クラブ活動

 
 
 

■ 部員数
・ 1年 生 8 名
・ 2年 生 9 名
・ 3年 生 11 名    合計 28 名

■ 活動の魅力
 「決勝の舞台に立つ」を目標に日々練習に励んでいます。平日は校内のハンドボールコートで練習をし、休日は強豪校との練習試合も積極的に行っています。一人一人が技術だけでなく、人間性も成長できるよう、厳しさの中にも笑顔を絶やさず活動しています。


■ 実績
・ 令和2年度

 第8回京都府高等学校夏季ハンドボール選手権大会兼京都府高等学校体育連盟ハンドボール競技特別大会 第2位

 第40回京都府高等学校選手権兼第64回京都府高等学校新人大会 第3位


・ 令和元年度

 第70回全国高等学校総合体育大会京都府予選兼第62回近畿高等学校選手権大会京都府予選 第3位
 第62回近畿高等学校ハンドボール選手権大会 ベスト16
 第39回京都府高等学校新人大会兼第63回近畿高等学校新人大会 第4位

 

 
 
 
 
 
 
 

■部員数

・ 1年 生 0 名
・ 2年 生 3 名
・ 3年 生 1 名    合計 4 名

 

■活動の魅力

 普段は、学校周辺のランニングや階段ダッシュ、校内で筋トレをしています。学校のすぐ裏が山なので山歩きの練習はしやすい環境にあります。テントを手際よく建て、手際よくしまう。バーナーを使って米を炊く。天気図を描いたり、天気の知識の勉強もします。昨年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のために参加できなかった総体も、今年度は参加します。

 

■実績

・令和2年度

 嵯峨自治会連合会主催 有栖川清掃ボランティア参加

 

 

・令和元年度

 第65回近畿高等学校登山大会 出場

 5月高校総体 総合4位入賞

 9月13日~15日、和歌山で開かれる近畿大会への出場権利を得ました。

 
 
 
 
 

■ 部員数

・ 1年 生 28

・ 2年 生 24 名
・ 3年 生 13 名    合計 65 名


■ 活動の魅力

 六度目の甲子園出場を目指し、学年関係なく、厳しい競争意識をもって日々練習をしています。府外への遠征も多く、様々な練習試合を通して学び、日々の練習から強いチームになるための試行錯誤をしています。


 ① 近畿圏のみならず圏外の強豪校との練習試合・遠征・合宿
 ② 専門資格であるNSCA・CSCSを取得している指導者の元でのレジスタンストレーニング
 ③ 立命館大学スポーツ健康科学部や管理栄養士と連携したスポーツ栄養指導
 ④ 週に2~3回のアスリート出張食堂
 ⑤ 専門アプリ【Atleta】を活用した体重・スケジュール・食事管理


■ 実績

・令和2年度

 令和2年度春季京都府高等学校野球大会 1次戦出場

 令和2年度夏季京都府高等学校野球ブロック大会 Fブロック優勝

 令和2年度秋季京都府高等学校野球大会 1次戦出場


・令和元年度

 2019年度春季京都府高等学校野球大会 ベスト8

 
 
 
 
 
 
 

■ 部員数

・ 1年 生 18

・ 2年 生 14 名
・ 3年 生 3 名    合計 35 名

 

■ 活動の魅力

 練習時間や練習場所が限られた中で、工夫しながら高い目的意識を持って活動しています。まずはうまくなること(技術)を基本に据え、ボールタッチやボールコントロールなどを中心に個人技能の習得および向上を目指しています。また、グループ戦術やゲームトレーニングなど、より実践に近い形の中で戦術の理解度が深まるトレーニングも取り入れています。オン・ザ・ピッチだけでなく、オフ・ザ・ピッチにおいても礼儀や挨拶、生活規律等ヒューマンスキルの向上を目指しています。まずは京都大会上位進出を目標に、「今やるべきことを精一杯やる」「当たり前のことを当たり前のようにやる」をチームコンセプトとして日々取り組んでいます。

 

■ 実績

・令和2年度

 京都府高等学校サッカー大会 出場

 第99回全国高等学校サッカー選手権大会京都大会 出場

 令和2年度京都高校サッカー新人大会 出場

 

・令和元年度

 全国高等学校総合体育大会サッカー競技京都府予選 出場

 京都府高等学校総合体育大会サッカー競技 出場

 高円宮杯U-18サッカーリーグ京都2019 出場

 第98回全国高等学校サッカー選手権京都大会 出場

 京都高校サッカー新人大会 出場

 

 
 
 
 
 
 
 

