学校からのお知らせ

 
紅葉ガーランド
紅葉ガーランド
紅葉ガーランド
 

11月の館内装飾テーマは「紅葉」。窓飾りもガーランドも紅葉が映えています。

窓飾り202011-1.jpg窓飾り202011-2.jpg









★2019年11月のコーナー展示から★
◆Request!~アンケートから購入した本~◆
アンケートから選んだ本202011.jpg
今秋実施した全校アンケートでのリクエスト等で購入した本を集めました。






◆11月19日は「世界トイレの日」◆
世界トイレの日202011.jpg「世界トイレの日(World Toilet Day)」は国際連合が定めた国際デーの一つで、屋外排泄の根絶など世界中の衛生状況の改善をめざして2013年に定められました。その趣旨に合った本と、ちょっと楽しいトイレ小説を集めたミニコーナーです。







◆京都本大賞受賞作&京都本大賞ノミネート作&大阪ほんま本大賞受賞作◆

京都本大賞2020.jpgいわば「ご当地版『本屋大賞』」。第8回(2020年)京都本大賞受賞作とそのノミネート作、第8回(2020年)大阪ほんま本大賞受賞作を並べました。

 
 
 

読書週間行事・しおりコンテスト(図書委員会主催)の結果を発表し、入賞者には表彰状や賞品・景品引き換え券等を贈りました。また、応募者全員に参加賞を進呈しました。

上位入賞作品は下記の通りです。

★★グランプリ★★

グランプリ2020.jpg







★★準グランプリ★★

準グランプリ2位2020.jpg









3位   4位★   4位

準グランプリ3位2020.jpg4位202011-2.jpg4位202011-1.jpg











 ここに紹介したもの以外にも、美しい作品、ユニークな作品、すてきな作品が多数ありました。応募作品は印刷して、来週以降、貸出利用者にしおりとして配布する予定です。


 
 
 
ワークショップ「いろいろ作ろう読書グッズ」
 

読書週間も2週間目に入りました。

 普段3冊までのところ5冊まで(ゴールドカードの生徒は7冊まで)貸出できるので、「5冊借りれるんですよね」などと言いながら嬉しそうにコミックや小説などのシリーズを借りていく生徒や、ワークショップやクイズ・ゲームなどを楽しむ生徒の姿がみられます。

 今年の読書週間の館内展示テーマは「本の世界で時間旅行」。タイムトラベル・タイムリープ・タイムスリップなどをテーマにした小説や「時間」に関する本などを集めました。全部ではありませんが、図書委員によるPOPも付いています。時計の切り紙のガーランドを添えて。

本の世界で時間旅行.jpg本の世界で時間旅行の2.jpg時計のガーランド2.jpg

 







 図書委員の「推し本」ミニポスターも展示しています。

図書委員の「推し本」ミニポスター2020-1.jpg図書委員の「推し本」ミニポスター2020-2.jpg








 「図2020アナログゲーム倶楽部 将棋.jpg書館アナログゲーム倶楽部」、フィジカルディスタンスを保って将棋を指しています。







いろいろ作ろう読書グッズ2020-4.jpgタッいろいろ作ろう読書グッズ2020-5.jpgセルしおり作成中。

 







ワークショップ作品集(「なんちゃってハーバリウム」、タッセルしおり、ラミネートしおり)

なんちゃってハーバリウム2020-1.jpgいろいろ作ろう読書グッズ2020-6.jpgいろいろ作ろう読書グッズ2020-3.jpg

 

 
 
 
 

 洛西高校図書館&図書委員会は、毎年、公益社団法人・読書推進運動協議会が主催している「読書週間」(10月27日~11月9日)の日程に合わせて、「読書週間」の行事を行っています。

 今年度図書委員が考えたテーマ(キャッチフレーズ)は「読んで広がる、本で繋がる」です。普段図書館に足を運ばない人にもアピールできるように、図書館外にもポスターや掲示をしています。

 今年度はじめて幟を作ってみました。多少は視覚的効果があるでしょうか?

