学校生活

入学式を行いました

2020年04月08日

 
 

 4月8日(水)第41回入学式を行いました。

 今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、残念ながら保護者の皆様や御来賓の皆様に御参加いただくことができませんでしたが、教職員の暖かい拍手に包まれながら第41期生が入場し、晴れやかに高校生活のスタートを切りました。

 式では、校長式辞の後、代表の林龍雅君が宣誓を、坂口未侑さんが喜びのことばを力強く述べてくれました。来週から臨時休業に入るなど例年にはない形でのスタートとなりましたが、第41期生280名ひとりひとりがしっかりと目標を持ち、充実した高校生活を送ってくれることを期待します。

 

 
 
 
 

 4月8日(水)第1学期始業式を行いました。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため放送による形となりましたが、新2,3年生が新たな気持ちで1学期をスタートさせました。

 まだまだ先の見えない状況が続きますが、ひとりひとりが今できることを考え、それぞれの目標に向かって努力してほしいと思います。

 
 
 
 

令和2年2月28日(金)第38回卒業証書授与式を行いました。新型コロナウイルス感染の拡大防止のため、マスクを着用し規模を縮小しての開催となりましたが、306名の卒業生の門出を無事に祝うことができました。卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。皆さんのご健闘とご多幸をお祈りしています。

 
 
 
 

2月19日(水)の4~6時間目に、2年生の総合的な学習の時間の中で「3年生の担任の先生の話を聞く会」を実施しました。3年担任の先生方から、今年度の大学合格状況など進路に関する情報や効果的な学習方法、3年生になるにあたっての心構えなどをお聞きしました。2年生が意識を高める良い機会となりました。

 
 
 
 

 一ツ橋文芸教育振興会が主催する「2019年度全国高校生読書体験記コンクール」に1年生の青山茉由さんが入選しました。このコンクールは、読書によって気づいたこと、行動を起こしたことを中心に自己を振り返って綴る「体験記」を募るもので、全国から92,000編を超える応募があった中、187編の入選作が選ばれました。

 贈られた賞状、記念品を校長先生から渡していただきました。校長先生からは、「生きること、命のあり方を考えさせる作品を読み、テーマについて自己の中でよく考えを深め、自分の生き方や進路目標にもつなげて素直に表現できている」と講評もいただきました。

 

 
 
 
 

1月29日(水)に高校生伝統文化事業の一環として、2年生1・2組の生徒を対象に華道体験を実施しました。華道本能寺の先生方より、生け花の歴史や基本的な生け花の手法について講義を受けた後、約1時間かけて各自お花を生けました。

生徒達は先生方のアドバイスをいただきながら試行錯誤を重ね、思い思いに自分のイメージを形にしていきました。最初は神妙な面持ちだった生徒達も、お花と接するうちにいきいきとした表情になり、生け花を楽しんでいるようでした。最後には、生徒それぞれの個性が出た素晴らしい作品が勢ぞろいしました。

楽しみながら日本の伝統文化に触れることができ、有意義な時間となりました。

 
 
 
 

1月10日(金)3年生を対象にセンター試験激励会を行いました。校長先生や学年主任の先生からセンター試験を受験する3年生に向けて激励があり、その後、進路指導部長の先生からセンター試験受験の際の諸注意等についてお話がありました。来週にセンター試験受験を控えた3年生は皆真剣な表情で聞いていました。あと一週間、特に体調には気をつけて、本番では十分に力を発揮できるように期待しています。

 
 
 
 

 1月8日(水)第3学期始業式を行いました。始業式では校長先生から自分がこうありたいというイメージを持つことの大切さについてお話があり、式後には教務部長、進路指導部長、生徒指導部長の先生方から、努力する才能を磨くことの大切さや、自転車の交通マナー遵守について等のお話がありました。その後、部活動において優秀な成績を残した生徒の伝達表彰を行いました。3学期は次年度の「0学期」とも言われます。具体的な目標を設定し、日々努力を積み重ねて有意義な3学期を過ごしてくれることを期待しています。

 

 
 
 
 

 11月25日(月)に1年生の家庭基礎の授業で「赤ちゃんとのふれあい体験」を実施しました。10人から13人のグループに分かれて、お母さんや赤ちゃんとふれあったり、お母さんの話を聞かせてもらったり、みんなで歌を歌ったりという内容でした。0歳児が多かったため、途中でぐずりだしたり、お母さんから離れなくて生徒たちとふれあえなかったりもしました。また、じっとしていられなくて体育館を走り回る幼児もいましたが、これが本当の子どもの姿だと生徒たちは感じてくれたようです。また、おなかに赤ちゃんがいるお母さんはおなかを触らせてくれたりしもて、大変貴重な経験となりました。

 
 
 
 

 令和元年10月下旬頃、「子どもの発達と保育」では毎年、新林保育園で保育体験実習を行っています。実習のためのオリエンテーションを含め、毎週金曜日に3回、保育園を訪問しました。保育園の先生方の指導のもと、子どもたちの遊びに参加したり、生活面の支援を行ったり、一緒に給食を食べたりしました。
1学期から子どもの生活や発達、福祉などについての学習をしてきましたが、乳幼児と触れ合う機会の少ない生徒たちは緊張しながら保育園を訪問しました。到着するや否やたくさんの子どもたちが出迎えてくれて、緊張がほどけたようでした。子どもたちの明るい笑顔や元気に遊ぶ姿に癒され、大変楽しい実習となりました。