■ 部員数

・ 1年 生 8 名
・ 2年 生 7 名
・ 3年 生 10 名    合計 25 名

■ 活動の魅力
「支えてくれるすべての人に捧げる勝利」
 この言葉は女子バスケットボール部のスローガンです。日々の練習を大切に、そして誰からも応援されるチームを目指して取り組んでいます。先輩方が残した実績や伝統を受け継ぎ、目標に向かって全員で頑張っています。また文武両道を確立し、日々の学校生活や行事などにも積極的に取り組んでいます。
 小学校からバスケットボールを始めた人もいれば、高校からチャレンジする人もいます。みんなが活き活きと楽しく活動しています。平日は週に1回休養日とし、土日は校外に練習試合に行くこともあります。


■ 実績
・ 令和2年度

 京都総体バスケットボール交流会 出場

 第40回京都府高等学校選手権大会 市部予選 2回戦進出

 第68回京都府高校新人大会市部予選 2回戦進出

 

・ 令和元年度

 全国高等学校総合体育大会 市部代表決定戦 3回戦進出 

 京都府高等学校選手権大会 市部代表決定戦 3回戦敗退

 京都府高等学校新人大会 市部代表決定戦 1回戦敗退

 
 
 
 
 
 
 

■ 部員数

     選手  マネージャー

・ 1年 生 16 名  2 名

・ 2年 生 7 名   3 名
・ 3年 生 9 名   1 名    合計 25 名

 


■ 活動の魅力

 ボトムアップ理論を実践することで、挨拶・返事・3S(整理、整頓、掃除)のできる人間づくりと、チームとして個の能力を上げながら、全員が調和・連携することのできる組織構築に日々励んでいます。自主・自立の精神や信頼と絆、「やり方」の前に「あり方」を大切にしています。

 

■ 実績
・ 令和2年度

 京都府総体バスケットボール交流会 出場

 第40回京都府高等学校選手権大会 兼 第73回全国高等学校バスケットボール選手権大会京都府予選 出場

 第68回京都府高等学校新人大会 兼 第31回近畿高等学校新人大会京都府予選 出場


・ 令和元年度

 第6回3×3 U18 日本選手権大会京都府予選大会 第3位

 
 
 
 
 
 
 

■ 部員数

・ 1年 生 19

・ 2年 生 10 名
・ 3年 生 19 名    合計 54 名

 

■ 活動の魅力

 

 

ゴール.png

 

 

練習環境①.png

練習環境②.png

練習環境③.png

■ 実績

・令和2年度

 京都府高等学校陸上競技対校選手権大会 SUMMER GAME 2020 やり投 個人第2位個人

 京都府高等学校陸上競技対校選手権大会 SUMMER GAME 2020 ハンマー投 個人第3位個人

 京都府高等学校陸上競技対校選手権大会 SUMMER GAME 2020 棒高跳 優勝

 第73回京都府高等学校陸上競技対校選手権大会市内ブロック予選会 出場

 第55回京都府高等学校ジュニア陸上競技対校選手権大会 出場

 第53回京都府高等学校ユース陸上競技対校選手権 出場

 第15回京都府国立・公立高等学校陸上競技対校選手権大会 出場

 

・ 令和元年度

 第72回 近畿高等学校ユース陸上競技対校選手権大会 棒高跳・やり投・砲丸投 出場

 第72回京都府高等学校総合体育大会 3年女子やり投・棒高跳/3年男子棒高跳/2年男子やり投・砲丸投/2年女子ハンマー投 入賞

 第72回京都府高等学校陸上競技選手権大会 3年男子400M/2年男子400H/2年女子100H 京都IH出場

 
 
 
 
 
 
 

 

■ 部員数

・ 1年 生 6 名

・ 2年 生 7 名
・ 3年 生 4 名    合計 17 名

 

■ 活動の魅力

 「個人戦もチームの力をもって」をモットーに、互いに励まし鍛え合う中で、より高い目標を達成するために日々活動しています。初心者として入部した部員も2年後は目を見張るほどの粘り強さと技術の向上を見せます。

 

■ 実績

・令和2年度

 京都府高等学校卓球選手権大会(夏期大会) 出場

 京都府高等学校秋季卓球選手権大会 兼 全国選抜・近畿高等学校新人卓球大会市部一次予選 ベスト8

 京都府高等学校秋季卓球選手権大会 兼 全国選抜・近畿高等学校新人卓球大会府二次予選学校対抗の部 出場

 京都府公立校卓球大会男子学校対抗の部 Eブロック予選 第3位

 京都府公立高等学校卓球大会 個人の部 ベスト8

 