読書週間2020-1.jpg2020読書週間階段アート2.jpg2020読書週間階段アートgenga.jpg










恒例になった階段アート(階段ポスター)も出来上がりました。原画と並べてご紹介します。

東西の2・3棟間渡り廊下と昇降口には、先生方へのアンケート「先生方に聞きました!好きな古典・最近読んで面白かった本(印象深かった本)」や、しおりコンテストの投票を促す大判ポスターを掲示しています。

2020読書週間掲示2.jpgのサムネイル画像2020読書週間掲示1.jpgのサムネイル画像先生方に聞きました!冊子綴じ.jpgのサムネイル画像








「先生方に聞きました!・・・」はコピーを冊子体に綴じて図書館内の「古典の日コーナー」のところに置いています。掲示が見づらい人は冊子でも読むことができます。


読書週間を機会に一人でも多くの人が図書館に親しんでくれると良いと思っています。

page002.pngのサムネイル画像

page004.pngのサムネイル画像page001.pngのサムネイル画像


 
 
 

★2020年10月のコーナー展示から その2★

◆11月1日は古典の日◆

古典の日2020.jpg「古典の日」の関連では、昨年に引き続き「まんが、イラストで楽しむ古典」と銘打って、日本や中国の古典のコミカライズ(長編以外)やイラスト中心に構成された本を並べました。このコーナーに並べた本の中で異色のケースは、現代日本の能楽師を主人公にしたコミック『花よりも花の如く』成田美名子著 白泉社刊です。古典文学自体のコミカライズではありませんが、少しでも生徒に、能楽や能に描かれた古い物語の世界に触れてもらえたら...と思って並べてみました。残念ながら今のところ反応があるのは教職員からばかりです。


花よりも花の如く 19









◆11月1日は犬の日◆

犬の日2020.jpg11月1日は「ワンワンワン」で「犬の日」でもあるそうです。犬の写真集や、犬に関するノンフィクション・小説などを集めました。犬が大好きな生徒は「可愛い!」と言って写真を眺めています。

 このコーナーの中で一番新しい本は、2020年 第163回 直木賞受賞の『少年と犬』 馳星周著 文藝春秋刊 です。  



少年と犬

 
 
 
 

10月の館内装飾モチーフはハロウィンです。

 

★2020年10月のコーナー展示から★

◆ハロウィンの本・・・魔女の本・妖精の本◆

202010ハロウィンの本コーナー案内.jpg202010ハロウィンの本コーナー.jpgハロウィンの由来や、西洋の魔女・妖精・お化けなどについての本、ハロウィンパーティーを楽しく開催するための本、カボチャスウィーツのレシピの本などを集めました。

 

 

◆アタマとカラダに効くレシピ◆

受験生アタマとカラダに効くレシピ202010.jpg向けのレシピやスポーツ栄養学関連のレシピを並べました。

 

 

 

 




10月27日から11月9日は「読書週間」です。

 図書委員が展示や啓発の準備をしています。下の写真は「読書週間」の幟の作成、コーナー展示の標題の制作、「しおりコンテスト」投票用大判ポスター作製、「先生に聞きました!」大判ポスター作製、階段アート(階段ポスター)掲出中のシーンです。「密」を避けるため、多人数で集まって一気に準備という例年のような方式はとれず、少しずつ準備しています。

読書週間準備中202010-1.jpg読書週間準備中202010-2.jpg読書週間準備中202010-3.jpg読書週間準備中202010-4.jpg階段アート掲出中202010-1.jpg

 

 

 

階段アート掲出中202010-2.jpg

 

 

 

 

 

 
 
 

★2020年9月のコーナー展示から・・・その2★ 

食欲の秋・世界の料理2020.jpg 食欲の秋・世界の料理2020-2.jpg◆食欲の秋・世界の料理◆

「食欲の秋」ということで、いろいろな国・地域のレシピを集めた本や、変わった食材の本を集めました。歴史上の人物やフィクションの登場人物が食べていたであろう料理のレシピもあります。この中から一番新しい本をご紹介します。



