学校生活

 
 

 4月8日(木) 第42回入学式を行いました。

 

 引き続き新型コロナウィルス感染拡大への警戒が続く中ですが、今年度は保護者の方にも御参加いただき実施することができました。

 式では、2人の新入生代表が宣誓と喜びのことばを述べてくれました。

 今まで通りの日常にはまだ戻れない中ではありますが、その中でも学業にクラブ活動、そして学校行事等に積極的に取り組んで、楽しく充実した高校生活を送ってくれることを大いに期待しています。入学おめでとう!

 
 
 
 

 4月8日(木) 令和3年度第1学期始業式を行いました。

 

 昨年度同様、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、各学年新しいHR教室にて放送で実施しました。お互いに顔の見えない中ですが、各先生からの話を集中して聞いていました。

 

 校長先生からは、引き続き感染対策を徹底しながら、学業やクラブ活動、学校行事等に積極的に参加してほしいとのお話がありました。

 教務部からは、体調管理に注意しながら、学習習慣の確立に努めてほしいとのお話がありました。

 生徒指導部からは、感染予防・自転車の交通マナー・SNSの適切な利用など命に関わる3つの事柄に注意を向け、その中で身だしなみなどの社会に出てからのマナーも身につけてほしいとのお話がありました。

 進路指導部からは、将来のビジョンをしっかり持ち、自分の可能性を信じて一生懸命努力をしてほしい、特に新3年生は、進路に関わる締め切りなどスケジュール管理も自分で把握できるようになってほしい、とのお話がありました。

 

 

 まだまだ制約が続く中ですが、その範囲内でできることを目一杯頑張りつつ学校生活を楽しんでいきましょう。

 
 
 

京都文学賞実行委員会(京都市,京都新聞,一般社団法人京都出版文化協会 等)主催の第2回京都文学賞において、本校3年生の大鹿日向さんの作品が中高生部門優秀賞を受賞しました。


※京都文学賞ホームページ https://kyotobungakusyo.com/news/438.php


 
 
 
 

 3月19日(金)令和2年度修了式を行いました。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各ホームルーム教室にて式を行いました。

 校長先生は、春休みや新年度も引き続き新型コロナウイルス感染に注意することや、感染した人に対する差別や偏見は絶対あってはならないことをお話しされました。また、自分自身を成長させるためには、限界を決めないことや、周囲の人を尊重する気持ちを忘れないことをお話しされました。

 教務部長は、通知票を見てこの1年間の自らの学習の成果を振り返ることや、成人年齢が18歳に引き下げられるにあたって「大人になる」とはどういうことかを考えることの大切さをお話しされました。

 生徒指導部長は、自転車等の交通マナーを守ることの重要性を改めて強調されました。また様々な問題について「知る」ことの大切さ、人権に配慮してSNS等の扱いには十分に注意することなどについてお話しされました。

 進路指導部長は、コロナウイルス感染がまだまだ落ち着かない状況ではあるものの、この1年間でわかったことも多く、進路目標に向かって自分たちの今するべきことを着実に実行していくことが大切であるとお話しされました。

 最後に、読書体験記コンクールで優良賞を受賞した2年生の宇高君の伝達表彰を行いました。

 
 
 
 

3月12日(金)「3年担任の先生の話を聞く会」を実施しました。

2年生の各HR教室に3年担任が出向き、今年度の卒業生の進路状況や進路選択のポイント、効果的な学習法などについての講義を行いました。

昨日の大学入学共通テスト説明会に続き、2年生にとって進路に対する意識や学習意欲の向上につながる有意義な時間となりました。

 
 
 
 

3月10日(水)11日(木)2年生の希望者を対象に大学入学共通テスト説明会を実施しました。

進路指導部から共通テストの概要について、その後に各教科担当からテストの特徴や学習の仕方などについて説明を聞きました。

3年生になるにあたり、進路に対する意識を高める良い機会となりました。

 

 
 
 
 

 3月9日(火)令和3年度前期生徒会役員選挙を行いました。

 前期生徒会役員に11名の生徒(2年生5名、1年生6名)が立候補し、全校生徒に放送で演説を行いました。その後にホームルームで投票を行い、開票の結果、全員が信任されました。

 
 
 
 

 一ツ橋文芸教育振興会が主催する「2020年度全国高校生読書体験記コンクール」で2年生の宇髙瑠爽さんが優良賞を受賞しました。このコンクールは、読書によって気づいたこと、行動を起こしたことを中心に自己を振り返って綴る「体験記」を募るものです。全国から75,973編の応募があり、京都府入選作品5編の中の代表作品として全国中央選考会に送られ、39編の優良賞受賞者の一人に選ばれました。また、学校賞として「集英社文庫50冊セット」を図書館に贈呈していただきました。
 贈られた賞状、記念品を校長先生から渡していただきました。

 
 
 
 

3月1日(月)卒業証書授与式を行い、第39回卒業生312名に卒業証書を授与しました。

新型コロナウイルス感染の拡大防止のため様々な制約がありましたが、厳粛な中にもあたたかさにあふれる雰囲気の中、無事に卒業生の新たな門出を祝うことができました。

合唱の代わりに、卒業生代表によるピアノ演奏をBGMにして3年間を振り返るスライドの上映も行いました。

様々な困難を乗り越えて大きく成長し、晴れの日を迎えられた39期生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

皆さんの今後のご活躍をお祈りしています。

 
 
 
 

2月26日(金)卒業式予行・同窓会入会式を行いました。

卒業式に向けて所作の練習などを行った後、3年間無遅刻無欠席で過ごした生徒に贈られる「洛西教育賞」の授賞式と同窓会の入会式を執り行いました。

様々な困難に直面した学年でしたが、3月1日(月)に晴れて卒業の日を迎えます。