・令和元年度

 京都府公立校大会(団体の部)男子Eブロック 優勝

 京都府公立校大会(個人の部)男子1名第3位入賞 男子2名ベスト16

 春季高等学校卓球選手権大会兼全国・近畿選手権大会 出場

 女子ダブルス1組 府下大会 出場

 秋季高等学校卓球選手権大会兼全国・近畿選手権大会京都府予選 出場

 男子シングルス ベスト32

 

 
 
 
 
 
 
 


■ 部員数
・ 1年 生 11 名
・ 2年 生 11 名
・ 3年 生 6 名    合計 28 名

 

■ 活動の魅力

 全国大会出場を目標に、一日一日を大切に日々の練習に励んでいます。学習と部活動を両立させ、規律ある充実した学校生活の一環として部活動を位置づけています。それぞれの能力を最大限に伸ばし、自らの可能性を広げるよう取り組んでいます。

 

■ 実績

・令和2年度

 令和2年度第73回全日本バレーボール高等学校選手権大会京都府予選会 優勝

 令和2年度第73回全日本バレーボール高等学校選手権大会 2回戦進出

 

・ 令和元年度

 京都府高等学校バレーボール新人選手権大会 準優勝
 第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会 京都府予選会 準優勝
 全国高等学校総合体育大会バレーボール競技の部 京都府予選会 準優勝
 近畿高等学校バレーボール優勝大会 ベスト8

 

♦全国大会での戦績

・令和2年  第73回春の高校バレー 全日本高等学校選手権大会 2回戦進出

・平成9年  インターハイ京都大会  全国高等学校総合体育大会 全国第3位

・平成6年  第25回春の高校バレー 全国高等学校選抜優勝大会 全国第3位
・平成2年  第21回春の高校バレー 全国高等学校選抜優勝大会 全国ベスト8

 

♦プレミアリーグ選手

元久光製薬スプリングス
・大村 加奈子(全日本)...アテネオリンピック出場・北京オリンピック出場
→北嵯峨高等学校 保健体育科教諭 平成22年度~
・佐野 優子(全日本)...北京オリンピック出場・ロンドンオリンピック出場 銅メダル獲得

 
 
 
 
 
 
 

■ 部員数

・ 1年 生 8

・ 2年 生 11 名
・ 3年 生 10 名    合計 29 名



■ 活動の魅力

 京都の 頂点を目指し、日々練習に励んでいます。チームの目標である「強いチーム」「応援されるチーム」を意識し、練習や学校生活に一生懸命取り組んでいます。現状に満足せず向上心を持ち、自分の課題に向き合いながら練習に参加し、全国で通用するスキルを身につけるために頑張っています。

 

■ 実績
・ 令和2年度

 令和2年度第73回全日本バレーボール高等学校選手権大会京都府予選会 ベスト8

 令和2年度京都府高等学校バレーボール新人選手権大会 予選リーグ戦1位通過(予選リーグのみ実施)


・ 令和元年度

 第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会京都府予選会 第3位
 京都府高等学校総合体育大会バレーボール競技の部 Cブロック優勝
 京都府高等学校バレーボール新人選手権大会 第4位

 
 
 
 
 
 
 

■ 部員数  
・ 1年 生 11 名
・ 2年 生 9 名
・ 3年 生 6 名    合計 26 名

■ 活動の魅力

「守破離」の部訓のもと、インターハイ出場・日本一を目指して日々活動しています。主に稽古中心ですが、トレーニング等で基礎体力の向上にも励んでおり、限られた時間の中で合理的に取り組んでいます。「当たり前のことを当たり前にする。できることをしっかりやり切る。」を合言葉に、部活動だけでなく学校生活においても積極的に活動しています。部員の中には発展クラスの生徒や初心者で入部する生徒もおり、文武両道を実践しながら互いに切磋琢磨しています。部員同士の仲が非常に良いですが、いざ稽古に入ると眼の色を変えてひたむきに取り組んでいます。当たり前の日々に感謝することを忘れずに、剣道を通じて人間的に成長することを目標としています。


■ 実績
・ 令和2年度

 令和2年度京都府高等学校剣道大会 女子団体第3位 優秀選手賞受賞

 令和2年度京都府高等学校剣道新人大会 女子団体第3位

 令和2年度京都府高等学校剣道新人大会 男子団体ベスト8

 令和2年度京都府高等学校剣道強化錬成会 女子団体第3位 男子団体ベスト8

 近畿高等学校剣道選抜大会 出場


・ 令和元年度

 第66回全国高等学校剣道大会(インターハイ) 出場
 第57回近畿高等学校剣道大会出場 男女団体出場 男子個人出場
 第74回国民体育大会京都府代表選出 少年男子
 全国高等学校総合体育大会京都府予選会 男子個人準優勝
 全国高等学校総合体育大会京都府予選会 男子団体第3位 女子団体第3位
 京都府高等学校剣道選手権大会 女子個人優勝
 全国選抜大会兼近畿選抜大会予選会 女子団体第3位
 京都府高等学校剣道新人大会 男子団体第3位 女子団体第3位

