京都こすもす科について

学問を志す専門学科のパイオニア

 京都こすもす科は、普通科目を基礎として、それを深く発展させた専門教育を行い、「秩序と調和をもつ世界(COSMOS)」の発展に貢献できる人間を育成します。
 人文社会・国際文化・自然科学の3系統からなる本学科では、各系統の専門性を究める系統必修科目を置くとともに、各自の興味・関心や進路希望に応じ、関連する分野を広く深く学ぶことのできる選択科目を設置しています。また、各界の第一線で活躍されている方々による特別講義やフィールドワーク、高大連携などの特色ある取組を積極的に進めています。

*人文社会系統と国際文化系統は、選抜においては一括募集を行います。1年次は共通の科目を履修し、2年次から系統選択を行います。



人文社会系統  豊かな表現力と社会現象を科学する力

 人類によって創造された文化全般を研究対象とし、文学、言語学、社会・政治・経済学をはじめ、哲学、心理学、人間科学などの学問分野へと連結する学習をする系統です。感性を磨き、豊かな表現力を身につけるとともに、人間および人間を取り巻く社会について科学的に追究する力の育成を目指します。

カリキュラム(平成24年度)


国際文化系統  豊かな国際性とコミュニケーション能力

 英語学・英米文学をはじめ、比較文化、地域研究、国際関係などの学問分野へと連結する学習をする系統です。身近なテーマから国際社会に存在する諸問題に至るまでさまざまなテーマについて英語を通じて学習し、グローバルなものの見方・考え方を身につけるとともに、実践的な英語運用能力の育成を目指します。

カリキュラム(平成24年度)


自然科学系統  あくなき探求心と論理的・科学的思考力

 理学、工学、農学、医・歯・薬学系をはじめ、地球環境や生命科学、数理情報科学など、新しい学問体系も含む分野へと連結する学習をする系統です。実験・演習・観察などを通して論理的思考力と科学的実践力の育成を目指します。

カリキュラム(平成24年度)