学校生活

華道体験を行いました

2019年01月30日

 
 

1月29日(火)30(水)に、伝統文化事業の一環として2年生文系標準クラス対象に華道体験を行いました。

華道本能寺家元華務長の中野恭心先生に来ていただき、生け花の歴史や花材の扱い方などについて講義していただいた後、各自でいけばな体験を行いました。

生徒達はいきいきとした表情で、思い思いに生け花に取り組んでいました。

楽しみながら伝統文化に触れることができ、有意義な時間となりました。

 
 
 
正面に見える正方形の紙に漢字一文字を書いた作品が洛西高校生の作品です。
連日多くの観覧者で賑わっていました。
 

平成30年度京都府学校文化・芸術祭ー第50回教育美術展覧会が1月26日(土)~27日(日)にみやこめっせ地下の「日図デザイン博物館」で開催されました。

 

本校からは昨年末に書道の授業で「今年の漢字」というテーマで、自分が選んだ漢字を大きな筆や紙を使って書いた、2年生6名の作品を出品しました。

 
 
 
 

平成31年1月7日(月)第3学期始業式を行いました。

校長先生のお話に続き、教務部、生徒指導部、保健部から3学期の過ごし方について等のお話がありました。その後、吹奏楽部の優秀な成績を残した生徒に対し表彰を行いました。

 
 
 
 

12月21日(金)第2学期終業式を行いました。

地域清掃等のボランティア活動や学校説明会に協力してくれた生徒諸君へのお礼や、交通事故・SNSの扱い等には充分に注意してほしいとの校長先生のお話に続き、教務部、生徒指導部、進路指導部からそれぞれ冬休みの過ごし方等についてのお話がありました。

その後、剣道部、書道部、吹奏楽部の優秀な成績を残した生徒に対し、伝達表彰を行いました。

 
 
 
 

12月13日(木)1年生保護者の方を対象に校外研修説明会を実施しました。多くの1年生保護者の方々にご参加いただきました。研修旅行は平成31年1月29日(火)~2月1日(金)、3泊4日で実施します。

 
 
 
 

12月7日(金)の放課後に、クラブ員およびボランティア生徒が学校周辺の落ち葉拾いを行いました。学校の前のけやき通りの落ち葉を集め、箒で掃除をしました。生徒達は一生懸命、掃除をしてくれていました。歩道がきれいになり、歩きやすくなりました。

 
 
 
 

 11月12日(月)の3、4限に第1学年の家庭基礎の授業で「赤ちゃんとのふれあい体験」を行いました。

 今回は、「ママの働き方応援隊」の親子12組の方々に、「赤ちゃん先生」として育児の大変さや喜びを教えていただきました。

 はじめに、各クラスがグループに分かれ輪になって着席し、赤ちゃんとお母さんが生徒と対面をしました。赤ちゃんとお母さんの自己紹介のあと、赤ちゃんとのふれあい体験を行いました。お母さんから赤ちゃんのお世話に関するお話を聞いたり、赤ちゃんを実際にだっこしたり、言葉を交わしたりしました。また、折り紙や風船などを使って赤ちゃんと遊んだり、「幸せなら手をたたこう」による歌遊びも行いました。

生徒たちは積極的に赤ちゃんにふれあったり、Tシャツを着せる時にどのようにすれば痛くないんだろうか等、気を遣いながら接していて、普段のようすとはまた違う一面を見せてくれました。紐だっこを体験した生徒からは「自分も小さい時があり、親が大切に育ててくれたことを思うと感動した」という感想がありました。このような育児体験を通じて自分自身や周囲の人も含めみんなが大切な命であることを学ぶことができ、感謝の気持ちを育むことができました。

 
 
 
 

11月9日(金)3、4限に全学年を対象に人権学習を行いました。

 第1学年はパラアスリートとして活躍されているオムロン京都太陽の寒川進氏に「障がいのある人々と共に歩む」と題した講演を行っていただきました。

 第2学年は視聴覚教材『ホームタウン』『外国人と人権』を用いて、学習を行いました。

 第3学年は京都弁護士会所属弁護士の方々に「就職・労働問題について」と題した講義を行っていただきました。

 今後の学校生活や社会生活のなかで必要とされる人権感覚を身につける良い機会となりました。

 

 

 
 
 
 

 10月24日(水)26日(金)、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の阿部雄太様に来て頂き、第1学年を対象に「金融経済教育セミナー ~消費者行動と奨学金~」 を実施しました。セミナーではお金に関する知識や判断力を身につけるための金融経済のお話を聞き、また、お金に関するワークに取り組み、次の3つのことを学びました。(1)将来の夢や目標を実現するために必要な資金計画や家計管理、貯蓄のポイント。(2)「家計予算表」を作成したり、計画的な貯蓄を実践するためのワークを通じて、家計における収支のバランスの大切さ。(3)利用が増えている奨学金のメリット、デメリット。

 成人年齢の引き下げに関する民法の改正により、18歳でもクレジットカードを作れたり、ローンを組むことが可能になります。今以上に若者の金融リテラシーの向上が求められる中、生徒一人ひとりが自分自身の将来について考え、正しいお金の知識を身につけることができた良い機会となりました。

 
 
 

3年生の選択科目「フードデザイン」の生徒たちが茶道の体験授業を行いました。初めての礼法室に緊張しながら入室し、掛け軸や生け花を鑑賞した後、本校茶道部を指導して頂いている南條先生の指導のもと実習が始まりました。薄茶を立てたり、お菓子をいただいたりしました。ほとんどの生徒が初めての体験で、正座や道具の扱いに苦労していましたが、先生方の優しい指導で和やかな雰囲気の時間になりました。


茶道体験①.JPG茶道体験②.JPG茶道体験⑥.JPG茶道体験⑤.JPG茶道体験④.JPG茶道体験③.JPG