 
 
 
 
 
 
 

■部員数

 1年生  男子  11人 女子 5人

 2年生  男子  ⒖人 女子 0人    

 3年生  男子  4人  女子 5人    合計40人

 

■活動の魅力

 北嵯峨高校ソフトテニス部の自慢は、部員がテニスコートを大切にしていることです。まわりの方々のおかげでソフトテニス競技をさせていただいている感謝の気持ちをもって、部員たちが切磋琢磨する神聖な場を大切にしています。
 近い将来、「京都に北嵯峨高校ソフトテニス部あり」と言われる集団を目指しています。

  

   

  

■実績

・令和元年度

 京都府高等学校ソフトテニス選手権大会 団体戦 出場 (男)

 

・平成30年度

 京都府高等学校ソフトテニス選手権大会ベスト16(男・女)

 京都府総合体育大会ソフトテニス競技の部 女子Cゾーン3位

 

 

 
 
 
 
 
 
 


■ 部員数  男子   女子
・ 1年   14 名   2 名
・ 2年   10 名   2 名
・ 3年   6 名   0 名  
      30 名   4名   合計34名
■ 活動の魅力
 私たち男子ハンドボール部は『全国大会出場』ではなく『全国大会に出場し勝利すること』を目標にしています。そのためには厳しい練習を乗り越える必要があります。ただ、厳しい練習に取り組むだけではなく『ハンドボールを楽しむ』姿勢を大切にしており、練習中も活気のある雰囲気で取り組んでいます。
 また、ハンドボールを通して人間性を磨き、社会に出て通用する力を身につけることも大切にしています。

■ 実績
・ 令和2年度

・令和元年度

 第72回京都府高等学校総合体育大会 優勝
 第70回 全国高等学校総合体育大会 京都府予選兼 第62回 近畿高等学校選手権大会 京都府予選 準優勝
 第62回 近畿高等学校選手権大会 ベスト8
 第7回 京都府高等学校夏季ハンドボール選手権大会 優勝
 第39回京都府高等学校選手権 兼 第63回京都府高等学校新人大会 準優勝
 第43回近畿高等学校ハンドボール新人大会 兼 第43回全国高等学校ハンドボール選抜大会近畿予選 出場
 第1回 京都府高等学校冬季ハンドボール選手権大会 優勝"

・平成30年度

 第69回 全国高等学校総合体育大会 京都府予選兼 第61回 近畿高等学校選手権大会 京都府予選 ベスト4
 第6回 京都府高等学校夏季ハンドボール選手権大会 第3位
 第38回京都府高等学校選手権 兼 第63回京都府高等学校新人大会 準優勝
 第42回近畿高等学校ハンドボール新人大会 兼 第42回全国高等学校ハンドボール選抜大会近畿予選 出場

 
 
 
 
 
 
 

■ 部員数

・ 1年 6名

・ 2年 3名

・ 3年 1名

*合計 10名

 

 

 

 

■ 活動の魅力

部員は10名と少ないですが、全員元気一杯で頑張っています。

チームで何より大切に考えていることは、チームワークの大切さです。メンバーそれぞれが、5の力をもっていて、10人合わせて50の力にするのではなく、100の力になるよう、力あわせることの大切さを学びながら練習をしています。また、たくさんの練習をおこなったからといって、技術力は身につきません。少ない練習でも、正確な基本を身につけることが出来れば、より多くの力を出すことができます。そういった観点から、考えるソフトボールを目指して頑張っています。

 
 
 
 
 
 
 

■ 部員数

男子 女子

・ 1年 12 名 14 名

・ 2年 15 名 14 名

・ 3年 8 名 9 名

* 合計 35 名 37 名   合計 72 名

 

 

 

 

 

■ 活動の魅力

「メリハリのある部活」を目標に、日々努力しています。

練習は、自らメニューを決め、自分の課題と向き合えるように工夫しています。

中学からの経験者から初心者まで切磋琢磨できて、元気のある部活です。

一度見に来てください。

 

 

 

 

 

