京都府立嵯峨野高等学校|普通科・京都こすもす科
SSHスーパーサイエンスハイスクール指定校 SGHスーパーグローバルハイスクール指定校  ユネスコスクール加盟校

教育課程

京都こすもす科について

専修コース(自然科学系統)

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校であり、京都府の拠点校として重点枠に指定されている本校では、3年間一貫の理数コースとして「専修コース」を設置し、高度な理数教育を展開しています。

こちらのコースでは理数系の専門教育を入学時から段階的・系統的に受けることができ、理学、工学、農学、医・歯・薬学系をはじめ、地球環境や生命科学、数理情報科学など、新しい学問体系も含む分野へと連結する学習をします。実験・演習・観察などを通して論理的思考力と科学的実践力の育成を目指します。

また、3年間継続した「スーパーサイエンスラボ」や京都大学・京都工芸繊維大学などの大学や研究機関と連携して探究活動を行うことで、大学での学問研究の基礎・土台を築くとともに、自らの進むべき方向性についてじっくり考えていきます。

カリキュラム(平成29年度入学生)


共修コース(自然科学系統・人間科学系統)

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)とスーパーグローバルハイスクール(SGH)の指定校である本校では、「共修コース」を設置し、文理のバランスがとれた高度な教育を展開しています。

こちらのコースでは1年次は文理共通のカリキュラムのもとで、人文科学、社会科学、国際文化、自然科学について幅広い知識と科学的なものの見方・考え方を身につけ、自己の適性や能力に応じた進路をじっくり考え、選択します。2年進級時に理系の「自然科学系統」と文系の「人間科学系統」に分かれ、それぞれの分野で専門的な学習を行い、高い学力を育成すること目指します。

「自然科学系統」では、自然科学を系統的に深く学び、科学的・数学的に考察し、表現する能力や態度を育て、グローバル社会にふさわしい知性や豊かな感性、国際性といったものを身につけたリーダーを育てます。

「人間科学系統」では、人文科学、社会科学、国際文化の領域を深く学び、幅広い学問的素養を養います。言語力や思考力、コミュニケーション力を養い、グローバル社会で活躍できるリーダーを育てます。

カリキュラム(平成29年度入学生)

 

普通科について

普通科(自然科学コース・人間科学コース)

京都こすもす科で展開している本校独自の豊かで高度な学びを普通科でも展開しています。授業やラボ活動など、教育内容は京都こすもす科共修コースに準じたものになっています。

1年次の学習を通じて2年次から理系の「自然科学コース」か文系の「人間科学コース」のどちらに進むのかを選択します。

「自然科学コース」では自然科学を系統的に深く学び、高い学力を育成することを目指します。

「人間科学コース」では人文科学、社会科学、国際文化について深く学び、高い学力を育成することを目指します。

カリキュラム(平成29年度入学生)