部活動
活動内容:日々自分の理想とする書にのめり込み、高い理想を持ち、
     自分磨きに研鑽しています。
活動実績:全国高等学校総合文化祭(9年連続15回目)
     近畿高等学校総合文化祭(6年連続9回目)
     全日本高校大学生書道展 展賞、優秀賞   
     丹後王国、ちりめん祭りなどでの書道パフォーマンス など

 
 第30回国際高校生選抜書展において、武縄咲希さん(2年・加悦中)の作品が入選として選出されました。

 日本国内から11,052点、海外(留学生を含む)316点、計11,368点の応募があり、国内部門は入賞200点と入選2,000点、海外部門の入賞21点は入選41点でした。
 武縄さんの作品は、2022年2月8日(火)~2月13日(日)大阪市立美術館にて展示される予定です。

 
 令和3年8月2日(月)〜6日(金)に和歌山県白浜町で開催された第45回全国高等学校総合文化祭 紀の国わかやま総文2021 書道部門に京都府代表として松瀬夏帆さん(2年・橋立中)が参加しました。

 自身の作品が京都府代表として展示され、開会式、交流会、講評会、閉会式にも出席しました。
 交流会では紀州漆器風の文鎮に塗料で文字を入れたり、全国から大会に参加した書道部員が大会への願いを葉や果実の形をした色画用紙に揮毫し、大きなひとつの作品として「結実の木・結実の実」を制作したりしました。

 今回の経験を今後の作品作りにも生かしていきます。



 
 第22回高校生国際美術展 書の部において、谷川莉菜さん(1年・加悦中)の作品が佳作に選出されました。



 書の部の応募点数は全国から11,237点あり、うち入賞は250点、佳作は1,086点でした。高倍率の中、一年生ながら頑張りました。
 
 令和3年11月20日(土)〜21日(日)に滋賀県近江八幡市で開催される第41回近畿高等学校総合文化祭滋賀大会 書道部門 京都府代表に武縄咲希さん(2年・加悦中)の作品が選出されました。
 大会では武縄さんの作品が展示される他、交流会や講評会にも参加します。

 

 第10回与謝野町蕪村顕彰全国俳句大会の題字を書道部の松瀬夏帆さん(2年・橋立中)が揮毫しました。

 各所にポスターが貼られていたり、「NHK俳句」8月号(NHK出版)ならびに角川「俳句」(株式会社KADOKAWA)7月号に広告掲載されています。


 

 4月19日(月)、昼休みに1年生へ歓迎の意味を込めて、加悦谷学舎の書道部が加悦谷学舎の中庭にてパフォーマンスを行いました。
 書道パフォーマンスの衣装はいつもは袴ですが、今回は雰囲気を変えてつなぎでパフォーマンス!!

shodou_DSC_0001.jpg

 新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、パフォーマンス時に伝えたいメッセージは事前に音声を録音して流すなどの対策を行いパフォーマンスに臨みました。

shodou_DSC_0093.jpg

shodou_DSC_0070.jpg

shodou_DSC_01662.jpg

 天候にも恵まれ、先輩後輩たくさんの生徒が鑑賞する中、無事パフォーマンスを終えました。 特に、初めての書道パフォーマンスに1年生も興味津々で鑑賞していました。

shodou_DSC_0184.jpg
完成した作品をパフォーマンスが見えにくかった生徒に披露

 
 コロナ禍で通常開催が中止となっていた、第40回近畿高等学校総合文化祭 奈良大会がWeb上での開催となりました。
 秋保優姫(3年・橋立中)さんの作品が、書道部門 京都府代表として選出され、第40回近畿高等学校総合文化祭 奈良大会のホームページに掲載されています
 https://webkinki-nara2020.com/shodou/
 ページの閲覧は2020年12月12日〜2021年1月17日までとなります。ぜひ秋保さんの作品をご覧ください!
 
 また、本校玄関に実物を掲示しています。来校された際にはぜひご覧になってください。
 
 令和2年12月13日(日)、京都府高等学校文化連盟主催 第37回京都府高等学校総合文化祭優秀校発表会が京都コンサートホールにて開催されました。
 本校の松瀬夏帆さん(1年・橋立中)が連盟賞を受賞し、賞状とともに名前入りの盾を授与されました。
 

 令和3年8月2日(月)〜6日(金)に和歌山県白浜町で開催される第45回全国高等学校総合文化祭 紀の国わかやま総文2021 書道部門 京都府代表に松瀬夏帆さん(1年・橋立中)の作品が選出されました。
 京都府代表作品選考会で選出された作品をさらに書き込み、より良い作品を展示していただけるよう頑張ります。

 
COPYRIGHT (C) 京都府立宮津天橋高等学校