■ 実績

・ 令和元年度

京都府高等学校バドミントン新人大会(個人戦)府下大会

女子ダブルス ベスト16

京都府高等学校バドミントン新人大会(学校対抗)府下大会

男子ベスト32 女子ベスト8

近畿高等学校バドミントン選手権大会京都府予選会

女子ダブルス ベスト16

第70回全国高等学校バドミントン選手権大会京都府予選会(学校対抗)府下大会

男子ベスト16 女子ベスト16

・平成30年度

第65回近畿高等学校バドミントン選手権大会京都府予選会

ダブルス ベスト32(1組)シングルス ベスト32(1人)

平成30年度京都府高等学校バドミントン新人大会(学校対抗)

ベスト16(男,女)

 
 
 
 
 

2020223日、24日の2日間

1回京都府高等学校冬季ハンドボール選手権大会が行われました。

男子は(A)ブロック優勝、女子は(ア)ブロック準優勝で大会を終えました。今年度から始まった大会でこのような成績を残せたことはとても良かったです。北嵯峨高校ハンドボール部を応援してくださった保護者の皆様、関係者の皆様、改めて感謝の意をお伝えし、大会の報告とさせて頂きます。

来年度も沢山の方々から応援されるようなチーム、ハンドボールの魅力を伝えられるようなチームを目指して頑張りたいと思います。ありがとうございました。

 
 
 
 
 
 
 

1月11日(土)

京都市武道センターにおいて令和元年度京都府高等学校剣道強化錬成会が行われました。

全国選抜大会兼近畿選抜大会の予選会でもあります。男子と女子ともに出場しました。女子団体が予選リーグ2位通過し、第3位に入賞しました。全国選抜大会出場は逃しましたが、近畿選抜大会に出場することができます。

13回近畿高等学校剣道選抜大会は3月21日(土)に行われます。

上位入賞を目指して頑張ります。今後ともよろしくお願いします。

 
 
 
 
 
 
 

10月22日(火)~11月24日(日)

第39回京都府高等学校選手権 兼 第63回京都府高等学校新人大会が行われました。

男子ハンドボール部は準優勝、女子ハンドボール部は第4位で大会を終えました。男子は令和2年1月24日から奈良県五條市で開催される第43回全国高等学校選抜大会近畿予選 兼 近畿高等学校新人大会に出場することが決定しました。北嵯峨高校ハンドボール部を応援してくださった保護者の皆様、関係者の皆様、改めて感謝の意をお伝えし、大会の報告とさせて頂きます。ありがとうございました。

 

ー 結果 ー

 

《男子》

対 桃山高校(前半 19-12 後半 13-12) 32-24 勝利   

対 城陽高校(前半 13-13 後半 18-10) 31-23 勝利    

対 田辺高校 (前半 18-11 後半 17-8) 35-19 勝利    

対 洛北高校(前半 8-13 後半 9-16) 17-29 敗戦

 

《女子》

対 北稜高校(前半 17-4 後半 10-3) 27-7 勝利    

対 京都すばる高校(前半 10-3 後半 8-4) 18-7 勝利    

対 桃山高校(前半 10-4 後半 3-4) 13-8 勝利

対 大谷高校(前半 4-15 後半 6-13) 10-28 敗戦

対 洛北高校(前半 5-17 後半 6-12) 11-29 敗戦    

対 城南菱創高校(前半 7-12 後半 3-13) 10-25 敗戦

 

・ベストセブン賞男子2名

中野 晃大(2年)・中井 想(2年)

 

・女子1名受賞

舩川 綾乃(1年)

 

 
 
 
 
 
 
 

11月3日(日)

京都市武道センターにおいて、令和元年度京都府高等学校剣道新人大会が行われました。

男子団体において見事、第3位に入賞しました。チーム一丸となって一戦一戦勝ち上がってくれました。

女子団体においても見事第3位入賞となりました。準決勝では、優勝校に惜敗でしたが、よく頑張りました。

来年の全国選抜予選会につながる試合となりました。近畿選抜大会・全国選抜大会出場を目指して頑張りたいと思います。最後になりましたが、会場まで応援に駆け付けてくださいました諸先輩方、保護者の皆様ありがとうございました。

 
 
 
 
 

平成29年12月10日(日)に大阪教育大学が主催する第29回小右武剣道大会と京都教育大学が主催する平成29年度野入杯争奪剣道錬成大会にそれぞれ分かれて参加しました。

小右武剣道大会においては、見事男子が準優勝、女子が第3位にそれぞれ入賞しました。厳しい試合が続く中、男女とも健闘しました。

また、野入杯剣道錬成大会においては、男子団体のみの参加となりましたが、Aチーム優勝・Bチーム第3位とそれぞれ入賞することができました。

選抜予選大会に向けより一層稽古に励みたいと思います。保護者の皆様をはじめ関係者の方々、応援にお越しくださりありがとうございました。