クラブ活動

 
 

■ 部員数

・ 1年 生 5名(マネージャー1名)

・ 2年 生 4 名(マネージャー1名)

・ 3年 生 4 名    合計13名

 

■ 活動の魅力

 『感謝の気持ちを忘れないこと・最後まで諦めずやり切ること・笑顔と声を絶やさないこと』を大切に、どんなときでもソフトボールを全力で楽しみながら目標に向かって元気いっぱい活動しています。また、限られた時間の中で、質の高い練習をすること、"チーム全員が上達するために、たくさんの方々から応援してもらえるチームであるために、いま自分は何をすべきか"を常に考え、周りを見て行動にすることも大切にしています。今年度の目標は「ベスト4‼」どうぞ引き続き、応援よろしくお願いします。

 

■ 実績

・令和3年度

 第65回春季大会(市内女子) 出場

 第73回全国高校女子選手権大会兼第45回近畿大会府予選 出場

 第41回京都府高等学校ソフトボール選手権大会 兼 第42回新人府下大会(全国高校選抜大会府予選) 出場

 

・令和2年度

 第72回全京都女子ソフトボール大会兼夏季ソフトボール選手権大会 ベスト8入賞

 第40回 京都府高等学校選手権大会 出場

 
 

11月13日(土)女子プロ野球リーグの第一人者として第一線で活躍し、現在は京都文教大学女子硬式野球部で総監督兼選手としても活躍しておられる小西美加さん(平成13年度本校卒業生)と、同大学の社会人選手として活躍されている田中沙紀さん(平成29年度本校卒業生)が来校され、ソフトボール部の練習指導をしていただきました。

お二方からは技術指導だけでなく、練習に対する心構え、前向きに失敗することの大切さ、状況に応じた仲間への声のかけ方・表情、選手としての立ち居振る舞い方など、様々な角度からのアドバイスをもらいました。

部員たちは先輩方のかっこいい姿を目の当たりにし、選手としても人としても憧れを抱くとともに、これ以上ない刺激をもらう機会となりました。

小西さん。田中さん。ご多忙の中、貴重な時間をありがとうございました。

またお待ちしております!

 
 
 
 

7月27日(火)に府立山城総合運動公園にて「京都府立学校交流ソフトボール大会」が実施され、本校ソフトボール部が参加をしました。
この大会はソフトボールを通して相互理解を深め、共生社会の推進を目指すことを目的とし平成30年度から始まりました。残念ながら昨年度は中止となりましたが、今年度は感染防止対策を行った上で開催することとなりました。
当日は気持ちのよい夏空の元、府立の特別支援学校(聾・宇治支援・八幡支援)と高等学校(莵道・京都八幡・北嵯峨)の生徒が集い、合同チームで交流試合を楽しみました。
本校部員は、先日の聾学校との合同練習を活かし、他校の生徒とも積極的にコミュニケーションを取りながら交流を楽しみ、また生涯スポーツとしてのソフトボールを楽しみました。

 
 
 
 

 ソフトボール部は、7月15日(木)放課後、聾学校にて合同練習を実施しました。W-up中に雨が降り出し、残念ながら体育館での練習になりました。キャッチボール・ボール回し・ノックを行い、最後は2チームに分かれてゲーム形式をしてソフトボールを楽みました。両校部員は7月27日(火)に行われる「京都府立学校交流ソフトボール大会」に出場します。合同練習の成果が出せるように頑張りたいと思います。