古典の日

高校生伝統文化事業(古典)の取組

 11月2日(水)3、4限目に普通科選択 生活文化講座では、古典の日に関連した取組として匂い香づくり体験を実施しました。

 香老舗 松栄堂 専務取締役 畑 元章 様、企画事業部 秀島 佑典 様をお招きし、お香の歴史、和歌や古典文学との関わり、お香の種類等の講義をしていただきました。また香木を見せていただいた後、聞香体験や匂い香づくりをさせていただきました。

 匂い香づくりは、お香のタブレットを使って自分好みの香りを作ることができます。どのように組み合わせるか生徒達は思考力を働かせ、自分だけの香り作りを楽しんでいました。

 

桂高校 読書週間

11月1日(火)から11月15日(火)は読書週間です。今回の標語は「この一冊に、ありがとう」です。

今年は図書委員会(読書週間も含む)の目的として、

・読書の楽しさ・読む喜びを皆に知ってもらう。

・学校の図書館や、本に対して親しみを持ってもらう。

・図書委員会の活動を知ってもらう。 

をたてました。


【企画の紹介:一部】

・11月2日(水)、11月9日(水)の二日間、「映画上映会」を行います。

・11月1日(火)の古典の日にちなみ、図書館前や廊下に顔出しパネルを設置。

・「フォトコンテストin桂」の実施。

 (作品応募締め切りは、11月4日(金)です。投票は9日(水)と10日(木)。)

・「本の虫を探せ!」

 本の中にしのばせたブックワーム(本の虫)を見つけた人には景品が当たります。

・ポイントカード「学年の日」を設定します。《月曜1年、水曜2年、金曜3年》

(ポイントカードは通年実施されていますが、読書期間中に限り、該当学年の人がその日に

 借りるとポイントが2倍に。ポイントをためた人には少しいいことがあります。)

そのほか、「映画やドラマになった本」の中で、図書委員がおすすめする本の紹介や展示コーナー等、様々な企画を計画しています。この機会にぜひ、図書館を訪ねてみてください。



桂高校図書館へのページはこちらから→ //www.lib-eye.net/katsura-hs/


 

放送部

こんにちは!桂高校放送部です。放送部は10月23日(日)に京都文教大学で行われた「第39回京都府高等学校総合文化祭放送部門」の「アナウンス小部門新人戦」と「朗読小部門新人戦」に1年生部員2名がそれぞれ参加しました。そして、「1年生アナウンス小部門新人戦」に参加した町田佳憐さんが予選を通過、決勝戦に挑み4位に入賞しました!

さらに学校外では、11月に桂坂小学校で開催される桂坂学区民文化祭「桂坂オータムフェスタ」の2日目(11月13日(日))で司会をさせて頂くことになりました。いろいろ楽しいイベントですので、皆さんぜひ見に来てください!

 

10月22日(土)、23(日)に第39回京都府高等学校総合文化祭 書道部門、美術・工芸部門、写真部門が開催されました。
本校からは美術部1点と書道部3点の作品を出品しました。

 (画像左より順に)美術部:2年 山田 詩帆「儚(ひとゆめ)パズル」
        書道部:2年 谷口 結奈「臨 多宝塔碑」
        書道部:2年 田中 麗菜「臨 蘇拭祭黄幾道文巻」
        書道部:2年 川下 果鈴「臨 十七帖」

2年 山田 詩帆「儚(ひとゆめ)パズル」
2年 谷口 結奈「臨 多宝塔碑」
2年 田中 麗菜「臨 蘇拭祭黄幾道文巻」
2年 川下 果鈴「臨 十七帖」
 

 10月1日(土)に実施されました、令和4年度京都府高等学校選抜個人戦に男子2ペア、女子1ペアが出場し、男子1ペアと女子1ペアが1回戦に勝利してベスト64となりました。これは、ソフトテニス部の改革4年目で初めての快挙です。

今後もさらに上を目指して頑張っていきますので、応援よろしくお願いいたします。

 

令和4年度体育祭

 9月30日(金)に体育祭を行いました。当日は絶好の体育祭日和で、全競技を滞りなく実施することができました。競技への参加を通して、クラスの団結を深めることができました。学年の枠を超えた色別対抗での団体種目も大変盛り上がり、生徒たちの笑顔があふれる体育祭となりました。

 

第74回文化祭

 9月7日(水)~9月9日(金)の3日間にわたり「♯めくれ桂の1ページ」をスローガンに第74回文化祭を開催しました。
 1年生はダンスパフォーマンス、2年生は小演劇、3年生は演劇に挑戦しました。文化系クラブの展示・発表や生徒会企画なども盛りだくさんでした。それぞれのクラスやクラブで協力し合って準備を進め、当日はひとりひとりが大いに活躍し、みんなで盛り上げ、たくさんの笑顔が見られました。3年生は思い出に残る文化祭に、1・2年生は来年度に繋がる文化祭になりました。

