カリキュラム・マネジメント調査研究ページへ
 

アクセス

〒610-0255
京都府綴喜郡宇治田原町大字郷之口小字中林7番地
TEL 0774-88-2149
FAX 0774-88-5551
tawara-es@kyoto-be.ne.jp
 

リンクリスト

オンライン状況

オンラインユーザー3人
ログインユーザー0人

カウンタ

COUNTER782419

携帯用QRコード

携帯電話からもHPをご覧いただけます。
QRコードの読み取り機能がある携帯電話で下記のQRコードをご利用ください。

 

カリキュラム・マネジメントの在り方に関する調査研究

研究コラム >> 記事詳細

2019/01/23

研究発表会における質問やご意見に対する回答Ⅳ

| by 田原小校長
 今回は「指導資料」についてのご質問にお答えさせていただきます。
4 指導資料について

・質問や意見
・真っ白なマス(B5版)への「指書き」を子どもが何度も書いていたが、線の跡が残らないので子どもは文字をイメージできているのかな?と思った。「モジュールプリント」の1/4の大きさに新出漢字を書いておいて(見本を拡大)、そこを(文字の上を)なぞるやり方はどうだろうか?と思った。
・回答
 本町では、示範の大型液晶画面の記憶やプリントの右上の漢字の手本によって形が捉えられると考えこの方法を採用していますが、今後検討していきたいと考えます。ただし、実施の条件として紙代や印刷代など経費の面での制約があり、悩ましいところではあります。


・質問や意見
・自作教材以外に、漢字ドリル等の市販の教材は使用されていないのか?また、家庭学習も自作プリントを使っているのか?保護者負担の軽減は・・・
・回答
 田原小学校では自作教材、自作宿題プリントのみで指導を行っています。宇治田原小学校では、これに加えて漢字の学習ノートを併用して指導しています。保護者の費用負担の問題も考え、現在2校で検証中です。


・質問や意見
・「ことば(文法)」の教材も作成されているのか?あれば、ぜひご紹介ください。
・回答
 現在、「文法」を含め言語力育成のためのパソコンソフトを開発中で、3学期中をめどに完成させる予定です。(後日、お問い合わせください。)



09:51