京都府立嵯峨野高等学校|普通科・京都こすもす科
SSHスーパーサイエンスハイスクール指定校 SGHスーパーグローバルハイスクール指定校  ユネスコスクール加盟校

SGHトピックス

      

 

これまでの取組

2016/11/12・13 第10回全日本高校模擬国連大会(詳細はタイトルをクリックしてください)

目的:グローバル社会の諸課題について理解を深め、その解決策を探究する。その手法の1つとして模擬国連に取り組み、豊かな国際感覚やプレゼンテーション能力、合意形成能力を養う。

内容:東京都渋谷区の国際連合大学にて「サイバー空間(Cyberspace) 」をテーマに模擬国連大会が実施された。全国各地から書類選考を通過した172名もの生徒が集まり、本校からも2年生2名が大会に参加した。

2016/10/26 ノーベル医学生理学賞大隅良典教授の記念講演会(詳細はタイトルをクリックしてください)

目的:「オートファジー研究」の内容に加え、研究者として必要な心構えを学ぶ。

内容:ノーベル医学生理学賞受賞者 大隅良典教授

   「オートファジー研究」

2016/10/17 SGHアカデミックラボ登録説明会(詳細はタイトルをクリックしてください)

目的:課題研究で目指す力や各ラボの具体的な活動内容を知る。

内容:課題研究の概要説明、各ラボ担当者からの活動内容の説明

2016/10/08 パーラメンタリーディベート講習会兼PDA京都交流大会(詳細はタイトルをクリックしてください)

目的:パーラメンタリー(即興型英語)ディベートを通して、英語でのコミュニケーション能力・多角的な分析力・論理的思考力・説得力のある表現力などを養うために、希望者を募って取り組む。

内容:パーラメンタリーディベートのルール説明を受けた後、練習試合、その後トーナメント方式の交流大会に参加した。

2016/07/30 第10回高校生模擬裁判選手権 関西大会(詳細はタイトルをクリックしてください)

目的:事実を的確にとらえて多面的に考え、論理的に意見を構成してわかりやすく他者に伝える力を育成する。

内容:架空の刑事事件を素材として、高校生が検察官や弁護士の役割を担当し、尋問や弁論などを行う。大阪地方裁判所等で開催され、近畿各地から8校が参加した。

H27年度の取組

 平成27年度の取組の様子です。

H26年度の取組

 平成26年度の取組の様子です。