SSH

ファイル名:a980c0bcec0ae6ba79b66098f2efd8ff4486a4a3.pdf

※PDFを開くには下記「嵯峨野高校サポートチームの登録について」をクリックして下さい。

 
 

ファイル名:bcc159a0b57f46a70f52744b2263c92943b0ce33.pdf

※PDFを開くには下記「卒業生対象スーパーサイエンスハイスクール...」をクリックして下さい。

 
 

 スーパーサイエンスハイスクール(SSH)は、将来の国際的な科学技術関係人材を育成するために、先進的な理数系教育を実施する高等学校等を指定して支援する国の取組です。

 本校は、平成24年度からⅠ期目5年間、平成29年度からⅡ期目5年間の連続の指定を受けました。「科学を極める探究心と社会貢献の精神を持ち、国際舞台で創造的リーダーシップを発揮できる研究者」を育成するため、「スーパーサイエンスラボ」のような課題探究カリキュラムや「サイエンス英語」などの教科横断型の授業を行ってきました。また、この基礎枠の指定に加えて、平成25年度から令和3年度までは全国のSSH校の中でも、特に拠点的な役割を担うことを期待される高校が指定される「科学技術人材育成重点校」にも指定されました。京都府の指定事業「スーパーサイエンスネットワーク京都」の基幹校として年2回の合同研究発表会や、フィールドワークサイエンスにおいて中心的な役割を担ってきました。そして、令和4年度よりⅢ期目の指定を受け、これまでの取組を継承・深化するために、SSH事業対象を全校生徒に拡大して行います。「探究活動の質的向上」「Sagano学びのデザインシートを活用したカリキュラム・マネジメントの推進」「グローバルな社会との様々な形態の交流と協働研究」を柱とした取組を実施し、京都府の理数教育を牽引していくとともに、全国の学校にその成果を広く普及していくことを目指します。

<概念図>

 

 スーパーサイエンスハイスクール(SSH)は、将来の国際的な科学技術関係人材 を育成するために、先進的な理数系教育を実施する高等学校等を指定して支援する国の取組です。

 嵯峨野高等学校は、平成24年に「SSH校」に指定されて以来、「科学を極める探究心と社会貢献の精神を持ち、国際舞台で創造的リーダーシップを発揮できる研究者」を育成するため、「スーパーサイエンスラボ」のような課題探究カリキュラムや「サイエンス英語」などの教科横断型の授業を行ってきました。また、平成25年からは全国のSSH校の中でも、特に拠点的な役割を担うことを期待される高校が指定される「科学技術人材育成重点校」にも指定され、京都府の指定事業「スーパーサイエンスネットワーク京都」の基幹校として年2回の合同研究発表会(サイエンスフェスタ)や、アジアサイエンスワークショップにおいて中心的な役割を担っています。

 平成29年3月に第Ⅰ期「SSH校」としての指定は終了しましたが、平成29年4月から第Ⅱ期「SSH校」および「科学技術人材育成重点校」に指定されています。

 本校は今後もSSH事業を通じて、「社会貢献の意識を持ち、国際舞台で創造的リーダーシップ発揮できる研究者」を育成するとともに、京都府立のSSH校の中心的な役割を担い、京都府全体の理数教育の牽引役を担っていきたいと考えています。

 
 
Copyright (C) 京都府立嵯峨野高等学校 All Rights Reserved.