世界の郷土料理事典 青木 ゆり子(著/文) - 誠文堂新光社

世界の郷土料理事典全世界各国・300地域 料理の作り方を通して知る歴史、文化、宗教の食規定』  020年6月刊



                                                                                                                         

                                                     

                                                     月の本2020.jpg◆月の本~中秋の名月に寄せて~◆

月やお月見に関する本を集めました。お月見の料理やお菓子(月餅・月見団子等)のレシピもあります。ちなみに2020年の十五夜(中秋の名月)は10月1日、十三夜は10月29日になります。






感染症を知る。withコロナ・afterコロナを考える&パンデミック小説.jpg◆感染症を知る。withコロナ・afterコロナを考える&パンデミック小説◆

春から長期間設えていた「感染症を知る」のミニコーナーを、新しい本や雑誌の特集号、パンデミック小説も加えて大きめのコーナーにしました。この中から比較的新しい本を5冊ご紹介します。なお、このテーマの本は今後も新刊が入ってくる予定です。



コロナ後の世界を生きる 村上 陽一郎(著/文) - 岩波書店



コロナ後の世界を生きる;
私たちの提言』 


感染症 増補版;
広がり方と防ぎ方』 2020年4月刊












新型コロナウイルス 水谷 哲也(著/文) - 東京化学同人
新型コロナウイルス 脅威を制する正しい知識』 2020年5月刊











どうする!? 新型コロナ 岡田 晴恵(著/文) - 岩波書店


感染症専門医が普段やっている 感染症自衛マニュアル
コロナウィルス・インフルエンザ・溶連菌』 
  

 
 
 
 

☆★連休直前特別貸出★☆

9月14日~18日の間「連休直前特別貸出」を実施中です。

ひとり6冊まで貸出できます。ゴールドカードの人は8冊まで貸出できます。

 

窓飾り202009-1.jpg窓飾り202009-2.jpg窓飾り202009-3.jpg

 

 

 

 

9月の装飾モチーフは秋の野原とお月見です。赤とんぼや秋の花のガーランド、窓飾りを見て「秋らしいなぁ」と言いながら入館してくる生徒たちもいます。

 

★2020年9月のコーナー展示から・・・その1★ 

 

空の日2020.jpg◆9月20日は「空の日」 9月20日~30日は「空の旬間」◆

美しい空の写真集を集めました。





 

 

 

動物愛護週間2020.jpg◆9月20日~26日は「動物愛護週間」◆

可愛い動物の写真集や、動物保護の関連書を集めました。

 
 
 
 洛西高校図書委員会は、今年度も読書週間(10/27~11/9)に「しおりコンテスト」を実施します。「しおりコンテスト」とは、しおりの図案を募集して、そのデザインについて人気投票してもらうものです。人気作品はしおりとして印刷して図書館で貸出利用者に配布します。

ただいま図案原稿を大々的に募集しています。

しおりコンテスト2019ポスター 小.jpg 募集要項・応募用紙は各クラスの図書委員の手もとにあるほか、図書館のカウンターにも置いてあります。全員に参加賞があり、参加ポイント(読書週間のポイントラリーに使えます*)がつきます。上位入賞者にはすてきな賞品や順位に応じたポイント*があります。ふるって応募してください。〆切は10月15日13時10分。図書館必着です。

(*読書週間のポイントラリーでポイントを貯めると、雑誌の付録や出版社グッズなどと交換できます。16ポイントで貸出用のゴールドカードも申請できます。)

応募資格は、洛西高校の生徒であること。

作品のテーマは「本」「読書」「芸術」「古典」のいずれかです。オリジナルデザインで、手描き(手書き)であることが条件となります。詳しくは募集要項に書いてあります。

しおりコンテスト2020募集要項.jpg

 
 
