごと・考え・気分をつかまえる」です。

例えば、次のようなできごとがあったと仮定しましょう。

『日曜日に、AはBと遊ぼうとラインしました。しばらくしても「既読」がつかず、電話もしてみましたが出ません。「きっと、Cたちと出かけて、私を仲間外れにしてるんだ」と考え、Aは悲しくなりました。

「いつもならすぐ返事が来るのに」、「私がBに何か悪いことをしたかなぁ」、「何か大変なことがBに起きたのかな」などといろいろ考え続けて、Aは落ち込んでしまいました。Aはその夜、好きなドラマがありましたが、ぼんやり眺めるだけでした。』

良くないことを考えてしまって落ち込むというのは誰にでもあることでしょう。

でも、もし、「たまたま充電切れだったのかも・・・」と考えれば、「まぁ、仕方ないか」とも思えるでしょう。

考えを変えれば、気持ちや行動を変えることも可能であるということを小グループで話し合いながら実体験するというワークでした。

 
 
 
 

 平成29年5月2日(火)、1年生を対象にSST(ソーシャルスキル・トレーニング)研修を実施しました。

ソーシャルスキルとは、簡単に言えば、人間関係のちょっとした「コツ」のようなものとお考えください。そのスキル(技術)を体得してもらい、生徒諸君の人間関係をスムーズにすることがこの研修のねらいです。

テーマは「感じの良いあいさつをする」。担任と進行役の副担任がモデルを見せて、それを参考に、生徒が3人1組でロールプレイをするという内容です。平成24年度以降、1年生を対象に実施しており、今年で6年目を迎えました。

 

 
 
 
 

 平成28年11月2日(水)、1年生を対象にLHRの時間を使って、第2回SST研修を実施しました。

 今回は「不安と上手に付き合う」をテーマに、不安に関する説明を聞きながら、実習を
行う形で実施しました。

 ○ 不安と上手に付き合うための3つの原則
1. 不安は消えてなくなるものではない
2. 不安についてあれこれ考えると、不安は強くなる
3. 不安を捨てることはできない。不安を避けずに、小さくても何か行動を積み重ねる

 ○ 不安と上手に付き合うための3つの行動
1. 気づく  →「き」
2. 保つ   →「た」   「来たな」と覚える
3. 並べる  →「な」

 実習場面では、体に注意を向け、「余計なことを考えて、不安を大きくしない」方法を
 学びました。

 
 
 
 

 平成28年4月13日(水)、LHRの時間に、1年生を対象にSST研修を実施しました。

 ソーシャルスキルとは、簡単に言えば、人間関係のちょっとした「コツ」のようなものです。そのスキル(技術)を体得してもらい、生徒諸君の人間関係をスムーズにすることがこの研修のねらいです。

 テーマは「感じの良いあいさつをする」

 担任と進行役の教員がモデルを見せて、それを参考にして、生徒が3人1組でロールプレイをするという内容です。
 
 平成24年より春と秋に継続実施して実施し、今年で5年目を迎えました。明るくさわやかな環境づくりの一環として、1年生を対象にこの時期(入学式の翌週のLHR)に実施しています。