 
7月7日(木)に、2年普通科研究コースを対象に大学訪問を行いました。 人文研究コースでは立命館大学衣笠キャンパスに訪問しました。 キャンパスに到着し、まずは進路選択において何が大事なのかという観点からご講演いただきました。大学卒業後の就職についてまでお話をしていただき、生徒たちは真剣な面持ちで聞いていました。 20220707_1.jpg その後はグループに分かれて、現役の学生の方に構内を案内していただくキャンパスツアーをしていただきました。構内を実際に歩き、大学の施設の見学をしたほか、裁判所を模して作られた施設では実際に席に座らせていただきました。 20220707_2.jpg 暑い中ではありましたが、水分を取りながら、大学の施設を興味深そうに見学していました。 20220707_3.jpg この後、全体で集合して学校に戻ってきました。


理数研究コースは京都工芸繊維大学を訪問しました。 初めに、学長補佐の高畑哲先生から、進路選択につながる講義をしていただきました。大学での学びと高校での学びは何が違うのか、大学で学べる内容、国公立大学と私立大学の違いについて説明していただき、生徒たちは各自の進路の開拓をどのようにしていけばよいか学ぶことができました。 20220707_4.jpg 続いて、キャンパス内の美術工芸資料館に移動し、所蔵のアート作品を観覧しました。 20220707_5jpg.jpg その後、図書館に移動し、大学での図書館利用について説明していただきました。理系の場合、授業で使用する教科書が英語の専門書であったり、研究を進めていく際に英語の雑誌を読んだりすることを知って、生徒たちは少し不安そうにしていました。 20220707_6.jpg 最後に、工繊大のシンボルである虹の塔の前で撮影をして、学校に戻ってきました。 20220707_7.jpg 今回の大学訪問は、文理それぞれに分かれて実施でき、生徒たちにとって、今後の進路を考える際の非常に有意義な体験となりました。
 

去る8月17,18日に第69回近畿高等学校バドミントン選手権大会京都府予選会が行われ、本校より2年生西江南香さんと1年生山本安紗美さんのペアが近畿大会への出場権を獲得しました!

第69回近畿高等学校バドミントン選手権大会は11月11日(金)より大阪府で行われます!

引き続き、応援よろしくお願いいたします!

 

機器の不具合により、使用ができなくなっていた留守番電話対応は、通常どおりに復旧いたしました。

 
現在、機器の不具合により、土日祝日、夜間及び学校業務休止日(8月10日~16日)の留守番電対応ができなくなっております。
 

 電気設備年次点検のため、次のとおり校内停電になります。 停電の間は、電話、ファクス及び一部ネットワークが不通となります。 御不便をおかけしますが、御理解・御協力のほどよろしくお願いいたします。

【停電日時】 8月9日(火)AM10:30~AM11:30(予定)

 

 7月21日(木)13:00から、川岡小学校にて「高校生による小学生のための合図横断教室」を本校の有志生徒5名により行いました。
 期末考査終了後から、パワーポイントの資料の準備やリハーサルを行い、当日を迎えました。
『横断歩道では車に対して歩行者の方も渡りたいという意思を示し、車の運転者と目を合わせて渡る』という事を見本を示しながらクイズ形式で行いました。暑い体育館の中でしたが、夏休みを控えた5・6年生の子供達も、低学年の児童たちのお手本となるべく、真剣な表情で聞いてくれていました。


 

 7月20日(水)
 
 オンラインによる校内放送で1学期終業式が行われました。式のはじめに山下校長から生徒たちにQRコードが示され、ウェブ(Mentimeter)を用いたアンケートにより、「私たちは何のために学ぶのでしょうか」という問いかけがなされました。これは校長先生が4月の入学式と始業式の式辞において言及されたものです。生徒からの回答は、「将来のため、人生を豊かにするため、自分自身の成長のため」など、その後の校長先生の「学び続けることが自分の器、人としての魅力を大きくさせてくれる」というお話の内容に関連する回答が多く見られました。

 校長先生の式辞では、伏線回収というお話があり、楽しいことだけでなく、たとえつらいことであっても、高校生活に経験することのすべてが、将来「あの出来事にはこんな意味があったのか」とわかる時がやってくるもので、だからこそ、すべての学び、出会い、経験を大切にしてほしいとの強いメッセージがありました。最後は、生徒たちが自分に対して厳しく、より高みを目指し、自分を活かせる夏休みを過ごしてほしいという言葉で締めくくられました。

 その後、教務部長、生徒指導部長、進路指導部長がそれぞれ、夏休み中に生徒たちに注意してほしいことやチャレンジしてほしいことについての話がありました。3年生は進路実現を中心に、全国大会出場者たちは最高のパフォーマンスが発揮できるように、それぞれの生徒たちが「桂プライド」を忘れずにチャレンジできる夏にしてほしいと思います。

 

