Now Loading...

Now Loading...

学校生活

 

 年々ボランティア部は人数が増え、現在は23名で活動しています。城陽商店街のこどもまつりや、地域の夏祭り、福祉施設の訪問や子どもたちと遊ぶボランティアなど、地域に根ざした活動を行っています。人の役に立ち、自分自身を成長させることができる部活動です。

 
 
 
 

 平成30年4月6日(金)、アルプラザ城陽にて春の全国交通安全スタート式が行われました。その中で、昨年度、城陽警察署が主催する交通安全啓発活動のイベントに運営スタッフとして数多く参加したことへの感謝状をいただくことができました。今年度も多くのボランティア活動に参加し、地域に貢献していきたいと思います。

 
 
 
 

 2月18日(日)、城陽市立福祉センターにて、第6回ボランティアフェスティバルin城陽が開催されました。本校ボランティア部の生徒もスタッフとして参加しました。城陽市内ではたくさんのボランティア団体が活動されています。その活動を知ってもらう場、また市民が気軽に楽しくボランティア活動に触れ、始めるきっかけ作りとなるよう、このボランティアフェスティバルが開催されているそうです。

 ボランティア部の女子生徒は、キッズコーナーのバルーンアートやプラ板体験などのブースを担当しました。以前、城陽警察署の方からバルーンアートを教えていただいたことを活かすことができました。子どもたちと一緒にバルーンアートを作ったり、プラ板を作ったりしました。男子生徒は福祉機器のサポートのお手伝いをしました。また、ホールで行われたイベント(歌を歌ったり、手話をしたり)にも参加しました。

 お手伝いをするだけでなく、いろいろなボランティア団体の活動を見たり、体験したりすることができ、とても楽しく活動することができました。

 
 
 
 

 2月14日(水)、JR城陽駅改札口にて、城陽警察署や城陽交通安全協会の方々と一緒にバレンタインデーにちなんで、チョコレートを配りながら交通安全や防犯等の啓発活動を行いました。チョコレートの中に入っているメッセージカードは本校ボランティア部員があらかじめ作成したものです。駅利用者に「事故に気をつけてくださいね」「振り込め詐欺に気をつけてくださいね」などと声かけしながら配りました。

 
 

 2月10日(土)、アルプラザ城陽にて、城陽警察署主催の交通安全・防犯バレンタインコンサートが行われました。司会として、本校放送部が、スタッフとして、本校ボランティア部が参加しました。また、本校軽音楽部も出演しました。

 音楽を通して、交通安全及び防犯等について考えてもらい、交通安全、防犯意識の向上を図るためにバレンタインコンサートが開催されました。元宝塚歌劇団の逢月あかりさんを一日署長に迎え、防犯パトロールとして、アルプラザ城陽をチラシ配りをしながら回ったり、トークショーを行ったりしました。チラシ配りでは、ボランティア部員も参加しました。トークショーでは、放送部員が質問を行い、話を盛り上げていました。たくさんのお客様が見に来ており、交通安全・防犯活動に少しは役に立てたと感じることができました。

逢月さんと集合写真HP.jpg

 
 
 
 
 
 

 平成29年12月23日(土)、ボランティア部員がJR城陽駅前商店街の歳末大売り出し抽選会でボランティアをしました。特等は「ふるさと小包」で、一番に来たお客さんが引き当て、みんなびっくりしました。ひっきりなしにお客さんがやってきて大賑わいでした。抽選券をたくさん持ってきて、何度もくじ引きに挑戦するお客さんもいました。たくさんの笑顔を見ることができて楽しかったです。

 
 

 山背彩りの市看板2.jpg

 平成29年11月23日(木・祝)、JR城陽駅前商店街・アクティ城陽商店街で開催された「山背彩りの市2017」にボランティアスタッフとしてボランティア部と生徒会役員が参加しました。本校の生徒はスタンプラリーのブースでスタンプを押してあげたり、チラシを配ったりしました。イベントブースでは、本校の軽音楽部によるライブも行われ、お祭りを盛り上げていました。風が強く、寒い日でしたが、多くの人で賑わい楽しい一日になりました。

 
 
 
 
 
 

 11月12日(日)、城陽五里五里の丘(京都府立木津川運動公園)にて熱気球フェスタ2017が開催されました。ボランティア部から3名の生徒がボランティアスタッフとして参加しました。受付をしたり、グッズ販売のお手伝いをしたりしました。熱気球の搭乗だけでなく、ストラックアウトや宝探しなどの体験ブースもたくさんあり、多くの家族連れで賑わっていました。

 
 
 
 

 11月3日(金)、文化パルク城陽で開催された「JOYO産業まつり」にボランティア部が参加しました。晴天で、暖かい日だったこともあり、たくさんの人で賑わっていました。

 アクティ城陽商店街のうどん販売のお手伝いには、5名の部員が参加しました。手分けして、うどんの汁を入れたり、ネギやおあげを入れたり、販売したりと大忙しでした。忙しかったけれど、やりがいを感じることができました。

 城陽警察署のブースでは、バルーンアート教室で体験した成果を見せることができました。6名の部員が参加し、そのうちの3名は、本物の女性警察官の制服を着て、「いまだけおまわりさん」として呼び込み等も行いました。たくさんの子供達がバルーンアートを喜んでくれ、大変うれしく感じました。

 
 
 
 

 10月13日(金)、城陽警察署交通課の荒木氏に講師として来ていただき、ボランティア部の生徒13名を対象に、バルーンアート教室を開催しました。風船の口をしばるのにもコツがあり、丁寧に教えて下さいました。まずは簡単な動物を作れるように練習しました。簡単そうに作っている姿をよく見ますが、実際にやってみるとなかなか難しく、一つの作品を作るのに苦労しました。

10月24日(火)、25日(水)にもバルーンアート教室が開催されます。次は少しステップアップした作品が作れるように頑張っていきます。なお、11月3日(金)に文化パルク城陽で行われる「JOYO産業まつり」に城陽警察署とコラボして交通安全の啓発のためにバルーンアートを作り、来場者に渡したいと思っています。