学校生活

 
 

1月11日(火) 3学期始業式を行いました。

 今回も新型コロナウィルス感染拡大防止のため、各教室でスクリーンに映像を映して実施しました。

 校長先生からは、昨年は制約がある中で様々なことを「工夫」して取り組むことができたということに触れ、今年も身近で小さなことも含めて物事に取り組む際に「工夫」をしてほしいとのお話がありました。

 教務部からは、成人式の話を例に「責任」についてのお話がありました。成人したから責任が伴うのではなく、高校生には高校生の学校生活における「責任」があり、それを意識して日々を送ってほしいとのことでした。

 生徒指導部からは2学期終業式に引き続いて交通ルールの遵守やSNSなどの正しい利用を徹底してほしいとのお話があり、そのことから自分の、そして他者の「命」を大切にしてほしいとのお話がありました。

 

 3年生にとっては卒業・進学に向けて、そして1・2年生にとっては進級に向けて大事な時期となりました。健康管理に気を付けて、充実した毎日を送ってほしいと思います。

 
 
 
 

12月20日(金) 2学期終業式を行いました。新型コロナウイルス感染拡大予防のため今回もリモートでの式となりました。

 

 2学期を振り返っての校長先生からの御講話の後、生徒指導部長、進路指導部長からお話がありました。

 生徒指導部長からは、何事も他人事ではなく「自分事」として捉えることの重要性についての話がありました。自転車をはじめとする交通マナーや、日常の学校生活においても思いやりを持ち、相手の立場にたって行動することが大切であるという内容でした。進路指導部長からは、いよいよ進路実現に向けての正念場を迎える3年生へのエールと、1・2年生には冬休みに希望進路についてゆっくり考える時間をつくってほしいという話がありました。

 その後、部活動などで優秀な成績を修めた生徒の伝達表彰を行いました。

 

 また、始業式に先立ち、避難訓練も実施しました。地震により調理室で火災が発生したという想定のもと、各学年・各クラスが避難経路を通ってグラウンドまで避難し、消防署の方から講話をしていただきました。また、その後は教員に対して消火器の使用方法についての実演もしていただきました。

 生徒たちにとっても、改めて校内の避難経路を確認するとともに、実際に災害などが発生した時の対応をシミュレーションする良い機会となりました。

 
 
 
 

12月17日(金) 本校1年生中山瑠璃さんが、「税に関する高校生の作文」(国税庁主催)に応募した作品(テーマ「社会の中での税の役割」)が優秀と認められ右京税務署長より表彰を受けました。

 
 
 
 

12月9日(木) 本校美術部2年生北原文平君が応募した「高校生による自転車利用者に対する注意喚起電柱幕」が西京警察署に採用され、お披露目されました。

 

 北原君がデザインした注意喚起電柱幕は西京警察署管内の国道沿い複数か所に設置される予定です。

 
 
 
 

11月19日(金) 全校生徒で洛西高校前の新林本通り(洛西けやき通り)の落ち葉拾いを行いました。

 

 毎日利用する通学路の清掃を行い、落ち葉で満杯になった袋に、そして地域の方からの温かいお言葉に、生徒たちは達成感を得られたのではないでしょうか。

 集めた落ち葉の一部は持ち帰り、Links活動の堆肥づくりに活用する予定です。

 
 

人権学習を行いました

2021年11月08日

 
 

11月5日(金) 人権学習を行いました。

 

 1年生は「視覚障がい者として生きる」、2年生は「多文化共生社会 違いを認め、共に生きる」、そして3年生が「身近な労働問題」のテーマのもと実施しました。1年生と3年生はそれぞれ盲学校の先生、弁護士の方に講話をしていただき、2年生は動画視聴による学習を行いました。人権に関する様々な事例に触れ、生徒達の人権意識の向上に繋がったことと思います。

 
 
 
 

11月4日(木) 「生活指導週間」の取組の一環として放課後の下校指導を行いました。

 

洛西高校生は自転車通学の生徒が多いので、警察署・PTAの方々にもご協力いただき交通ルール・マナーの再確認をする良い機会となりました。

 
 
 
 

10月15日(金)令和3年度後期生徒会本部役員選挙を行いました。

 

 生徒会長・副会長・書記・会計に総勢14名が立候補しました。それぞれの決意表明を各HR教室にライブ配信し、全校生徒による信任投票が行われました。

 

 信任投票の結果は、10月19日(火)の洛西フェスティバル・スポーツの部の閉会式にて、立候補者全員の信任がなされたことが全校生徒に伝えられました。コロナ禍という制約のある中で最大限の活動をしてくれた前期本部役員から、後期本部役員への引き継ぎが行われました。

 
 
 
 

9月17日(金) 2年生を対象に性教育講演会を行いました。

 

 講師に元京都教育大学教職キャリア高度化センターの関口久志先生をお招きし、「あなたの生と性、もっと大切に、もっと幸せに」のテーマのもと講演をしていただきました。

 性に関する正しい知識を身につけることだけでなく、相手を尊重し思いやる気持ちが何より大事であるということを、改めて確認する機会となりました。

 
 
 
 

8月30日(月) 2学期始業式を行いました。

 緊急事態宣言が発令されたことを受け、当初の予定より一週遅れてのスタートとなりました。また、今回も新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各教室で、スクリーンに映像を映して実施しました。

 

 校長先生からは、緊急事態宣言の発令を受けての時差登校や短縮授業の実施、そして残念ながら洛西フェスティバル文化の部の開催を断念することなどのお話がありました。また、パラリンピックの話にも触れ、コロナウイルスに関しても正しく情報・知識を精査し、偏見や差別に繋がることのないよう人権意識を持ってほしいとのお話がありました。

 

 生徒指導部からは、主に洛西フェスティバルについてのお話がありました。現在の深刻な感染状況などを踏まえ、文化の部については中止の判断に至りましたが、10月に延期される体育祭の前日に少しでも文化的行事を行うことを検討しているので、ぜひ実施に向けて協力をしてほしいとのお話がありました。

 

 進路指導部からは、3年生については進路関係の取り組みが本格化する2学期が始まったので、手続き等抜かりなく行ってほしいとのことでした。また、授業の短縮についても、自分で行う学習時間が増加することにもなるので、前向きにとらえ自分を律して進路実現に向けて頑張ってほしいとのお話がありました。また、1・2年生についても、「学ぶ楽しさ・面白さ」を見つけられる2学期にしてほしいとのお話がありました。

 

 式の後、陸上競技部、書道部、吹奏楽部の伝達表彰も行われました。