府立高校における環境教育の推進
 
【環境教育の必要性】
 地球温暖化や廃棄物問題、身近な自然の減少など、現在の環境問題を解決し、 持続可能な社会を
構築するためには、社会総掛かりで積極的に環境保全活動に取 り組むことが必要であり、特に、学校
における環境教育の充実が求められる。
 そのため、府立高校における環境教育及び環境保全活動を推進し、持続可能な社会の構築に向けて
取組の充実を図るとともに、生徒自らより良い環境の創造に向け て主体的に行動する態度を育成する。
 
【環境サミット】
 各高校における特色ある取組の実践発表や、環境保全、持続可能な社会構築などについて意見交
流することにより、高校生が環境に対する関心を深め、より良い環境の創造に向けて、主体的に行動
しようとする資質と態度を養う。
 さらには、各高校における取組の中心的役割を担う「高校生環境リーダー」を養成する。
 
 

 
  【環境サミット(全体会での発表)】
 
 
 【環境サミット
   (天橋立清掃ボランティア)】