部活動

 陸上競技部の目標は、「一つでも大きな大会に参加すること」。両丹大会よりも京都大会へ、京都大会よりも近畿大会へ、近畿大会よりも全国大会へ。
 日頃からお世話になっている皆さんへの感謝の気持ちを忘れず、高い目標を持って取り組んでいきます

 
スローガン "今ぞ示そう練磨の技を"
 ~陸上競技部横断幕より~
部員数 52名 (3年生:17名 2年生:24名 1年生:11名)
活動内容 全体集合の後、「短距離・跳躍」、「中長距離」、「投てき」に分かれて活動する。
時折、全体練習も行う。
活動時間 平日 16:40~18:40 
土日 8:30~11:30 または 13:00~16:00
木曜 自主自立の日
顧問 小栗 永次郎   田中 祐介   宇野 郁弥   梅上 優哉
活動実績 全国大会出場者 H13(2001)~H30(2018)

◎H30(2018)
 高原 壮志  やり投   全国IH     出場

◎H29(2017)
 高原 壮志  やり投   U-18日本選手権 優勝
              全国IH      7位
              国民体育大会   7位
 山本 瑛平  3000mSC  全国IH      出場
 大西  凜  砲丸投   U-18日本選手権  出場

◎H28(2016)
 奥田 大樹  やり投  全国IH    5位
   国民体育大会 出場
◎H27(2015)
 飯尾 健太  棒高跳  全国IH 出場
 直田 羽奈  棒高跳  全国選抜大会 出場
 下野 紗希  三段跳  全国選抜大会 2位
 ※両丹高校記録樹立(12m32)
 下野 紗希  三段跳  日本ジュニア 10位
 奥田 大樹  やり投   日本ユース 4位

◎H26(2014)
 下野 紗希 三段跳  日本ユース 9位

◎H25(2013)
 岩佐幸葵子 棒高跳 全国選抜大会 決勝進出
 岩佐幸葵子 棒高跳 国民体育大会 7位
 ※同種目京都府高校生女子選手として初入賞
 岩佐幸葵子 棒高跳 日本ジュニア 9位
 岩佐幸葵子 棒高跳 日本ジュニア室内 2位
 ※京都高校記録、京都室内記録樹立(3m50)

◎H21(2009)
 岡 ありさ 棒高跳 国民体育大会 13位

◎H20(2008)
 鈴木 清央 棒高跳 全国IH 出場

◎H19(2007)
 小中真由美 円盤投 日本選手権 出場
 小中真由美 円盤投 全国IH 出場
 ※京都高校記録樹立(47m29)
 ※2007年度高校ランキング1位

◎H18(2006)
 西原 加純 1500m 全国IH 出場
 西原 加純 都道府県女子駅伝 2区12位
 ※京都府チーム優勝に貢献
 小中真由美 円盤投 国民体育大会 7位

◎H17(2005)
 西原 加純 都道府県女子駅伝 6区2位
 ※京都府チーム優勝に貢献

◎H16(2004)
 杤岡 真司 棒高跳 全国IH 出場

◎H14(2002)
 木﨑 良子 800m  全国IH 出場

◎H13(2001)
 木﨑 良子 800m  ジュニアオリンピック 5位
     2020宮津高校歴代記録.pdf
 

第56回京都府高等学校ジュニア陸上競技対校選手権大会

10月9日(土)・10日(日) @たけびしスタジアム京都

 上記大会に男子17名、女子13名で臨み、女子走高跳での優勝を含め11種目で入賞を果たしました。今大会は、9月下旬まで約1か月続いた練習自粛期間の影響で、短期間で調整練習を行い臨むことになりましたが、今できる精一杯の競技はできていたと思います。2日間ともに天候もよく、自己ベストを出した選手も多くおり、成果のある大会となりました。入賞者は以下のとおりです。


男子 学校対校得点14点 13位

 走高跳   8位   1m80 塚原 晃大(2年・江陽・加)

 棒高跳   6位   3m80 下野 心音(2年・加悦・加)

 円盤投   7位  26m78 松本 樹楽(1年・橋立・宮)

 やり投   2位  48m69 松本 樹楽(1年・橋立・宮)

 8種競技  8位  3904点 橋本 昭博(2年・橋立・加)

女子 学校対校得点25点  9位

 走高跳   優勝   1m58 上田 桃愛(2年・弥栄・加)

 棒高跳   5位   2m50 上田 桃愛(2年・弥栄・加)

 棒高跳   6位   2m50 小林 帆夏(1年・橋立・加)

 棒高跳   7位   2m40 細野 和花(1年・宮津・宮)

 ハンマー投 4位  24m53 片山 優京(2年・峰山・加)

 ハンマー投 6位  22m27 奥田 紗樹(2年・伊根・宮)

 

第54回近畿高等学校ユース陸上競技対校選手権大会

9月17日(金)~19日(日) @たけびしスタジアム京都


 上記大会に5名6種目で出場し、出場者全員が見事入賞を果たしました。今大会は6年に1度の「地元・京都」での開催でしたが、新型コロナウイルス感染症感染拡大の影響で残念ながら今回も無観客試合となりました。また、初日、2日目は台風の接近、通過と天候にも悩まされましたが、選手間でサポート体制をつくり、好成績を収めることができました。出場者の結果は以下のとおりです。