 

 洛西高校図書館は、8月20日より通常通り開館しています。

 現在カウンターでは夏休み特別貸出で大量に借りられた本の返却作業に追われています。返却された本は、1冊1冊アルコールで表紙を拭き、一晩カウンター内に保管してから書架に戻しています。

 利用者が毎年に比べ若干少ないのが気になるところです。マスクの着用・手指の清潔(手洗い用薬用せっけん・アルコール消毒剤など館内入り口付近に常備しています)・社会的距離など、感染防止に留意しつつ、大いに図書館を利用してほしいと思っています。

 8月の館内装飾のモチーフは「夏」です。花火やヨットで館内を飾りました。

夏ガーランド202008.jpg夏ガーランド202008-2.jpgイルカ窓飾り202008.jpgヨット窓202008.jpg花火窓202008.jpg

















★2020年8月のコーナー展示から・・・★ 


暑い!202008.jpg
◆暑い!◆

2学期早々から尋常でない暑さが続いています。暑さ対策になるかもしれない本と、この暑さの原因かもしれない地球温暖化の関連書から2冊ずつピックアップしたミニコーナーです。この中から1冊下記に紹介します。なお、書影・書誌事項・紹介文等はopenBDで提供されているものを利用しています。




40℃超えの日本列島でヒトは生きていけるのかDOJIN選書 40℃超えの日本列島でヒトは生きていけるのか 体温の科学から学ぶ猛暑のサバイバル術』  化学同人 2019/07/13 定価 1,600円+税 ISBN 9784759816822

「夏が暑いのは当たり前.しかし,体温以上の「命に関わる危険な暑さ」が続くと,人体は対応していけるのだろうか.本書では,身近であるにもかかわらず,十分に理解できているとは言い難い「人間の体温調節」のしくみに焦点を当てる.体温はどのように決まっているのか,カラダを冷やすしくみ,温度の感じ方,ヒト以外の動物の暑さ対策,熱中症はなぜ発症するのか,運動と体温の関係など,さまざまな側面からその精緻なメカニズムを解き明かす.暑い夏を乗り切る知恵が得られる1冊.」



◆9月8日は国際識字デー◆

国際識字デー 202008.jpg毎年9月8日は国際識字デー(International Literacy Day)です。UNESCOによって1965年に宣言されました。これにちなんで「識字」「リテラシー」などに関連付けられる本を集めました。この中から2冊、夜間中学に関する本を下記に紹介します。






やる気とか元気がでる えんぴつポスター『やる気とか元気がでる えんぴつポスター』  金益見著 文藝春秋 2013/04/10
「大阪東生野夜間中学に通う、高齢で読み書きのできない生徒たちが綴る心の手書き短文集。巻末にリリー・フランキー氏との対談を掲載。 ; 大阪市立東生野中学校、この学校では夜間学級が開設されている。主な生徒は戦争や貧困・病気・家庭の事情により、やむを得ず義務教育を修了することができなかった、60代以上の在日コリアン一世、二世である。日本語が話せても文字の読めないおばあさんたちが夜間中学の修業課程のなかで何を学び、成長していくのか。それをわかりやすく表現しているのが『えんぴつポスター』だ。「生きる歓び」、「文字が読み書きできることの幸せ」、「学ぶことの楽しさ」などを綴った100篇を越えるポスターを眺めているだけで、「やる気」や「元気」、そして「頑張ろう」という気持ちが自然と湧いてきます。」

『夜間中学へようこそ』沢音千尋漫画  山本悦子原作 双葉社 2020/03/12
「今の夜間学校の生徒たちがリアルに描かれ、心をあたためてくれるコミックです。 ; 「おばあちゃんがわたしと同じ中学一年生!?」ひょんなことから、76歳の祖母のつきそいで、夜間中学へ通うことになった優菜。そこで出会った仲間たちとのかえがえのない日々がーーー。」