Now Loading...

Now Loading...

学校生活

家庭科部 紹介 2017/05/26 

 

 週に2回、水曜と金曜の放課後に活動を行い、調理実習や被服製作・手芸作品などを作り、文化祭や市役所に展示しています。また、ハロウィンのお菓子作りも毎年の恒例行事となっています。

 
 

平成28年12月23日(金・祝)、歳末の賑わいを見せるJR城陽駅前商店街で本校生徒がボランティアとして参加しました。協力してくれた生徒達ははっぴを着て、歳末売出し抽選会の抽選や商品渡しのお手伝いをしました。

 
 
 
 
 

 平成28年11月30日(水)、家庭科部の1年生が、城陽市役所の玄関に設置されているテーブルに飾り付けをしました。
 12月ということで"羊毛フエルト"でXmasをイメージしたデコレーションをしました。

 
 
 
 

家庭科部では、平成28年7月15日(金)に、宇治田原製茶場の方々に来ていただき、お茶の淹れ方などを学びました。「玉露」と「こいまろ茶」の2種類のお茶を実際に自分で淹れて体験しました。同じ種類のお茶でもお湯の温度によりお茶の渋みが全く異なり、違う味になっていることに部員一同驚いた様子でした。初めて急須で淹れた本物のお茶を体験でき、とてもいい機会となりました。また、実際に飲むだけでなく、相手にもてなす際どのようにお茶を出すのが正しいのかなど、非常にためになるマナーも教わり、生徒たちは感心して話を聞いていました。お茶育ゆるキャラ「こいまろ」にも来ていただき、大人気でした。講義終了後、生徒たちは一緒に写真を撮るため、「こいまろ」とたくさん触れ合いました。最後に宇治田原製茶場の方々から急須やお茶のセットのプレゼントを頂きみんな大喜びでした。本当にありがとうございました。

 
 
 
 

 10月30日(金)のハロウィンの日に、クッキーを作りました。色々な形のものを作り、食べました。とてもおいしかったです。

 週2回(水曜・金曜)の活動では、調理実習や被服製作・手芸などを中心に行い、毎年、文化祭に作品の展示を行っています。昨年度は新しい取り組みとして、棒鉢編みに挑戦しました。