 【結果】

 1年男子 学校対校得点7点

  円盤投  13位     27m83 松本 樹楽(橋立・宮)

  やり投  2位入賞  48m69 松本 樹楽(橋立・宮)

 2年男子 学校対校得点2点

  やり投  7位入賞  50m06 橋本 昭博(橋立・加)

 1年女子 学校対校得点8.5点

  棒高跳  3位入賞  2m50 細野 和花(宮津・宮)

  棒高跳  6位入賞  2m30 小林 帆夏(橋立・加)

 2年女子 学校対校得点1点

  走高跳  8位入賞  1m56 上田 桃愛(弥栄・加)

近畿ユース(2位3位)_small.jpg

近畿ユース6位7位8位_small.jpg

 

 8月20日(金)~22日(日)にたけびしスタジアム京都にて「第54回京都府高等学校ユース陸上競技対校選手権大会」が行われました。激しい雨が降った1日目に始まり、強風や厳しい暑さなど難しいコンディションの中、1・2年生主体となった宮津天橋高校チームが一丸となって府大会に臨みました。

 各部門において3位までに入賞すると近畿大会への出場権を獲得します。本大会では5名が6種目で3位までに入賞し、さらなる飛躍を目指して9月17日~19日に行われる近畿大会に臨みます。上位入賞した選手は以下の通りです。

【1年男子】
やり投 第2位 松本 樹楽(1) 44.57 近畿大会出場権獲得
円盤投 第3位 松本 樹楽(1) 27.09 近畿大会出場権獲得
やり投 第5位 大河 悠晟(1) 40.57
走高跳 第7位 三宅 陸斗(1) 1.65
【2年男子】
やり投 第2位 橋本 昭博(2) 47.29 近畿大会出場権獲得
棒高跳 第4位 下野 心音(2) 4.00
砲丸投 第6位 橋本 昭博(2) 10.76
【1年女子】
棒高跳 第2位 小林 帆夏(1) 2.30 近畿大会出場権獲得
棒高跳 第3位 細野 和花(1) 2.20 近畿大会出場権獲得
ハンマー投 第4位 糸井 茜(1) 11.60
やり投 第6位 佐々木 温代(1) 28.11
100mYH 第7位 田中 輝(1) 17.18(+0.6)
【2年女子】
走高跳 第3位 上田 桃愛(2) 1.54 近畿大会出場権獲得
棒高跳 第4位 上田 桃愛(2) 2.50
ハンマー投 第4位 片山 優京(2) 23.76
走幅跳 第6位 大江 菜々美(2) 5.12(-0.5)


 
 
 
 

 
 秩父宮賜杯第74回全国高等学校陸上競技対校選手権大会
7月28日~8月1日 @福井県営陸上競技場(9.98スタジアム)
 上記大会の女子100mHに多賀野晴さんが出場し健闘しました。多賀野さんは6月に行われた京都府大会2位、近畿大会6位と自己新記録を連発、勝ち上がり、全国IHへの切符を手にしました。コロナ禍にあり無観客試合ということで、現地での応援・サポートは最少人数となりましたが、生中継の動画配信などもあり、多くの仲間が同時刻に応援してくれていたことと思います。結果は以下のとおり悔しいものとなりましたが、これまでの多賀野さんの健闘を讃えたいと思います。また、昨年は中止となったインターハイですが、今年は開催していただきました。開催・運営等において御尽力いただいたすべての方々へ、「感謝の気持ち」も忘れてはなりません。

 「宮津・加悦谷・宮津天橋」チームとしてはじめてのインターハイがここに完結しました。ここからは1,2年生の後輩が近畿まで続くユース対校選手権大会に向かいます。今後とも応援よろしくお願いします。
【結果】
 女子100mH 2組5着 14秒77 多賀野 晴(3年・峰山中・加)



 

76回京都陸上競技対校選手権大会
7月17日、18日 @たけびしスタジアム京都

 上記大会に男子5名、女子6名で出場し、4種目で近畿選手権への出場権を得ました。今大会は真の京都チャンピオンを決める大会で、出場者は高校生、大学生、社会人と幅広く、出場した選手は大学生や社会人の胸を借りるつもりで戦い、よく健闘しました。8位までに入賞した選手の結果は以下のとおりです。

男子
 3000mSC 93750  8位 倉橋直人(3年・網野・宮)
 砲丸投   12m07    5位 中井一成(3年・栗田・宮)近畿選手権出場決定
 10種競技  5694点   7位 中西 陸(3年・橋立・加)近畿選手権出場決定!

女子

 走高跳   1m60   6位 上田桃愛(2年・弥栄・加)近畿選手権出場決定!

 棒高跳   3m20   2位 藤原一華(3年・橋立・加)近畿選手権出場決定!