6月28日(火)に、3年普通科人文研究コースの理科特講βの授業で、化石掘りを行いました。

しおばら木の葉化石園より木の葉化石の原石を仕入れ、生徒1人に1個の原石が渡るようにしました。ごく稀に木の葉以外の化石が見つかるかもしれないという話を聞いて、生徒たちは早速ハンマーと釘を使って原石を割り始めました。しかし、なかなか上手く割れない。上手く割れても化石が見つからないので、生徒たちは黙々と原石を割っていました。木の葉の化石が見つかると、生徒たちは大喜びで、今度は木の葉以外の化石も見つけようと、また黙々と原石を割り始めました。

結局今回は木の葉以外の化石を見つけることができませんでしたが、生徒の多くが初めての体験で、とても有意義な時間を過ごせたようです。

生徒感想より

・初めての体験で楽しかったです。葉の化石が4つくらい見つかったのでよかったです。葉の化石以外も見つけてみたかったです。層を綺麗に割るのがとても難しくて大変でした。

・原石の端の方だと思っていたよりも割れやすくてうまくいきませんでした。うまく割れたところで大きめのきれいな葉っぱを見つけることができました。発掘するのは楽しかったので、新生代でない古生代などもやってみたいです。

・途中から化石がありそうな所がわかって、そこを割ると実際に出てきたので、最初に割る時にもっと狙いを定めていたらなと思いました。教科書に載ってるような化石は見つけるのがとても難しいんだなと思いました。


 

6月12日(日)に京都大学吉田キャンパスにおきまして、令和4年度みやこサイエンスフェスタが開催され、本校からは専門学科の1グループが参加しました。

発表タイトルは「組織培養によるサボテンの大量増殖を目指して」というもので、そのまま土に植えてもうまく育たないサボテンを、試験管内での組織培養により効率的に増やす手法の開発について発表しました。

非常に分かりやすいプレゼンテーションで、質疑応答でも多くの質問をいただきました。最後には各校からの発表者全員が壇上に上がり、記念撮影を行いました。

 

こんにちは!桂高校放送部です。放送部はこの6月4日・5日に京都ノートルダム女子大学で行われた「第61回京都府高等学校放送コンテスト」兼「第69回NHK杯全国高校放送コンテスト京都府大会」に、3年生2名、1年生1名が参加しました。その中で、3年生の佐尾美幸さんが予選を勝ち進み、アナウンス部門3位に見事入賞を果たしました。佐尾さんは7月に行われる全国大会に京都を代表して出場します。皆さん、応援宜しくお願いします!

 今年は1年生部員が4名も入部し、みんな初心者ですが3年生の指導の下、意欲的に発声や滑舌など基礎から練習しています。今年は学園祭も実施される方向で、放送部も活躍する場面が増えそうでみんな楽しみにしています。

 

第75回京都府高等学校陸上競技対校選手権大会(京都府インターハイ)

男子 走高跳
1m97 優勝 3年 今福聡太(樫原中)

1m97 2位 2年 大平夏野人(洛南中)

1m94 4位 3年 川北恭輝(山科中)

女子 走高跳

1m62 優勝 3年 小鹿なつみ(樫原中)

男子 800m 
1分53秒50 3位 3年 土井航大(西加茂) 

先日開催されました京都インターハイにおいて、男女走高跳においてアベック優勝を成し遂げました。

アベック優勝は京都インターハイ史上初の快挙となりました。

6月16日から行われます全国インターハイ近畿地区予選に、全国大会出場をかけて挑みます。



 

読書週間(令和4年6月)

6月2日(木)から6月17日(金)は読書週間です。

 

今年のテーマは青春!「 enjoy school life!! 〜青春の1ページ〜 」の表題のもと、青春に因んだ本のコーナーが設置してあります。また、図書委員のおすすめの本コーナーでは、小説からエッセイまで様々なジャンルがあり、"読んでみたい" "手に取ってみたい"と思うものがきっとあるはずです。

 

展示場所:渡り廊下1棟‐2棟
館内を彩る飾りつけも、学校生活の中での"青春の1ページ"を切りとった写真を展示しています。目線を少し上げて、そちらも眺めてみてください。

 
 
 

  時節柄、外出しにくい今だからこそ、本で青春の気分を味わってみませんか。

ぜひみなさんのお気に入りの一冊を見つけてください。

桂高校図書館へのページはこちらから→ //www.lib-eye.net/katsura-hs/

 

3月19~21日に東京大学で行われました日本地理学会(本年度はオンライン開催)2022年春季学術大会 高校生ポスターセッションにおきまして、本校KRP『「地震の時には竹やぶに逃げ込め」は本当か?』班のポスターが会長賞に選ばれました。
フィールドワークはもちろん、府立図書館からたくさんの本をお借りしての文献調査、竹の専門の先生を招いてご指導いただくなど、充実した探究活動を経ての受賞となりました。
https://www.ajg.or.jp/20220508/12966/

※KRPとは、1学期に行う基礎プログラム、2・3学期に行う探究プログラムの講義・講演等を通じて、5つの力(創造的思考力、論理的思考力、協働的思考力、表現力、時間管理力)の習得を目指す授業です。
詳しくははこちら→KRP



 
COPYRIGHT (C) 京都府立桂高等学校