 

秩父宮賜杯第74回全国高等学校陸上競技対校選手権大会近畿地区予選会

617~20日 @神戸ユニバー記念陸上競技場

 上記大会に男子9名、女子2名で出場し、女子100mHにおいて多賀野晴さんが見事6位に入賞し、全国インターハイへの出場権を獲得しました。また、女子棒高跳で藤原一華さんが7位、男子8種競技で中西陸くんが8位とそれぞれ入賞を果たしました。

「宮津・加悦谷・宮津天橋」チームとなった今年度に、こうして大勢で大会参加できたことをまずは喜びたいと思います。また、新チーム元年に全国出場選手を輩出できたこと、出場した選手のほとんどが自己ベストを更新したことなど、この力強く頼もしいチーム、選手たちに心から拍手を送りたいと思います。

 多賀野さんは、7月28日から8月1日まで福井県で開催される全国インターハイに出場します。最後の一人が戦い終わるまでチームのインターハイは終わりません。みんなで彼女を支え応援していきます。同時に3年生は進路に向かって、12年生は新チームの体制づくりへとシフトチェンジしていきます。それぞれ次のステップに向けてよいスタートが切れるようしていきたいと思います。今後とも応援のほどよろしくお願いします。出場選手の結果は以下のとおりです。

男子 学校対抗得点 1点

4×100mR 4262 予選敗退

1走 蒲田 幸汰(3年・弥栄・宮)

2走 髙岡 颯太(3年・橋立・宮)

3走 新垣 凜(3年・大宮・宮)

4走 下野 心音(2年・加悦・加)

砲丸投  13m58 13位 中井 一成(3年・栗田・宮)自己新記録

やり投  46m47 31位 吉田 匡悟(3年・弥栄・宮)

8種競技 5023点 8位  中西 陸(3年・橋立・加)

女子 学校対抗得点 4点

100mH 1427 6位入賞 多賀野 晴(3年・峰山・加)全国IH出場決定

 ※準決勝1416:両丹高校新記録樹立、自己新記録

棒高跳 3m30  7位入賞 藤原 一華(3年・橋立・加)自己タイ記録

三段跳 1168  9位   藤原 一華(3年・橋立・加)自己新記録


 

 6月4日(金)から6日(日)の3日間、たけびしスタジアム京都にて『第74回京都府高等学校陸上競技対校選手権大会』が行われました。両丹予選で上位入賞した選手、参加標準記録を破った選手が、自己ベストの更新、そして近畿大会への出場を目指して自分の限界に挑戦しました。
 大雨だった初日から徐々に天気は回復していき、最終日は夏の訪れを感じるような暑さとなりました。声を出しての応援が制限される中、生徒たちはスタンドから拍手で応援し、宮津・加悦谷・宮津天橋高校のチームとしての結束力が感じられました。

 本大会にて8位までに入賞した選手は以下の通りとなります。 

【男子】
八種競技 第3位 中西 陸(3) 5096 近畿大会出場権獲得
砲丸投 第4位 中井 一成(3) 13.29 近畿大会出場権獲得
4x100mR 第6位 予選 蒲田-髙岡-塩見-新垣 43.03 近畿大会出場権獲得
準決 蒲田-髙岡-中西-下野 42.67
決勝 蒲田-髙岡-中西-下野 42.59
やり投 第6位 吉田 匡悟(3) 51.29 近畿大会出場権獲得
やり投 第7位 橋本 昭博(2) 51.10
【女子】
棒高跳 第1位 藤原 一華(3) 3.30 近畿大会出場権獲得
100mH 第2位 多賀野 晴(3) 14.40(+0.9) 近畿大会出場権獲得
三段跳 第4位 藤原 一華(3) 11.51(-0.9) 近畿大会出場権獲得
三段跳 第5位 植杉香名子(3) 11.48(+1.0)
棒高跳 第7位 小佐 あゆな(3) 2.70
三段跳 第7位 増田 風杏(3) 11.35(+0.5)
走高跳 第8位 上田 桃愛(2) 1.53
走幅跳 第8位 植杉香名子(3) 5.32w(+2.6)


 女子棒高跳の優勝をはじめ、7種目で近畿大会へ出場することになりました。近畿大会は6月17日(金)から20日(日)までの4日間、神戸総合運動公園ユニバー記念陸上競技場で行われます。応援よろしくお願いします。

 

 5月3日(月)、4日(火)に丹波自然運動公園陸上競技場において、「第74回両丹高等学校陸上競技対校選手権大会」が開催されました。前日まで降っていた雨は止み、2日間とも快晴の空のもと、競技をすることができました。この大会は各種目8位までに入賞すればポイントが加算され、学校対抗で争われます。
 今年度から宮津・加悦谷・宮津天橋高校として出場し、男女ともに総合優勝を飾ることができました。入賞者は男子のべ42名、女子のべ38名にものぼりました。 

詳細は⇒R3両丹IH 宮津・加悦谷・宮津天橋 結果

 この大会で6位までに入賞すると、6月に開催予定の「第74回京都府高等学校陸上競技対校選手権大会」への出場権が得られます。練習時間が限られる中、京都大会に向けてさらなる飛躍を目指して練習に取り組んでいきます!

 
COPYRIGHT (C) 京都府立宮津天橋高等学校